2006年03月30日

北海道大学構内のクラーク像

クラーク像

所在地:北区北9条西7丁目

ウイリアム・スミス・クラーク博士は札幌農学校(北海道大学の前身)の初代教頭です。北海道大学構内にはクラーク博士の胸像が置かれています。有名な片腕を上げた全身像は豊平区の羊ヶ丘展望台にあります。  

Posted by economics at 20:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月13日

JR新琴似駅前

新琴似駅前

撮影地:北区新琴似(しんことに)9条1丁目

JR新琴似駅の南東側です。写真奥には地下鉄南北線麻生駅を中心とした繁華街が広がっています。JR新琴似駅と地下鉄麻生駅は約500m離れています。  
Posted by economics at 23:21Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月12日

JR新琴似駅

新琴似駅

所在地:北区新琴似(しんことに)8条2丁目

JR札沼線(愛称・学園都市線)の新琴似駅は1934年に開業しました。現在の駅舎は札沼線の高架化工事に伴い2000年に建て替えられたものです。新琴似駅の2003年の1日平均乗降人員は約6千人で、札幌市内の札沼線の駅では桑園駅、あいの里教育大駅に次いで3番目に乗降人員の多い駅です。  
Posted by economics at 21:27Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月11日

3月の札幌農学校第2農場

第2農場1

所在地:北区北18条西8丁目(北海道大学構内)

札幌農学校第2農場は冬も見学することができます。

第2農場2

第2農場3

関連記事:札幌農学校第2農場 (2005年11月12日の記事)  
Posted by economics at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月28日

歩道橋

歩道橋

撮影地:北区北19条西4丁目

札幌市内に設置されているほぼすべての歩道橋には、冬の安全確保のためロードヒーティング装置が取り付けられています。  
Posted by economics at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月19日

JR札幌駅ホーム

JR札幌駅ホーム

所在地:北区北6条西3丁目

JR札幌駅は手宮(小樽市)と札幌を結ぶ官営幌内鉄道の札幌停車場として1880年に設置されました。現在の駅舎は高架化工事に伴い1988年に高架駅として開業したものです。ホームの上には換気口付きの屋根が取り付けられており、屋上は駐車場になっています。  
Posted by economics at 21:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

地下鉄南北線 麻生駅ホーム

麻生駅ホーム

所在地:北区北40条西4丁目

麻生(あさぶ)駅は地下鉄南北線の北側の末端駅です。1978年の北24条駅〜麻生駅延伸時に開業しました。麻生駅の2003年度の1日平均乗車人員は、地下鉄南北線ではさっぽろ駅、大通駅に次いで3番目に多い約2万5千人です。またプラットホームの幅員は最大約12mあり、これは札幌の地下鉄駅では東西線新さっぽろ駅に次ぐ広さです。  
Posted by economics at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月28日

北海道大学 総合博物館

北海道大学総合博物館2

北海道大学総合博物館1

所在地:北区北10条西8丁目(北海道大学構内)

北海道大学総合博物館は1999年4月に開館しました。誰でも自由に無料で見学できます。建物は1929年に建てられたもので、1930年から理学部の本館として使用されました。

参考:北海道大学総合博物館公式サイト  
Posted by economics at 22:09Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月27日

北海道大学 イチョウ並木

イチョウ並木

所在地:北区北13条西5〜7丁目(北海道大学構内)

北海道大学構内のイチョウ並木です。

関連記事:北海道大学 秋のイチョウ並木  
Posted by economics at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月22日

地下鉄南北線 北24条駅

北24条駅ホーム1

北24条駅ホーム2

所在地:北区北23条西4丁目

北24条駅は地下鉄南北線開通と同時の1971年に開業しました。南北線が麻生駅まで延伸した1978年までは南北線の北側の末端駅でした。2003年の1日平均乗車人員は、南北線では6番目に多い1万4260人です。  
Posted by economics at 23:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月21日

地下鉄南北線 北24条駅周辺

北24条駅周辺

撮影地:北区北24条西4丁目

地下鉄南北線の北24条駅付近は市内有数の歓楽街です。北24条駅周辺は「ニーヨン」と呼ばれることもあります。  
Posted by economics at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月19日

地下鉄南北線 北34条駅

北34条駅コンコース

北34条駅ホーム

所在地:北区北33条西4丁目

地下鉄南北線の北34条駅は、北24条駅〜麻生駅の開通に伴い1978年に開業しました。2003年の1日平均乗車人員は5851人です。麻生方面と真駒内方面の改札口が別々に向かい合って設置されているのが特徴的です。  
Posted by economics at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月18日

北34条バス発着場

北34条バス発着場周辺

所在地:北区北33条西4丁目

地下鉄南北線の北34条駅には北34条バス発着場が隣接しています。北34条駅からは東区丘珠町・中沼方面、伏古・東苗穂方面、地下鉄東西線宮の沢駅行きのバスが発着しているほか、北区屯田、札幌駅北口、小樽行きのバスが停車します。  
Posted by economics at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月08日

北海道大学 高等教育機能開発総合センター

高等教育機能開発総合センター1

高等教育機能開発総合センター2

所在地:北区北17条西8丁目

北海道大学の高等教育機能開発総合センターは、旧教養部を継ぐ形で1995年に設置されました。主に全学部の1、2年生を対象とした講義が行われています。  
Posted by economics at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月03日

札幌駅北口の高層マンション

北8西3

撮影地:北区北7条西3丁目

JR札幌駅の北口広場に面した場所に、現在高層マンションが建設されています。完成後の建物の高さは約143mで、近接するJRタワー(173m)よりはやや低いですが大通公園のテレビ塔(147m)とほぼ同じ高さになります。2007年3月に完成予定です。  
Posted by economics at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月02日

西5丁目樽川通

西5丁目樽川通1

西5丁目樽川通2

撮影地:北区北18条西5丁目

西5丁目樽川通は中央区北5条西5丁目から北区麻生町の五差路を経由して石狩市樽川を結ぶ道路です。北区北18条西5丁目付近に設置されている歩道橋から南側(1枚目の写真)では道路拡幅・電線地中化工事が進められています。歩道橋から北側(2枚目の写真)は工事されていません。  
Posted by economics at 19:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月12日

札幌農学校第二農場

第二農場2

所在地:北区北18条西8丁目(北海道大学構内)

札幌農学校(北海道大学の前身)の農場は、初代教頭クラーク博士の構想により1876年に開設されました。現在の札幌農学校第二農場に建っている建物群は、1909〜11年に現在の北海道大学正門付近から移築されたものです。1969年には重要文化財に指定されています。

第二農場1

写真左の建物が模範家畜房(モデルバーン)です。第2代教頭ホイラーによって設計され、1876年に完成しました。

参考:札幌農学校第2農場 (北海道大学)  
Posted by economics at 00:32TrackBack(0)

2005年07月04日

十軒

十軒開基120年碑

撮影地:北区篠路町上篠路(しのろちょうかみしのろ)

現在の北区篠路町上篠路の一部、十軒神社や十軒会館の周辺は、1939年まで「十軒」が正式な地名でした。この地名は、北海道開拓史設置から2年後の1871年、南部藩士10戸がこの地に入植したことに由来します。

写真の石碑は1991年に建てられました。今年は十軒開基から134年目になります。

参考:続・北区エピソード史15 (札幌市北区役所)  
Posted by economics at 22:01TrackBack(0)

2005年07月03日

篠路町上篠路

たまねぎ畑

撮影地:北区篠路町上篠路(しのろちょうかみしのろ)

伏籠川に架かる十軒橋付近から南西方向を撮影しました。道路の両側にはタマネギ畑が広がっています。  
Posted by economics at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月30日

北海道大学ポプラ並木

ポプラ並木

撮影地:北区北11条西10丁目(北海道大学構内)

北海道大学のポプラ並木は、昨年9月の台風で多くの木が倒れてしまいました。現在はこのようになっています。  
Posted by economics at 22:02TrackBack(0)

2005年05月13日

桜の木

撮影地:北海道大学構内

今年の春は例年よりも寒い気がしますが、ようやく桜が見頃になりました。札幌はこの週末が花見のピークになりそうです。  
Posted by economics at 22:50Comments(0)TrackBack(1)

2005年05月10日

地下鉄南北線 北18条駅ホーム

北18条駅ホーム

撮影地:北区北18条西3丁目(北18条駅構内)

地下鉄南北線の北18条駅は、札幌で最も古い地下鉄駅の一つです。床のデザインが特徴的です。ホーム幅は札幌の地下鉄駅で最も狭くなっています。  
Posted by economics at 23:33TrackBack(0)

2005年03月24日

北海道大学獣医学部

北海道大学獣医学部

撮影地:北区北18条西9丁目

北海道大学の獣医学部は、1952年に農学部獣医学科から昇格して設置されました。「動物のお医者さん」という漫画はここが舞台になっているそうです。  
Posted by economics at 23:24TrackBack(0)

2005年02月12日

北6条エルムの里公園

北6条エルムの里公園

撮影地:北区北6条西9丁目

北6条エルムの里公園はJRの高架下にあります。夏は月に1、2回の頻度でフリーマーケットの会場になっています。公園内にはサッカーやバスケットボール用のゴールなどが設置してあります。

北6条エルムの里公園2

高架下ということもあり、以前はホームレスの生活の場にもなっていました。しかし数年前に公園全体がフェンスで囲まれ、開園時間外は立ち入り禁止になったため、現在は公園内からホームレスはいなくなりました。  
Posted by economics at 23:39TrackBack(0)

2005年02月01日

冬のポプラ並木

北大ポプラ並木

所在地:北区北11条西10丁目 (北海道大学構内)

北海道大学のポプラ並木は、昨年9月の台風で大きな被害を受けました。写真からも並木がスカスカになってしまっている様子が判ります。

関連リンク:ポプラ並木再生作業状況 (北海道大学)  
Posted by economics at 20:51TrackBack(0)

2005年01月30日

北海道大学 メインストリート

北大メインストリート

撮影地:北区北10条西8丁目(北海道大学構内)

メインストリート(中央道路)は、北海道大学内のクラーク会館(北8条西7丁目)から北18条門(北18条西7丁目)まで、大学構内を南北に縦断する約1,5kmの道路です。略して「メンスト」と呼ばれます。以前は夜は真っ暗でしたが、現在は街灯が増えて少し明るくなりました。  
Posted by economics at 15:21TrackBack(0)

2005年01月28日

北海道大学病院

北大病院

所在地:北区北14条西5丁目

北海道大学医学部附属病院と歯学部附属病院は2003年に統合し、「北海道大学病院」という名称になりました。医学部附属病院の前身の北海道帝国大学医学部附属医院は1921年に開院しています。

関連リンク:北海道大学病院  
Posted by economics at 22:09TrackBack(0)

2005年01月24日

北大通

大雪

撮影地:北区北11条西5丁目

札幌駅付近と石狩市を結ぶ西5丁目・樽川通のうち、北海道大学の周辺は北大通(ほくだいどおり)と呼ばれることがあります。写真の左側が北海道大学です。  
Posted by economics at 18:14TrackBack(0)

2005年01月13日

地下鉄南北線 北18条駅2番出入口

北18条駅2番出入口

所在地:北区北17条西4丁目

北18条駅には出入口が2箇所しかありません。信号機左下の濃い茶色の建物が北18条駅の2番出入口です。出入口が2箇所の地下鉄駅は、北18条駅を含めて10駅あります(南北線7駅・東西線2駅・東豊線1駅)。  
Posted by economics at 23:23TrackBack(0)

2005年01月09日

北19条西2丁目

北19西2

撮影地:北区北19条西2丁目

北18条以北には「西1丁目」が存在しません。ちなみに、南18条以南にも「西1丁目」は存在しません。  
Posted by economics at 13:29Comments(0)TrackBack(0)