大学受験の英語 長文編


今回は大学受験の英語の長文編 です。

入試に限らずの英語の試験のリーディングは、長文が出来るかどうかが大きな鍵を握っています。単語も文法も英文を読むための土台です。土台がしっかりしているほど英文を正確に読めるので、単語や文法の学習もしっかりすることが重要です。

一方、単語や文法の学習を一通り終えたのに、なかなか長文が読めない人もいます。理由はいくつか考えられますが、やはり英文に慣れていないから読めないという人が多いと思います。英文を読むのが苦手な人は、簡単なものでいいので英文解釈をするのもいいかもしれません。

英文を読むうえで大切なことは、「返り読みをしない」ということです。英語の語順のまま理解していくようにしましょう。


長文を読む練習法

返り読みをしない訓練法として「スラッシュリーディング」があります。これは、意味の塊にスラッシュを入れて読んでいく方法です。スラッシュを入れる場所は、前置詞や関係詞、接続詞、分詞など意味の句切れとなる所にスラッシュを入れていきます。慣れてきたら、スラッシュを入れる間隔を長くするといいでしょう。そして、その意味の塊をそのままの順番で理解していきます。

英語と日本語は語順が違う言語なので、読むときに違和感を感じたり、しっかり日本語に訳していないと不安になったりするかもしれませんが問題ありません。返り読みをせず、そのままの語順で英文を読んでいきましょう。慣れてくると、単語一つ一つ読んでいくのではなく、意味の塊で英文を読んでいけるようになります。

ちなみに、意味の塊をそのままの語順で訳していくことを「サイト・トランスレーション」(通称サイトラ)と言います。英文をそのままの語順で理解できるようになるので、読解の速度が向上しますし、リスニングにも効果があります。ぜひ試してみてください。


長文の問題集

長文の問題集も単語帳などと同様、たくさんの種類があります。まずは、自分のレベルに合った問題集をすることが大切です。そして、それを踏まえた上で、志望校の過去問に取り組まれるといいでしょう。

入試問題ではありませんが、英検2級や準1級のリーディングの問題演習も効果があると思います。出題される語彙や英文、そして選択肢の難易度が、大学入試の演習にちょうどいいです。時間がある人は試してみてください。


やっておきたい英語長文

河合塾が出している長文の問題集です。レベル別になっているので選びやすいです。問題を解くときにはなんとなく答えるのではなく、しっかり根拠に基づいて答えて下さい。間違えた場合は、なぜ間違えたのかを明確にします。時間がかかってもいいので、一つ一つしっかりと着実に理解していきましょう。知らない単語は、出来る限り全部覚えて下さい。











最後に

長文が出来るかどうかが合否を決めます。長文を勉強するときは、問題に正解するだけでなく、しっかり訳せているかどうかを確認してください。和訳はおまけではありません。英文が正確に読めているかどうかは、和訳させれば分かります。読解は時間がかかり面倒ですが、しっかり取り組むと点数として反映されます。合格するためにどんどん長文を読んで、そして解いていきましょう。



ランキングが見れます
応援クリックもどうぞ