2006年01月31日

二十四軒

二十四軒

撮影地:西区二十四軒(にじゅうよんけん)1条5丁目

二十四軒という地名は、1871年に初めてこの地に移転してきた戸数が24戸であったことに由来しています。  

Posted by economics at 21:50Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月13日

平岸

平岸

撮影地:豊平区平岸(ひらぎし)2条8丁目

地下鉄南北線平岸駅付近の写真です。平岸地区は明治初期〜昭和初期までリンゴの栽培が盛んだったことで知られます。平岸のリンゴは一時期は外国へ輸出されるほどでしたが、戦後宅地化の進展とともに姿を消しました。  
Posted by economics at 23:49TrackBack(0)

2005年09月14日

厚別町山本

厚別町山本

撮影地:厚別区厚別町山本(あつべつちょうやまもと)

厚別区の北部を占める厚別町山本地区は、小樽から移住した山本久右衛門によって1909年から開拓されました。「山本」という地名は山本久右衛門の息子である山本厚三がこの地域の開拓に大きく貢献したことに由来し、1934年に名付けられたそうです。  
Posted by economics at 23:59TrackBack(0)

2005年07月14日

駒岡団地

駒岡団地1

撮影地:南区真駒内(まこまない)

地下鉄真駒内駅より南側の精進川沿いの地域は「駒岡(こまおか)」と呼ばれます。駒岡地区の正式な住所は「真駒内○番地」です。駒岡という地名は、開拓初期の1940年代に「真駒内」と「西岡」から一字ずつ取って誕生しました。

駒岡団地2  
Posted by economics at 15:04TrackBack(0)

2005年07月04日

十軒

十軒開基120年碑

撮影地:北区篠路町上篠路(しのろちょうかみしのろ)

現在の北区篠路町上篠路の一部、十軒神社や十軒会館の周辺は、1939年まで「十軒」が正式な地名でした。この地名は、北海道開拓史設置から2年後の1871年、南部藩士10戸がこの地に入植したことに由来します。

写真の石碑は1991年に建てられました。今年は十軒開基から134年目になります。

参考:続・北区エピソード史15 (札幌市北区役所)  
Posted by economics at 22:01TrackBack(0)