2022年09月06日

9月は一日水族館月間

▼イベントのお知らせです。
9月はイベント月間!
各所の活動地で、その日捕れた池の生きものを展示する「一日水族館」を開催します。
近所の公園の池にどんな生きものが棲んでいるのか、どんな問題があるのか、見にきませんか。
いずれも、開催時間内にご自由に見学いただけます。
(ます)

モツゴ20181007
待ってるよ!


=============
光が丘 一日水族館

■日時:9月11日(日) 11:00-15:00 ※雨天中止
■場所:都立光が丘公園 観賞池付近(売店前の池)

=============
善福寺公園 一日水族館

■日時:9月17 日(土)、18日(日) 10:30-15:30 ※雨天中止
■場所:都立善福寺公園 上の池

=============
三宝寺自然誌学校内 三宝寺池水族館

■日時:9月24日(土)、25日(日) 10:30-15:30 ※雨天中止
■場所:都立石神井公園 ひょうたん池付近
※24日は荒天のため中止になりました。(9/23追記)
=============




ecoworks at 15:27|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年09月05日

会報65号発行しました

▼先日、会報65号を発行・発送しました。
会員の皆さまのお手元には、すでに届きましたでしょうか?

会報65号_表紙

------------------
会報65号

巻頭     立ち止まって考えたい、
       本末転倒な「外来種の有効利用」
とれたて工房 信里田んぼ、また広くなりました
とれたて工房 とにかくパワフル!
       地域団体との協働による井の頭池保全作業
とれたて工房 毎年大好評! 光が丘公園バードサンクチュアリで
       水辺の生きもの教室
掲載記事紹介
商品紹介   ★ サラッと着られる! ドライTシャツ ★
------------------

▼当会の会報は、支援してくださる会員の皆さまに向けて、年4回発行しております。
入会・会員継続の手続きはこちらから。よろしくお願いいたします!

(さくさく)

ecoworks at 13:06|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年09月02日

サントリー地域文化賞を受賞

▼8月30日に第44回「サントリー地域文化賞」が公表されました。
地域文化の発展に貢献した団体や個人を表彰するもので、なんと、当会も受賞しました。

プレスリリース「第44回「サントリー地域文化賞」決定」
https://www.suntory.co.jp/news/article/14221.html

▼かいぼりを実践し地域の自然再生に取り組んできたことを評価いただき、とても嬉しいです。
この賞は当会だけのがんばりで受賞したものでなく、会員を始め支援者の皆さま、事業を支え、ともに活動してきた市民ボランティアの皆さまのおかげです。心より感謝申し上げます。

▼今年度も各所でかいぼりが予定されています。
かいぼりはゴールではありません。生物多様性を高め地域の自然を豊かにする活動のスタートです。
これからも皆さまのお力を借りながら、水辺の自然再生のため活動してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
(ますなが)

P2290023
池干し中、池底の泥を盛って池岸に
浅場(エコトーン)を造る一般参加
イベントを開催(2020年2月)



ecoworks at 11:10|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年08月04日

8/11いきものフェス出展リベンジ!

▼8/11(木祝)に東京都立産業貿易センター台東館(浅草)にて開催される「 第2回いきものフェス」に出展します。
FT_s-M1UEAANakm-732x1024


今年2月に実施予定だったイベントのリベンジマッチ。当会のブースは【5F 127 】です!
なんと、講演会場のすぐ近く。今回の講演会では五箇先生がご登壇されるそうで、非常に楽しみですね!

いきものフェスへは「入場券」の購入が必要です。
当日販売もあるようですが、事前にweb購入しておくのがスムーズとのこと。
ぜひご協力ください。
詳しくはこちら

▼ブースもそこまで大きくないので、商品を絞って販売予定。
野外で大活躍&大好評の「ニホンイシガメ防水バッグ」「ニホンイシガメドライTシャツ」「イノカシラフラスコモ&ミヤコタナゴクリアボトル」は100%持っていきます!
ぜひ現物をご確認ください〜!

bousuibag1
胴長靴も入ります!

ふらすもぼとる
暑い夏に必須のクリアボトル。

首痛めてる中田 モデル写真
汗をかいてもさらっと着れるドライTシャツ。一つ持っておくと便利!



