工場・倉庫の暑さ寒さ対策【ECO遮熱工法®】

初めまして、三重県四日市市の有限会社伊藤鈑金工作所です。 弊社は昭和2年(1927)の創業以来、永年にわたり伝統の技術を基盤に新しい技術を取り入れ、 創意工夫を重ねながら今日まで事業を継続させていただいております。 最新の技術の融合。それが我が社の強みです! 【ECO遮熱工法®】に関する工場・倉庫・畜舎での暑さ寒さ対策の情報をお届けします!

タグ:サーモグラフィカメラ

こんにちは。営業の住田です。

誠に勝手ながら、弊社の夏季休業は
8月11日(土)~16日(木)までとなっております。
お問合せへのご対応は
休み明けの17日(金)から順番にご連絡させていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。



さて、先週、面識のある方々へイベントチラシを発送したところ、数社から早速お申し込みがありました!!お隣の岐阜県、愛知県の企業様も。有意義な時間になるよう、準備進めていきます!


今日は弊社が暑さ対策のご提案をする際に、欠かせない道具である『サーモグラフィーカメラ』を絡めた暑さ対策の説明をします。

2018.8.10-1
色のイメージ通り、赤は熱く、青は冷たい部分を示しています


「61.9℃」と表示されていますが
 
さて、これは何の温度でしょうか??


正解は、「屋根の裏面の温度」です。

 
暑さ対策のご相談を受け、現場で測定してきました。
この時、外気温は38℃。猛暑日です。太陽の熱で屋根が熱くなっているんですね!
屋根の上は照り返しも加わるため、体感はさらに暑いです。


普段、屋根の裏面の温度が何℃になっているかなんて、知ってる方はあまりいないとは思いますが、この数値をお客様に見てもらうと、かなり驚かれます。

この熱くなった屋根からじわじわと作業場所まで熱が届いてきて、作業場所を暑くさせているんです。

弊社の暑さ対策ではまず、『屋根』の改善からご提案いたします。

太陽から一日中熱を受けている屋根をまず、暑さをさえぎる屋根に改善することで室内の環境が驚くほど快適になります!!





具体的に、暑さ対策について、知りたい方に朗報です!!
夏季休業明けの8月24日(金)に弊社主催で「暑さ対策セミナー」を開催します!
ご興味ある方は、下記のサイトからお問合せください^^
2018.8.8-4

昨日の四日市は曇りで、こころなしか、涼しかったような・・・
今日は暑さ再来…。屋根の上での作業が大変でした

さて、この猛暑をどうにかしたいとご相談いただき、現地調査へ。

スレート屋根の建物で、建物内は1階に作業エリア、
中二階に事務エリアとして使われていました。
7-2
▲スレート大波の屋根

1階はエアコンが効いていて涼しく感じましたが、
2階は屋根から近く、モワっとした感じがかなりありました。
こちらはほとんどエアコンが効いていませんでしたね。

屋根裏面温度を測定してみると、57.2℃まで上がっていました!!
ちなみに、この時の外気温は約37℃。
7-1
▲サーモグラフィカメラにて

エアコンをつけてもほとんど効いていない状態なので、
室内で働く方にとっては酷だと思います。

直射日光にはあたっていませんが、今のままの状態ですと
太陽からの熱は屋根に伝わり、じわりじわりと室内に入っていきます。

暑さは頭の回転を鈍くしますよね。
事務作業やその他の仕事もはかどらないかもしれません。

良いご提案をして、ご依頼いただいた方のご要望にお答えできるようがんばります!


++++++++++++++++++++++++++++++++
【夏季休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、弊社の夏季休業は
8月12日(水)~16日(日)となっております。
 
8月17日(月)より営業いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

尚、期間中に留守番電話及びメール受付でお問合せいただいたお客様には

17日(月)に弊社より順番にご連絡させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

夏に向けて暑さ対策工事(遮熱工事)を検討中の事務所にて温度測定中。

5月26日の14時半頃の屋根裏温度を測定しました。
未施工の状態で、屋根裏面温度 42.4℃(外気温30.5℃)
27-3
▲サーモグラフィカメラにて屋根裏の温度を測定
木毛セメント板で多少温度が和らいでいる印象です 

5月ですでに真夏日を記録している地域も出ているようで
今年の夏はどれだけ暑くなるんでしょうか・・・心配です。

先日に気象庁より発表された「3ヶ月予報(平均気温)」によると
東海エリア一帯が今年の夏は暑くなるとのこと。

26
「3ヶ月予報(平均気温)」(気象庁ホームページより)

5月に2件、工場の遮熱工事が完了し温度測定と現場視察に伺いましたが、
どちらも数値的(屋根裏面温度)にも体感的にも効果を発揮しています。

遮熱工事を行った建物は、例えるなら大きな木陰です。
今までモワっと感じていたものがなくなります。


サーモ写真からもわかるように何も施工をしない建物では、
太陽からの熱がスレート屋根や折板屋根で吸収され、
その熱が放熱され室内へと伝わっていきます。

そんな状況下では、エアコンをつけても全く効かないです。
実際の工場等で働く方から、
「エアコンでは冷えないからスポットクーラーで部分的に冷やしている」
というお話をお聞きしました。

室内温度を28℃以下に保つためには空調設備をフル稼働する必要がありますが、
そうすると光熱費が非常にかかっていきますよね。

真夏になればほとんどの工場や事務所でエアコン等の設備をフル稼働するかと思いますが
今年の夏は効果的に光熱費の削減をしていただけるよう早めの対策をお勧めいたします。


暑さ対策のご相談承ります!ご一報ください。

おはようございます。営業の住田です。

以前より何度かブログでご紹介しておりました名古屋のS社様のECO遮熱工事が完了しました。最終確認を済ませ、お引渡しとなりました。

昨日、S社様工事の簡単な「ビフォー&アフター」をお付き合いのある企業様にお知らせハガキとしてご郵送させていただきました。

4月下旬の段階で、効果の程がわかるくらいに数値が出ていたので「これは早くお知らせせねば!」という想いです。

>>>ハガキをご覧いただいてブログへ早速アクセスいただいた企業様

現場の詳細等こちらのブログに掲載しております。
お時間のございます時にじっくりとチェックいただけると幸いです!

