2020年07月06日

【工房オリジナルグッズ】使い道色々マスキングテープ

▼ネットショップ「生態工房購買部」のサマーキャンペーン、スタッフおすすめグッズの紹介です!

わたしのおすすめグッズはこちら。

マステ_


マスキングテープ アマガエル生活史です!

このマスキングテープには、オスとメスが出会って産卵し、オタマジャクシが育ってカエルになる、といったアマガエルの一生が描かれています。
色は、「薄葡萄(紫)」と「千種鼠(緑)」の2種類あります。
やわらかなパステルカラーに優しいタッチで描かれたアマガエルたちがとても可愛らしい一品です。
アップ2
薄葡萄

アップ1
千種鼠


▼手で簡単に千切れるマスキングテープは、メモなどを貼ったり、デコレーションに使ったりと様々な用途があります。もちろん、オブジェとしてそのまま飾ってもとっても可愛い。

そんな中、最近私が活用している使い道はというと……

マステ使用例_傘
ビニール傘の持ち手に貼っています


ビニール傘って、うっかり自分の傘がどれだかわからなくなってしまった、なんてこと、良くありますよね。
目印をつけたいけれど、良い方法が思い浮かばない……人と被らないものがいい……というあなた!マスキングテープを貼ってみるのはいかがでしょうか?
テープ自体は防水というわけではないのでしばらく使っていると剥がれてきてしまうかもしれませんが、こちらのマスキングテープはなんと10メートルもありますので、心置きなく使えますね。

雨の日のお供に可愛らしいアマガエル、いかがですか?
マスキングテープ アマガエル生活史

アマガエル生活史シリーズは、マスキングテープのほかに手ぬぐいもあります♪
江戸本染め手ぬぐい アマガエル

(510)

ecoworks at 16:03|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月30日

晴れの日にはカメにも注目

▼晴れた日には、カメ類の日光浴シーンをしばしば見かけます。
井の頭池ではニホンスッポンとニホンイシガメに出会うことができます。

ニホンスッポンは大きい個体も多いので、発見率が高いような気がします。
ニホンスッポン日光浴4
迫力満点

ツツイトモが繁茂して水面に拡がっている時期は、その上で日光浴(休憩?)していることも!
まさに今の時期のみどころです。
ニホンスッポン200609

こんな風ににょっきりと首だけでていたり…?これはちょっと見つけにくいかもしれませんね。
ニホンスッポン200517
怪獣みたい

▼ニホンイシガメは、出会えたらラッキーです。と言いつつも、私自身、昨年よりも遭遇率が良いような…?先日は同時に4頭見かけた日もありました。
なかよしニホンイシガメ3
なかよし

こんな風に見つけやすいところで日光浴していることもありますが、よーく目をこらさないとわかりにくいことが多いです。晴れた日にお散歩するときには、カメの姿にも注目してみてください!
ニホンイシガメ日光浴200514
イシガメ、どこにいるかわかりますか?



ニホンスッポン幼体
「お日様やったー!」


(やまひつじ)

ecoworks at 15:25|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月24日

【工房オリジナルグッズ】アカミミガメ防除のすすめ方

70383053_2431202873666512_3299312560171384832_n

▼ネットショップ「生態工房購買部」のサマーキャンペーンとして、スタッフがひとつずつオススメ商品を紹介しています。

今日も生物多様性保全のことを考えているあなたに、わたしがオススメするこの本は、

アカミミガメ防除のすすめ方【増補改訂版】

▼アカミミガメ防除のいわゆるマニュアル本ですが、
本書の根底には、防除の思想や心構えを共有したいという思いが熱く流れています。

防除を通して地域の水辺を再生する活動を想定して、
活動の準備や運営、普及啓発活動といった、捕獲作業の周辺部分に多くのページを割いています。

もちろん、カメの捕り方や見分け方も解説。

R1195409

アカミミ防除界で話題の日光浴ワナ


P8230046

種類を間違われやすい、アカミミガメ♂


カメや防除活動にまつわる経験や豆知識が詰まった全11編のコラムもオススメです。

▼わたしはと言えば、全面改訂版の発行まで数年間、原稿をこねくりまわし続けたおかげで、かなりのページをそらんじることができるという特技が・・・防除講習会などで本書を話題にしていただけましたらば、2012年の初版本から始まって、次回の改訂版の構想までをも語り続けそうです。

