2006年02月13日

地下鉄東豊線 新道東駅周辺

新道東駅1

撮影地:東区北34条東16丁目

地下鉄東豊線の新道東(しんどうひがし)駅は、札幌新道(国道274号)と東15丁目・屯田通の交差点の地下にあります。駅周辺にはスーパーやマンション等が建っています。

新道東駅2

撮影地:東区北33条東15丁目  

Posted by economics at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月12日

東15丁目・屯田通

東15丁目屯田通

撮影地:東区北33条東15丁目

東15丁目・屯田通は東区北13条東15丁目(北13条・北郷通)から北区屯田町(追分通)に至る延長約10kmの道路です。地下鉄東豊線の環状通東駅〜栄町駅間は、この道路の下を通っています。  
Posted by economics at 20:56Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月26日

北光線

北光線

撮影地:東区北22条東7丁目

東区の東7丁目と東8丁目の間を通る東8丁目篠路通は「北光線」とも呼ばれます。道路沿いには古くからの店舗が立ち並んでいます。  
Posted by economics at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月30日

モエレ山 山頂

モエレ山山頂

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

モエレ山の山頂は、直径2004cmの円形になっています。これはモエレ山の完成年(2004年)などにちなんでいるそうです。  
Posted by economics at 14:23Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

モエレ山

モエレ山1

所在地:東区丘珠町(おかだまちょう)

モエレ山はモエレ沼公園内にある標高62mの人工の山です。建設残土などを利用して造成されています。「モエレ山」という名称は公募によって決定しました。

モエレ山2  
Posted by economics at 23:55TrackBack(0)

2005年07月26日

モエレ沼

モエレ沼2

所在地:東区丘珠町(おかだまちょう)・中沼町(なかぬまちょう)

東区の北東部にあるモエレ沼は「つ」の形をしています。沼の内側はモエレ沼公園として整備されています。

モエレ沼1  
Posted by economics at 23:31TrackBack(0)

2005年07月01日

モエレ沼公園全面オープン

モエレ沼公園海の噴水

所在地:東区丘珠町(おかだまちょう)

1982年から造成されていたモエレ沼公園が、今日ついに全面オープンしました。写真中央が最後に完成した「海の噴水」です。噴水の直径は48mあり、高さ25mまで水を噴き上げます。  
Posted by economics at 23:46Comments(2)TrackBack(0)

2005年06月12日

地下鉄東豊線 栄町駅ホーム

栄町駅ホーム

所在地:東区北42条東16丁目

栄町(さかえまち)駅は地下鉄東豊線の北側の末端駅です。栄町駅の2003年度の1日平均乗車人員は、札幌の地下鉄の末端駅では最少の6909人です。  
Posted by economics at 22:20TrackBack(0)

2005年05月18日

丘珠空港 展望デッキ

丘珠空港展望デッキ

撮影地:東区丘珠町

丘珠空港の3階には展望デッキがあります。入場は無料です。飛行機の離着陸はもちろん、給油の様子なども間近に見ることができます。


−−−−−
都合により1週間ほど更新をお休みします。  
Posted by economics at 15:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月17日

丘珠空港 搭乗

丘珠空港搭乗

撮影地:東区丘珠町

写真は乗客が飛行機に搭乗しているところです。ターミナルビルから飛行機まではこのように地上を歩いて行きます。

写真左奥の地平線が少し盛り上がって見えますが、これが東区で一番高い山のモエレ山です。モエレ山はモエレ沼公園内にある人工の山で、標高は約60mです。  
Posted by economics at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

丘珠空港 離陸風景

丘珠空港滑走路

撮影地:東区丘珠町

丘珠空港は数年前まではYS11型旅客機の独壇場でしたが、現在はYS11の姿は消え、代わりにDHC8−300型機やサーブ340B型機が札幌と道内各地を結んでいます。DHC8−300型機の機体には花が描かれています。  
Posted by economics at 21:25Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月15日

丘珠空港ターミナルビル

丘珠空港ビル

所在地:東区丘珠町(おかだまちょう)

市中心部から6kmほど北東に位置する丘珠空港(札幌飛行場)からは、函館、釧路、稚内、中標津(なかしべつ)、女満別(めまんべつ)、紋別の道内各空港への路線が就航しています。現在のターミナルビルは1992年に完成しました。  
Posted by economics at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月14日

タマネギ畑

たまねぎ畑2005年5月

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

札幌市内のタマネギ畑は東区と北区に集中しています。今はちょうどタマネギの苗植え時期です。  
Posted by economics at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月10日

北区と東区

創成川

撮影地:東区北19条東1丁目

中央の創成川を挟んで右側が北区、左側が東区です。北区の人口は27万475人で市内10区中1位、東区の人口は25万2341人で2位です。区制が施行された頃は東区のほうが人口が多かったのですが、1992年に北区が東区の人口を追い越しています。  
Posted by economics at 16:51Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月12日

