2006年03月28日

地下鉄南北線 南平岸駅ホーム

南平岸駅ホーム1

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)4条13丁目

地下鉄南北線の南平岸駅のホームです。高架駅のため、日中は明るくなっています。

南平岸駅ホーム2

南平岸駅の北隣の平岸駅は地下にあるため、南平岸駅の北側には急勾配があります。

関連記事:
地下鉄南北線 南平岸駅 (2004年5月24日の記事)
夜の南平岸駅 (2004年6月27日の記事)  

Posted by economics at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月14日

地下鉄南北線 平岸駅

地下鉄平岸駅1

地下鉄平岸駅2

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)2条7丁目

地下鉄南北線の平岸駅は、南北線開通に伴い1971年に開業しました。2003年の1日平均乗車人員は6653人です。平岸駅は浅い位置に建設されているため、プラットホームと改札口が同じ階に設置されています。また地上の道路の形に合わせてホームがカーブしています。  
Posted by economics at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月13日

平岸

平岸

撮影地:豊平区平岸(ひらぎし)2条8丁目

地下鉄南北線平岸駅付近の写真です。平岸地区は明治初期〜昭和初期までリンゴの栽培が盛んだったことで知られます。平岸のリンゴは一時期は外国へ輸出されるほどでしたが、戦後宅地化の進展とともに姿を消しました。  
Posted by economics at 23:49TrackBack(0)

2005年10月31日

月寒川

月寒川

撮影地:豊平区西岡(にしおか)5条3丁目

月寒川(つきさむがわ)は、豊平区西岡から西岡水源地、地下鉄福住駅付近、地下鉄南郷13丁目駅付近を経由して、白石区米里(よねさと)で豊平川に注いでいます。  
Posted by economics at 23:59TrackBack(0)

2005年10月30日

アンパン道路

アンパン道路

撮影地:豊平区月寒西(つきさむにし)4条5丁目

アンパン道路とは、国道453号の平岸小学校付近から地下鉄南平岸駅、平岸プール、月寒公園の南端を経由して国道36号の地下鉄月寒中央駅付近までを結ぶ全長約2.6kmの道路の通称です。平岸地区と当時の豊平町役場の所在地である月寒地区を結ぶ道路として、1911年に開通しました。

「アンパン道路」という名称は、道路建設に従事した歩兵第25連隊の兵隊らに「月寒あんぱん」が1日5個配布されたことに由来します。  
Posted by economics at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月29日

陸上自衛隊 月寒送信所

月寒送信所1

月寒送信所2

所在地:豊平区月寒東(つきさむひがし)2条1丁目

陸上自衛隊札幌駐屯地の月寒送信所は、旧陸軍北部軍司令部の防空指揮所として1943年に建てられました。地上2階・地下1階建、鉄筋コンクリート造の重厚な建物です。

月寒送信所の建物は札幌市内に残る数少ない戦争遺跡ですが、送信所機能の移転に伴い2006年度中にも取り壊される予定です。  
Posted by economics at 03:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月28日

つきさっぷ郷土資料館

つきさっぷ郷土資料館

所在地:豊平区月寒東(つきさむひがし)2条2丁目

つきさっぷ郷土資料館の建物は、1941年に旧陸軍の北部軍司令官官邸として建てられました。戦後は北海道大学の学生寮として使用された後、1985年につきさっぷ郷土資料館となりました。4月〜11月の水曜日と土曜日のみ開館しています。

なお「つきさっぷ」は「月寒」の昔の読み方です。1940年代頃から「つきさむ」と読まれるようになりました。  
Posted by economics at 02:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月24日

定山渓鉄道 豊平駅跡

豊平駅跡2

撮影地:豊平区豊平(とよひら)4条9丁目

定山渓鉄道の旧豊平駅舎は9月末に解体されました。現在、敷地の一部は駐車場になっています。


豊平駅跡1

旧豊平駅1

上:2005年10月中旬
下:2005年9月中旬


関連記事:定山渓鉄道 旧豊平駅舎  
Posted by economics at 00:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月13日

国道453号 平岸中学校付近

国道453号

撮影地:豊平区平岸(ひらぎし)1条21丁目

国道453号は札幌市豊平区から南区、支笏湖、大滝村を経由して伊達市を結ぶ国道です。1993年に国道に指定されました。

写真右の建物が平岸中学校です。近年この辺りにはスーパーやホームセンター、大型書店などが立て続けに建設されました。  
Posted by economics at 02:06Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月26日

