ひょんなことから地元の市役所での臨時の職が決まり、今月1日から公務員もどきとしてまた新たに働き始めた。これから起こる展開を余り考えすぎると無駄に不安になったり力んだりする性分なので、3月中は仕事の事、そこで働く人の事は極力考えずにいた。無闇に張りきらず気に病まずの精神、ニュートラルな気持ちでのスタートを心がけた。

それが効したか否かはわからないが、職場の人たちは凄くいい人たちが多く、極度の人見知りの割には短い期間で打ち解ける事が出来ている気がする。地元というのも大きいかもしれない。役所だけにややこしい書類の処理が任せられる仕事の大半だが、親切に教えてくれる人も多いので、結構余裕を持って業務の習得もできている。導入期としては、前の会社で時間を間違えて遅刻してしまい上司に初対面でキレられるという暗黒の歴史と比較しても雲泥の差だ。

自分の配属された部署は生活保護の管轄で、派手さもなく、例えば観光とか商工業とかの方が面白そうな気もしていたが、やってみると妙に面白くいろいろ勉強になることも多い。仕事はエクセルいじっての事務がもっぱらだが、限られた期間で事務力を高めていこうと、珍しく前向きな気持ちでいる。


100324_031456