Craving for chocolate

英語学習などを扱っています。心理・精神編が始まりました。


知識力と思考力を鍛える 判例編


ニュース編、財務諸表編と続いて、最後は判例編です。

判例も知識力と思考力を鍛えることができる素材だと思います。判例を理解するには法律の知識と思考力が必要になります。


判例の理解

法律を勉強する上で、判例の学習は欠かせないものです。条文を読んでいても分かりにくかったりしますが、判例では裁判所が事案だけではなく、条文をどのように適用したのかが分かります。詳細を理解するためには法律の知識が必要になるため、知識力を身につけることになります。


判例の思考

法律の文章を作成するときは、瑕疵がないように詳細まで突き詰めて精巧にします。法律の文言に慣れていないと、回りくどいと感じたり難解だと思ったりしますが、論理はしっかりしています。その中でも判例の学習は有益で、この学習を通じて法的思考力も養われます。もちろん、判例が必ずしも正しいわけではありません。判例に対する批判も多くあります。判例の論理、それに対する批判の論理など、これらを学ぶことで少しずつ思考力が身についていきます。


思考力

どの学問でも学習する上で、必要最低限の暗記や知識は求められます。しかし、どの段階においても、物事に取り組む際には思考することが大切です。思考しなければ理解度は浅くなります。また、思考力は将来のことを考える力です。未知の問題に遭遇した場合には、この思考力が問われることになります。

以前、日本の大学院とアメリカの大学院、どちらも難関で有名な大学院で学問を修めた法学者がいましたが、その人は集団的自衛権の問題に対して、「憲法学者は思想的に偏っている人が多い」とだけ答えていました。確かにその人が主張するように、憲法学者は思想的に偏っている人が多いのかもしれません。しかし、論点は憲法の条文や判例の解釈と集団的自衛権の法案の内容の問題であり、憲法学者の思想信条ではありません。法律についての意見を言うべきなのにもかかわらず、その法学者は憲法学者の思想のことしか言及しませんでした。たとえ憲法が専門ではなくても、法学者であれば自身の思考力を駆使して、合憲でも違憲でも自分の考えを述べるべきでした。思考の放棄です。

大切なことは、自分の考えを持つことです。しかし、自分なりでいいので深く考えなければいけません。高学歴で知識があるように思える人でも、短絡的な思考をしたり思考することを放棄していたりする人は、上記の学者を含めて少なくはありません。

ある問題について考えるためには、そのための学習をしたりして大変な部分があったりしますが、その過程を楽しめるようになると知識を身につけて思考することが面白くなってきます。試験などの勉強では答えがありますが、実社会では正解がないものが多くあります。その時に思考力を駆使すると、道が見える時があると思います。知識を身につけるだけではなく、それを駆使して思考していくことが今の時代には求められます。


最後に

ニュースや財務諸表に限らず、判例の学習を通じても知識力と思考力を鍛えることができます。判例の学習の重要性は、偉大な民法学者である我妻榮先生の『民法案内1 私法の道しるべ』という著書の中で言及されておられます。

判例の学習は、知識力や思考力を鍛えるだけではなく、もちろん各種法律の試験においても有益です。法律も会計と同様、難しいと思い敬遠しがちですが、一歩ずつ学習を進めていけば少しずつ理解できるようになってきます。

これまでに紹介したもの意外にも知識力と思考力を鍛える方法はあると思いますので、みなさんも独自の方法で学習してみて下さい。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ



知識力と思考力を鍛える 財務諸表編


ニュース編に続いて、今回は財務諸表編です。

財務諸表は、知識力と思考力を鍛えるにはいい素材だと思います。財務諸表を理解するためには会計学の知識が必要であり、そして意思決定をするためには思考力が問われます。


会計学の知識の重要性

会計はビジネスをする上で欠かすことのできない要素です。会計の素養を身につけておくと、業種を問わず多かれ少なかれその知識は役に立つと思います。財務諸表は海外の国の企業も当然作成しますので、語学の勉強にもなります。


思考力と意思決定

企業が作成した財務諸表は、これに基づいていろんな人たちが利用して意思決定を行います。意思決定には財務諸表から得られる情報はもちろん重要ですが、それ以外にも毎日報道されているニュースについての知識も必要です。特に国際情勢や政治経済、そして企業に関する情報は大切です。このような情報の入手において、英語力は大いに貢献します。

様々な要素を勘案して意思決定を行わなければならないため、思考力が問われます。『知識力と思考力』という記事で以前説明しましたが、思考力は将来のことを考える力です。このように財務諸表を読むことにより、思考力を鍛えることもできます。


財務諸表を読むための方法

財務諸表を読むことにより、知識力と思考力を鍛えることができます。しかし、ある程度の勉強が必要になります。

会計学の知識を身につける方法の一つとして、簿記があります。会計は言葉で説明されても分かりにくいですが、テキストや問題集などを利用して実際に自分で問題を解いたりして、一つ一つの取引について理解していけば、やがて貸借対照表や損益計算書などについて少しずつ理解できるようになっていきます。

現在簿記の勉強をされている人もおられるかと思います。簿記の問題を解く際に注意すべきことは、理解しているだけでは不十分だということです。時間内に、そして正確に問題を解けるようにするまで頑張る必要があります。これは簿記に限らず、TOEICなどの試験にも当てはまります。TOEICは特に時間制限が厳しい試験なので、時間管理が重要になります。

そして、問題を解いて満足するだけではなく、財務諸表を利用する意識を持って勉強する姿勢も大切です。以前、「キャッシュフローなんて簡単ですよ」と発言していた女性がいました。キャッシュフローの問題は、簡単な論点と難しい論点がはっきりしていることが多いですが、難問の作成は可能です。果たしてその女性は、難問を目の当たりにして「時間内に、そして正確に」問題を間違えることなく解くことが出来るのでしょうか。それだけではありません。キャッシュフローは意思決定においても重要な判断材料となります。ただ問題を解くだけではなく、それを有効に活用できてこそ意味があります。実務で利用している人ほど、「簡単ですよ」などの発言は軽々にはできません。財務諸表を学ぶ際には、それぞれの項目を詳細に見ていき、それが具体的にどのような役割や効果があるのかを考えていく姿勢が大切です。

また、懐疑心を持つことも必要です。情報に接する際には懐疑心を保持することが求められます。監査を受けて適正意見のついた財務諸表や情報源の確かな報道などは信頼度が高いですが、それでも100%確実とは言い切れない場合もあります。そのような場合には懐疑心が重要になります。2016年のアメリカ大統領選は接戦であったにもかかわらず、ある人は懐疑心を欠いてメディアの情報を鵜呑みにして、「絶対」トランプ氏が大統領になると予想しました。自分でしっかり考えたうえでの結論なら問題ないのですが、メディアの情報を疑いなく信じていました。もしこのような人が会計士になって懐疑心を欠いたままでいれば、粉飾を見逃す可能性があります。大切なことは、何事も不確実な場合は懐疑心を持って、徹底的に自分で調べることです。そうすれば、難しいことも少しずつ理解できるようになっていくと思います。

さらに、財務諸表を比較することにより、いろいろなものが把握できます。例えば、過去と現在の状況を比較することで、経営の違いが見えてきたりします。具体例としては、話題となった大塚家具が挙げられます。親子による経営の違いなどが大きくニュースで扱われました。財務諸表や従業員に関するその他の資料などを見ると、父と娘による経営の違いが見えてきます。また、自分の会社の財務諸表を同業他社のものと比較したり、あるいは同じ規模の会社と比較してみたりするのも面白いと思います。


最後に

簿記の学習を通じて財務諸表を学ぶことも大切ですが、財務諸表がどんなものか知りたい人は、財務諸表の読み方の本はたくさん出版されているので、そちらで学習するのも一つの方法です。

財務諸表を学ぶことにより、会計の知識だけではなく、将来のことを考える思考力を鍛えることができます。それだけではなく、普段のニュースについても注意を払うようになります。

会計は難しいということで、会計の勉強を避ける人もおられるかと思いますが、一歩ずつ学習を進めていけば少しずつ理解できるようになってきます。海外の情報を仕入れる際には英語も役に立ちます。会計と英語の学習の波及効果は大きいので、気になった人は始めてみることをおすすめします。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ



知識力と思考力を鍛える ニュース編


知識力と思考力の重要性は、『知識力と思考力』という記事ですでにお伝えしております。そこで、これを鍛えるための方法を簡潔に伝えたいと思います。まずはニュース編です。

毎日、私たちはいろいろなニュースに接しております。その内容は政治経済から文化、科学など多岐にわたり、国内だけでなく海外のものまであります。この日々流れてくるニュースとどう接するかにより、将来の行動に変化を起こすことができます。


ニュースへの知識

ニュースを理解するには、まず知識が必要です。特に政治経済や国際情勢のニュースでは知識が求められます。知識がないと、ニュースに対して「難しくて分からない」という印象しか残らなくなります。

しかし、政治経済や国際情勢などのニュースが分からなくても一つ一つ調べていけば、やがて少しずつ理解できるようになります。知識をつけるためには、この「調べる」という作業がとても重要なポイントになります。一つのニュースについて調べれば、その分野が広範囲にわたることも多くあります。そして、もっと知りたければ、どんどん深く調べていくことになります。時間はかかりますが、調べるといろんな知識を身につけることができます。


ニュースへの思考

いろいろ知識を得ると、次はそれに基づいて思考するようになります。ニュースのメインになりやすい政治経済や国際情勢の話題は、分野が異なっていてもリンクしており、お互いが影響を与えます。もちろん科学など他の分野ともリンクしており、多かれ少なかれニュースは分野を超えてリンクしていると考えることができます。このリンクを把握すると、ニュースを基にして思考することが楽しいと思えてきます。


ニュースへの対応

ニュースやデータの内容に疑問を抱かない人がいますが、それは大変危険です。それが顕著になって表れたのは、2016年のアメリカ大統領選挙です。多くの人は、メディアの世論調査の数字を基にしてヒラリークリントン氏の当選を予想しましたが、結果はドナルド・トランプ氏の勝利でした。

ある難関国立大学を卒業した政治経済が好きだと標榜する人は、「絶対ヒラリーさんが当選する」と言い、選挙が接戦であったにもかかわらず、「絶対」という言葉を使用して予想しました。この人は、メディアの世論調査のデータを基にしてそのように予想していましたが、それはただ自分で考えたふりをしただけです。メディアのデータを拾って発表するだけでは、思考したとは言えません。詳細は『知識力と思考力』の記事にあります。

ニュースに接する際に求められることはいくつかあり、そのうちの一つに「懐疑心」があります。果たして、そのニュースの内容やデータが真実なのだろうかという、疑いの心を常に持ち続けることが必要です。そのためには、怪しいと思えるニュースについてはいろんな方面から調べ、そして考えることが求められます。


英語ニュース

インターネットの発達により、海外の情報も即座に入手できるようになりました。海外のニュースから情報を仕入れることにより、物事の見方に多面性が生まれてきます。

そして、海外のニュースを理解するためには、やはり英語が必要です。そのためには、英語を勉強するしかありません。おすすめは、以前紹介した『ニュースで英会話』です。NHK WORLDで実際に放送された英語ニュースを題材にしているので、英語とニュースの両方を学ぶことができます。これが難しいという人は、ニュースで英会話の元講師の伊藤サムさんが担当されている『高校生からはじめる「現代英語」』がおすすめです。こちらもNHK WORLDで放送された英語ニュースが題材となっていますが、語彙や表現は優しく書き直してあります。

レベルを上げるならば、「The Economist」をおすすめします。政治経済や国際情勢の内容が多くあります。使用されている語彙や表現は難しいものも多く、とても読み応えのある英語の有名な雑誌です。


最後に

ニュースは知識力と思考力を鍛えることが出来る題材です。普段気づかないものが、意外と身近なところで関係していたりします。知識を身につけ、思考して行動することで人生が変わる可能性はあります。しかし、懐疑心を持っていなければ、大事なものが見えなかったりします。従って、懐疑心を持ち、知識と思考を活用して多角的にニュースに取り組むことが大切です。そうすれば、今まで気に留めなかったニュースに、新たな視点が生まれてくるかもしれません。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ



リーダーの要素


トランプ大統領がアメリカで誕生して以来、トランプ氏の物議を醸す発言が日々ニュースになっています。アメリカ大統領の発言が与える影響は大きく、トランプ氏のリーダーとしての資質を問う人もいます。

一方、日本では稲田前防衛大臣や金田前法務大臣、そしてそれ以外にも複数の大臣が省のトップである大臣としての資質を問われました。

リーダーとしての資質が問われるのは、政治家だけではありません。東芝では粉飾決算を行い、経営者らは国際的な企業を率いる存在としての資質が問われています。

そこで、リーダーにとって必要な要素とは一体何なのかを少し考えてみます。

リーダーに必要な要素にはいろいろありますが、「能力」・「人間性」・「志」の3つが必要だと思います。

まだ他にあるかもしれませんが、この3つの要素はリーダーにとって必要不可欠です。

それでは、一つずつ見ていきます。


1. 能力

能力はリーダーにとって必要不可欠な要素です。だけど、どんな能力が必要なのかと問われると、答えに窮する人もいるかと思います。

リーダーに必要な能力はいろいろあると思いますが、「知識力」・「思考力」・「経験」が必要だと思います。そして、この3つは次のように表すことができます。

知識力 × 思考力 × 経験

a. 知識力

これがなければ業務に支障をきたすので必要です。

b. 思考力

どの世界でも未知のことが生じるのが常なることなので、それについて考え、対応するための思考力も必要です。『知識力と思考力』という記事に詳細があります。

c. 経験

いろいろ経験してきた人は、その経験が自分の糧となっています。物事に取り組む際には、知識力と思考力を合わせ、それに経験を加えれば、素晴らしい能力となります。さらに豊富な経験は、人を魅了する力を持っています。


2. 人間性

人間性は難しい部分がありますが、ここでは人間関係を築く能力と定義します。そして、良好な人間関係を築くには、いろいろな要素が求められます。

性格は人により違うので一概には言えません。寡黙な人もいれば多弁な人もいます。また、冷静な人もいれば、情に厚い人もいます。物事に取り組むスタイルも、その人の特徴を生かしたもので、人によって異なります。

しかし、人間関係を築くうえで気を付けたいことは暴言です。暴言を吐いたりする人は、たとえ能力があっても支持されません。「冗談で言った」などの言い訳は通用しません。気がつけば人はいなくなり、自分の周りには少数のイエスマンだけになります。

一方、真に強いリーダーには、リーダーを支える人たちがいます。この人たちはただのイエスマンなどではなく、目的を実現するためには、たとえリーダーにとって耳が痛いことでも、リーダーに対して自分の意見を述べることが出来る人たちです。目標達成には、これら部下や仲間などフォロワーシップの協力が必要です。そのためには、リーダーに「信頼」がなければいけません。

信頼される人になるためには、相手を見下したりせず、真摯に相手の意見に耳を傾け、積極的に、そして前向きに物事に取り組む姿勢が必要です。そうすれば周りを魅了する人になります。


3. 志

リーダーになるには志が必要です。目標が大きいほど、この志が重要になります。

関わる人が増えれば反対意見も出てきますが、利害調整を行うのもリーダーの重要な役割です。反発を抑えて、上手に目標が実現するように導いていくところに、リーダーとしての力量が問われます。

他にもリーダーはいろいろな問題に直面することもあり、リーダーとは面倒な立場です。私生活など、自分の利益を犠牲にしなければならないことも多くあります。

目標実現のためには自己犠牲を強いられたりしますが、その時重要になるのが志です。困難な時期は志を忘却しがちですが、目標や夢などの志があれば、つらい時期があっても乗り越えられます。そして、実現したいことが大きければ大きいほど、志が重要になってきます。当初の志を忘れず、目標や夢のために自己犠牲を払い行動できる人が、その実現を手繰り寄せます。


以上、リーダーに必要と思われる要素について見てきました。

何かに取り組むには、「能力」と「人間性」があれば十分活躍できます。この2つを兼ね備えているだけで優秀な人です。

しかし、「能力」と「志」を兼ね備えていて、「人間性」が欠けている人には注意した方がいいかもしれません。このような人はカリスマ性を持つ傾向がありますが、周囲に迷惑をかけている可能性があります。高い能力を持ち、偉大な目標や夢を語って人を魅了しますが、人間性が欠けているので無意識のうちに暴言を吐いたりして、周りの人を不快にさせたり傷つけたりしています。カリスマ性があり、魅力的に見えたりする人ですが、このような人には注意した方がいいです。自己愛性パーソナリティ障害などの可能性があるかもしれません。

日本の組織では、リーダーにならなくても、組織でやっていくのに必要なものとして、能力よりも「忍耐力」と「空気を読む力」を求める傾向がしばしばあります。特に大企業ではその傾向が強いと思われます。

どの組織にも理不尽なことはありますが、それに耐えることが求められます。また、空気を読むことも必要です。正論ばかり振りかざす人がいますが、それは反発を生むだけです。場合によっては、会社などを辞める事態にまで発展することもあります。社会には理不尽なことが多いですが、ただ理想や正論を述べていても支持は得られず、組織から除外されるだけです。

しかし、一見反発を招きそうな意見であっても、その主張が周りから支持される人もいます。そのような人は、周りから認められている人です。そして、そのように認められるためには、実績がなければいけません。そのためには、能力や周りの人と協調できる人間性が必要になります。たとえリーダーにならなくても、この要素は社会で求められます。

世の中には様々な組織があり、それぞれにおいて求められる人材やリーダー像が異なります。どのような人がリーダーに相応しいのか、また自分がもしリーダーになれば、どのようなリーダーを目指せばいいのかを考えてみるのもいいかもしれません。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ



知識力と思考力


「自分で考えることが大切だ」などとよく言われたりしますが、果たして考えることとは一体何なのか、そしてどれほどの人が自分の頭で考えることができているのでしょうか。

考えることに必要なのは知識力と思考力ですが、両者は似ているようで違うものです。

知識力は過去のものです。私たちは本やメディアなどの情報を通じて知識を得ますが、これらは過去のものです。口頭や書物などにより、長年にわたり情報を伝えて共有することは人類の特徴の一つでもありますが、この知識や情報が原因で自分で考えることが出来ない人がいるように思えます。


例1

2016年、アメリカの大統領選挙は接戦となりました。ほぼすべてのメディアは、ヒラリークリントン氏の当選を予想しましたが、結果はドナルド・トランプ氏の勝利でした。接戦でしたので、どちらが当選しても不思議ではありませんでしたが、専門家など多くの人が予想を外した結果となりました。

では、なぜ多くの人が予想を外したのでしょうか?

その原因の一つに、メディアの情報を絶対視していたことが挙げられます。接戦であったにもかかわらず、ほぼすべてのメディアがヒラリー氏の当選を予想したためにそこで思考が止まり、自分で考えることをしませんでした。

接戦の大統領選でしたが、「絶対」という言葉を使ってヒラリー氏の当選を予想した人もいました。この人は、各メディアの世論調査の結果を見て、接戦なのに「絶対」と言って予想しました。難関国立大学を卒業した人ですが、情報や知識力に頼り思考を停止した典型例です。選挙後、話題となった『ヒルビリーエレジー』を読んで選挙戦の原因を理解したと言っていましたが、これは知識を増やしただけで、再び接戦の選挙戦が起きれば、残念ながらまた外す可能性が高いです。知識を増やすだけでなく、「思考する」ということをしなければ、また同じ失敗を繰り返すだけです。失敗しても、その原因が正しく分析できていなければ、残念ながらその人は大きく成長する機会を逃すことになります。

さらに問題なのは、この人の発言に何の疑問も持たず、ただ従っていた人がいたことです。それこそ本格的な思考の停止です。自分の頭で考えず、ただのイエスマンと化していました。このイエスマンとなった人は、読書量が多いようですが、自分の頭で考えなければ思考力は鍛えられません。おそらく普段の読書も、「思考する」という意識が低い状態で本を読んでいると思われます。

世論調査の不確実性は、選挙が接戦であればあるほど如実に表れ、これはイギリスのEU離脱をめぐる投票でもその特徴が出ました。メディアなどの情報に頼れば自分で考えなくてもいいので楽ですが、それが絶対的ではないことが証明された出来事です。


例2

集団的自衛権や共謀罪も、知識力と思考力の例として考えることができます。

これらの法案は、世論や法律の専門家でも意見が分かれました。そこで重要となるのは、条文や判例の知識と、それに基づいて考える力でした。特にイデオロギー色が問題となったこれらの法案では、偏見を持たずに考えることが問われました。

ところが、これらの法案について問われたとき、「憲法学者は思想的に偏っている人が多い」と言う人がいました。この人は、日本の大学院とアメリカの大学院、どちらも難関で有名な大学院で法学を修めた学者です。学歴が素晴らしくて優秀な人だと思えますが、「憲法学者は思想的に偏っている人が多い」というこの発言こそが偏見です。法学者としては失格です。先入観を持って物事を見ており、残念ながらこの人は思考することを放棄しています。たとえ憲法が専門でなくても、法学者であるならバイアスを持たず、条文や判例に基づいて考え、そして自らの価値判断を持って意見を述べるべきでした。


自分なりに考えるために必要なこと

自分で考えるためには、物事に対してバイアスを持たず、そして懐疑心を持つことが必要です。

物事にはいい面と悪い面があり、さらに多面的であったりします。これを比較検討する力と、その根拠をロジカルに考え、説明する能力が思考力だと私は考えています。そのためにはバイアスを持たず、そして懐疑心を持つことが重要になってきます。

メディアや学者、あるいは難関大学出身者のような人たちが発する意見は、一見思考力に思えて実は知識力のときがあります。優秀な人たちでも知識力にとらわれて本質を見失っていることがあります。それは知識力が思考力を邪魔しているからです。知識力があるがゆえに柔軟な発想や思考が阻害されたり、あるいは他の可能性を排除したりします。

例1では、この人はメディアが発表したデータを見て、考えたふりをしただけです。メディアの意見やデータを参考にして、それらを自分の考えとしただけで、メディアの情報と自分の意見が無意識のうちにイコールになるようにしています。メディアのおかげで知識や情報量は増えましたが、思考することが不十分でした。そのため、他の可能性を排除しています。この人が提示していた情報は、メディアが出していた情報なので正しいのかもしれませんが、それは知識力や情報力であり、思考力とは異なります。

例2では、この人の頭の中には「憲法学者は思想的に偏っている人が多い」という知識や先入観があるために、集団的自衛権や共謀罪についてバイアスを持ち、そして思考することを放棄しました。法学者であるなら先入観やバイアスを持たず、条文や判例に基づいて、客観的かつ論理的に答えるべきです。決して偏見を持って考えてはいけない立場の人です。

知識力と思考力は同じもののように思えますが別物です。知識は過去のもので、思考は未来(未知)のものです。ベクトルが違いますが、両方とも必要なものです。「なぜ」という疑問や、ありとあらゆる可能性について深く掘り下げて考えるには、知識力と思考力が必要です。

バイアスを持てば他の可能性を検討できなくなりますし、懐疑心がなければデータなどをとことん追究することが出来ません。そのため、知識力と思考力を磨いて物事を見ていくことが重要になります。

ここで大切なことは、間違えてもいいので自分の意見を持つことです。ただし、しっかりと考えたうえで意見を持つことです。アメリカ大統領選のように、自分で考えずメディアから得た知識や情報を羅列して、それを自分の意見だと錯覚して当落を判断するのは思考の停止です。そして、集団的自衛権や共謀罪のように偏見を持てば、客観的かつ論理的に考えることが出来なくなります。しっかり考えていると思われる学歴が素晴らしい人たちでさえも、思考が停止して知識に頼った考えをしていることがあります。

知識はもちろん大切ですが、知識に頼れば知らないうちに思考が停止していたりします。重要なことは、知識を活用して思考することです。そのためには偏見や既成概念、固定観念など判断を歪めるものを捨て、そして懐疑心を持って物事を捉えて考えていくことが必要となります。

もちろん、このように考えることは簡単なことではありません。また、今回の内容とは違う意見を持つ人もいるかもしれません。だけど、情報が氾濫してすぐに入手できる世の中では、偏見を捨て、懐疑心を持って情報に接していくことが問われていると思います。必ずしも正しい答えでなくていいので、「考える」ということが大切です。

知識力は考えるために役立ちますが、その知識力が弊害となることがあります。そのためには、物事に対してバイアスを持たず、そして懐疑心を持つことが思考していくうえで大切なことだと思います。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ


このページのトップヘ