2006年02月17日

移行します

 ようやく新しい法人が立ち上がります。
 よって新しいブログに移行します。
 これまで応援いただき、1回でも立ち寄っていただいた方々、本当に有難うございました。  
Posted by ecohouse1 at 21:25

2006年02月14日

“ベテランの奮起を”

 今日は丸一日、パソコンの前に向う日でした。
 今年になって始めてかも知れません。
 ほぼ一日、積算・見積をしていました。

 途中、お客様や協力業者の方々から電話が入り、非常に充実した一日を送れました。

 今夜は日が変わってからオリンピック・スピードスケート女子500Mが有るようです。
 ベテランの岡崎選手・大菅選手頑張って下さい。

 どこかで雰囲気を変える、流れを変える選手が出てきて欲しいですね。
 怖いもの知らずの若手も爆発力は有りますが、それ以上に経験豊富なベテランがそういった立場に立つような気がします。

 そう言えば、今日はバレンタインデー。
 長男がまだ5歳なのに沢山チョコレートを貰ってきました。
 長男が羨ましい年になってしまいました。
 こちらのベテランは寂しいかぎりです。(笑)  
Posted by ecohouse1 at 22:07

2006年02月13日

“がんばれニッポン!、がんばれ自分!”

 どうも本番に弱いと言うか、トリノオリンピックのこれまでの日本勢、調子がいまひとつのようです。
 まだまだこれからなので是非結果を出して欲しいです。
 本人達が頑張っているのはよくわかります。
 何故か、自分自身のように親身に感じてしまいます。

 これからまだチャンスは有りますが、期待していたスノーボード、ジャンプノーマルヒルなど残念ですね。
 今夜はこれからスピードスケートの加藤選手、清水選手が出場です、がんばって下さい。応援してます。

 
 昨日、実家の横浜に戻り父のお墓に行くことが出来ました。
 久しぶりにお線香をあげられました。

 まだ新たな起業も始まったばかりですが、墓前に報告出来たことは嬉しい限りです。

 家族の応援、廻りからの応援、一番勇気付けられます。  
Posted by ecohouse1 at 22:54

2006年02月12日

“ブログ通算365日の御礼”

 1年前の2月13日からブログを始めて今日で365日目、丸一年が経過したことになります。

 自分で言うのもなんですが、ブログを始めてから激動の1年間になっていったと思います。
 そしてまだその激動も継続中です。
 原因と結果の法則を借りれば、ブログを始めたことがある種、自分を御していく原因にもなり、自らの変革を求めていったような気もします。
 そして結果として、今日の自分がここにいると思います。

 よく目標を持つと“転機”が訪れると言われます。
 あるいは人生には必ず3回のチャンスが訪れるとも聞きます。
 この3回という数字は、私は心掛け次第で5回にも10回にも、それ以上にもなると思っています。

 “自分で自分の道を切り開いて行く”なかで、常に前向きな気持ちを持ち続けたならば、必ず転機・チャンスが巡ってくると思います。

 自分の道を切り開くのは、決して楽な道で無いだろうと思います。
 それどころか廻りから見れば、厳しい、険しい“いばらの道”なのかもしれません。

 また一年後、自分と廻りがどうなっているか大変楽しみです。
 自分勝手な解釈ですが、悪い方向への変化は全く考えられません、大きな目標に向ってチャンスを掴み掛けている自分がいる事を信じています。


 エコハウスで始めたブログも、名前を変えて今日まで一年間継続することが出来ました。

 近々、新しい法人が立ち上がります、そして新しいブログを始める予定です。
 これまで拙い文章のブログを読んで戴き、応援戴き、暖かいコメントを頂戴し、見守って戴きました皆様、本当に有難うございました。
 心より御礼申し上げます。
 今後も気を引き締めて、精進して参る所存です。  
Posted by ecohouse1 at 10:12

2006年02月11日

“トリノオリンピック”

 トリノ冬季オリンピック開会式が早朝4時から有ったようです。

 そう言えば最近行った家電売り場では、液晶テレビなど大画面でオリンピックを観ようという広告が目に付きました。
 それにしても、日本の反対側で行われるオリンピック、ライブ映像で観るには時間的に厳しいようですね。
 明日の女子モーグルも日本では早朝に放映されるようです。

 スノーボードやスピードスケート、そしてフィギュアなどではメダルが期待されてます。
 是非選手が頑張る姿を応援したいと思います。

 そして、ジャンプの原田や岡部や葛西選手、スケートの清水選手など、ベテラン勢も存在感を示して欲しいです。

 そして日本の今日は祝日“建国記念の日”、以前は“建国記念日”(きねんび)と言っていたような気がしますが、正確には“きねんのひ”だそうです。
 記念日でないのは、史実に基づく建国の日とは関係なく、建国されたという事実そのものを記念する日だからとのことらしいです。
 つまり本当の建国の日は解らないということのようです。

