最近我が家の猫くん(♂・6歳)のウンチーニがゆるゆるで心配になったので動物病院に行ってきました。
 
2014-05-12-07-30-10
※そんな格好してるからお腹冷えるんじゃないか?

・病院選び
近所の動物病院に行こうと思いましたが、
最近の健康っぷりから3年ほど病院いらずな生活を送っている間に失くなっていました。
動物病院経営って大変なんですかね。。
ってことでイチから選び直しとなりました。
 猫の種類も色々だし、口コミサイトを鵜呑みにするのもな~なんて思っていたところ、
猫くんを譲ってもらったブリーダーさんが去勢や検診でかかりつけにしている病院の存在を思い出しました。
ちょっと遠かったので最寄りの病院で済ませていましたが、猫くんの猫種を診まくってるだろうしそこに決めました。
事前に連絡して、経緯や症状を伝えたところ話はスムーズに進み、
「可能でしたら、新しめのウンチーニを持って来院してください。」
となりました。とりあえず一安心。
 
・レンタカーを借りて病院へゴー
家から車で20分ちょっとのところにあり、公共の交通機関も一応使えるのですが、
我が家の猫くんはケージにいれて外に出た瞬間から、目的地でケージを出るまで一生鳴き続けるという技を持っています。
一度電車を利用したことがありましたが、迷惑極まりない感じだったのでレンタカー一択です。 
オススメはニッポンレンタカーの午後からのプラン。ワンちゃん飼いのフレンズが教えてくれました。
当日の10:30以降に予約で、当日の12時-23時間の利用なら、結構割引がきくキャンペーンです。
今回はMarchくらいのサイズ感の車を15時-22時で借りて¥4000(燃料別)くらいで済みました。
※ペットが同乗の場合は事前に伝えて、追加料金(¥500くらい)と一筆って感じです。
 
・ 病院着、そして診察へ
出発前に新作ウンチーニをリリースしてくれた猫くん偉い。
ホカホカの新作とピャーピャー鳴く猫を連れて、病院へ。
診察の待ち時間も依然鳴きやまぬ猫くんでしたが、周囲の人たちは穏やかな対応でした。皆様あったけぇ・・。

前の犬様が終わり、到着してから30分ほどで診察へ。
症状を伝え、新作の提出。うちの子は宿題(ウンチーニ)をしっかりやる子です、とドヤ顔の飼い主。
体温を計ったり、触診をうける猫くん、いちいち腰を抜かして鳴く。かわいい。
最近の食事事情や、元気の有無、水分摂取具合など問答していく。
目に見えて不調なところはなさそう、と。
そしてウンチーニの検査の結果は、悪玉菌がちょっと多いようです、とのこと。
うろたえる飼い主、猫チーム!冷静な先生チーム!
色々聞きましたが、どうやらそこまで大変な状態でもない模様、良かった!!!!1
腸を整える20日分の薬と1週間分くらいの療養食をもらって様子見となりました。

・診察を終えて
診察結果から悪い寄生虫に憑かれていたり、重い病気ではなさそうとわかってひと安心。
次に診察を待っている方も、我が家の猫くんと同じ猫種だったようで、
「少しお腹が弱いところありますよね~」的な話をしました。
今まで一回もそんな症状がでたことがなかったので知らなかったのですが、どうやらデリケートな胃腸を持っているようです。
仕事頑張って、美味しくて身体にいいもの食べさせてあげるからな・・・!と飼い主は深く誓いました。
 
・まとめ
経過を観察しているところですが、相変わらず元気な猫くん。
いいウンチーニしてくれよな! 

あと、動物病院のポスターって脅し気味でちょっと苦手だ。 
「ペットは家族の一員です!」だけじゃ伝わらないんだろうな~。
ペットは大切にしましょう!