災害に備える家備えることは守ること 1

2021年03月06日

3.11がまたやってきます。

あの日から10年経ちました。
様々な思いが皆さんの中にあると思います。

あの日東京でも色々なことがありました。
10年の間にも熊本の地震や台風での被害などにより、災害大国ニッポンは、耐え忍んできました。

まだまだ復興したとは言えない東北、特に福島では風評の被害は未だ癒えません。

つい先日も余震と思われる海溝型の大きな地震がありましたが、深いところで起きたため津波にはなりませんでしたが、ひとつ間違えば大きな被害が、また福島を襲うところでした。

私たちができることは、いつ来るかわからない地震に「備える」ことです。

平成23年 東日本大震災(M9.0)
平成28年 熊本地震 (M7.0)
平成30年 北海道胆振東部地震 (M6.7)

これらの地震の経験から大災害をもたらすメカニズムがようやくわかってきました。

固有周期

共振現象

スリップ挙動

表層地盤増幅率

これらのメカニズムをこれからわかりやすく説明したいと思っています。

巨大地震の発生確率は東京では今後30年間に83%の数値です。

直下型の震度6程度の地震では、いつ起きるか全くわかりません。

「備えることは、守ること」です。

私でわかる範囲での知識ですが、皆さんの備える手立てになれば幸いです。

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!


eco_house at 17:07│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
災害に備える家備えることは守ること 1