2007年01月09日

1月9日の概況


「内需中心の出遅れ修正継続」

 日経平均は反発。146.18円高の17237.77円(出来高概算20億5000万株)で取引を
終えている。週明けのNY市場は小反発となったが、先週末の米雇用統計を受けて
の大幅下落を嫌気。トヨタなど国際優良株などへの利食いのほか、アドバンテスト
など値がさハイテク株、12月の既存店売上の低迷が嫌気されたFリテイの下落影響等
もあり、日経平均は売り優勢のスタートとなった。しかし、寄り付き直後に一時
16983.97円と17000円を割り込む場面をみせた後は押し目買い意欲は強くプラスに転
じている。

 ゴールドマン・サックスによる格上げが伝えられたソニーが終日強い動きをみせ
日経平均をけん引。また、JR東日本など電鉄の一角や、みずほFGなど銀行株、
NTTなど通信株、さらにノンバンク、損保など内需関連が軒並み値を上げており
日経平均を下支えしている。また2007年に入って利食いに押されていた新日鉄など
鉄鋼株がリバウンドをみせていることなども買い安心感につながっている。
 日経平均は5日線が位置する17200円レベルでの攻防となったが、1日で先週末の大
陰線をほぼ吸収していることから本日の上昇幅はサプライズ的であり、銀行に加え
て鉄鋼株がリバウンドしたことで先高観は依然として強いことが窺えた。一方、ジ
ャスダックは辛うじてプラスとなったが、マザーズ、ヘラクレス指数はマイナス
と、中小型株への慎重スタンスは続いているようである。2007年に入ってから出遅
れ内需関連を中心とした資金シフトの動きが出ていることが確認され、その中でも
主力大型株中心の流れが続きそう。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星