Craving for chocolate

英語学習、心理、精神などを扱っています。

カテゴリ:TOEIC > 模試


日本各地に牛丼屋があり、牛丼が好きな人は多いかと思います。そして現在では、日本だけではなく海外にも牛丼店があります。

今回はその牛丼とTOEICについての記事です。

牛丼チェーン店で牛丼を注文するときには、牛丼のサイズを指定します。一般的にそのサイズは、「並盛」・「大盛」・「特盛」に分類されています。

「並盛」で満足する人が多いかと思いますが、もっとお腹いっぱい牛丼を食べたい人は「大盛」や「特盛」を注文します。

そして、その牛丼の「特盛」に該当するTOEICの模試が発売されました。

それがこちらの模試です。








こちらの模試はYBMという韓国でTOEICを運営する企業が作成した模試になります。3月にリスニング版が出て、6月にリーディング版が発売されました。各10回分の模試が収録されています。

回数の多い模試としては、『メガ模試』というのがかつてありましたが、2016年5月に現在の形式へとTOEICがリニューアルして以降、そのような模試は出版されていませんでした。

以前『でる模試 vs 精選模試』という記事で紹介した『でる模試』は7セット、そして『精選模試』は5セットの収録数となっています。もちろんこれでも十分なのですが、もっと問題を解いてスコアアップを目指す人もいると思います。

そのような人のために、『でる模試』と『精選模試』に続きおすすめしたいのが、質と量を兼ね備えた今回の『YBM超実戦模試』です。

この模試の特徴は、やはりリスニングとリーディング、それぞれ10回分ずつあるというのが大きな点です。本屋で見かけるTOEICの模試のほとんどは、たいてい3回分しかありません。公式問題集は2回分だけです。量をこなすこともTOEICでは大切な学習方法なので、『YBM超実戦模試』はその要望に応えてくれる問題集となっています。

解説の丁寧さで比較すると、この『YBM超実戦模試』は『精選模試』より解説が簡潔です。そのため、詳細な解説の方がいいという人は『精選模試』を選択したほうがいいかもしれません。しかし、解説の充実さよりも問題をもっと解きたいという人は、この『YBM実戦模試』で積極的に学習していくのもおすすめです。

また、この『YBM超実戦模試』の問題の難易度や質は、韓国でTOEICを運営する企業のYBMが作成しただけあって、本番の試験(公開テスト)に近いと思います。ちなみに日本の公式問題集もアメリカのETSではなく、YBMが作成していると言われています。それを踏まえると、『YBM超実戦模試』は公式問題集10回分の内容に匹敵すると言えるかもしれません。

すなわち、この『YBM超実戦模試』は10回という「量」、そして公式問題集同様の「質」の両方を兼ね備えた問題集だと思います。

そして、TOEICの模試を牛丼の大きさで表すと以下のようになります。

  • 並盛:公式問題集
  • 大盛:でる模試・精選模試
  • 特盛:YBM超実戦模試

「並盛」・「大盛」・「特盛」の違いは模試の収録数の差だけです。牛丼の味が老若男女問わず多くの人に愛されているように、これらの模試もTOEICを受ける人にとっては初心者から上級者まで幅広く受け入れられるものだと思います。

あなたはどれを選びますか?

もちろん「全部解く」というのも歓迎です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


最近発売されたTOEICの公式問題集以外の模試では『でる模試』と『精選模試』が有名です。

『でる模試』も『精選模試』も両方解くのがもちろんいいのですが、お金がなくて両方買えない、あるいは両方買ったけれど忙しくて全部消化しきれないという場合もあるかと思います。簡潔ではありますが、どちらを買う方がいいのかを考えてみます。














金銭面

【でる模試】
リスニングとリーディング合わせて、合計約5,200円。模試7回分なので1回当たり約743円。

【精選模試】
リスニングとリーディング合わせて、合計約4,100円。模試5回分なので1回当たり820円。

金銭面では『でる模試』が有利となります。


内容面

【でる模試】
リーディングは特に文章の量が多い印象です。本試験とは傾向が少し離れていると思いますが、負荷がかかるのでいい練習になります。時間内に解き終えるトレーニングをすると英語力は向上します。
解説はないものの、リスニングもリーディングも解答の根拠となる部分には下線が引いてあるので、学習するに当たり困ることがないように工夫されています。
問題はやや難しいのが多く解説はないので、目安としてTOEIC800点以上で多く問題を解きたいという人に合っている模試です。

【精選模試】
バランスがとれた模試です。公式以外の模試の中では、リスニングもリーディングも難易度や量は本試験に近いと思います。
この模試の特徴は解説が丁寧なことです。『でる模試』では解説がなく問題も難しいため対象をTOEIC800点以上としましたが、『精選模試』は解説が詳しいので400点や500点の人でも取り組めるようになっています。もちろん上級者にとってもこの模試は有益です。解説を重視する人はこちらの模試を選びましょう。

TOEIC上級者で解説は必要なく多くの問題を解きたい人は『でる模試』で、TOEICのスコアに関わらず解説を重視する人は『精選模試』を選択されたらいいと思います。


【リスニングだけ300問】 【リーディングだけ300問】








こちらの模試は上記の『でる模試』と同じで、ハッカーズ語学研究所の模試を基にしています。『でる模試』との違いは解説があることで、解説はTOEIC満点の講師が担当されています。

解説はあるものの内容は模試3回分しかなく、リスニングとリーディングの両方を買うと約4,000円になります。そのため、『でる模試』や『精選模試』と比べると見劣りします。内容は悪くないのですが、『でる模試』や『精選模試』と比べたら積極的にこの模試を購入する理由は見当たりません。


結論

一番のお勧めは『精選模試』です。問題の難易度も適切で解説も丁寧なので、初心者から上級者まで取り組むことが出来ます。模試も5回分あるので十分な量です。

次点は『でる模試』です。解説はないものの、7回分の模試とリーディングの文章の量の多さは負荷トレーニングになります。本試験でも最近PART7の文章が長いときがあり難化傾向なので、その対策としても最適です。

模試には作成者の特徴や意図があり、それらはその模試の個性となります。TOEICの問題の本当の感覚は本試験でしか得られませんが、上記の模試で学習した効果はスコアに反映されますので頑張りましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


たくさんのTOEICの本がありますが、その中でも特に難しかったものを紹介します。 

それがこちらの本です。





まず初めに、この本は旧形式のものとなりますのでご注意ください。

最初にPART1~7までの対策があり、最後に1回分の模試がついております。

200問全問正解することを目指して問題が作成されており、全問難しく心が折れますが力はつきます。
しかし、問題が難しいからといって悪問かといえばそうではなく、良問だけで構成されています。

ただ、この本がなくても990点は取得可能です。

旧形式なのでこの本を使う価値はあまりないですが、難しいものに挑戦したいという人はぜひ試してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