さあ、本書を片手に「成功する防除」「終わりのある防除」を始めましょう!(さと)


今からはじめる
緊急対策外来種
アカミミガメ防除のすすめ方【増補改訂版】

2019年発行
A4版 95頁 一部カラー刷
目次や誌面イメージはコチラ

ecoworks at 16:14|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月23日

【掲載】井の頭池 清らかな水復活へかいぼり作戦

410fdf92

▼朝日新聞「まちの記憶」欄に井の頭池が掲載されました。

井の頭池と人との関わりの歴史から始まって、近年成果が認められているかいぼりの取組までを紹介しています。

あまり知られていないエピソードや、新しい情報も含まれていて読み応えがあります。

web版はコチラ(2020年6月23日現在)

紙面版
まちの記憶 井の頭池 東京都三鷹市
家康も愛した潤いと憩いの源
清らかな水復活へかいぼり作戦
2020年6月22日 朝日新聞

(さと)

ecoworks at 15:16|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月22日

【掲載】井の頭に「モネの池」 よみがえった自然 動植物育む

DSCN0341

▼東京新聞「TOKYO発」欄に、ツツイトモが群生する初夏の井の頭池の様子が掲載されました。

かいぼりによって池水の透明度が上昇したことや、ツツイトモの群生がさまざまな生きものの生息を支えていることが紹介されています。

カラー写真も美しいのでぜひお読みください。web版には動画もあります!(さと)

web版、動画はコチラ(2020年6月22日現在)

紙面版
井の頭に「モネの池」 よみがえった自然 動植物育む
2020年6月22日
東京新聞 TOKYO発

ecoworks at 13:17|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月21日

新作 イノカシラフラスコモのリーフレット

IMG_3077

▼井の頭池に生育している絶滅危惧種、イノカシラフラスコモを紹介するリーフレットを作成しました。

イノカシラフラスコモは、1957年に井の頭池で発見されたことからその名を冠する藻類の1種で、発見後、湧水の涸渇によって絶滅したと考えられていました。

2016年、かいぼりの干し上げによる刺激で、土中にあった胞子が発芽。59年ぶりに池底での生育が確認されるというビッグニュースになりました。

リーフレットでは、イノカシラフラスコモの貴重な画像や、こうした再発見の経緯を紹介しています。

▼井の頭池は、イノカシラフラスコモの世界最大の群生地(千葉県でも生育が確認されている)。地域の財産として、多くの人にその存在を知っていただきたいと思います。

▼現在、コロナウイルス感染防止のため、園内でのボランティア活動と普及啓発イベントが休止されているため、リーフレットの配布方法を検討中。
配布が始まったら、再度ご案内します。(さと)

*リーフレットは(公財)東京都公園協会の「都立公園事業に参加協力する都民への助成金」によって作成しました。
A4版 両面カラー 再生紙使用
発行:認定NPO法人 生態工房

ecoworks at 18:52|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月19日

水生植物の花

▼ツツイトモの花が見頃を迎えています。ツツイトモは水面まで伸長し、水上に花をつけます…が。これが一見、花だとわかりにくい!
作業中、来園者の方に「どれが花なの?」としばしば尋ねられることも。
ツツイトモ200605花
これが花です

ツツイトモ花3
アップしたものがこちら。

花の付き方で、イトモなのかツツイトモなのか、同定できるそうですよ。ボートに乗ると、近くで観察できることができます。

▼浅場では、ガマ類が花を咲かせています。
ガマ類も、花の付き方で区別することができます。
井の頭池で見られるガマ類の多くはヒメガマですが、ガマもあります。
ガマの花
こちらはガマ


これから季節がすすむにつれ、ソーセージのような穂になっていきます。冬にほわほわに弾けるのが今から楽しみです。ヒメガマとガマ、コガマの違いを楽しんでみるのもオススメです!

▼一方、イノカシラフラスコモは花や種子をつけることはなく胞子で殖えます。
池底には今年もフラスコモが見られていますよ。残念ながら水面まで伸長することはほぼないので、園路からはなかなか見られません…。ぜひ観察してみてほしいのですが、難しいのでこちらでちょこっと紹介。
イノカシラフラスコモ_池底1
ぽつぽつ光って見えるのが胞子です

この写真を思いっきり暗くしてみると…
イノカシラフラスコモ_池底1暗め
藻体や、胞子が見えますか?


