2018年07月19日

もうすぐ!博物ふぇすてぃばる!

▼外出をためらうような とてつもない暑さが続いていますね…
ですがいよいよ今週末は『博物ふぇすてぃばる!5』!涼しい室内で開催される、熱〜いイベントです。

はくぶつふぇす



当会は昨年に引き続き,2回目の出展。
ブース【E-39】でお待ちしています!

▼新作のリス手ぬぐいはこの日が初お披露目。今日は事務所で梱包作業をやりますよ☆
新作以外のグッズは、箱に詰めて既に会場へ。
担当スタッフ、気合いだけは十分です。
にもつ1
中身はしめじではありません


▼博物ふぇすてぃばる!の個人的に好きなポイントは「学問でエンタメ!」というミニ展示があるところ。その点、普通のイベントとはちょっと違います。各出展者が好きなテーマをわかりやすく、楽しく紹介するもの。見せる形式も自由です。

今回は「かいぼり」のあれこれをクイズにしてみました。
井の頭のイベントでやったことがあるぞ!という方もいるかも…ですが。
もうちょっと難易度の上がった、改訂版をご用意しました〜☆
挑戦した方には解説シートもお配りしますので、ぜひぜひ会場に足を運んでみてくださいね。

いつも井の頭のイベントにて出没する「かいつぶりくん」はさすがに連れて行けないので、
ミニミニかいつぶりくんを連れていきます。
かいつぶりくん
子連れ参加です


週末は科学技術館へGO!


(やまひつじ)

ecoworks at 14:25|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年07月13日

待望の…○○

▼とある事務所出勤日のこと。なにやらとても大きな荷物がやってきた…これはもしや、頼んでいたアレだろうか…?

早速開けてみると…

到着
おお、カラフル!


というわけで…久しぶりの新商品発売です☆

おかげさまで今年初め頃にSOLD OUTとなっていた、ニホンリスの手ぬぐいがデザイン・カラーともに完全リニューアルして戻ってきました!
待望の新商品&リス手ぬぐい復活!です
茶
紅
どどーん

今回は、生態工房初の【グラデーション】手ぬぐいです。
もちろん注染で、職人さんの手作業で作られています。

今回も生態工房こだわりの、日本の伝統色を使用し、
*ニホンリスっぽい色合いの <灰汁色〜代赭色>(上段)
*茜空のような 梔子色〜中紅(下段) の2種類用意しました。

また、いつも製作している手ぬぐいの生地よりもちょっと良い、【特岡】を使用しています。
肌触りも抜群です。

伸びリス(紅)
のびリス

後ろ向き(茶)
ト○ロではありません


可愛らしく、生き生きとしたリスだけでなく、リスの大好物も散りばめられている一品です。


▼こちらの手ぬぐいは、7/21・22に開催される「博物ふぇすてぃばる!5」にて初お目見え!
イベント終了後に、生態工房ネットショップ「エコワの森」でも販売開始します。

ぜひぜひお手にとってみてください♪

たたみ
この後、さらに可愛く梱包予定♪



(やまひつじ)


ecoworks at 17:40|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年07月10日

7/8井の頭池成果見学会

▼3回のかいぼりで大きく改善された井の頭池の自然を深ーーーく観察するイベント、「井の頭池“深”発見!かいぼり成果見学会」の第1回目を開催しました。
早々に梅雨が明け、この日もさんさんと太陽光が降り注ぐ暑〜い陽気でしたが、31名の方にお集まりいただきました。
見学会1
暑い中ありがとうございます!


▼4つの班に分かれて、かいぼり隊がぐるっと池をご案内。
在来魚、水草、水鳥…などかいぼりで変化した池の様子や、かいぼりだけでは解決できない次なる課題等、池の自然再生に深ーく関わるかいぼり隊だからこそお話しできるあれやこれやを参加者の皆様にお伝えしました。
見学会3
見学会2

一番盛り上がっていたのは…やっぱり水中の生きもの。
現在、在来魚や在来エビ類が盛んに繁殖しており、この日もモニタリング用の網でたくさん確認することができました。
「こんなにたくさんいるんだー」「こういう生きものもいるんだ!」などなど驚きの声が。以前は同じ網を設置してもオオクチバスやブルーギルばかりであった、という話を聞いて、池の生きものの状況がかなり改善されたことを実感していたようでした。

見学会4
かいぼり隊と公園管理者の協働で造りあげたしがら柵も見学


今年度から本格的に取り組んでいる泥水流入対策や、湿地造成などの取組にも興味を持ち、深く理解を示してくださいました。
参加者の中には、かいぼり期間中に「チョコッとかいぼり隊」イベントで湿地造成に関わった方も。
今後も、井の頭池の自然に興味関心を持って、見守ってくださる方が増えれば嬉しい限りです。

▼その他にも、池の状況に合わせて色々な仕掛け、観察ポイントを準備しているこのイベント。
次は7月28日(土)に開催します!
解説は大人向け(小学校高学年以上)ですが、池のことを色々聞けるチャンスでもあります。
夏休みの自由研究などにもいかがでしょうか?

