工場・倉庫の暑さ寒さ対策【ECO遮熱工法®】

初めまして、三重県四日市市の有限会社伊藤鈑金工作所です。 弊社は昭和2年(1927)の創業以来、永年にわたり伝統の技術を基盤に新しい技術を取り入れ、 創意工夫を重ねながら今日まで事業を継続させていただいております。 最新の技術の融合。それが我が社の強みです! 【ECO遮熱工法®】に関する工場・倉庫・畜舎での暑さ寒さ対策の情報をお届けします!

2014年08月

おはようございます!
㈲伊藤鈑金工作所のECO遮熱工法®普及促進担当、住田です!!

四日市市のHPに掲載されていましたので、
リンクを貼っておきます。

 【 平成26年度四日市市中小企業新エネルギー導入等促進事業について 】
28


中小企業様向けの省エネ関連の補助金情報です。
募集は、平成27年1月30日(金)まで。

太陽光発電や空調設備、照明設備等々、現在設備投資で検討されているものが
対象の事業なのかなど、ご興味あればチェックしてみてください。


ECO遮熱工法®に関しては、早急に調べます!
 

おはようございます!
㈲伊藤鈑金工作所のECO遮熱工法®普及促進担当、住田です!!

8月は屋根裏温度測定月間。
打合せ中の工場へ訪問して、赤外線サーモカメラで測定させていただいております。

昨日は愛知の企業様の工場へお伺いしてきました。

27
金属製折板屋根(明かり採り付)の室内側からの写真

、、、が、あいにくの曇り。
じめっとした暑さではありましたが、真夏の暑さではありません。。

来週は晴れ間が続くようですので、再度お伺いしてきっちり測定してきます!



スレート葺き屋根、金属製折板屋根など、
真夏の昼間どれだけ温度が上がっているのか・・・

だいたい7月中旬~8月下旬にかけて
昼間の屋根裏温度は50~60度ぐらいまで上昇しています。


タイトルセンスの良し悪しは別として・・・
自社の工場・倉庫がどの程度なのか、
ご興味ございましたら、ご連絡を。


おはようございます。
㈲伊藤鈑金工作所のECO遮熱工法®普及促進担当、住田です。

8月なりましたね。これからますます暑くなっていきますが
暑さ対策をしっかりして乗り切りたいものです!!


さて、遅くなりましたが、厩舎遮熱工事のビフォー・アフターをご紹介。


古いスレート葺きの屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺き。

30-1
「エバールーフやまなみ」を使用

工事前の写真と比較してみると、一目瞭然。
綺麗な屋根に仕上がってます!
 
21-1

こちらは換気棟。4箇所設けました。これで臭気がじょうずに抜けていってくれます!
30-2

工事完了後の暑い日(外気温33℃でした)に訪問しまして
一日の内で一番暑い時間帯の14時頃に測定してきました。

遮熱工事を行なった屋根裏面温度を赤外線カメラを使って測定。

33.6℃。外気温ぐらいまで下がってます。
30-3

続いて、工事を行なっていない箇所の測定。

この施設にはスレート葺き建物がもう一棟建っています。
そちらの屋根裏面温度を測ってみました。
65.4℃。かなりの熱ですね。
その差、約32℃。驚きです!
30-4


ちなみにここは、馬房の床に敷く木屑が保管倉庫。
木屑は40℃まで熱くなっていました・・・
31-5

屋根からの輻射熱によって温められているんですね。。


スタッフの方に感想を聞いてみると・・・
「昨年よりも明らかに涼しくなっている」
とおっしゃっていただきました。
ありがたいお言葉です。

こういったお言葉を今後もいただけるように頑張っていきます!


以下、お知らせです。

社長ブログで少しお知らせしましたが、上期の遮熱工事は今回でいったんお休みします。
涼しくなってから工事再開です。

現地調査やお見積り作成等は引き続き対応させていただきますので、
ご一報いただければと思います。


↑このページのトップヘ