月寒公園のプール

月寒公園プール

所在地:豊平区美園(みその)12条8丁目

月寒公園内には子供用のプールがあります。以前は夏に開放されていましたが、現在は老朽化のため年中閉鎖しています。  
Posted by economics at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月22日

定山渓鉄道 旧豊平駅舎

旧豊平駅1

所在地:豊平区豊平(とよひら)4条9丁目

定山渓鉄道は札幌市中心部と定山渓温泉を結んだ私鉄です。1918年に開業し、札幌オリンピック3年前の1969年に廃止されました。定山渓鉄道の線路跡は地下鉄南北線の高架部や道路などに転用されています。

旧豊平駅2

写真は定山渓鉄道の豊平駅駅舎として使用されていた建物です。定山渓鉄道の廃止後は定山渓鉄道株式会社(現じょうてつ)の社屋として利用されていましたが、この建物は今月中に取り壊されることになりました。

旧豊平駅3

建物の南東側にはプラットホームの名残が残っています。

旧豊平駅4

手前の道路は国道36号です。この辺りに札幌市電の豊平駅前駅がありました。市電の豊平駅前駅−薄野駅間は1971年に廃止されました。  
Posted by economics at 23:55TrackBack(0)

2005年09月15日

平岸高台公園

平岸高台公園1

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)4条13丁目

平岸高台公園は地下鉄南北線南平岸駅から約200m西にあります。北海道テレビ放送(HTB)の人気番組「水曜どうでしょう」のロケ地として有名です。

平岸高台公園2

平岸高台公園は急斜面に沿って造成されていて、坂の上からは藻岩山まで見渡すことができます。

平岸高台公園3

大きなアンテナのある茶色い建物がHTBの本社です。公園のすぐ近くに建っています。  
Posted by economics at 23:56Comments(0)TrackBack(1)

2005年06月30日

月寒公園 ボート池

月寒公園ボート池

所在地:豊平区月寒西(つきさむにし)

月寒公園内の池では貸ボートが利用できます。料金は30分320円です。  
Posted by economics at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月29日

月寒公園

月寒公園案内図

所在地:豊平区月寒西(つきさむにし)・美園(みその)

月寒(つきさむ)公園は、起伏に富んだ地形の中に野球場、テニスコート、ボート池などを備える総合公園です。旧陸軍の小演習場・射撃場の跡地に整備されています。  
Posted by economics at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月11日

羊ヶ丘カントリークラブ クラブハウス

羊ヶ丘カントリークラブ

所在地:豊平区西岡(にしおか)

西岡の奥にあるゴルフ場・羊ヶ丘カントリークラブのクラブハウスは、北海道庁赤レンガ庁舎を模して造られています。  
Posted by economics at 22:40TrackBack(0)

2005年06月05日

西岡公園の駐車場

西岡公園駐車場

所在地:豊平区西岡(にしおか)

西岡公園には約50台分の駐車場があります。ここに車を置いて、西岡公園周辺から清田区真栄・有明まで整備されている自然歩道をハイキングすることもできます。  
Posted by economics at 23:59TrackBack(0)

2005年06月03日

西岡水源池・取水塔

西岡水源池

所在地:豊平区西岡(にしおか)

西岡公園内にある西岡水源池は、明治時代から1971年まで水道施設として使われていました。右にある三角屋根の取水塔から、月寒の旧陸軍駐屯地や牧場、月寒小学校などへ給水されていたそうです。取水塔は国の登録有形文化財になっています。  
Posted by economics at 22:38TrackBack(0)

2005年06月02日

西岡公園の案内板

西岡公園の案内板

撮影地:豊平区西岡(にしおか)

西岡公園内に何ヶ所か設置されている案内板です。看板自体のサイズはかなり大きいのに、描かれている面積は妙に狭い、という不思議な看板です。  
Posted by economics at 23:07TrackBack(0)

2005年01月26日

札幌フードセンター平岸店

フードセンター

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)3条13丁目

マックスバリュ北海道株式会社のウェブサイトによると、「フードセンター」「札幌フードセンター」「マックスバリュー」「マックスバリュ」の4種類の店名は今後順次「マックスバリュ」に統一されるそうです。今日の時点では写真の通り、札幌フードセンター平岸店の看板は「マックスバリュ」に変更されているところでした。  
Posted by economics at 23:59TrackBack(0)

2005年01月11日

札幌ドーム内の通路

ドーム通路

撮影地:豊平区羊ヶ丘 (札幌ドーム内)

写真は札幌ドーム内のバックネット付近です。階段は狭くて急で手摺りが無いため、特に下るときはちょっと怖かったりします。ビールを飲みすぎてしまったときは要注意。  
Posted by economics at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月11日

日米野球 札幌ドームにて

日米野球

所在地:豊平区羊ヶ丘(ひつじがおか)

今日は札幌ドームにて日米野球の第6戦が行われました。試合は松坂投手が見事に完投し、日本チームが5−1で快勝しました。

日ハムの小笠原選手が打席に立った時には特別に大きな歓声が、巨人や阪神の選手が打席に立った時にも歓声が上がっていました。ただ客席は特に内野席で空席が目立ちました。日本ハムファイターズの公式戦よりも2倍ほど高いチケット代が影響したのかもしれません。  
Posted by economics at 23:09Comments(2)TrackBack(0)

2004年08月19日

月寒体育館

月寒体育館

所在地:豊平区月寒東(つきさむひがし)1条8丁目

月寒体育館は札幌オリンピックのアイスホッケー会場です。建物の外壁には五輪マークが残っています。現在は通年利用できるスケート場として開放されています。  
Posted by economics at 20:22Comments(0)TrackBack(0)

2004年06月27日

夜の南平岸駅

南平岸駅の夜

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)4条13丁目

地下鉄南北線の南平岸駅は高架駅です。1日平均の乗降人員は約8千人で、これは南北線の平均に近い数字です。南北線の高架部はシェルターで覆われています。シェルターや駅には大きな窓があり、車内から外の景色を見ることができるようになっています。

南平岸駅の夜2

駅前にはタクシーが並んでいます。  
Posted by economics at 12:50TrackBack(0)

2004年05月25日

地下鉄高架部の始点

地下鉄シェルター

撮影地:豊平区平岸(ひらぎし)4条10丁目

地下鉄南北線南平岸駅−真駒内駅間は高架線になっています。地下鉄が地下から地上に出る場所、高架の始点はこのようになっています。写真の奥が南平岸駅です。高架部は完全にシェルターで覆われいるため、冬も雪の影響を受けずに定時運行することができます。  
Posted by economics at 20:13TrackBack(0)

2004年05月24日

地下鉄南北線 南平岸駅

南平岸駅

所在地:豊平区平岸(ひらぎし)4条13丁目

札幌で最初の地下鉄路線である南北線は、札幌オリンピック前年の1971年に真駒内駅〜北24条駅間が開業しました。このうち真駒内駅〜南平岸駅間は高架区間になっています。

南平岸駅は1971年の開業時には「霊園前駅」でしたが、1994年に現在の駅名に改称されました。札幌の地下鉄駅で改称されたのは、これまでのところ南平岸駅のみです。  
Posted by economics at 23:40TrackBack(0)

2004年05月17日

札幌ドーム その2

札幌ドーム2

所在地:豊平区羊ケ丘(ひつじがおか)

バックスクリーン右上の赤い広告は、北海道日本ハムの新庄剛志選手の広告です。新庄選手がクイズミリオネアで獲得した賞金1000万円を注ぎ込んで作成したそうです。この広告は制作費等を含めると賞金以上のお金がかかっているそうです。

札幌ドーム3

上の写真とは別の日で、平日のナイターです。外野席に比べると、内野席はチケットの値段が高いためかあまり埋まっていないようです。  
Posted by economics at 00:25TrackBack(0)

2004年05月16日

札幌ドーム

札幌ドーム

所在地:豊平区羊ケ丘(ひつじがおか)

2002年にサッカーW杯の会場になった札幌ドームは、2004年から北海道日本ハムファイターズの新本拠地になりました。北海道民のほとんどは巨人ファンでしたが、今は順調に日ハムファンが増えているようです。  
Posted by economics at 15:48TrackBack(0)