工場・倉庫の暑さ寒さ対策【ECO遮熱工法®】

初めまして、三重県四日市市の有限会社伊藤鈑金工作所です。 弊社は昭和2年(1927)の創業以来、永年にわたり伝統の技術を基盤に新しい技術を取り入れ、 創意工夫を重ねながら今日まで事業を継続させていただいております。 最新の技術の融合。それが我が社の強みです! 【ECO遮熱工法®】に関する工場・倉庫・畜舎での暑さ寒さ対策の情報をお届けします!

カテゴリ: アフター訪問

こんにちは。営業の住田です。
暑い日が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
16日まで夏季休業。17日から下半期の営業スタートしています!

さて、暑い時期には、暑い時期なりにやりたいことがありまして
先日は、昨年秋にECO遮熱の工事をさせてもらった企業様のところへ
アフター訪問に行ってきました。


やりたいこと①
現場の生の声を取材


こちらの現場、ちょうど1年前に現地調査に行って温度を測ったところです。

印象としては、
(ものすごく暑い)
エアコンは動いていましたが、ほとんど効いていない。

そんな状況だった事務所が秋の遮熱工事でどれだけ変わったか
そこで働いている方はどう感じているのか 等々

事前のメールのやり取りでは
「昨年とは比べものにならないくらい改善されています」と。

確かに!
19-1
▲35.3℃(外気温32.2℃)

サーモカメラで裏面温度を測定すると35.3℃
ちなみに昨年は、57.2℃

1年前のあの暑い感じが全くなかったです。

エアコンの効きも良いとのことで、
昨年は18℃設定でもほとんど効いていなかったようですが
今年は26℃設定で十分みたいです!!

⇒光熱費削減にもつながってますね!

やりたいこと②
屋根チェック、樋チェック

19-2
まだ工事して1年なので全く問題はなかったですが
不具合等々あれば、すぐに対応できるように
アフター訪問の際は、屋根にのぼってチェックするようにしています。


夏が旬のECO遮熱なので、
生の声を集めて、また発信したいと思います!


現場からは以上です。 

みなさん、おはようございます。日増しに暑くなっていく中、遮熱工事の必要性が高まっているのをヒシヒシと感じております。
さて、先日、遮熱工事打ち合わせ中の担当者様と弊社で遮熱工事を行った工場へ現場見学に伺いました。

19
▲自前のサーモカメラで屋根裏面温度を測定中(担当者様)

屋根裏面温度を測定したところ、遮熱施工済み箇所と未施工箇所で約20℃も差が!

まだ5月中旬というのにすでに20℃も違いが出ていること、工場内が涼しいことに担当者の方も大変驚かれていました。

前回の打合せで、遮熱体感BOXを使いご説明をさせていただいた際も大変驚かれていましたが、今回はそれ以上。やはり実際の現場で感じてもらうことが一番なんですね。

工場の社長様より工事の感想や効果等々をお話いただき、担当者の方も不安なことが解消されたご様子でした。

今回の見学を通して、弊社の「遮熱への想い」が企業様から企業様へ伝わって、引き継がれていってほしいなと感じました。

現場見学にご協力いただいた企業様には大変感謝しております。今後もお役に立てるよう、尽力いたします。


□今まさに、暑さ対策をご検討中の方へ

暑い時期の今、体感してみませんか?

今回の現場見学でも感じたことですが、やはり現場が一番わかりますね。

「遮熱工事をするとこんなに違うのか」と感じてもらえるかと思います。
さらに、そこで働く方の生の声も伺うことができるので、検討材料にはもってこいではないでしょうか。可能な限りご対応させていただきますので、現場見学をご希望の際はご連絡ください。
※その時の状況で、お見せできる現場がない可能性もありますので事前にご相談いただけると助かります

関連記事:

こんにちは。暑さ・寒さ対策担当の住田です!

昨日の三重県四日市市の最高気温は21.5℃(14:00)
暖かかったですが、風が強くて良い天気とはいえない天気でしたね。

今日はだいぶ全国各地で気温が大幅に下がるとのことなので
皆さん、体調管理にお気をつけてください。


さて、そんな寒暖の差が激しい今日この頃。
朝方の屋根裏面温度を測るために
以前工事をさせていただいた厩舎へお伺いしてきました。

▼水たまりに氷の張った朝方

15-4

朝8時頃 外気温2℃

▼こちらはスレート屋根(何も施工していない屋根)の屋根裏面温度
おが屑小屋の屋根 -3.3℃

15-2

▼ポリカ屋根の裏面温度
 -3.5℃

15-3

▼遮熱工事済みの屋根裏面温度
馬の寝床の屋根 4.2℃
15-1

まだ太陽の光が屋根に当たっていない時間帯。
スレート屋根の裏面温度は外気温(2℃)よりも低い-3.3℃。
冷気が伝わっているんですね。寒い。。

今年の冬、来年の冬を暖かく快適に過ごすためにも、
何も対策をしていない箇所(屋根や外壁、サッシ等)の
早急な見直しが必要ですね!

残暑お見舞い申し上げます。
西日本と東日本で暑さが全然違うみたいですね。

三重県は残暑。
まだまだ暑い日が続いております。

先日は愛知県へアフター訪問に伺いましたが
今回は三重県内の工場へ。
外気温約30℃(晴れ)
屋根、外壁の状況チェックをして、
いつものように屋根裏面温度を測定させていただきました。 

こちらECO遮熱工法®をやっていないスレート屋根の裏面温度です。
62.2℃まで上昇。屋根下はやはりもわっとしていました。
28-1
 
こちらはECO遮熱工法®施工した屋根の裏面温度です。
33.4℃でした。
28-2

残暑厳しい時期ですが、施工済みの工場は涼しく感じました。

冬にもアフター訪問を予定しております。
企業様からお困りごとを気軽に相談いただけるよう
良き関係を継続できればと思います。

 

こんにちは。
三重県四日市で夏涼しく冬暖かいECO遮熱工法®施工店をしております㈲伊藤鈑金工作所です。


毎日暑さが続きますね。
睡眠や食事等、体調管理をしっかりしないと体がもたないなと感じます。


さて、5月に遮熱工事が完了した名古屋の工場へアフター訪問へ行ってきました!

14時頃に伺ったのですが、気温が約34℃。

早速、屋根裏面温度を測ってみると、
ECO遮熱工法®施工済みの屋根では、37.8℃
31-1

施工をしていない屋根では、64.8℃でした。
31-2

同じ屋根面ではないので、比較は難しいです施工をした屋根と施工をしていない屋根で27℃の違いがありました。


オーナー様にお話を伺いました。

「昨年とは違う」、「涼しくなった」との声が従業員の方々から出ているそうです。
昨年の夏は室温で40℃を超えていたそうですが、今年は快適な作業場で暑い夏を乗り越えていただけそうです!!

効果を実感していただき工事の甲斐がありました!

また、定期的にアフター訪問させていただき予定です。

その都度、従業員の方々の声など、取材できればと思います。


************************
アフター訪問では…
定期的な訪問で屋根や雨樋等のチェックを行ったり
夏・冬の効果を取材を行っています。 
その他、確認できる範囲で建物の状況をチェックしながら
補修の提案等も行っております。

↑このページのトップヘ