.

建築工事(葺き替え・貫板交換・破風板交換等)

<日本エコクリーン株式会社 横浜本店>

〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1
ハウスクエア横浜 住まいの情報館4F
<電話番号>045-914-5272
<FAX>045-915-5520

藤沢市I様邸、破風板板金工事を行いました!!

お世話になります!!
日本エコクリーンの宇山です

本日、 営業担当 : 佐々木 の
藤沢市I様邸にて、破風板板金工事を行いました!!


先日、塗装工事をさせて頂いたI様より
追加の工事を頂きました

ありがとうございます
DSCN3332
破風板はこちらです(※この写真は施工後のものです)
黒い板金部分が破風板です


施工前はこちら
DSCN3063DSCN2708
ペンキが剥がれていたり
特に左の写真は塗膜の剥がれがひどい状態です

もちろん、ペンキで補修も可能ですが
ペンキの場合、
もって数年(5年から6年ほど。場合によってはそこまでもたないものも)

一方板金は10年はもつと言われています

費用面では、少しはりますが
長い目で見たとき、何度もメンテナンスをするのであれば
トントンに
なります

長く住むお家
「費用は抑えたい」

だけど

「一度で済ませたい」

そのようなお考えをお持ちの方は板金を巻く工事がおススメです

詳しくは担当 : 佐々木 まで



DSCN3330
板金を巻き、くぎで固定していきます

DSCN3334
完成です

板金をまく箇所にもよりますが
工事期間は1日ほど

板金なので汚れも付きにくくいいですよね

I様、近隣のみなさん
工事のご協力ありがとうございます

I様、今後もよろしくお願いします

横浜市保土ヶ谷区S様邸、屋根葺き替え工事行いました!!

お世話になります!!
日本エコクリーンの宇山です

本日、 営業担当 : 澁谷 の
横浜市保土ヶ谷区S様邸にて、屋根葺き替え工事行いました!!

数年前に太陽光を設置されたS様
今回の工事でお屋根を

「和瓦」⇒「ガルバリウム鋼板」
に葺き替え

新たに太陽光発電を設置
させて頂きます



今回葺き替えた
ガルバリウムのお屋根

「地震時の屋根倒壊の危険性も低い」

「耐久性が高い」

「瓦屋根の重さがの1/8 (スレートの1/3) 」


ということが挙げられます


工事風景

DSCN2999
こちらが施工前のお屋根
赤い瓦の昔ながらの日本住宅です

DSC03623
瓦屋根を見渡してみると・・・
漆喰部分などあらゆるところに傷みがありました

葺き替えスタート
IMG_0237 DSCN3201
まずは既存の瓦を撤去し
解体した際の屋根材をキレイに取り除きます
DSCN3223DSCN3413
その上に、合板をはり
防水シート(ルーフィング)をはり
ガルバリウム材をはっていきます

DSCN3468
棟部分に板(貫板)を固定し
その上に板金を取り付け完成です

S様、近隣のみなさん
工事のご協力ありがとうございました

S様、太陽光工事時もよろしくお願いします

横浜市港南区S様邸、野地板、ルーフィング交換工事行いました!!

お世話になります!!
日本エコクリーンの宇山です



本日、 営業担当 : 佐々木 の
横浜市港南区S様邸にて、野地板、ルーフィング交換工事行いました!!


S様邸は和瓦のお家
今回は・・・・
瓦交換は行わず
瓦の下にあるルーフィング(防水シート)と
その下にある野地板を変えました

お家の築年数が経つと
当然ながら劣化していきます

目に見えない場所 

その進行や症状を確認することが出来ないため

気づいたら・・・というケースも少なくありません

早めのメンテナンス
をおススメします


「私のお家はどうかしら?」
と思われた方

佐々木をはじめ、
弊社は住宅の知識が豊富な専門スタッフが
おりますのでお気軽にご相談ください


さて、早速工事開始です
DSCN1829

まずは既存の瓦をはずしていきます
よ~く見るとルーフィングに穴
DSCN1831
このままにしておくと・・・雨漏りの原因になったり
想像しただけでもコワイですね

瓦を剥がし、解体時に出た欠けら等をキレイに取り除いた後に
野地板、合板をはっていきます
DSCN1848
その上にルーフィングをはっていきます
DSCN1856
その上に瓦残(瓦を引っかけて固定する桟)を
固定していきます(下の写真の横にはしっている木です)
DSCN2022
そちらに瓦を引っかけ固定していきます
DSCN2041

最後に棟部分の漆喰を詰め、棟瓦を取り付け完成です
DSCN2173DSCN2174

DSCN2204

塗装のように色の変化や葺き替えのように
屋根材を変えたわけではないので
見た目の変化は分かりづらいかもしれませんが・・・

内部はしっかりと防水処置させて頂きましたので
この先も安心ですね

長く住まわれるお家だからこそ
お手入れは欠かせません

S様、近隣のみなさん
工事のご協力ありがとうございました

横浜市泉区Y様邸、破風板板金補修工事行いました!!

お世話になります!!
日本エコクリーンの宇山です

本日、 営業担当 : 三戸 の
横浜市泉区Y様邸にて、破風板板金補修工事行いました!!

DSCN0966IMG_8161
Before                                                     After

補修工事前後のお写真です
写真では分かりづらいかもしれませんが・・・
Before写真は既存のコーキングが劣化していたため
マスキングテープで養生し
新しいシーリング材を打つところのものです

その後、板金を上から張り
つなぎ目をコーキング処理して二重防水で完成です。

IMG_8162

Y様、近隣のみなさん
工事のご協力ありがとうございました!!
雨漏りの心配もなくなりました

今後もよろしくお願いします

横浜市南区Y様邸、屋根葺き替え工事行いました!!

お世話になります!!
日本エコクリーンの宇山です

本日、 営業担当: 澁谷 の
横浜市南区Y様邸にて、屋根葺き替え工事行いました!!

DSCN0252DSCN1303
Before                                                   After
葺き替え前のお屋根は瓦と瓦をつなぐ漆喰(しっくい)が
欠けて瓦の上にその破片が落ちていました

漆喰が劣化すると、棟土に雨水が浸透して棟が崩壊やしたり
雨漏りを引き起こします


瓦屋根にお住まいの方は、この「漆喰」部分の劣化に要注意です

DSC03377DSCN1151
まずは、既存の瓦、その下にあるルーフィング(防水シート)を
撤去します
その後、その上に合板を張ります

DSCN1191DSC03372
合板の上には、新しいアスファルトルーフィング材を張っていきます
そして、瓦を取り付けていくと・・・・

DSCN1304
完成です

Y様、近隣のみなさん
工事のご協力ありがとうございました

Y様、今後もよろしくお願いします

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