14日から今日17日まで短くも休みを取った。

今年は船に乗って帰ろうと思い予め予約して敦賀港から新潟に停泊して北海道まで行くフェリーに乗った。一番安い2等席で新潟まで12時間もかかるのだが、船は広くてそれほど揺れず、ご飯とか風呂とかもあり結構贅沢気分を味わえる。もはや気分は海の若大将。加山雄三である。頭の中に「うーみよー♪俺のうーみよー♪」がこだまする。自由に動き回れるし横になって寝れるので疲れも全く無し。船の旅は普通に良い感じだったが、だからといって船上での人々との交流は無く、際立ってツボにはまるような面白いイベントとかアクシデントは全くといっていい程なかった。

新潟に帰ってからは、友達と釣堀行ってニジマス釣ったり、ゲーセン行ったり、親とゴルフの打ちっぱなし行ったりと天候が悪かったが結構遊びまわった。暇な時間はゲームとオリンピック。とりわけ卓球の団体は面白かった。見てる間、頭の中にSUPERCARのFree your soul がこだまする。一人暮らしののりで反応反射音速高速と独り言を言ってたら家族に嘲笑される。集団生活も一長一短。

帰るたび毎度思うが新潟は空気がきれいでのんびりしてて良い。でも帰るたび地方が老いていくのを感じるのが少し辛い。活力が落ちているというか。商店街などは昼でも7〜8割がたシャッターみたいな。難しい問題だ。

そして今日再び戦場敦賀へ。面倒な業務山積。ぜんまい巻けたしまた明日から頑張れる、かな?