2018年10月09日

災害に備える家

4792c9cd64733090153e8feb4cd67aa1_s-e1539052281280













このところの、あらゆる災害には驚くばかりです。

今までに経験したことの無いような、台風や豪雨は観測史上初めてという文言が必ず付いてきます。

西日本を襲った集中豪雨の傷も癒えないうちにやってきた、台風21号の後に北海道胆振東部地震の被害は驚きました。

その後に来た台風24号は未明の関東に被害をもたらし、ものすごいスピードで夜中に駆け抜けていきました。

毎週の台風対策に現場で働く職人さんたちも辟易としています。

200px-Trami_2018-09-25_0050Z











カテゴリ5のスーパー台風24号



しかしながら、今でも仮設住宅にお住まいの方たちのことを考えれば、そんなことを言ってられません。

昔から「災害は忘れたころにやってくる」と言われてきましたが、こんなことが毎度毎度続くようでは、今までの住宅の考え方も変えなければならないのかもしれません。

台風の規模も、今までの規模とは比べようもなく、時期も今までの時期ではなくなり進路も常識外れになってきます。

地震であれば、強度を上げることは、容易くはありませんが、できない事ではありません。


液状化もある程度は予想できますし、対策も自分のところだけという話ならできないこともありません。


日本全体で見るならばで、世界中であらゆる災害に対して備えなければならないという点では、日本はずば抜けています。

地震に台風、津波や雷などの自然災害のほかにも火事はまだまだ木造住宅の多い日本では、本当に恐ろしい災害です。

建築では、あらゆる事象に対して、安全率と言われるものを掛けていきます。


その安全率も基準を法にのっとるばかりではなく、自己責任においてもっと増やしていかなければならない時代になってきたようです。





ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 17:59|PermalinkComments(0)

2018年08月29日

耐震リフォームが始まります。

P8270034

















私どもの工事の中で、決して比重は高くはないのですが、毎月コンスタントに行っている工事があります。


それは「耐震リフォーム」です。



毎月に定期的に開催している耐震セミナーを受講された方や、WEBからご自宅の状況がご不安になり、耐震診断をご希望されて、補強の工事を行いたいとのことです。



工事の内容は、100件あれば100件とも違うのが、このリフォームの特徴です。


建てた年代や、建てた施工者により建物の素性のようなものが変わってきます。


目視での現状の状況を判断して、建築当時の図面があれば現況の数値を判断します。


こちらのお宅は、きちんと施工された工務店の方の確認申請書があり、住宅金融公庫を使われたために図面が現存してありました。


それでも、三人がかりで計測して、判りうる限りの情報を集めます。写真では、ひよっこのコーディネーターの遠藤がベテランの阿部のアシスタントで計測しています。


今年の暑さは尋常ではなく、すさまじい暑さの中計測しました。


今回、当初は、屋根の軽量化だけ行う予定でしたが、遠くにお住いのお嬢様の助言で、ある程度室内の耐震も行うこととなりました。


提案も、千差万別です。


数値だけを上げることであれば、いくらでもあげられます。しかし、お施主様が不安に思われていることやその建物の性格なども判断して、耐震の計画を練っていきます。


けっして、派手な仕事ではなく、リフォーム後も見えない安心を買うような仕事です。


しかし、実際に「建物が揺れなくなった」とか「安心して眠れるようになった。」等のお言葉をお聞きするとやはりやりがいのある仕事だと思います。


台風も心配ですが、屋根と大きな窓を二か所も小さくする耐震工事です。


私が、しっかりと監理して納めたいと思います。


また、ご報告します。


ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:14|PermalinkComments(0)