タマネギの収穫

たまねぎ収穫

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

そろそろタマネギの収穫の時期です。写真のように、収穫の時期になるとタマネギの葉は自然に倒れます。

関連記事:
夏のタマネギ畑
春のタマネギ畑  
Posted by economics at 02:23Comments(2)TrackBack(0)

2004年07月07日

夏のタマネギ畑

夏のタマネギ畑

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

タマネギには「札幌黄(さっぽろきい)」という品種があります。以前は北海道全域で栽培されていたそうですが、近年は作付けが減少しているそうで、札幌でも札幌黄を栽培している農家は少ないそうです。  
Posted by economics at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

2004年06月29日

苗穂アンダーパス

苗穂アンダーパス南側

所在地:東区苗穂町(なえぼちょう)・中央区北2条東16丁目

苗穂アンダーパスはJR苗穂駅から約300m西にあります。札幌市道の苗穂通がJR函館本線の下をカーブしながらくぐっています。  
Posted by economics at 00:11TrackBack(0)

2004年06月28日

苗穂アンダーパスの歩道

苗穂アンダーパス

所在地:東区苗穂町(なえぼちょう)・中央区北2条東16丁目

苗穂アンダーパスの歩道部分はこのようになっています。右側が車道です。苗穂駅周辺は線路によって南北が分断されているので、このアンダーパスは多くの歩行者や自転車が利用しています。  
Posted by economics at 12:29TrackBack(0)

2004年06月17日

地下鉄東豊線 北13条東駅

北13条東駅

所在地:東区北13条東1丁目

札幌に地下鉄駅は49駅ありますが、1日平均の乗車人員が一番少ない駅は東豊線の北13条東駅です。

1日平均乗降客数の上位5駅(2001年)
1:南北線・さっぽろ 約5万2千人
2:東西線・大通 約3万7千人
3:南北線・大通 約2万9千人
4:南北線・麻生 約2万6千人
5:東西線・新さっぽろ 約2万2千人
5:東豊線・さっぽろ 約2万2千人

下位5駅
1:東豊線・北13条東 約2,5千人
2:東豊線・美園 約2,9千人
3:東豊線・豊平公園 約3,3千人
3:東西線・ひばりが丘 約3,3千人
5:南北線・自衛隊前 約4,4千人

乗車人員数の下位5駅はどれもバス路線との接続がほとんど無い駅です。また、北13条東駅は市中心部に隣接する住宅街で、中心部には徒歩や自転車で行く人が多いことが、このような結果になっている理由だと思われます。

写真の左下に写っているのは水飲み場です。実は地下鉄のすべての駅のプラットホームに水飲み場が設置されています。  
Posted by economics at 11:45TrackBack(0)

2004年06月16日

丘珠空港のフェンス

丘珠空港フェンス

撮影地:東区栄町(さかえまち)

丘珠空港は、ターミナルビル本体と敷地の約3分の2は東区丘珠町(おかだまちょう)に、残りの約3分の1は東区栄町に属しています。

写真は丘珠空港の侵入防止用フェンスです。最近羽田空港でフェンスが破られる事件が起きましたが、丘珠空港のフェンスはこのようになっています。なかなか素朴です。  
Posted by economics at 12:27Comments(0)TrackBack(0)

2004年06月06日

黄色い標識

謎の標識

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

タマネギ畑のあぜ道にこのような標識が立っていました。表示が消えて、ノッペラボーになってしまっています。  
Posted by economics at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2004年06月01日

JR苗穂駅・苗穂工場

JR苗穂駅

撮影地:東区北4条東12丁目

JR苗穂(なえぼ)駅は札幌駅の隣の駅です。苗穂駅付近にはJR北海道の車両工場があります。またサッポロビール園や北海道日本ハムファイターズの屋内練習場も苗穂駅の近くにあります。  
Posted by economics at 05:32TrackBack(0)

2004年05月29日

豊平川

豊平川1

撮影地:東区東雁来(ひがしかりき)

豊平川(とよひらがわ)は札幌を代表する川です。南区定山渓から市中心部を横切り、東区中沼町(なかぬまちょう)付近で石狩川と合流します。豊平川上流の水は、水道水として札幌市内のほとんどの地域に供給されています。  
Posted by economics at 14:02TrackBack(0)

2004年05月20日

トラクター

丘珠2

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

この辺りは遮るものが無いため、いつも風が強く、木も曲がっています。札幌市内のタマネギ畑は東区丘珠町と北区篠路町周辺に集中しています。  
Posted by economics at 11:54Comments(0)TrackBack(0)

2004年05月19日

春のタマネギ畑

丘珠1

撮影地:東区丘珠町(おかだまちょう)

札幌市中心部から北東に約6kmのところに、丘珠空港(札幌飛行場)とタマネギ畑で有名な東区丘珠町があります。丘珠町はちょうど今がタマネギの苗植えの時期です。  
Posted by economics at 20:31Comments(0)TrackBack(0)