 
 今週は、自ら動いて非常に忙しい一週間となりました。
 そして結果的に“やるべきこと”が、沢山溜まってきました。当たり前ですが。  
Posted by ecohouse1 at 22:07

2006年02月10日

“真冬日”

 今冬の東京の零下(氷点下)を記録する“真冬日”が通算10日となり、これは20年ぶりの記録らしいです。

 先日のニュースで山中湖では実に22年ぶりに完全氷結したらしいです。
 思い起こせば30年前は、山中湖と言えば冬は天然の氷の上でスケートが出来て、周辺の民宿ではスケート靴が用意されていました。

 実は小学生高学年のころに、家族4人で冬に山中湖に泊りがけの旅行に連れて行ってもらいました。
 少し早かったのか遅かったのか覚えてませんが、スケート場が閉鎖中で残念な想いをした記憶が有ります。
 今考えると、東京近郊で天然のスケート場なんて考えられないですね。

 そして地球温暖化の影響なのでしょう、いつの間にか山中湖ではスケートは出来なくなっていたようです。

 私が子供の頃の約30年前は、冬と言えばバケツに氷が張るのが当たり前、厚い氷は5センチ近くはあったと思います。
 霜柱は、10センチ位は有ったと思います。

 私達の子供や孫の世代の為にも、地球環境を守りたいですね。

 住みやすい自然の地球、我々全員の使命だと思います。  
Posted by ecohouse1 at 21:07

2006年02月09日

“親身”

 法人が会社の理念やモットーをスタッフの方に浸透させる為に、社是や会社理念や信条などを決めています。
 
 前職では“サービス・誠実・責任”がキーワードでした。
 その他にも、“親切・丁寧”や“貢献”、“安心”など様々な言葉が有ると思います。

 これら理念などは、代表者など責任者の想いが込められているので、それぞれに深い意味が有り、由来があったりするはずです。
 ところがその創業者などの気持ちが、一体どれ位スタッフに浸透しているのでしょうか。
 正社員に限らず、パート・アルバイト・嘱託などを含めた全スタッフに“会社の想い”が浸透しているかどうか、これが企業力に表れると言っても過言では無いと思います。

 私はこれから“親身”という言葉に、こだわっていきたいと思っています。

 物事を“親身”になって考える。
 “親身”になってお世話する。

 言葉では簡単ですが、その意味を考えると“自分のことのよう”、あるいは“家族・身内のことのよう”に考えることです。
 決して簡単なことでは有りません。

 それでも、“最愛の人の為に”という気持ちで物事に臨めば、それだけで大きな力となり、表面的な親切や想いを越えた“展開”になるはずです。

 “親身”、心掛けていきます。

   
Posted by ecohouse1 at 22:52

2006年02月08日

“新事務所決定”

 ようやく新しい事務所の場所が決定しました。

 昨日内見して、今日結論を出して不動産会社に連絡しました。
 引越しは3月中旬になりそうです。

 この数週間、自宅のリビングで仕事を進めていましたが、家族も私も限界を感じていました。(笑)
 
 新しい事務所といっても自宅と兼用です。
 一戸建て賃貸からスタートします。
 これまでの自宅と比べるとほぼ倍の面積になるので、一部屋を事務所が占領しても問題無さそうです。
 
 約100屬凌卦鐇験茵△舛腓辰肇錺ワクします。

 本来ならば、今年はマイホーム購入を予定していました。
 仕事の関係で、ちょっと延期です。
 ママと子供達には迷惑を掛けてしまいますが、何とか納得してもらってます。

 昨年末にブログの題名を変更してから約40日が経過しました。

 まさしく“自分の道を切り開く”を実践する毎日です。

 お客様からのお電話が本当に嬉しく、勇気付けられる日々を送っています。  
Posted by ecohouse1 at 23:14

2006年02月07日

“正夢”

 昨日のブログで、これからは“忙しく”を宣言したとたんに、今日から多くの問い合わせ、見積もり依頼を頂きました。
 自分でもビックリです。

 目の回るような一日を過ごしました。

 明日も朝早くから動き回りそうです。

 結局、自分の心掛け次第で回りも動き出すということを実感しました。

 何となくおっくうだなぁと思っている人に、お願い事をする人はいません。
 
 どんな頼みごとでも自分のことのように“一生懸命”に考え行動する人がいれば、自然に信頼し物事をお願いしたくなると思います。

 自分のことしか考えない人には、決して福も徳も人気も付いてきません。
 廻りの人のことを、自分のことのように親身になって考える人になります。

 廻りを大切にすることは当たり前のことですが、自分のことに精一杯の人が多いですね。  
Posted by ecohouse1 at 22:57

2006年02月06日

“忙しく”