2018年07月05日

耐震ナイトセミナーを開催します。

seminar-img1















大阪の北部を襲った直下型地震は、都市災害の恐ろしさをまざまざと見せつけてくれました。


東北の大震災からかれこれ7年が経ちました。


その時に、我々建築業者として何かお役に立てることはないかと始めたのが、「耐震セミナー」でした。


当時、悪徳業者が地震で不安がる消費者をあおり、いろいろとおかしな業者が好き勝手なことをやっていました。

そんな中、少しでも正しい知識を持っていただき、大きなリフォーム工事を行わくとも、いつ来るかわからない地震に対して用意ができないかと始めたのがきっかけでした。


大阪の北部を襲ったMj6.1の規模の地震は、震度6弱の直下型地震でした。直下型地震の恐ろしいところは、断層があるところどこでも起こりうるということです。


今回の被害総額は1800億円ともいわれ、4人もの人が亡くなり、数多くの怪我をされた方がいらっしゃたそうです。


住家の全壊6棟、半壊57棟、一部破損23,544棟もの被害があったそうです。


東京でもいつ起こるかわからない「直下型地震」に対して、備えは必要です。
まして、命を守ってくれる住宅の中で被害があってはならないのです。

そんな思いから始めた耐震セミナーですが、かれこれ30回近くになりました。

木造住宅に限っての耐震補強のやり方や、木造ならではの弱さや強さなど1時間ぐらいですが、私たちが持っている知識のすべてをお話しします。

地震の専門家でもなんでもないただの建築屋ですが、18の時から木造住宅だけを造り、直してきました。
木造の素晴らしさも弱点も十分に理解しているつもりです。

我々、建築業者だからこそお話できることもあると、私は思っています。
まったく営業目的なんぞではありませんのでお気軽にいらしてください。

今回は、前回好評だった夜に開催します。

よろしくお願いします。






ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 17:00|PermalinkComments(0)

2018年03月29日

文京区で耐震リフォームを行っています。



P3060039[1]
あれよあれよという間に、日々は過ぎ去ってしまい、ブログを最終更新してから二か月をゆうに過ぎ去ってしまいました。。。

私どもでは、SNSで情報を随時更新しております。

ブログは各個人が責任で更新しているのですが、それに甘えてついつい更新を怠ってしまいます。

思えば、このブログを始めたころは、眠い目をこすりながら毎日更新していました。

いまや、SNSという便利なツールで、簡単に誰でも更新できるようになりました。
しかし、ブログもその人となりのようなものは、お伝えするにはとても良いツールだと思っています。

さて、現在文京区で築60年以上の住宅を全面的にリフォームしています。

エコリフォームにとって珍しいのは、なんと「在宅リフォーム」です。

ほぼスケルトンにしてしまうリフォームが多く、しかも狭小ということで、作業をしながらリフォームすることはほぼ不可能だったのですが、こちらの住宅はエコリフォームにしては大きい部類に入る住宅です。

以前は、賃貸併用の住宅だった耐えm、各階に水回りがあり、電気ガス水道がそれぞれ別個に契約されている為、1階をスケルトン状態にして2階にお暮しいただいています。

しかし、ガスは、危険なため地境で撤去してしまい、煮炊きはIHコンロをお貸ししてお使いいただき、お風呂は外で入っていただいています。

いくらご自分の家とは言え、2階での騒音はかなりのものだと思います。

1階に二世帯の住戸を作り、1階2階と親御さんの世帯のため、かなり複雑な間取りになっています。

これから、二か月にわたり工事が続きます。

お客様も大変だと思いますが、なるべく早めにお引渡しすべく職人一同頑張っております。

工事の模様は、梅田の工事ブログで随時ご報告させていただきます。

さてさて、次の更新はいつになるやらですが、現場で頑張ります。




ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 15:25|PermalinkComments(0)

2018年01月15日

今年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。

といっても、もう、半月も経ってしまいました。

例年なら、新年の門前仲町はとっても賑やかで、15日の日は、初めての縁日と「深川七福神巡り」の最終日となり、結構な人がいらっしゃいます。

昨年の忌まわしい事件により、参拝される方も例年の2〜3割だそうです。

こんな正月の八幡様は、60年近く見てまいりましたが、初めてです。

仕事はじめに、まずは産土様でもある八幡様に皆でご祈祷を受けるのが習わしですが、今年は、ガラガラで拍子抜けするようでした。

私どもの事務所は、ほぼ八幡様のお隣です。
裏の窓を開ければ大鳥居が見えて参道が一望できます。

毎日、様子を見ておりますが、いつもなら観光バスが数珠つなぎになり、前の永代通りはえらいことになるのですが、バスがついているのを見ることはあまりありません。

そんなことは、神様は関係なく私たちを見守ってくださいます。

日本人は古来から神社の清浄さや明るさを大事にしてきました。
宗教か否かは別として、だれでもが大事にしてきたものがあると信じています。

いろいろなことをこれからも富岡八幡宮は言われるのかもしれませんが、私にとっては、大事な大事な場所です。

今年、事務所へ越してきて初めて神棚を新調しました。
縁起を担ぐわけではありませんが、何か、新しくしなくてはいけないと私が思ったのです。

人は知らずに罪や穢れがついてくるそうです。

いろいろな試練があるとは思いますが、きっと八幡様は、あらゆるものを清め、祓ってくださると思っています。

今年も相変わらず、「八幡様のとなり」で商売を続けてまいります。

どうか、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。






ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:46|PermalinkComments(0)

2017年12月28日

今年もありがとうございました。

今年もあと一日で業務終了となります。
一年経つのは本当に早いものです。

年明け早々に浅草のスケルトンリフォームが始まりました。

浅草を皮切りに、町屋のスケルトンから地盤改良を伴った、初めての耐震リフォームを行い怒涛の夏のリフォームとなりました。

深川の本祭りの真っ最中に増築をしながらの浴室のリフォームを行っていたときがピークだったでしょうか。

渋谷区でも今までにないくらいのスケルトンリフォームも若い大工さんと一緒に行いました。

佃のスケルトンリフォーム+新築店舗から千駄木のほぼスケルトンリフォーム、江戸川の一戸建てを同時に行い、17年前に塩谷住宅建築で新築していただいたお施主様から塗り替えのご依頼もいただきました。

そして、父が50年前に大工から初めて工務店に独立した時のお客様のお嬢様からのリフォーム工事も頂戴しました。

様々なOB様(いままでリフォームや新築していただいたお客様を私たちはこう呼びます!)からのお仕事をいただくようになったのも、最近の特徴です。

それはそうです。

エコリフォームになってから13年経ちました。
塩谷住宅建築を開業してからは、24年も経っています。
父の時代の塩谷工務店から数えれば、57年!です。

昨年亡くなった父親もよく「お得意さん」と呼んでいた仕事をさせていただいておりました。

いつの間にか、私どももいろいろなお客さまの仕事をさせていただくうちに、たくさんお客様と関わる事が出来ました。

年末にお配りするカレンダーもどんどん数が増えました。

私たち夫婦が起こした小さな会社も規模を決して大きくすることなく、「小さくとも強い会社にする」という思いはようやく形になり始めました。

決して多いとは言えない社員さんたちも一生懸命頑張ってくれました。

様々な方たちのおかげで今の私たちがあります。
感謝の気持ちを忘れないように気を引き締めます。

来るべき新年が皆様にとりまして素晴らしい一年になりますよう心よりご祈念申し上げます。

本当に、一年いろいろとお世話になりました。
ありがとうございました。



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:48|PermalinkComments(0)

2017年04月07日

耐震補強工事がはじまりました!

荒川の現場では、今回構造も状態がよく、基礎も問題ないことが解体してわかりました。

耐震計画では、基礎の補強を「アラミド繊維」で行う予定です。

さっそく、専門の業者さんたちが入ってきました。

P3030029
















まずは、基礎周辺の土を取り除き規定の深さまで掘削します。(業者の方たちは「もぐら」と呼んでました)

そして、清掃したのちに1層目の接着剤を塗布します。

P3030023 (2)












懐中電灯でチェックしながら、アラミドシートを貼ります。

P3030050 (2)












完成です。
この作業をすべての基礎に行っていきます。
3日ほどかかりました。

外部ではシートも張られ、わが社のシートも張りました。

P3030045 (2)












内部の構造をチェックしましたが、面白い「継ぎ手」を見つけました。

↓こちらです。

P3030045

















「追っ掛け大栓継ぎ」といわれる今では、とても珍しい継ぎ手です。

大工さんも、あちらこちらこのような仕掛けを造っています。

すべてが、1階は4寸角を使用して張り切っているようです。








ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月01日

耐震リフォームを荒川区で行っています!

私どもの得意な地域でもある?今回は荒川区というところで大規模なリフォームを行っています。

こちらのお客様は、親子で耐震セミナーを受けていただいた方たちです。

経年された住宅で、シロアリなどの劣化を気にされておりました。

家には、どこのおうちでも歴史があります。

50年経っていれば、50年の歴史があるものです。

こちらの住宅は、今お住まいのお母さまがおひとりで設計なさったそうです。私や大工がみても極めて経済的にできており、構造的にも納得できる設計でした。

お施主さんだった、お父様は建具業者をなさっており、内部の建具も立派なものが多かったようです。

大工さんも、お知り合い大工さんが、おひとりでコツコツと造っていたそうで本当に手の込んだお仕事をなさっていました。

大体、解体するとがっかりするパターンが多いのですが、こちらの大工さんや板金さん、左官屋さんをはじめ各業者の皆さんは、立派な仕事をされていました。

詳しくは、田中の工事ブログでお伝えするはずですので、省きますが、私は、これから施工する側の立場からお伝えしたいと思います。

まだまだ、工事は続いています。

また、お伝えします。


P2250042




ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月11日

耐震セミナー

今日で、あの日から6年経ちました。


それぞれの方の中に、「3.11」があると思います。


そんな中、今日は、耐震セミナーを偶然行いました。2011年の6月から6年間にわたり、こつこつと少人数ながらも行ってまいりました。


C6m9B-VV0AANOeX






















私たち、建築それもリフォームで協力できることはないだろうかとみんなで考え、講師などやったこともなのにも関わらず、皆さんに開催させていただきました。


今日は、二名の参加でした。


やはり、地震に対しての不安なお気持ちや、現在お住まいの建物についてもお伺いしました。

C6mSRyPV0AAkUKE

















一緒
に協力してきたスタッフの千葉も門前の小僧で随分と実力をつけてきました。私のフォローというより千葉が説明しても十分です。それはそうです、千葉も立派に建築士になりました。


六年の月日は、あっという間でしたが、被災された方々にとっては長い日々であったろうと思います。


母型の実家である福島の川内村も立ち入りができるようになりましたが、親戚は一人もおりません。東京での暮らしにも慣れたそうです。

6年前には、地震に便乗して、耐震リフォームがらみの詐欺まがいの業者が数多く現れました。
そんな業者への注意を含めて、私たちなりの正しい木造住宅への耐震方法をお伝えしてまいりました。


本当に細々ではありますが、これからも続けさせていただきたいと思っています。



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月18日

耐震改修工事が終わりました。

R0043777墨田区の耐震改修工事がようやく終了しました。

この工事は、田中裕子が担当しました。

通常の耐震工事と比べて、なかなか大変だったようです。

「墨田区耐震助成工事」と「墨田区耐震工事にたいする融資利子補給事業」、「高齢者自立支援住宅改修助成事業」、「介護保険住宅改修に係る助成金」となんと4つもの手続きを必要としました。

人に寄り添うことを得意としているエコリフォームのコーディネーターでもなかなか難易度の高い仕事でした。

耐震強度を上げることも難しい仕事ではありますが、一つ一つ間違いなく、手続きを行うことは私が最も苦手なことのひとつです。

何度も何度も、区役所の担当の方と折衝し、電話で打ち合わせを行い、お客様と区役所を何度も往復しました。

ひとつも間違うことは許されず、写真を記録して文章を作成しては承諾してもらい、つぎの工程へ進んでいく作業は、4つもあれば大変です。

それも、お客様の代理人となり、ぶつぶつ言いながらも見事にやり遂げました。

上の写真は、玄関から入った「飾り窓」の一つです。

昔ながらの雰囲気を残したいというお客さんのご要望を、田中が切望して残したものです。

なんでも新しくするのは、簡単ですが、昔のものを残しながら今の性能を上げていくのがエコリフォームの技であり、醍醐味でもあります。

お客様も先日お引越しされ、田中と仲良く談笑されている姿を見て、本当によく頑張ったともいます。

また、ひとつ自慢できる住宅が出来上がりました。

どうぞ、末永くお暮しください。

ありがとうございました。





ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)