ほかにも花を咲かせている水生植物がチラホラあります。
公園へ出かけた際には、ぜひ注目してみてください!
水草リーフレット
観察のお供に水草リーフレット♪


(やまひつじ)

ecoworks at 17:02|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月18日

【工房オリジナルグッズ】ポストカードセット

▼私のおすすめはこれです!
ポストカード

光が丘公園バードサンクチュアリで見られる猛禽類のポストカードセットです。
タカ三種盛り(オオタカ、ツミ、ハイタカ)またはオオタカ三態で、3枚300円です。
なんと言っても安い!お買い物にプラス1セットいかがですか?

▼この間、なかなか会えなくて気になる方へ、テレビ電話もよいですが、ハガキを出してみるのはいかがでしょうか。
そして、ハガキとして使う以外に、写真立てに入れて飾るのもおすすめです。
100円ショップでも、おしゃれな写真立てが売っているのですね。
買ってきた写真立てにどのタカが合うのか選ぶのも楽しいです。

カード1

自宅の壁の一画です。
ドライフラワーのやわらかい雰囲気と眼光鋭いオオタカの甘辛ミックス?!です。
ニホントカゲが狙われているような、、、壁にストーリーを展開することもできます。

カード2

こちらは、家の外に生えていた野草との組み合わせ。今は写真と季節がずれますが、秋になったら紅葉したツタと一緒に飾るとよいかも!
生態工房購買部には、これ以外のポストカードもあります。ちょこっとお部屋に飾ることでおうち時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

新ショップロゴ案_縁なし

(さいかつ)

ecoworks at 12:58|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

2020年06月16日

【長野 信里】田植え

▼絶滅危惧種シナイモツゴ保全のため、ため池を含む水田生態系の保全に取り組んでいます。縁あって地元の保護団体“ぽんすけ育成会”の皆さんと一緒に長野市信里地区の田んぼで米作りをしつつ、近隣のため池管理のお手伝いをさせていただいています。

▼新緑薫る5月末、田植えを行いました。
前回蒔いた種籾は立派な苗床に成長し、田植えを待つばかりです。
2020taue0
立派に育った苗

今年は一部の田んぼで、無農薬・無肥料栽培に挑戦します。せっかくなので、その田んぼでは昔ながらの手植えを行いました。
2020taue1
一直線に植える息の合った早乙女(?)たち


▼翌日は、ぽんすけ田んぼの隣りにある放棄田を掘り下げたビオトープ池の手入れ。
2020taue3
before

2020taue4
after

ガマ類がはびこっていた湿地帯がすっきりし、中央の島には橋が架けられました(画像は橋建造中)。
奥の池も、水面を一部拡げることができました。

▼無農薬・無肥料なので、手間暇かけてお米を育てていきます。次回は草刈り!
2019年産のお米、販売中です。はぜ掛け天日干しのおいしいお米です。

購買部ロゴ
購入は、ネットショップ「生態工房購買部」まで


(ます)

ecoworks at 14:30|PermalinkComments(0)
カテゴリ:

カイツブリの巣にボート除け

RIMG2167

▼井の頭池では今春、新型コロナウイルス感染拡大防止の目的で貸しボートの営業を休止していた。
それでカイツブリは好きな場所に営巣していたわけだが、抱卵途中の6月1日、ボート営業が再開されることになった。

巣にボートが接近しすぎると、親鳥が営巣放棄したり、波浪や衝突で巣が壊れてしまったりする。ボート営業が始まる前に、巣の周囲をロープで囲うことになった。

ボート規制柵20200605_P6052976
竿とロープで囲いました

IMG_2991
範囲はこのくらい(左方)


囲ってからおよそ1週間、船体がぶつかってしまったのか、竿やロープがたるんできたので手直しした。ロープが1ヶ所、鋭利な物で切られていたので結び直す。

▼ロープで囲ってから数日後、ヒナが誕生した。今は付近の水面で生活し、ときどき巣に戻っている。
休息場所として巣を利用しなくなったら、囲いを外すことにしている。

7水鳥掲示

乗船者向けの掲示


囲いの設置にご協力いただいたボート乗り場、西部公園緑地事務所工事課の方々に感謝します。
離れた場所から営巣を見守ってくださっている来園者の方々、ありがとうございます!
(さと)

ecoworks at 08:07|PermalinkComments(0)
カテゴリ: