Altschul DM, et al : Playing analog games is associated with reduced declines in cognitive function: a 68 year longitudinal cohort study. J Gerontol B Psychol Sci Soc Sci. 2019 Nov 18. PMID: 31738418

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31738418

 

【目的】アナログゲームをプレイすると認知機能が向上する可能性があるものの、これまでのところ、これらの研究では長期にわたる長期的な追跡調査が行われていない。 本研究の目標は、ゲームをプレイし、11歳から70歳まで、70歳から79歳までの認知機能の変化との関連を調べることであった。

 

【方法】参加者は、すべて1936年生まれでスコットランド在住の1091人の非臨床的で独立した地域在住者であった。一般的な認知機能は11歳と70歳で評価され、階層型ドメインは70歳、73歳、76歳、79歳で14の包括的な認知バッテリーを使用して評価された。ゲームのプレイ行動は70歳と76歳で評価された。若年期の認知機能、教育、社会階級、性別、活動レベル、および健康上の問題を管理するすべてのモデル。 すべての分析は事前登録されている。

 

【結果】ゲームをプレイする頻度が高くなると、11歳の認知機能で調整しても70歳で認知機能が高くなり、この関連の大部分は調整変数では説明できなかった。また、より多くのゲームをプレイすることは、70歳から79歳までの一般的な認知機能の低下、特に記憶能力の低下が少ないことと関連していた。 70から76の間でプレイするゲームの増加は、認知速度の低下の減少と関連していた。

 

【結論】ゲームをプレイすると、11歳から70歳までの相対的な認知低下が少なくなり、70歳から79歳までの認知低下が少なくなった。11歳の認知機能およびその他の交絡因子を制御することにより、これらの発見は、より多くのゲームをプレイすることが認知機能の生涯低下の減少に関連していることを示唆している。


お名前.com 月々1,000円からムリなく資産形成。口座開設はわずか8分!
グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス wpX Speed