工場・倉庫の暑さ寒さ対策【ECO遮熱工法®】

初めまして、三重県四日市市の有限会社伊藤鈑金工作所です。 弊社は昭和2年(1927)の創業以来、永年にわたり伝統の技術を基盤に新しい技術を取り入れ、 創意工夫を重ねながら今日まで事業を継続させていただいております。 最新の技術の融合。それが我が社の強みです! 【ECO遮熱工法®】に関する工場・倉庫・畜舎での暑さ寒さ対策の情報をお届けします!

2014年06月

Vol.14(2014年5月22日配信)の掲載です。
※一部編集を加えております。

お時間のある時に読んでいただけると幸いです。

メルマガバックナンバー]という記事に
全てのリンク先を掲載しております。

ご意見・ご感想なども随時募集しております。

お問合せ:info-ito(at)e-yane.net 
(at)の部分を@に書き換えて送信ください

無料メルマガのに興味を持たれましたら
ぜひご登録を⇒メルマガ登録フォーム
 

屋根・外壁からの雨漏り、暑さ寒さで困っている企業の担当者様へ
┌┬───────────────────────────2014.05.22
├┼┐
├┼┐  屋根・外壁工事で人と地球に貢献する
├┼┐
└──────────────────────http://www.e-yane.net/
~雨・風をしのぐ建物のための役立つ情報をお届けします~
このメールマガジンは、これまでに弊社社員が名刺交換させて頂いたり、
お問合せをいただいた方々に送信させていただいています。

こちらの勝手で誠に恐縮ですが、ご不要の場合は遠慮なく
このメールの最後にありますURLをクリックして解除をお願いします。
 ●----------------------------------------------【vol.14】-----------●

外装のプロとして、建物に関するトラブル回避のお役に立てれば・・・と
思っております。

では、、、『屋根・外壁工事で人と地球に貢献する』~Vol.14~の発信です!

目次>>>>
■お問合せ多数いただいております。
■《雨漏り修繕+α》としてのご提案
■梅雨・猛暑の前の屋根のチェックを!

┏...┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┓
┃1┃お問合せ多数いただいております。┃
┗...┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┛

ご覧になられた方も多いかと思いますが、先月の中部経済新聞(4月24日付)に
弊社のECO遮熱工法®の取材記事が掲載されました。

掲載後には早速、四日市市内や愛知県の企業様等からお問合せをいただき、
ご対応させていただいております。
年始から進めている「種まき」が、徐々に芽を出し始めていると実感する日々です。

記者の方とのお話の中で、新しい取り組みのヒントになる言葉をいただき、
大変有意義な時間でした。

暑さ対策といえば、『ECO遮熱工法®』と言っていただけるよう、今後も
広報活動を頑張っていきます。

◆掲載記事に関してはこちらをご覧ください
  ■新聞掲載~早速お問合せいただきました!(2014.04.25)

◆ECO遮熱工法®に関してはこちら
  ■工場・倉庫の暑さ寒さ対策をお考えの方へ
   └>>>http://eco-reform.biz/

┏...┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┓
┃2┃《雨漏り修繕+α》としてのご提案┃
┗...┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┛

お問合せいただく内容として、「雨漏り修繕」と「暑さ対策」の両方を
ご希望されている方が多いような印象です。

『スレート屋根を撤去せずに工事が可能!』
『工場のラインを止めずに施工できます!』

これらは、既存の屋根に穴を開けずに施工可能な
ECO遮熱工法®だからこそのメリットです。

「屋根を撤去して新しく屋根をつけるのってかなり費用がかかるのでしょ?」
というご相談ですが、

古い屋根の補修方法は、①既存の屋根を撤去する→②新しい屋根を張る 
というやり方しかないと思われているからなのかなと考えています。

いかがでしょう??

ECO遮熱工法®はどんな屋根でも99%施工可能です。

◆ECO遮熱専用ブログにも色々と書いています。
  ■工場・倉庫の暑さ寒さ対策【ECO遮熱工法®】「雨漏り修繕+αとして。」(2014.05.10)

┏...┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┓
┃3┃梅雨・猛暑の前の屋根のチェックを!┃
┗...┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...┛

現状の屋根がどのような状態になっているのかご存知の方は少ないようです。

スレートの屋根ですと、注意して歩かないと屋根を踏み抜いてしまうこともありますので、
ご自分で確認されるのはあまりお勧めしません。

弊社は屋根診断も行っております。
基本的にご訪問させていただいた際は、屋根に上がって採寸や屋根の現況を確認します。
後で確認するために、写真もたくさん撮っております。

再度、お見積もりを持参する際には、
・現況の写真
・状態の解説
・修繕のアドバイス
などをまとめた「屋根診断書」で現況のご説明も行っています。

コケや割れ、樋の詰まり等の写真を見て
「こんなに痛んでいたの?!」と大体の方が驚かれますね。

「うちの屋根大丈夫かな…」と思われた時が、点検する時期です。
お気軽にご相談ください。

◆屋根診断について書いています。
  ■暮らしに工夫を。「屋根診断。」(2014.05.10)

