タイトルの通り、仕事そっちのけ?で日々スポーツに明け暮れている。

スポーツその _討僚わりに会社の同僚とサーフィンを始める。今まで、内心やってみたかったが一人でやるのが恥ずかしく一歩進む勇気がなかったのだが、同僚のやる気に便乗し、敦賀の店で中古の板と、ウエットスーツを買う。敦賀近郊等でぼちぼちやっているのだが、波がなくてパドリングだけしてサーファーの振りをしたり、逆に波が強すぎて吹っ飛ばされたりと、人には見せられない醜態をさらしまくっている。未だNO TAKE OFF・・・いつになったら波に乗れるんだろう。でも、海入ってると気持ちいいし結構楽しい。だんだん寒くなってきて大変だが、粘り強くチャレンジするしかない。

スポーツその◆,弔い冒陬汽奪ーチームで公式戦デビューに至る。サブで途中出場だが、何と分際をわきまえずFWで出てしまう。前日中田のVTRとかを見て鮮烈なデビューを飾るためのイメージトレーニングをして望んだが、ただ走り回るだけで何もできず終了・・・皮肉にも大方の予想通り散々なデビューを飾る。チームは勝ったが無力感に打ちひしがれる。まあ仕方ないか。

という感じに休みの日は運動に明け暮れ、仕事中は筋肉痛との格闘。趣味とか仕事以外の人間関係が徐々に広がりはじめて、ある意味充実した日々を送っていて楽しい。しかし一方、心の中には何か欠乏感や焦燥感が尽きない。何もかもを求めるのはわがままだが、やはり、自分の人生を貫くテーマというか、志のようなものに辿り着いていない思いが悶々としてある。サーフィンもサッカーも前々からやりたかったけどやれなかったことなので、そこを達成されたのは非常に自分として嬉しいし納得もしている。自分の中の過去の色々な後悔=やれなかったことが消化されていく中で、そろそろ自分の人生をかけて本当にやりたいこと、やらなければならないことに焦点を定める時期が近づいているように思う。それが何かは分からないがテーマを持たずに、無自覚にただのくたびれた社畜になるのはもうごめんだ。