 今日は忙しく動き回った一日となりました。

 一日の過ごし方、これに個人の目標に対する取り組み方が最もよく体現されていると思います。

 何となく今日は体調が悪いから、ゆっくり過ごそうと思えばゆっくりした一日になるし、悪い例えでは、目的も持たずにただ漠然と一日を過ごすことも出来ます。

 逆に今日こそは絶対!という気持ちが強ければ強いほど、絶対に何とかするという気持ちで満たされた一日を送れると思います。

 極端ですが一分一秒を大切にする気持ちが有れば、一分一秒を大切に行動すると思います。
 
 目標に向って行動する。
 “やるべきこと”は沢山有ります。
 時間を惜しんで“忙しく”行動することは、廻りからの指示や指図ではなく、最後は自分が決めることですね。
 
 この1ヶ月、ここ10年間の中でも一番ゆっくりした時間を過ごせたように思います。
 これからはメリハリをつけながらも、自ら“忙しく”行動することにします。
 “焦る”ことのないように。  
Posted by ecohouse1 at 22:08

2006年02月05日

“やるべきこと”

 “やるべきこと”が多過ぎると感じる時どうするか。

 体はひとつなので、“やるべきこと”のなかから優先順位をつけてひとつづつ取組むしか方法は無いのだろうか。

 もっと以前に、自分の心の状態に目を向ける必要が有ると思います。

 何故“やるべきこと”が多いのか、あるいは本当に“やるべきこと”に追われているのか。
 時間が足りないということを理由に、“やるべきこと”を先延ばししていないだろうか。

 そして本当に“時間が足りない”のだろうか。
 問題点の本質を直視して、その解決に全力を出しているだろうか。


 私は何となく浮き足立っていて、物事がしっくりいかないなと感じる時、上記のような状況になることが有ります。

 焦れば焦るほど、物事がうまくいかず、もがき苦しんだこと過去に有りませんか。

 解決策はただひとつ、自分の目標を明確に想うこと、そして目標に向う為に何をすれば良いのか考え行動することですね。

 浮き足立ってくると、目標がぶれたり、見失ったりしてしまいます。
 または以前の目標を若干、軌道修正する必要が有る時かも知れません。

 腹を据えて、再度目標を明確にする。
 これが一番ですね。
 行動が力強くなります。  
Posted by ecohouse1 at 23:01

2006年02月04日

“お客様とのご縁”

 お客様へのご挨拶廻りで、本当に“ご縁”があってこそ今のお客様との関係が有るということを強く感じます。

 お客様も私もそれぞれ“思い入れ”が有るからこそ、何年経っても変わらない関係が有ります。

 今日伺った前職の創業当時のお客様へのご訪問は、今回の経緯の説明とこれからの私の想いを説明させていただきましたが、いつしか約7年前のスタッフとの話しや工事中の話しになり、当時を懐かしんで涙ぐんでおられました。

 それこそ2500名を超えるお客様の4000件近い“暮らし”のお手伝いをさせていただきましたが、全てにスタッフとお客様との“ご縁”が有り、交流が有り、信頼関係が有ったと思います。

 全ての工事を把握していたとは決して言えません。
 クレームが全く無かったとも言えません。

 それでも必然の“ご縁”が有ったことは間違いないことだと思います。

 名簿だけでは何も出来ないと思います。
 少なくとも“心”の交流、“ご縁”が重要ですね。  
Posted by ecohouse1 at 22:10

2006年02月03日

“節分”

 今夜は案の定、“豆まきの鬼”になりました。
 オニのお面をかぶって、長男と長女に“オニは〜そとっ!”って豆をたくさんぶつけられました。
 結構楽しかったですが。 

 神頼みになってしまいますが、
 “フクはうち”に来て欲しいですね。
 誰もが考えていることです。
 “幸せになろう”

 ただ待っているだけでは“フク”は来ないですし、タナから“ボタモチ”も落ちてきません。
 そして突然宝くじに当たるような“ラッキー”も夢のようですね。
 自ら追いかける“フク”、日々精進して“フク”を望めば、“オニ”のように逃げては行かないと思います。


 “節分”が終わり、明日は“立春”。
 少しづつ、日が長くなってきました。
 春はまだ遠いですが、“希望のつぼみ”は膨らんできます。  
Posted by ecohouse1 at 21:18

