2017年03月13日

311

セミナー

















あれから6年が経ちました。
時がたっても被災した方々は、悲しみが癒えることは
ないでしょう。

被災した方々にとって6年という月日は、
どんな日々だったのでしょうか。

各地で復興が進んでいますが、今もなお仮設住宅などで
暮らす避難生活をおくる方は、18万人もいらっしゃいます。

主人の母の故郷である福島県川内村は避難指示が解除されました。
でも叔父は、故郷に帰ることはせず子供たちのいる
東京にとどまり暮らすようです。
時がたっても全てのことが震災の前には戻りません。

私ができることは、あの震災を忘れないことと、
少しの義援金を送り、被災した東北の物を買うぐらい
しかできません。

私の大好きな陸前高田のお醤油屋さん『八木澤商店』も
頑張っています。

小さな力だけど私なりに応援し続けてまいります。

エコリフォーム社でもこの6年間続けてきた
耐震セミナーをこれからも続けていきたいと思います。
これも小さな力ですが、きっと来るであろう都市を
襲う地震に備える知識を一般の方に発信してまいります。

もう少しすると東北にも遅い春が来ますね。
今年は、主人と尋ねてみようかと思います。
 

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月21日

東京マラソン

いよいよ今週末、東京マラソンが開催されます。

コース






















IMG_1830






























ここのところ、ピタッとしたウエアーを着た、
本格的なランナーにわが街、門前仲町で遭遇する
ようになりました。

今年からコースが変更になり、エコリフォーム社の
前の永代通りも新コースとなりました。

しかも、通過するのではなく、折り返し地点なんです。
この間、道路の真ん中の分離帯も取り払われました。

今日あたりから本格的に準備が始まるようです。

ランナーと警備の方や応援の人で物凄いことになるのでしょうか。
残念ながらエコリフォームは、日曜定休なので
応援できませんが、参加ランナーの完走を祈っております。

お隣の富岡八幡宮では、『完走守』なるものも出ております。

お守り















今年は、残念ながら応援できませんが、来年は
是非とも事務所の窓から声援を送りたいと思います。

そして、来る2020年の東京オリンピックの
マラソンコースもこのコースになるかもしれないそうです。
今からワクワクしちゃいます。

2010年には、スタッフの千葉も出場し立派に完走いたしました。
また、走ったらいいのにな〜

日曜日は、お天気も何とかもちそうですし、アスリートの
健闘を祈ります。

コースの界隈は、交通規制が敷かれますので、お出かけるに
なる方は、ご注意ください。



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月07日

春が来ますよ〜

まだまだ寒さはのこりますが、暦の上では春ですね。

心なしか日差しも暖かくなってきたように感じます。
あちらこちで梅の花もほころびはじめました 。

mekyabetu01


















私は、大好物の芽キャベツが店頭に並ぶと
『春がもうすぐだな〜』と毎年、春の訪れの
バロメーターとなっています。

スーパーで、この芽キャベツを見つけると
買わずにはおられません。

皆さんも春を感じることってありませんか?

花粉症の症状がバロメーターの方はお気の毒です。

さて、最近のエコリフォーム社はと申しますと、
ここへきて、二軒の大きなリフォーム工事を終え、
無事にお客様にお引き渡しをさせて頂きました。

そのうち一軒は、エコリフォームでは、珍しい店舗の
工事も住宅と
一緒にご依頼をいただきました。


岩崎邸_583_r








 






ご婦人のブラウスを専門に扱う、ブティックです。

岩崎邸_593_r 















木の肌を活かして、ナチュラルであたたかな
内装にさせて頂きました。

お店が開店してまだ、伺っておりませんので
明日、お邪魔してみようと思っております。

新しい空間でのお暮しぶりを拝見するのも
とても楽しみですが、商品が沢山並んだお店に
お邪魔するのは、別のワクワク感がございます。

素敵な春物が並んでいるかな〜

今年は、東京では積もるような雪が降って
いませんが、これからでしょうか?

