Cai Q, et al : Experimental Treatment with Favipiravir for COVID-19: An Open-Label Control Study. Engineering. online 18 March 2020. DOI: 10.1016/j.eng.2020.03.007
【背景】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染によるコロナウイルス病2019(COVID-19)の発生は、2019年12月から中国で報告されている。COVID19患者の16%以上が急性呼吸窮迫症候群を発症し、死亡率は約1%〜2%であったと報告されているが、現段階で 特定の治療法は報告されていない。本研究では、COVID-19の治療におけるファビピラビル(FPV)とロピナビル(LPV)/リトナビル(RTV)の効果を比較検討した。

【方法】実験室で確認済みのCOVID-19患者を対象に、経口FPV(1日目:1600 mgを1日2回、2-14日目:600 mgを1日2回)およびエアロゾル吸入によるインターフェロン(IFN)-α(1日2回500万U)を受けた集団をFPV群、LPV / RTV(1〜14日目:1日2回400 mg / 100 mg)およびエアロゾル吸入によるIFN-α(1日2回500万U)で治療された患者が対照群とされた。胸部コンピューター断層撮影(CT)、ウイルス除去、薬物安全性の変化を2つのグループ間で比較した。

【結果】FPV群に登録された35人の患者と、対照群に登録された45人の患者では、すべてのベースライン特性は2つの群間で同等であった。FPV群では、対照群と比較してウイルス排出時間が短縮した(中央値[四分位範囲IQ]、4[2.5〜9]日 対  11[8〜13]日、P <0.001)。 FPV群は、対照群と比較して胸部画像所見の有意な改善も示し、改善率は対照群の62.22%に対してFPV群で91.43%であった(P = 0.004)。交絡因子の可能性を調整しても、FPV群の胸部画像の改善率は依然として高かった。


【結論】多変量Cox回帰分析では、FPVがより速いウイルス除去と独立して関連していることを示した。

【コメント】プロドラッグとして知られるFPVは、インフルエンザおよびエボラウイルス治療に対する有効性が示唆されている新規RNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)阻害剤である(PMID: 24583123/ 26343011/ 24084488/ 25706078)。Wangらからの報告では、FPVとremdesivirの両方がin vitroでのSARS-CoV-2感染の減少に有効である可能性が示唆されている(PMID: 32020029)

 この研究では、COVID-19の治療に対するFPV対LPV / RTVの効果を比較している。その結果、FPVはより速いウイルス排除と胸部画像の改善率向上と独立して関連していることが示されている。これらの結果は、LPV / RTVと比較して、FPVが疾患の進行とウイルス除去に関してCOVID-19に対して有意に優れた治療効果を持っていることを示唆している。とはいえ、この研究は、二重盲検ランダム化比較試験ではない。このことが、被験者登録において避けられない選択バイアスをもたらしていることに注意が必要である。

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)

高齢者のための高血圧診療