2006年02月02日

“自分が源”

 前職の役員を辞任して1ヶ月以上経ちました。
 まだ1ヶ月という感覚と、もう1ヶ月という感覚が自分の中で同居しています。

 まだまだ法人登記を済ませたり自宅を引越したりなど、やるべきことは沢山有りますが、今ひとつひとついろんな事を消化していくなかで、全ては“自分が源”ということを実感しております。

 会社という組織の中で動いている時には、自分の責任を自覚しながらも、どこか少しは周りに原因を求めているところが有りました。
 20人の組織の中で起こる問題点などに対して、常に100%全て自分の責任とは考えられないところが有りました。
 ところが組織の中で起こる問題の100%は、実際に責任者に責任が有るのです。
 
 何故、代表取締役社長という肩書きが有るのか、考えれば簡単なことです。
 
 悪い例えですが、お客様からクレームを戴くとします。
 表面的には会社のトップに責任が有るという事になります。
 これは組織として当然のことです。

 それでもトップの心の中で、担当者によってはこんなクレームにはならなかっただろうと考えます。
 何故、会社の理念・ビジョンが末端まで伝わらないかと憂います。
 そして体制の不備の責任にしたり、人材の責任、リーダーの責任などにしてしまう部分が少なからず有ります。

 体制を整えることが出来ない経営者の責任、人材を確保出来ない会社の責任となりますと、お客様からのクレームに自然とスモークを掛けてしまいます。
 
 組織に20人のスタッフが居る場合、責任が分担されます。
 “自分が源”という意識もいっしょに分散されがちです。
 皆が責任を自覚して補い合い、協力し合うことが理想ですが、自分の仕事の範疇を自分で決めてしまいその範疇に納まらないことは責任を外に向けてしまいます。
 非常にありがちです。
 
 根本的な問題を直視せずに、責任を分散させてしまうこと有りました。
 その方が楽だからです。

 いろいろ予防線を張って、“逃げ道”を造ることが出来ます。

 現在の自分は、全ての“逃げ道”をなくしてます。
 行動・言動の全てが自分の責任です。
 反省を込めた今日のブログです。  
Posted by ecohouse1 at 20:01

2006年02月01日

2月の最初の日

 1月最後の日、昨日は昨年からリフォームのお問い合わせの有ったお客様と、今後の具体的な方向性の打合せをさせて頂きました。

 個人的にお電話を頂きまして、打合せさせて頂くことになりましたが、大変有り難い事です。
 マンションの和室を和みの寝室に改装するご依頼ですが、お客様の“こだわり”もあり、じっくりと進めていく必要が有ります。


 2月の最初の日、東京は終日雨の一日となりました。

 理由が有って、午後から家族と東北自動車道を北へと進み佐野まで行ってきましたが、どこまで行っても雨でした。
 それどころか、白河〜郡山は雪のため通行止めとなっていました。
 2月最初の日、まだまだ真冬だということを思い出しました。
 東京は1月に雪が積もり、ここ数日の暖かさでその雪も解け、それほど冷たくない雨に冬を忘れてしまいそうでした。

 2月は、これからです。
 やるべきことは、沢山有ります。
 ひとつづつ、確実に、“あせらず”に取組んでいきます。  
Posted by ecohouse1 at 23:48

2006年01月31日

“睦月”から“如月”へ

 あっという間ですね、1月が足早に過ぎ去ってしまった感覚です。

 この1ヶ月、いったい何をしていたのだろうと思います。
 この1ヶ月、どれ位の成果が有ったのだろうかと考えてしまいます。
 そしてこれからの1ヶ月、いったいどうなるのだろうと不安がよぎります。

 今一番自分に言い聞かせていることは、“とにかく焦らないように”ということです。

 自分の周りの環境が大きく動いた昨年末、自然の大きな流れに逆らわないように流れを見極めることに努めました。
 今年は大きな流れに身を委ねつつも、自分の目標・道を見失わないように、明確になるように取組んでいます。

 その中でこの1ヶ月、少ないながらも結果・成果を掴むことが出来ています。
 明日からは月も変わります。

 順調に進むかと思えば、すぐに壁にあたった1ヶ月。
 廻りを冷静に見れば見るほど、障壁が明らかになってきた1ヶ月。

 また気持ちを新たに、一歩づつ前に進みたいと思います。
 1ヵ月後には、また全く違う状況になっているはずです。
 そんな貴重な1ヶ月を過ごしたいと思います。
  
Posted by ecohouse1 at 21:59

2006年01月30日

“コロッケ”