春までもう少し、体調を整えて待つことにします。




ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

新年あけましておめでとうございます。

明けまして・・・ちょっと遅いので
寒中お見舞い申し上げます。

今年はあたたかなお正月でしたね。

皆さま穏やかなお正月をお過ごしになったことと思います。

エコリフォーム社も7日より全員がそろって本年の
業務を開始いたしました。

今年は酉年で年女がおります・・・誰かは内緒です。
24才?36才?48才?はたまた60才???

それはさて、エコリフォームの現場は新年4日より
動き出しました。

なんとエコリフォームはじまって以来となる、
年明け6現場が一斉に動くととなります。

新年早々ありがたいことです。
気を引きしめて、みなで力を合わせて進んでまいります。

HP
 


















そして、新年早々オフィシャルのホームページのトップページの
デザインが変わりました。
少し印象が変わりましたでしょうか。

ユーザビリティーも これからどんどんよくしてまいります。

今年も何卒よろしくお願いいたします。
 

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月30日

今年もお世話になりました。


みんなで大掃除中!!

IMG_2380






















エコリフォーム社は、昨日で年内の営業を
終えさせていただきました。

最後の仕事は、一年間お世話になった事務所を
スタッフ総出で大掃除です。

IMG_1609
 












忘年会も忘れておりませんよ〜

今年は、丸の内のちょっとおしゃれな
シンガポール料理屋さんで楽しくいたしました。

年の瀬に、楽しくて美味しい時をこうして皆で
過ごせることに心から感謝いたします。

この一年、沢山のお客様とのご縁をいただき、
また、協力業者の皆様にも沢山のご援助をいただきました。

そして、スタッフ皆がそれぞれの役目に精一杯の力を
発揮してくれました。

本当にありがたく思います。

事務所の営業は、昨日までですが、なんと現場は
今日も動いております。

PC220073













大きな耐震リフォームの現場3軒同時に進めてくれている
主人の塩谷と腕のたつ川野大工に心から感謝です。

忙しくあっという間に過ぎた一年でしたが、
沢山の素晴らしいご縁と実りをいただいた一年でした。

来年も住まう方のための住空間を皆で一丸となって
造らせていただきます。

一年間大変お世話になりありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願いいたします。

忙しいことを言い訳にサボっておりますこのブログでしたが
来年は、もっともっとエコリフォーム社の事や
私の想いをお伝えできるようさせていただく所存です!

それでは、あたたかくして、どうぞ良いお正月をお迎えください。

この一年、ご愛読をいただきありがとうございました。




ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月13日

ここのところのエコリフォーム社

IMG_1524

















今年のカレンダーも残り2枚だ〜 なんて言っておりましたら
11月も半分過ぎ洋としています、日々が足早に通り過ぎる
速度がここへきて加速しております。

お隣の富岡八幡宮は、お酉さまの設えと、七五三のお祝いの方で
おめでたい感じです。

七五三の男の子も女の子も可愛くお支度をして、親御さんや
おじいちゃん、おばあちゃんに手を引かれ、いつみても
ほのぼのとする良い風景です。

お酉さまは、11日が一の酉でした、二の酉は23日の勤労感謝の
日となりますので、さぞや賑やかになることでしょう。

エコリフォーム社の熊手もいただきに上がらなくては。

PA270245

















さて、エコリフォーム社では新たな工事が始まっております。
築年数の長い建物の耐震補強を含む大規模なリフォーム工事です。

今回の工事も難易度の高いものとなりそうです。

経年したお宅の工事をさせていただきます場合、その建物を
建築した当初の性能は、損なわれています。
それは、当然のことなのです。

建築当時の状態をプラスマイナス0と考えると、現時点では
だいぶマイナスということになります。
まずは、マイナスをプラスにもっていって、そこから建築当時には
なかった、性能をプラスしていきます。

そして、今建築されている新築住宅の性能と違わないくらいの
建物に生まれ変わるのです。

計画の段階では、できる限りの条件を踏まえたうえで、
設計を行いますが、壊して構造体を見てみると、変更を
余儀なくされることもしばしばです。

その都度、お客様にご説明をさせていただき、ご納得を
いただいたうえで、工事を進めてまいります。

建築士の塩谷にとりましては、そこが新築と違うリフォームの
醍醐味のようでございます。

毎回毎回、同じ家は一つとしてなく、ご依頼の難易度は
ましていくように感じます。

それだけ、エコリフォームが、経験を積ませていただいたと
いうことでしょうか。

荒川区でも明日から、大規模なリノベーション工事の
スタートです。

お客様にすっかり中のお荷物も片づけていただき、
本日、お客様と共に手掛ける前のお清めを済ませ
準備万端で乗り込みです。

ame






 










エコリフォーム社は、風邪がはやり始めております。
3名ダウン・・・そのうち一人は私です・・・面目ない。

このアメのどにとってもいいみたいです。
蜂蜜で殺菌して、師走に向かってズンズン進んでまいります。

 

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

ヒートショック

キャプチャ
















先日、俳優の平幹次郎さんが、お亡くなりになれました。
原因が、ヒートショックとありました。

ヒートショックは、高齢者が家庭内で死亡する原因の
約25%を占めています。
これからの季節、ヒートショックへの対策が絶対に必要です。

国の統計によると、交通事故の年間の死亡者数は、
約7〜8千人でが、ヒートショックで命を落とされる方は
推定1万人を超えると言われております。

私たちもお客様によくお話ししますが、『バリアフリー』とは、
床などの段差をなくすことだけではなくて、空気の温度差を
なくして家の中のどこへ行っても温度差が少ないことも
大切ですとご説明いたします。

室内の温度差とは、リビングや個室は、暖房をして暖かく
廊下やトイレ、脱衣所、浴室は暖房されていないため、
暖かいお部屋とそれ以外の寒いところでは、7℃〜10℃の
温度差が生まれてしまいます。

この温度差が、血圧や脈拍に影響を与え、心臓や血管に
大きな負担を与えヒートショックを引き起こします。

特に冬場の浴室やトイレは要注意です。
 
冬場の浴室の温度は低く、水温は約40℃と高い温度ですから、
その温度差が大きく身体に負担を与えるのです。

建物全体で温熱環境を考え、計画することで家の中の
温度差をほとんどなくすことは可能です。

実際に私どもでも戸建住宅の大規模な工事をさせていただく
際には、温熱環境に十分に配慮した計画をご提案いたします。

熱性性能や気密性能を上げることで、家全体が外気の
影響を受けにくくなり、暖房や冷房も小さなエネルギーで
大きな効果を得られるようになります。

ただ、性能を上げる工事は、規模が大きくなりすぐにできる
物ではありません。

まずは、身近なところで出来る対策をしましょう。

あまり居室を暖めすぎないこと、寒さが厳しいトイレや
脱衣所などには、小型の暖房器具などを備えることも良いでしょう。

浴室は、専用の暖房機もありますが、入浴まえに風呂ふたを
あけておいたり、シャワーだけの時には服を脱ぐ前に浴室全体に
熱めシャワーを掛けてもOKです。

住宅は、本来暮らしを守り、育てる場所でなくてはいけません。
宅内事故は、起きてほしくありません。

今年は、寒さが厳しい冬のようです、ヒートショック対策を
万全にして、寒い冬を乗り切りましょう。




ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

パッシブデザインコンペ

コンペ小(JPG)

