(やまひつじ)

ecoworks at 13:17|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年07月06日

外来種クビアカツヤカミキリ、東京で被害発生中!!

クビアカポスター

▶外来種クビアカツヤカミキリは2012年に愛知県での初確認以来、全国的に分布が拡がっています。
東京都でも2015年に西多摩で確認され、徐々に拡大。その後、足立区周辺でも確認されています。

▶この虫の幼虫は、サクラ、ウメ、モモ、ハナモモなどの材を食い荒らし、被害木は急激に枯死します。産業や社会への影響が甚大であることから特定外来生物に指定され、果樹農家や園芸関係者、街路樹や施設の管理者などが対策を行っています。

▶東京都ではクビアカの分布拡大を防ぐためにポスターを作成しました。
外来種対策は、蔓延してしまう前の対処が肝心。都内のクビアカは、今ならなんとか、分布拡大を防ぐことができます。
クビアカを見つけたら、捕殺や連絡のご協力をお願いいたします。

東京都のクビアカツヤカミキリ対策はコチラが詳しいです
東京都環境局

(さと)

ecoworks at 16:25|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年06月20日

「みんなで水辺守 浅場編」その後(3)

▼上尾丸山公園で2月から3月に実施した浅場づくり&湿地再生イベント「みんなで水辺守 大池に浅場をつくる編」で、大池内に浅場を新設しました。

過去記事「協働イベント「みんなで水辺守 浅場編」その後(1)」では、その浅場の4月の様子についてお伝えしました。

さらにその後、浅場がどんな感じになっているかというと・・・?
あさば

あさば2
おお?4月よりも色々生えている・・・?


遠目の写真なのでわかりにくいですが、5月末から6月にかけてさらに色々な植物の生育が確認されています!より浅場っぽく、湿地っぽくなってきました。
目立つのはガマですがよくよく観察してみると・・・

うきくさ
ウキクサかな!?

みずはこべ
ミズハコベも!

ミズハコベをこの活動内で初めて確認しました。埼玉県ではレッドリストに選定されていませんが、東京都では大変貴重なものです。
このほか、コナギのようなものも確認されています。上尾丸山公園の湿地のポテンシャルは、やはり非常に高そうです!
この日は、シオカラトンボが早速産卵に訪れていました。生きものたちにも利用され始めているようです。

さらなる続報をお楽しみに!


▼このような湿地再生活動を一緒にやってみませんか?現在、市民ボランティア「上尾水辺守(あげおみずべもり)」2期生募集中です!締め切りは今週いっぱいですよー!
応募・詳細は→
上尾市みどり公園課ホームページ(https://www.city.ageo.lg.jp/page/311043.html)へ


(やまひつじ)

ecoworks at 19:22|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年06月16日

明るくなった樹林で外来草本を抜き取り

▼井の頭かいぼり隊の活動は、水上に限りません。
毎週実施しているアメリカザリガニ防除やコカナダモの切れ藻除去の他に、月に1度浅場や湿地、それらとつながる陸地環境の手入れも実施しています。
季節によって作業メニューが変わりますが、まだ浅場に植物があまり繁茂していなかった4月は、陸地の外来草本の抜き取りを行いました。(ちょっと前のお話でゴメンナサイ)

今回の作業場所は、お茶の水井戸付近です。この場所は、ノハカタカラクサ(トキワツユクサ)がびっしりと生えていますが、2年前にも1度かいぼり隊で抜き取りを行った地点は、ノハカタカラクサが少なかったり、ドクダミに置き換わっているようでした。

ノハカタカラクサ抜き1_
緑色の多くはノハカタカラクサ!


▼ノハカタカラクサを中心にその他の外来草本や、優占しているドクダミも少し抜き取りしたところ・・・
キランソウ_井戸前_
おお!これは!

他の植物の足元にひっそりとキランソウが。2年前には気がつきませんでした。
実はこの場所、やはり2年ほど前に公園が実生木等を若干整理し、一部林床に光が入るようになった樹林でもあります。以前は真っ暗暗でした。
少し明るくなったことで、キランソウの好む環境に一歩近づいたようです。
そこへ、今回外来草本なども抜き取ったので、さらに条件は良くなったのではないでしょうか。

ただ、林床は落ち葉がかなり降り積もっており、これでは出てくる植物は限られてしまいそうです。
冬には、この場所を落ち葉かきして、キランソウが生育できるような環境を整えたいと考えています。
もしかしたら、他にも何か芽生えるかも・・・?
楽しみにしていてください!

(やまひつじ)


ecoworks at 17:00|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年06月01日

【お知らせ】2022年度成果報告会

▼当会をご支援いただいている方や会員の皆さま向けに、活動地見学ツアーと成果報告会を開催します。
活動の成果、最新情報などをスタッフがご報告します。

▼詳しくは、当会サイトをご覧ください。
参加お申込みも、サイトからどうぞ。
会員・支援者以外で興味がある方は、事務局までご相談ください。
(ます)

===================
2022年度 成果報告会

日時:2022年6月18日(土) 14:30〜16:30
会場:武蔵野公会堂 2階 第2会議室(JR吉祥寺駅より徒歩1分)
   地図→こちらをクリック

プログラム→こちらをクリック

===================
井の頭池まるわかり深発見ツアー

日時:2022年6月18日(土) 13:00〜14:15(少雨決行)
集合:都立井の頭恩賜公園 野外ステージ前(13:00集合)

ツツイトモ200605花


===================


ecoworks at 14:16|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年05月31日

会報64号発行!

▼先日、会報64号を発行・発送しました。
今号は、年1回のご支援感謝号として、前年度当会をご支援くださった皆さまにもお届けします。
なお、クロネコヤマトDM便での発送となります。
転居の際はお手数ですが、ご一報いただけますと幸いです。

会報64号_表紙

会報64号_中身サンプル

(さくさく)

------------------
会報64号

巻頭     2021年度 ご支援ありがとうございました!
とれたて工房 農村で技術を学ぶ!
       長野市信里地区 ため池のかいぼり
とれたて工房 浅場造成&湿地再生を市民の力で!
       上尾丸山公園「みんなで水辺守」イベント開催
とれたて工房 都立石神井公園
       好評だった「キショウブ駆除の日」
とれたて工房 ハンノキ林再生が一歩前進! 盛況だった作業イベント
       都立井の頭恩賜公園
とれたて工房 淡水ガメ情報交換会を2年ぶりに開催
------------------

▼当会の会報は、支援してくださる会員の皆さまに向けて、年4回発行しております。
入会・会員継続の手続きはこちらから。よろしくお願いいたします!

ecoworks at 10:27|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2022年05月27日

6月の「井の頭ちょこっとウォッチング」は水草がテーマ!

▼6/11(土)にガイドツアー「井の頭池ちょこっとウォッチング」を開催します。
四季のうつろいに合わせて、毎回テーマを変えてお届けするこのイベント、今回は「水草」をピックアップします!

かいぼりによって在来種の水草が復活した井の頭池では、これからの時期が水草の最盛期。ツツイトモが見頃を迎える時期です。
ツツイトモ20210603弁天池4
昨年6月の景観

水中にゆらめく草体や、水面上でひっそりと咲く花、水面に浮かぶ切れ藻とイトトンボたち。見どころがたくさんです。

しかし、2020年から外来種のコカナダモが生育範囲を拡げ、昨年には池の全域に達してしまいました。
コカナダモ
びっしりコカナダモ


今回のツアーでは、井の頭池で見られる水草を紹介しつつ、現状と対策についてのお話も。
井の頭かいぼり隊のコカナダモ対策活動も見学します。

ぜひご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内容:野鳥や水辺の生きもの観察
場所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日時:2022年6月11日(土) 10:00〜11:30
   9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
定員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:双眼鏡(あれば)、飲みもの
※体調のすぐれない方は参加をお控えください。またマスクの着用と、密になる状況の回避にご協力ください。
※歩きやすい靴、調節できる服装でお越しください(池には入りません)。
参加費:1人 30円(保険代として)

https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/seibukouen0140.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(やまひつじ)

ecoworks at 11:48|PermalinkComments(0)
カテゴリ: