大学受験の英語 文法編


単語・熟語編に引き続き、大学受験の英語の文法編です。

文法書も単語帳同様、たくさん本があるので選択するのに迷いがちです。

そこで、お勧めする文法書と問題集を取り上げます。


総合英語Forest

迷ったら、文法書はForestを選択されるといいと思います。分かりやすい文法書です。学校で配布されている人もいると思います。文法書はこれでいいでしょう。





総合英語Forest解いてトレーニング

Forestの問題集です。Forestとリンクしているので、学習しやすいです。Forestを読んだら分かったつもりになりやすいですが、問題を解いてしっかり理解することが大切です。





全解説頻出英文法・語法問題1000

昔から定評ある問題集で、文法・語法の問題集はこれで十分です。この本だけで難関大学まで対応できます。この本の特徴は、とにかく解説が詳しいことです。最初は全然解けなくても問題ありません。解けなくても解説をしっかり読んで理解することが重要です。もちろん最初のうちは時間がかかりますが、解説を理解した上で何度も繰り返すと力がつきます。これをメインで使用し、模試とかで知らないものが出されたら、その都度覚えていけばいいでしょう。この本をしっかり理解するのも大変なので、不安になってもいろんな文法の問題集に手を出さないことが大切です。解説を読んでも分からないときは、Forestなどで調べたりしましょう。難しい問題もあったりして全部こなすのは大変ですが、何度も繰り返すと文法力は向上します。





最後に

文法も単語に続いて、語学の基礎であり大切な部分です。入試では得点源にしましょう。大学入試で文法をしっかりやっておけば、TOEICでも問題はありません。もちろん大学入試とTOEICでは、問われる文法項目やレベルは違いますが、大学入試の勉強は無駄にはならないので頑張りましょう。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