一般社団法人パッシブデザイン協議会とう団体が開催する
コンペに応募いたしました。

パッシブ

















パッシブデザイン【passive design】

まだまだ、耳慣れない言葉かもしれませんが、住宅業界では
盛んに使われ始めました。

特別な機械設備を使わずに、建築物の構造や材料などの
工夫によって熱や空気の流れを制御して室内の快適な
温熱環境を作り出す手法のことを指します。

今回のコンペに出した住宅は、先日お引き渡しをさせていただいた
リフォーム工事です。

新築工事でこの考え方を採用することは、比較的容易いことですが
リフォーム工事という制約の多い中で、パッシブを実現するのは
ちょっと大変です。

エコリフォームでは、築年数の長い住宅を再生させる工事の
ご依頼を多くいただきます。

その建物が、新築で建った時の性能に戻すことはもちろんですが、
それ以上の性能にすることをお住いになる方は求めます。

耐震性能と合わせて、温熱環境にも積極的に取り組んでまいります。

今はまだ、『パッシブデザイン』は、耳慣れない言葉ですが
だんだんに考え方は浸透していくと思います。

今回のコンペティションの結果を楽しみにしましょう!

そして、ご協力をいただいたお客さまに感謝いたします。



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月08日

住宅ストック循環支援事業

グラフ
















先日、国土交通省のニュースリリースがあり、

今回の国会で『住宅ストック循環支援事業』に対する
補正予算が通りました!

この事業は、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に
加入する中古住宅の取得や耐震性を確保され、尚且つ省エネの
条件を満たす建物への改修工事に対して国がその費用の一部を
助成してくれる制度です。

他にも一定の省エネ性能を持つ住宅への建て替え工事に
対しても支援があります。

前回行われた事業の『省エネ住宅エコポント』と大きく違う点として
耐震性を担保しなければならないことと、ポイントではなく、
現金による助成となることです。

人口の減少により、住宅のストックは確実に増えていきます。
国もそのことを重く見ての新事業だと思います。

少し意味合いが違うかもしれませんが、私たちがいつも
リノベーション工事をさせていただく建物のように
大工さんが丁寧に一生懸命建てた木造住宅が息を
吹き返し、住み継がれていくといいな〜と思っています。

エコリフォーム社もこの事業に参加させていただき、
住まう人のために出来ることを精一杯してまいります。

詳しくは、国土交通省のホームページで詳しく紹介しています。
 

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000121.html 


 



ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月30日

和食の饗宴

今日は、建築の事ではなくて食についてです。
和食について触れる良い機会をいただきましたので、
そのお話を少し。

日本料理アカデミーが主催する『和食の饗宴』という
イベントに参加させていただきました。

2013年「和食」が世界無形文化遺産に登録されから
もっと自分たちの食文化を見直そうとする機運が高まって
このような催しが増えてきたように思います。

今回、このイベントを主催している 『日本料理アカデミー』とは
平成16年に設立された非営利団体です。

IMG_1363

















第一部は、 『日本料理の伝統と革新』というテーマで
行われたパネルディスカッションです。

京都の料亭『菊の井』のご主人村田吉弘さんと
湯島の料理屋のご主人、黒木さん、そして、江戸近茶流嗣家、
柳原尚之さんのお三方のお話でした。

村田さんが仰っていた、
『伝統は変化し進化し続けるもの、変わらずに伝えるものは伝承である』
これは、すべての分野に言えることではないでしょうか。

他にも興味深いお話をたくさん聞くことができました。

キャプチャ1
















そして二部は、歴代のコンペティションで入賞した料理人の方々の
お料理を頂戴いたしました。

ちなみに主人は、ちゃっかり二部からの参加でございます。

キャプチャ
















1111















若い職人さんたちの料理は、どれも美味しくいただきましたが、
得も言われぬネルギーを感じました。

若いって素敵ですね!
季節を感じ、風土を感じ、技を感じ、念いを感じる素敵なお料理でした。

これからの和食を担っていく人材の育成に益々ご尽力を
いただきたいと思います。

そして、日本が誇る食の文化を後世に残していってください。
 

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 住まいブログへ
よろしかったら、ポチッと押していただけると嬉しいです!

eco_reform at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)