イベント詳細は100年実行委員会ホームページ

(やまひつじ)


ecoworks at 16:12|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年07月07日

井の頭池 雨水対策の経過観察

▼雨の後、井の頭かいぼり隊が作ったしがら柵の様子を見に行った。6月に作って以来、強い雨が降ったのは初めてだ。

柵が土留めになり、うっすらと泥が堆積していた。フフフ思惑通りだ。

IMG_3641
6月に作った土留めのしがら柵


▼この階段には2001年に整備された横断溝がある。

IMG_3642

その名も「水辺の再生事業」として、井の頭池への泥水の流入を防ぐきめ細かい工作が4年間にわたって施されたうちの1つだ。

階段を流れてきた雨水を横断溝に落とし、

IMG_3644


横断溝の端から林内へ浸透させる。

IMG_3643


こういう自然の理に適った対処法を20年前にやっていたのはすばらしい。

▼この横断溝は堆積物に埋もれていたが、担当者が6月に発掘して機能を回復させた。
まっとうな仕事だ。
これが整備された頃よりも行政職員の人員が大幅に減っていて、管理しきれていない状況がある。井の頭池を良好に維持するためにわたしたちに何ができるか。手を動かしながら探っているところだ。(さと)

ecoworks at 19:09|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年07月06日

のぼり旗

▼先月からのそのそと(何度もアドバイスをいただきながら)デザインしていた「のぼり旗」が、ついに完成しました!

のぼり旗
おまけでいただいたミニのぼり旗、サイズ感が可愛い……!

こちらののぼり旗、明日の「光が丘1日水族館」で初お目見えする予定……ですが、1日水族館は雨天中止のイベントのため、出番があるかどうかはお天気次第となっております。
七夕の雨は、彦星が天の川を渡る際の櫂の水しぶきとも、織姫と彦星の嬉し涙とも言いますが、イベント当日くらいは晴れてほしいものです。

(さくさく)

ecoworks at 23:04|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年06月30日

茅の輪くぐり

▼6月30日練馬区某所で茅の輪くぐりをしてきました。
半年分の穢れを落とし、これから迎える半年分の無病息災を願います。
なので6月末ごろと12月末ごろに行われます。実際行われる日にちは神社によって異なりますが、明日7月1日(日)に行われる場所もあります。まだ間に合います!!

1IMG_1416

くぐる前の茅の輪


1IMG_1418

宮司さんのあとに続いて茅の輪を左右左と回ります
またぐ足も間違えないように


1IMG_1419

帰り際に小さな茅の輪と夏越ごはん用の雑穀をいただきました。


これで半年は肉離れせず、健やかに生活できそうです。


(甘ゾネス)




ecoworks at 21:10|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年06月27日

卵探しとササ刈り

▼光が丘公園バードサンクチュアリの平日作業。本日は「ウシガエルの卵塊探し」を行いました。
説明しよう! ウシガエルの卵塊探しとは! 外来生物であるウシガエルが繁殖してしまうと大変なので、サンクチュアリの池全域を歩き回り、ウシガエルの卵を探す作業なのだ!(※発見次第、回収します)
と、言葉で言うのは簡単なのですが、水底に泥が溜まっていて歩きづらい&下の写真のような、自分の背丈を超える植物の間に分け入る必要があり、なかなかハード、かつ責任重大なお仕事です。

20180627-1
抽水植物群落

なお、本日は(本日も)ウシガエルの卵塊は確認されず、鳴き声も聞こえませんでした。よかった!

▼午後はアズマネザサの刈り取りを行いました。
曇り空で風も涼しく、絶好のササ刈り日和……と思いきや、突然真夏のような日差しが照り付けるので、6月は油断なりません。
熱中症を避けるためにも、なるべく日陰で作業をしたいところですが、不思議なことに、頑張ってササを刈れば刈るほど、日陰がなくなっていくんですよ。不思議ですね、こわいですねぇ。

刈り取り前
これが(刈り取り前)

刈り取り後
こう(刈り取り後)

ようやく観察舎(写真の建物)が見えてきました!
……自分はもう少し陸側のササを刈っていたので、自分の成果ではないのですけどね!

▼本日出会った生きものの紹介。
ヒナを残して、ここ2週間ほど姿を消していたはずのカイツブリの親鳥……!?
果たして同一個体なのでしょうか。

カイツブリ
(望遠鏡越しの粗い写真で失礼します)


(さくさく)

ecoworks at 22:17|PermalinkComments(0) 今日の工房 

さいたま市桜環境センター、田植え終了!

▼6月3日(日)真っ青な夏のような空の下で、
田んぼクラブ2018 Act.3「田植え」を実施しました!

DSCN0145
さあ、田植えをがんばるぞ!

▼水が澄んでいるうちに生きもの観察をしましたが、
みなさん「早く入りたい!」「ほんとに田んぼに入るの!?」と、
心はもう田植え一色。
田んぼに入ったときには「ぎゃー!」「すべるー!!」「きもちいいー!!」と、思い思いの歓声をあげていました。

DSCN0175
真剣に田植え


▼泥に慣れてくると、みんな真剣に田植え。
30僂瓦箸飽をつけたロープを頼りに、1本ずつ丁寧に植えていきます。

DSCN0236
中には泥だらけになる人も。


▼このイネが育つにつれて、ここは「生きものの生息地としての田んぼ」の側面をたくさん見せてくれるようになります。
イネが食料になる場合もあれば、育ったイネを狩りの場とする肉食系昆虫がいたり、
育ったイネに隠れるようにして育つ生きものがいるかと思えば、イネにつかまって羽化するたくさんのトンボたちがいたり・・・。
今年はどんな生きものとの出会いがあるか、今から楽しみな私です。

DSC_0916
6月27日の田んぼ。イネが30僂曚匹棒長してきました!


▼イネの成長とともに出現種数が多くなる、桜環境センター・ビオトープの田んぼ。たまに「きみは、、、だれなのかい?」と頭を悩ませつつも、出現した種は可能な限り同定し、毎日記録しています。イネとともにスタッフも成長中な、桜環境センターなのでした。

(しょうゆさし)

ecoworks at 15:17|PermalinkComments(0) 今日の工房 

2018年06月22日

【7/4開催】まっとうな「かいぼり」の話し

かいぼり写真

▼三井住友海上さんが運営する環境コミュニケーションスペース「ECOM駿河台」(東京都千代田区)において講座を開催します。内容は、生態工房がこれまで行ってきた「かいぼり」の事例紹介、水辺再生の手法や協働のメリットについてお話しします。対象は新聞を読む大人向け。
まだ定員に余裕があるようです。平日のお仕事帰りに、是非ご参加ください。

▼7月4日(水)18:30〜20:00
【ECOM駿河台でSDGsを楽しく学ぼう!・第1回】
〜池の水を抜く本当の目的とは〜 テレビでやらない「かいぼり」のはなし
▼講師:片岡友美
▼定員:24名 (事前申込制)
▼参加費:無料
▼申込方法:
件名に「7/4かいぼり講座」と明記の上、氏名・連絡先(携帯)・メールアドレス・このイベントをどこで知ったか(「生態工房HP」と記入)を書いて、以下のアドレスへ送信してください。
<ECOM駿河台> kankyokokenアットマークms-ins.com

講座案内はコチラ

(かたおか)

ecoworks at 17:38|PermalinkComments(0) お知らせ 

2018年06月21日

善福寺、モニタリング中

▼昨年度より善福寺公園で水生生物モニタリング調査を行っています。
5月〜10月は、日光浴ワナを設置して、月2回くらいの見回り。
善福寺ふろーたー
縦長の池にぽつんとフローター

日光浴ワナ確認
フローター初挑戦のスタッフ頑張ってます


作業をしていると、よく来園者の方に話しかけられます。
「何をしているんですか?」と言う質問が最も多いのですが、今年は
「今日はどう?」「前見たら、(ワナの上に)乗ってたよ!」
という内容も増えてきました。皆さん気になってチェックしてくださってる様子。
またご近所だからでしょうか、井の頭池の話題がよく上がります。

昨年の台風で地下水位が上がり、善福寺公園でも園路から水が湧き出していました。
武蔵野三大湧水池の一つである善福寺池。かつてはどんな景色だったのでしょうか。
水草はどれくらいあったのか・・・、今の池の底はどんな感じ?、この池の透明度が向上したらどんな景色になるのだろう・・・などなど、あれこれ想像しながら池に浮いています。

▼この後、日光浴ワナ以外にも魚類・エビ類の様子を探るために張網での調査も行いますよ。
その際に捕獲できた生きものを「善福寺一日水族館」イベントにて展示します。
昨年は色々な生きものが見られ、来園者の皆さんも「こういう生きものがいるんだー!」と驚かれていました。
今年は何が見られるでしょうか?お楽しみに。

*************************

一日水族館_5

モツゴ20170610_2


「善福寺公園一日水族館」

日時 7月1日(日) 10:30-15:30 雨天中止
場所 都立善福寺公園 上の池(ボート乗り場向かい)

時間内ご自由にご覧いただけます。

*************************

(やまひつじ)

ecoworks at 14:00|PermalinkComments(0) 今日の工房