2007年01月12日

人類の次の戦い(食料VSエネルギー)

8cd504a4.png

昨日は、ゴミ問題の事を書きましたが、今日はエネルギーのお話です。

今、世界中で鉱物資源が枯渇し始めているそうです。

中国、インド、ブラジルといった第三国が経済発展が進んでいるためですが、こ流れは一時的なものではないそうです。

エネルギーの枯渇は、昔から言われてきました。

石油や天然ガスなどの代表的な資源はもとより資源が枯渇するにつれ、より高価な採掘コストの高い化石燃料に移行していきます。

主要な金属の地球上の枯渇年限

銀 19年

金 20年

鉛 24年

亜鉛 26年

銅 30年

マンガン 30年

スズ 37年

ニッケル 40年

水銀 48年

鉄 71年

「世界の鉱物資源  1998年 オーム社」より

そして今、金属や石油の高等と共に高騰しているのが穀物相場です。

何故、穀物が値上がりするのでしょうか?

それは、これら鉱物資源の枯渇と微妙にリンクしています。つまり穀物が燃料に転嫁し始めているからなのです。

代表的な燃料に「菜種」ですが、ついに2005年には、食料と燃料の需要がほぼ均衡してしまいました。つまり生産量の半分が燃料になってしまい、我々の口には入らなくなったのです。

アメリカでは、菜種油などのバイオ燃料の割合が30パーセントになり、EUなどでは、2010年には、総生産量が現在4800万トンなのに バイオディーゼルだけで4400万トン必要になるそうです。

この事態に、マクロで見た場合、自然エネルギーの利用が叫ばれていますが、食料が燃料に転嫁してくれば食料不足は起こります。

また、リサイクルなどもよく調べてみれば、金属を再利用すればするほどエネルギーの利用は増えるそうです。

この食料とエネルギーの戦いは、これから厳しくなりそうです。

◇◆◇◆ 塩谷住宅グループのホームページのご紹介 ◇◆◇◆

新築住宅・注文住宅は塩谷住宅建築

it-koumuten.com-index

it-koumuten-kisyuu

 

 

 

it-koumuten-kokusannzai

 

 

 

>>注文住宅・新築住宅  >>紀州の木の家      >>国産材の木の家

 

エコ リフォームのオフィシャルホームページはこちら

eco-inc.co.jp-index

eco-inc-jirei

 

 

 

eco-inc.tisin

 

 

 

>>リフォーム 東京 エコ  >>リフォームの事例 >>耐震 リフォーム

 

●こちらのエコ リフォームのホームページもご覧下さい。

eco-reform.com-index

eco-reform-tyuuko

 

 

 

 

>>マンション リフォーム  >>中古住宅 リフォーム

 

●スタッフブログも是非ご覧下さい。

eco-reform-blogeco_house-blog

 

 

 

 

lohas_reform

 

 

 

 

>>エコ リフォーム社長エコブログ  >>ロハスな家  >>ロハスな生活

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 23:16│Comments(2)TrackBack(0) エコロジー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 塩谷です。   2007年01月14日 20:38
本物大好き様
今年も宜しくお願いいたします。
VDFは流通しているのですね。
知りませんでした。
また、低温に弱いということも知りませんでした。
色々また教えてください。
お願いします。
1. Posted by 本物大好き   2007年01月13日 21:02
当社でもフォークリフト用の燃料としてVDF
(廃天ぷら油から作った軽油代替燃料)を使っています。
軽油を使うと真っ黒い煙を出していたフォークリフトも
この燃料を使うと白い煙を出すようになります。
煙の匂いも違います。(天ぷらを揚げた匂いがします)
ただ、欠点はマイナス3℃で凍ってしまうことです。
ですから、冬は使えません。植物油が低温に弱いことは、
意外と知られていないものです。3月から11月までに限定して
今でも使っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字