 今日は昨日にも増して、とても真冬の1月末とは思えない暖かい一日でした。
 上着を脱いでも大丈夫、着ているとちょっと汗ばむ感じです。

 午前中に見積もり作成、午後一番でお客様とのアポイント面談、そして挨拶廻りの一日でした。

 長男が昨日からまた感染症でダウンしているので、早目に帰宅、そして妻の夕食作りを手伝いました。

 今日のメイン、“コロッケ”を作りました。
 最近、手作りコロッケを食べる機会が減っていたので、かなり気合を入れて作りました。
 
 子供達は、コロッケをまだあまり食べないのに16個も出来上がり、明日以降もしばらく“コロッケ”になりそうです。

 昔は、家庭の味といえば“味噌汁”、別名おふくろの味です。
 家によっての工夫が引き継がれたりしたのでしょう。
 
 最近は“コロッケ”が家庭の味を表すことが出来るのではないかと思いました。

 ママの努力で、これまでの試行錯誤と失敗も教訓に、大成功の“コロッケ”が出来上がりました。

 戦後もじゃがいもだけの“コロッケ”を食べたと父が言っていました。
 実家で子供の頃に食べた“コロッケ”もなんとなく記憶に残っています。

 ステーキよりも焼肉よりも家庭らしさを感じる“コロッケ”、なかなかだと思います。  
Posted by ecohouse1 at 22:21

2006年01月29日

“節分・立春”

 今週末は早くも“節分”、そして“立春”。

 全国的に大雪に見舞われ寒かった今冬も、心なしか暖かい一日となりました。
 まだまだ寒さがやわらぐことは無いと思いますが。

 今日は長男の英会話スクールの試験が、江戸川区の施設であるタワーホール船堀で行われました。
 ネイティブな方との会話が試験だったようです。
 幼稚園ながら、親よりはいい発音で頑張っていました、先が楽しみです。

 夕食後の家族との会話の中で、週末の節分の鬼は誰がやるのかが話題になりました。
 やっぱり父親の役割のようですね。  
Posted by ecohouse1 at 23:47

2006年01月28日

“親友”

 今日は高校時代の友人のひとりの家に私を含めて3人が集まった。

 “親友”のひとりが昨年暮れに自宅を新築したお祝いと、昨年長女が誕生した別の“親友”の誕生祝いを兼ねて、“あんこう鍋パーティー”を行いました。
 場所は、その渋谷の4階建ての新築を提供してもらいました。

 あんこうをまるごと一匹魚屋さんにさばいてもらったらしく、身が沢山ついたあんこうは始めてでしたが非常に美味でした。

 高校入学からなので皆が出会ってから既に25年も経っています。
 その4人も、皆全く別々の道を歩んでいます。
 それぞれが主体的に自分の道を切り開いています。

 間違いなく今後も“一生の付き合い”になります。
 大学の友人にも何人か“一生の友”がいますし、社会人になってからの“新卒同期”なども同じです。

 仕事をしていく中でも、新たな出会いが増えています。

 これからも多くの仲間と支えあいながら生きていく、そう考えられると素晴らしい時間を送れます。  
Posted by ecohouse1 at 23:08

2006年01月27日

“景気”

 ライブドアの報道もよそに株価が急騰しています。
 そして物価も2ヶ月連続で上昇しているらしく、デフレ克服、脱却との報道も有る。

 我々リフォームを含めて住宅や建設の世界に従事しているものにとっては、不思議な感覚が有ります。

 特に中小企業をとりまく環境では、最近景気が良いとか資金繰りが楽だとか、楽観的な意見や観測はほとんど聞くことが有りません。

 競争が厳しいとか、先行きに不安という話しはよく聞きますが。

 確かに大企業では、この10年間位で大幅なリストラを実施して、企業としての経常利益額やひとり当たりの生産性はアップしているかもしれません。

 それでも日本人の各世帯の住環境が素晴らしく向上して、皆がゆとりの生活を送っているとは決して思えません。
 住まいに関してはどちらかと言うと我慢や妥協の世界が有るような気がします。

 確かに理想は、暮らし方に住まいを合わせて造る。
 ところが実際には、住まいに合わせて暮らしているのが実情です。
 住まいに関してはいろいろな不満をもちながら、暮らしています。

 自分の家が大き過ぎて困るという人はほんの一部のかたでしょう。

 景気がよくなることは結構なことですし、是非ともこの調子で景気も株価も上昇し皆が裕福になり、暮らしにゆとりが生まれればと思います。

 最近の経済状況はちょっと分かりにくいというのが実態だと思います。  
Posted by ecohouse1 at 21:36