松野莉奈を送る会に行ってきました。

私はずっと整理できなかったんです。
向き合うことから逃げていたんです。
文章の形だけでも感謝もなにも書けませんでした。
「ありがとう」
分かってるのに、伝えなくちゃいけないのに、少しでも終わらせるような言葉は書きたくなかった。
そう思って逃げていたんです。
逃げるのが楽だったんです。

でも、伝えよう。伝えなくちゃいけない。時間が過ぎるにつれてそう思いました。
送る会で伝えよう。
伝えなきゃいけない。
そう思っていました。
山ほど貰ったのになにも返せない。それじゃダメだって。
送る会は自分と向き合う会だと思ったんです。

パシフィコ横浜。
私がここに来たのはあの日、りななんが一人で歌った時以来でした。
空がとっても晴れていました。
青い青い空でした。

到着してから2時間程度並んでホールに入りました。
BGMで流れる曲を聞いてその頃のことを思い出しました。
献花台を目にして、涙があふれてきました。
それが嫌で、ずっと上を向いてました。

チャイム!が流れていました。
私の時はチャイム!が終わってゼッテーアナーキーが流れだしました。
楽しい曲だな、ってちょっとだけ和みました。
手を合わせた瞬間、涙が止まらなくて殆ど嗚咽状態になっていました。
「ありがとう、また会おうね」
その言葉だけを伝えようと思ったのに涙で何も言えませんでした。
涙が止まりませんでした。

写真を見ると涙で潤んだ瞳に微笑むりななんがいました。
よくその時のことは覚えていません。
「ありがとう、また会おうね」

やっぱりエビ中が大好きで、エビ中のりななんが大好きです。
ありがとうございました。
本当にありがとうございました。
こんな短い言葉で伝えられるわけがないけど、本当に本当にありがとうございました。
楽しかったです。
楽しそうで自由奔放な姿を見ているだけで楽しかったです。
ありがとうございました。
本当にありがとうございました。

できるかな?
できるよ、あなたなら。
こんなにたくさんのやさしさに愛されているあなたなら。

ありがとう、また会いましょう。

2017.2.26







りななん、ありがとう。