うがいは上気道炎にどれほど有効なのか。水よりもうがい薬を使用したほうがよいのか。少し古いですが、これからシーズンにはとても参考になる日本のランダム化比較試験です。

うがいに関する数少ないエビデンスです。

 

Prevention of upper respiratory tract infections by gargling: a randomized trial.

Am J Prev Med. 2005 Nov;29(4):302-7.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=16242593

 

喉を清潔にするためにうがいをすることは、日本で一般に行なれている。また、人々は、そのようなうがいで医学的に上気道感染症(URTI)を防ぐと考えています。しかしながら、その有効性は臨床試験によって確立されていない。

2002年から2003年の冬季シーズンにおけるランダム化比較試験。18歳から65歳までの健常者387人を対象。

 

参加者は、ポビドンヨードによるうがい、水によるうがい、および通常の注意(コントロール)にランダム割り付け。2つのうがいをするグループは、水あるいは薄められたポビドンヨードで1日当たり少なくとも3回うがいを施行。60日間持続させた。プライマリアウトカムは初回上気道感染症発症。

統計解析はintention-to-treat

 

130人の参加者が上気道感染症を発症。

発症率はコントロール群で0.26 episodes/30 person-days

水群で0.17 episodes/30 person-days

ポピドンヨード群で0.24 episodes/30 person-days

 

水でのうがいはコントロールに比べて上気道感染症発症リスクを減らす。

0.64 (95% confidence interval [CI]=0.41-0.99)

ポピドンヨードでは減らす傾向にあるが明確な差は無い。

0.89 (95% CI=0.60-1.33).

 

単純な水でのうがいが上気道感染症リスクを有意に減らす。事実上コストなしのこの介入は非常に有用である。