気付けば、すでに年も明け、二月も半ば。遅ればせながら、新年一発目の更新。

年が明けて以来、仕事の調子はいつも以下、サーフィンスノボも調子イマイチ、フットサルの大会に出場するも散々の出来栄えと、冬の日本海のようにどんよりと毎日が暮れ、途方に暮れている。

そんなどんよりとした日々に追い討ちをかけるようにおとといの夜くらいから猛烈な寒気と関節痛に見舞われる。次の日の朝になっていよいよ状況は悪化。午前だけ仕事をして午後早退することにした。昨日の午前の仕事はまさに生き地獄。寒い、熱い、間接痛いの三重苦。いつもより時間が進むのが明らかに遅い。辛いときは時間が進むのが遅いという真理を発見する。

医者に行き、どうやらインフルエンザらしいという診断を受け、話題のタミフルを処方される。何だか飲むのが恐い。家に帰り布団にもぐりこむ。熱は一向に下がらず、ついに覚えている限りの自己ベストである39度4分を体温計ははじき出す。テレビで熱出してる人が「うーんうーん」とうなっている場面があるが、よくできたもので自分も「うーんうーん」とうなっていた。気分的に少し楽になっている気がする。うなってみるものである。

朦朧とする意識の中で、何とかうどんを茹でて腹に流し込み、必殺タミフルを服用。副作用はどうやら出ず、上手い事熱は下がってくれた様。

今日はだいぶ楽になったがまだ予断を許さない。二度と熱出したくない。世の中も自分も景気悪い。