湖底に沈む遺跡での事(上毛新聞の記事です) 画像は残念ながら・・・

2014年から国学院大を中心とした調査団が発掘。
今年も8月下旬から約1カ月の日程で現地入りし
、地中にある約7体を精密な測量で記録している。
東京大大学院の近藤修准教授(形質人類学)は
「人骨の特徴やDNAを調べることで、
日本人の成り立ちが分かるかもしれない」と期待を寄せる。


年代測定を終えた8体のうち、5体が約8000年前の縄文時代早期、
残る3体は約6000年前の同時代前期の人骨だった。


 20~40歳とみられる女性の人骨は上半身と下半身が腰で切断され、
骨盤の上に頭骨がのった状態で見つかった。
これは縄文時代にみられた手足を折り曲げて葬る「屈葬」と異なり、
特殊な埋葬法があった可能性を示している。
埋葬した骨を掘り返し、あらためて埋めた形跡のある人骨も見つかった。


 谷口教授は「不思議な状況がいろいろある。
縄文早期は葬制の始まりで、縄文人が死んだ人をどう扱ったか、
死生観を考える材料になる」と話す。


■近親婚回避か
 成人女性の人骨と、近くにあった子どもの骨、
若い成人男性3体をDNA解析したところ、近い関係にあると思われたが、
母子やきょうだいといった近親関係にないことも分かった。


 谷口教授は多くの人骨を鑑定し、
埋葬された集団の構成を明らかにする必要があるとした上で、
「DNA解析の結果は
近親間による結婚を避けていた可能性を示しているとも考えられる。
縄文早期の家族や婚姻制の研究にもつながる」と指摘する。


 調査では岩陰と「前庭」部分から
掘り起こした土を水洗いし、数ミリ単位の微物も回収。
動物の骨や植物の種、石器、1万年以上前の土器を発見している。
周辺にはまだ5カ所の岩陰がある。さらに古い人骨が見つかる可能性もあり、
縄文人の起源解明に期待が高まっている。


◎動物、環境、植物 広く専門家集う
 遺跡調査のため結成された、通称「居家以プロジェクト」には、
DNA分析を行う東邦大の水野文月助教や
年代学・同位体分析が専門の東京大学総合研究博物館の米田穣教授ら
多くの研究者が加わっている。


 魚やニホンジカ、イノシシの骨、イヌビエ、アズキの原生種が見つかっており、
動物考古学や環境史、考古植物学の専門家が分析。
縄文人の食生活や当時の自然環境など幅広い実態の解明を進めている。