折り返しました。その前後。(超長文)

昨日(9/5)いらした方の中でお茶の割引きがなされなかったようで、大変失礼しました。
昨日はマスター不在で申し送りが行き届かなかったようでした。
いずれ何らかのカタチで「倍返し!」にさせてください。

さらにお詫び。
何度か音が止まってる時があったようで、そのタイミングで来られた方にはせっかくの魅力が半分以下の状態で、申し訳なかったです。
機材が見えないようにうまーく隠したしつらえにしてもらったのですが、残念ながら排熱の関係で不調になっちゃって。
機材を変更したので後半は万全の環境でお楽しみいただけるかと存じます。
音なしだった!ってあなた。
是非、もう一度。オススメです。佐々木恒平オリジナル。

さて、さかのぼって折り返しちょっと前のころのこと。
和室に入ると作品の配置がガラッと変わってて。
画像1

ランダムっぽかったのから、均等な配置へ。
カフェに目をやると、カウンターの美人が振り返ってニヤリ。
友人の作家さんが楽しんでくださった。
彼女なりに音楽との調和をカタチにした、と。
あまりの変わりっぷりに面食らいつつも、しばし見つめて。聴いて。
けっこう変わるものね。空間の印象も。
で、ただ元に戻すのはつまらんので、自分なりの解釈でバランス調整を試みる。
画像1

さらに帰る前に、それをもとにアレンジ。
画像1

均等だけじゃない要素と、ちょっと立ち位置をつくる余地を増やした、というか。

そのかたちで翌日、観てもらうことにしました。
が。
開けてからずっと、考えてしまう。
なんかひっかかる。
「Tatazn」ていうコンセプトから見て、どうなのか。
和室で、座って、くつろいで。
もう少しくだけた感じ、というかぼーっとできる隙間を配置から感じてもらいたい。

で、再配置。
全く最初の配置に戻す気はなかったんで、
新たな気分で。
画像1

ちょっとランダムだったり、小グループ的だったり。
立てかけるのは、寄っかかってるような佇まい。

もちろん、いろんな受け取りかたがあるし、触ったり好きに並べかえたりを推奨してるから、どう変化しててもそれは受け容れるべきっていうのが、前提。なんだけど。
はじめて観たひとにとっては、目の前の状態に対する印象が作家の提示するイメージとして、刻まれる。
となると、できればだいたいの意図は(小移動はあっても)保持されてたほうがいいかなぁと。
だから、どうぞ自由に触ったりお好きな向きや組み合わせを楽しんでいただいて、で、そのあとなんとなく、ぼんやりとでいいので記憶をたどって戻したフリをしていただければ。

なんだか偏屈めいててすみませんが(しかも居ない時間が多いのでこんなコト云うのもどうかとは思いますが)、
引き続き、よろしくどうぞ。
画像1

雨が止んだ、と引き換えに

日曜のお昼間、けっこう途切れずにいらして。お子さん連れが多かった。
昔のおうち、珍しい?

ずっと続いてた雨が上がって、静かな午後、かと思いきや、今日はカフェのほうでシャンソン楽隊のけたたまし、否、賑やかな演奏がしばしあって。
そのスタンバイのせいか、展示室に流してる音楽(佐々木恒平さん作曲による、この展示のためのオリジナル)がかかっておらず、その時間帯に来られた方には、大変失礼いたしました。

今日も色んなご感想をいただいて。

これが好き・嫌い、ここに合う・合わない、これ作為的、これ無防備、意外とデコボコしてない、いろいろと。

それぞれがご自分の主観で伝えてくださる。参加してくださる。
それを聞かせてもらえる。さらに参加させていただく。
キャッチボール。
投げっぱなしにならないコミュニケーションが、楽しい。

それを投げかけるにも引き受けるにも双方のその時どきのココロモチが反映されてのことで。
だから膨らむときもあれば、ぶつかるときもある。
それが、いんだろな。

5日目終了。
昼のエース。
画像1

夜のエース。
画像1

あなたのエースは?

ぜひゆっくり。
カフェのドリンクを「和室で飲みます」ってご注文のときに伝えてくださったかたには、ちょっと割引きを。
これ、ブログ特典。
ぜひ。

雨の日が続きますが

雨なら雨なりに、明るさ暗さは時間帯でも当然見え方に影響します。
いつ行っても同じ状態ってサービスとは思えず。だって観る側の気分や体調もシンクロするはずで。だからタイミングの良し悪しで当たり外れがあるのは、もう仕方ないんです。
もし気になっていただけたのなら、ぜひまた。
それ以上のアレはお互いさまですんで。
ええ、ご縁で。

分かりづらいですか?

今日はポロックだの神田日勝だの色んなヒトのパクリだとか、観た途端、暗さに目が慣れるまえに「場に合ってない」とか、色々と頂戴しました。
そういえば昔、一原有徳さんのパクリとも云われたっけ。
当時不勉強な学生で、存じ上げず。
感じ方って、まさにさまざま。

ただ、足を踏み入れた瞬間の印象がお引き留めに値しなかったのは、残念でした。

それはそれで、仕方ない。
長居を強要するわけにはいかないので。

雨宿りのように、音宿りしてってもらえたらなぁ。そいでいつの間にか色々見えだしたら、って。


ハナシは変わって。
せっかく復活したブログ、めったに覗きにくるかたもいないんで、特典をささやかながら。
ギャラリー内のカフェにてお飲み物をご注文の際に、「和室でいただきます」って云ってください。
ちょっと割引きがあります。
ゆっくり音楽に包まれてってください。

てなわけで、4日目終了。
雨足が強くなってきた。
画像1
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