--------------------------------------------------------------------●
~このメルマガ「屋根・外壁工事で人と地球に貢献する」は、
 ㈲伊藤鈑金工作所 3代目のブリキ屋女房が月に1回お届けします~
■ メールマガジンの配信先変更、配信停止
■ 3代目ブリキ屋女房へのお便り(ご意見・ご感想をお待ちしています)
info-ito(at)e-yane.net ※件名に「メルマガの件」とご記入お願いします。
(at)の部分を@に書き換えて送信ください
 
 最後までお読みいただきありがとうございます。 +:・゜。+::*:. .。::+。
  +。゜:゜。・::。.知人・ご友人への転送や社内での回覧は大歓迎です!
===================================

第14号をお送りいたしました。
いかがでしたでしょうか?

ご意見・ご感想などございましたら
下記のメールアドレスまでお問合せいただけると幸いです。

お問合せ:info-ito(at)e-yane.net 
(at)の部分を@に書き換えて送信ください

無料メルマガのご購読はこちらからメルマガ登録フォーム

毎月第1木曜日の昼頃を目標に、お役立ち情報など(特に温熱環境改善に関して)を
配信しております。 


どうも、こんばんは。
㈲伊藤鈑金工作所「暑さ対策アドバイザー」の住田です!!

さて、今日は『工事金額』について。

HPにも掲載しておりますが、

ECO遮熱工法®(=リフレクティックス+ゼロディールーフ)で
スレート屋根の工場屋根を施工した場合、お客様に参考にお伝えしている工事金額は
¥10,000~15,000(税抜、付帯工事別途)
※ガルバリウム鋼板の素地を使用

ここでいう付帯工事とは、仮設足場や付帯物の撤去工事、材料の荷上げ工事、
雨樋工事などをいいます。現場ごとに必要な場合とそうでない場合がありますので、
その部分で金額が多少変わってきます。

DSCF5457
スレート屋根の倉庫
現場によってペンチレーター(換気)の撤去が必要な場合もあります


注意をしていただきたいのが、「㎡単価」の1㎡というのは屋根の面積だということです。建築面積(床面積)とは若干変わってきます。
※屋根は勾配があるので建築面積よりも大きくなります

「屋根面積について」をメモ書きしたのでご参考までに。
屋根面積メモ

しばしば、「概算で工事金額を教えてほしい」というご依頼をいただきますが、
この㎡単価(¥10,000〜15,000/㎡)を参考にしていただければと思います。

実際には、現場訪問と現場採寸の後に、詳細のお見積書を作成しまして、諸々のご提案させていただきます。
DSC04728
実際に屋根の上に上がって採寸をします

現地調査の際に痛んでいる箇所や今後修繕をされた方が良い箇所などがありましたら、最初の打合せの際に診断書を添えてご説明することもあります。
DSCN8492
現状の屋根裏面温度も測定します。
この現場は7月下旬に測定。

予算取りの関係で概算のお見積もりが必要な場合はその旨、お問合せの際にお伝えいただければと思います。その場合、現場の写真(屋根や現場周辺)や図面等をお送りいただけるとご対応できます。

【お問合せ先】
暑さ対策』のお問合せはこちら

mail:info-ito(at)e-yane.net
※件名は「ECO遮熱工法」でお願い致します
※(at)を@に書き換えてください

以下の資料があればデータで送っていただけると幸いです。
 
・屋根の大きさのわかる資料
・図面(屋根伏せ図、立面図等)
・現場写真 など

おはようございます。
ECO遮熱工法®普及促進担当の住田です。


弊社、ECO遮熱工法®以外にもいくつか事業の柱があります。

雨漏り検査事業(戸建て住宅やマンションの雨漏り原因を特定する)、
ライフオーガナイズ事業(エンドユーザー向けのお片づけのお手伝い、セミナーの開催など)
そして、ECO遮熱工法®

先日、この3つの事業に関する3カ年計画の会議を行ないました。

前期:2014年6月~2015年1月
中期:2015年2月~2016年1月
後期:2016年2月~2017年1月

毎年出展している展示会の見直しやイベント前後での行動計画、販促活動の時期、OB様との関わり方等々。

当たり前ですが、前もって準備しないと、直前でバタバタとしてしまい良い結果につながりません。

「この時期にはこれを実行する」、「この月はイベントの準備に当てる」、「12月はイベントの翌月で動きが多くバタバタとするので、作成物はイベント前に完成」等々、具体的なアドバイスもいただき、事業計画書が作成できました。


会議の中で、「情報発信の質の向上」や「OB様との関わり方」など今後の課題も明確になりました。

『絵に描いた餅』にならないように、実行していきます!!

↑このページのトップヘ