せっけんノートfb
i9
『いいね!』で応援してね♪



お知らせ
海外からのスパムコメントが多くなったので、コメント入力時に画像認証を入れました。
お手数をおかけして、ゴメンナサイ

August 19, 2017

時短透明石けん?


IMG_3465



巷で言う『時短透明石けん』って、どれくらいで型入れまでできるのでしょう?
習いに行ったことがなくて、何分くらいが時短なのかわからないんですが、コレは計量から型入れまで10分。

気泡が入りまくりだし、レシピも見直さなきゃいけないけど、本来の目的に使うんだったら、これでいいかな。

本来の目的?
これ、液体石けんの素なのでした。

CP石けんが、デザインじゃなんじゃと、どんどん華やかになってるし、液体石けんもジェルじゃプルプルじゃと展開してるんだから、『液体石けんの素』だって、もーちょっと楽しくなってもいいんじゃないかなー


IMG_3475
型抜きもしてみたが。。。
こいつ、羊なのか?アルパカなのか?(笑)



コロコロにカットして瓶に詰めて、
「お湯を入れて一晩おいて、溶けたらキッチンで使ってね」
ってメッセージを付けたら、プレゼントにもなりそうだわ♪




このエントリーをはてなブックマークに追加

August 12, 2017

タマリンドでぷるんぷるん

タマリンドガムで固めた液体石けん。
泡立ちをよくするには、どうしたらいいのか?
タマリンドガムを綺麗にとかすのには、どういう手順がいいのか?
この2つが、今年の課題です。

何パターンか試して、まあいい感じになってきました。


IMG_3458
1回使ったので、イマイチ美しくないですが。。。



-覚え書き-
*ワイン色のふるんふるんせっけん*
   (「ふるふる」と「ぷるんぷるん」の間くらいの硬さ)

・液体せっけん 70ml
 (水分50%で作った液体石けんの素を、同量の水でとかしたもの)
・タマリンドガム 小さじ1/2
・ブチレングリコール 5ml
・お湯 35ml
・グリセリン 30ml


.屮船譽鵐哀螢魁璽襪肇織泪螢鵐疋ムを、よーく混ぜる。
35mlのお湯に,魏辰┐襦少しずつ、よく混ぜながら。
 全部加えたら、タマリンドガムが溶けるまで、しっかり混ぜる。
 冷めてきたら、レンジでチンか湯煎で温める。
2垢瓩娠嫗寮个韻鵑法↓△魏辰┐董△茲まぜる。
げ垢瓩織哀螢札螢鵑髻⊂しずつ加える。よく混ぜながら。
イ靴辰り混ぜたら、色材と香料を加えてさらによく混ぜて、容器に流し込む。



IMG_3453
これは、タマリンドガムを多めに



このエントリーをはてなブックマークに追加

August 07, 2017

透明石けんだって、クルッとしたい

   

IMG_3448



ガラス細工? 砂糖菓子?

いえいえ、お察しの通り、石けんです。



IMG_3451



オイルはパームカーネルのみ。
ちょびっとディスカウント気味の苛性カリ。
水分はオイルの30%
アルコールが水と同量くらい。

苛性カリで、ちょっと模索中です。


これは、ほかの石けんにトッピングで乗っけるくらいしか、使い道はないかなー


このエントリーをはてなブックマークに追加

July 10, 2017

そしてMERUへ、さらに

『台湾で買ったモノ』の続きです。

なんだかんだと買い込んで、やっと容器屋さんゾーンから抜け出したソーパー4人組。やっとMERU太原旗艦店へ向かいます。

★城乙化工原料(MERU)太原旗艦店(TAIPEI NAVI)
  http://www.taipeinavi.com/shop/360/


店内の様子は、リンク先を見ていただければわかるとおり、周りの問屋街とは全く異質な高級感あるお店でした。
精油と同じ名前でも合成のものは、ちゃんと『合成』って書いてあります。
精油は、とくに珍しいものはなかったかな。唯一、目を引く『台湾ヒノキ』は、いただきものを持ってたし。


なによりLCCの旅ゆえに受託手荷物なしですから、100ml以下しか持って帰れない。結局ここでは何も買わずに、店を後にしたのでした。

そうそう、ここでも、ストームグラスが展示してあって、キットも、販売してた。

次に行く予定だった材料店は、移転して見つからず。
後でタクシーの中から見つけたけど、時間がなく。。。その周りには、ほかにも材料店がいくつかあったようです。

次に来たときには、是非、行きたいなあ。




このエントリーをはてなブックマークに追加