S社様の現場ブログ等、リンクを載せておりますので
まだお読みでない方はぜひ!

今日のブログはS社様「ビフォー&アフター」のご紹介です。
(写真、文章いつもより多めです)

□概要
場所:愛知県名古屋市
工場用途:ダンボール製作工場
規模・仕様:屋根面積345㎡/スレート大波の屋根

□工事内容
ECO遮熱工法®による重ね葺き工事(屋根)
(カラーガルバリウム鋼板を使用)
・雨樋かけかえ工事 
・仮設足場掛け払い工事

□お客様からの要望
・夏の暑さ対策
・耐久年数のある工法、材料でやってほしい

□ビフォー→アフター
<屋根工事>

15-115-2

15-315-4
▲工事前:スレート大波
△工事後:カラーガルバリウム鋼板(シルバー焼付塗装)

一部棟違いとなっている箇所があり、そちらの壁にも遮熱工法で施工しました。
15-20
15-915-10
▲工事前:スレート小波
△工事後:カラーガルバリウム鋼板(シルバー焼付塗装)


~工事中~
15-6
▲まず始めに、スレート踏み抜きによる転落を防ぐため、転落防止ネットを敷きます
安全対策としてスレート屋根での工事では欠かせない作業です

15-7
▲遮熱材リフレクティックス敷きこみ中
この日はあまり日照りではなかったですが、これから暑くなっていくと
太陽熱、太陽光の反射を間近で受けるので作業が大変になります。

15-8
▲屋根材ビス留め中 仕上げ作業です

<雨樋工事>
15-11
15-1215-13
▲工事前:ちりやホコリ、スレート表面の削れ等が軒といに溜り排水能力がなくなっていました(東側雨樋のみ交換)
△工事後:軒樋、たて樋のかけかえ

①屋根材がスレート→ガルバリウム鋼板に変わり、
②高さが増した分、雨樋に入りづらくなったため、「しぶき止め」を取り付けました
15-14
△工事後:屋根材の水下にしぶき止め(板金を加工)を取付(西側雨樋は工事せず)
数年前にこちらの雨樋はかけかえ工事をされていたので今回は既存のまま使用


<屋根裏面温度測定>
ECO遮熱工法®で施工を行った箇所(=施工箇所)と何も施工をしていない箇所(=未施工箇所)の屋根裏面温度をサーモグラフィカメラを使って測定しました。

測定日 2015.4.23 p.m.2:00頃
外気温 25℃(夏日を記録)

未施工箇所:59.3℃
かなり温度上がっていますね。
こちらは下屋ですが、この屋根の下に入ると体感的にモワっとした感じでした。
15-16

施工箇所:24℃
外気温とほぼ同じ。
15-17

温度差 約35℃!!


4月下旬の段階でこれだけの温度差が出たのは正直驚きました。
今年の夏も例年通り暑くなる見込みということで(気象庁HP暖候期予報
この結果からすると、夏にはもっとこの温度差が開いていきますね。

>>>『猛暑対策』をご検討中の企業様
「梅雨に入る前」、「本格的な夏になる前」にぜひ一度ご相談ください。

今月下旬から2件の遮熱工事がさらにスタートします。
こちらも夏の暑さ対策として工事させていただきます。
「暑くなる前に」なんとか工事を終えて、今年の夏は快適な環境で
お仕事をしていただけるようご協力させていただきます!!

だんだんと気温が上昇してますね。
それと共にブログのアクセスが上がっている気がします!
ちなみに[ 暑さ対策 工場 ]、[ 工場温熱対策 ]等で検索されます。
FBページ、ブログ共々、引き続き更新頑張りたいと思います。


さて、名古屋の工場ECO遮熱工事ですが、そろそろ完了です。
先週、屋根裏面温度をサーモグラフィーカメラを使って測定してきました。

ちょうど、名古屋が夏日を記録した日ですね。
14時頃、外気温25℃でした。

まず、施工していない箇所の屋根裏面温度です。
59.3℃
かなり上がってますね。
体感的にはモワっとした感じでした。
27-1

こちらがECO遮熱工法®で施工した箇所の屋根裏面温度です。
24.0℃
外気温とほぼ同じくらいですね。
27-2

今回外壁には遮熱工事を行っていないので、屋根と外壁でも温度の違いが出ています。
27-3
27-4
31.9℃
これは外壁の温度です。
サーモグラフィ画像で施工箇所、未施工箇所の違いがわかりますね!

夏場は温度計が40度近く上がってる時もあるようで
汗だくで毎日作業をしていたと社長様に伺いました。

今年の夏は快適に作業をしてもらえそうです! 
 

↑このページのトップヘ