せっけんノートfb
i9
『いいね!』で応援してね♪



お知らせ
海外からのスパムコメントが多くなったので、コメント入力時に画像認証を入れました。
お手数をおかけして、ゴメンナサイ

June 20, 2016

四角いシリコンモールド step-by-step

柔らかい方のシリコン(HTV-2000)が残ってたので、試しに四角いモールドを作りました。
前に作ったのは、硬い方のシリコンだったので、使い比べてみる予定。

まずは、原型を用意する。

IMG_3314
前に使ったものを使い回し
しーっかり乾燥させておくこと

これは、自作のアクリルモールドに石膏を流し込んで固めたもの。
アクリルから型を取ると、表面がつるっとしてキレイです。
ほかには、角材なんかも使えます。


クリアファイルを切って、こんな型を作ります。

IMG_3316
マスキングテープで、しっかり目止め

サイズは
縦と横は 原型+(サイドのシリコンの厚み×2)
高さは 原型+底のシリコンの厚み+α

+αは、シリコンを入れたときの上部の余裕分です。1cmもあれば十分。
厚みは10mmにしましたが、もうちょっと薄くてもいいかな。
薄い方が、できた石けんを型から出しやすいと思う。


型の真ん中に原型をセット

IMG_3315
動かないように、ボンドなどで止めましょう。



型がたわまないように、アレでがっちりブロック

IMG_3317
もちろん、木やアクリル板でもOK



ブロックのサイズに合わせて型を用意しておけばよいのですが、そんな計画性はないので。。。

IMG_3318
L字のを合わせて、角はマスキングテープで、よしとするw



あとは、シリコンのA液とB液を混合して、流し込むだけ

IMG_3319
固まるまで、数時間待つ



ほい、できあがり〜

IMG_3324


柔らかい方のシリコンでも、この状態だと、たわみはないですね。
中に石けんタネを入れたら、むちっとたわむかなー

ちなみに、硬い方のシリコンで作ったモールドは、支え不要で、ピシッと四角い石けんが作れてます♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2016

三層透明石けん

 
IMG_3307


で、まあ、いろんな方法を駆使してできたのがコレ。


IMG_3298



下の紫のは、グラデの石けんの上の方をカットしたもの。
そこにリバッチした透明石けんやら、去年の透明石けんやらを入れて、型を傾けて固めて、その上にこれまたリバッチしてオレンジ色にしたものを流し込んでます。

固まった石けんの上に溶けた石けんを流し込むときは、エタノールをシュッシュしてピタッとくっつけるのが定石だけど、あえて、そのシュッシュをいい加減にして、入った気泡を眺めてにんまり。

色が滲んで、どうなっていくかも楽しみです。


IMG_3305



上から見た、色のグラデーションも好き♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

May 16, 2016

お手軽宝石風石けん

  
IMG_3313


 
★用意するもの(できあがりサイズ5.5×5.5×4cm)
2日前くらいに作った透明石けん(A) 130g
去年作った透明石けん(B) ちょびっと (なければ、CP石けんや市販の透明石けんでも)
液状の色材 1滴
底が5.5×5.5cmの縦型モールド(耐熱、レンジOKのもの)

分量は手持ちのモールドにあわせて調節を。


Aの1/3量を1センチ角に切る。
残りのAは、ざっくり切る。
底にラップを張ったモールドに,鯣省くらい入れる。
で入れた石けんの上に、色材を1滴たらす。
Bを薄く切ったり小さく切ったものを、に入れる。
  (これが白っぽくなります)
,了弔蠅鉢△鯑れる。
モールドの上にラップを張って、レンジで10秒ずつチンする。
石けんがだいたい溶けたら、静かにレンジから取り出して、冷まして固める。
  溶け残った石けんが飛び出してたら、マドラースプーンなどでつついて押し込んでから固めるとよい。
  溶け残りや色ムラがなくならない程度に、軽くまぜても。

溶け残りはあってもOK。
それが、おもしろい表情を作りだす、と思っている。
  
2色にする場合は、上の方にも色材を1滴落とす。
  
  
P_20160514_194749
室温で徐冷中


このエントリーをはてなブックマークに追加

May 15, 2016

透明石けんのグラデーション

 
IMG_3295



型入れ前の透明石けんのタネを取り分けて、染料系の色材で着色。
片方には、エタノールを少し足してよく混ぜます。

エタノールを加えた方を、先に型に流し込み、次に、着色料だけ加えた方を1か所から静かに注ぎます。

そうすると、後から入れた方のタネが、底に沈んで広がって、2層になる。

なんでかと言うと、ここに書いたような理屈。だと、思ってる。

●比重
http://blog.livedoor.jp/ecru1/archives/52356012.htm
l

これが正解なのかどうかは、わからないけど、とりあえず、そうやって作ってます。

今回は、さらに、少しだけくるっと混ぜたら、ぼやーっとしたグラデーションになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加