せっけんノートfb
i9
『いいね!』で応援してね♪



お知らせ
海外からのスパムコメントが多くなったので、コメント入力時に画像認証を入れました。
お手数をおかけして、ゴメンナサイ

September 29, 2018

マーサスチュワートのケーキ風石けん

マーサスチュワートさんのインスタの画像にインスピレーションをもらって作りました。
(この画像ね→https://www.instagram.com/p/Bn_351qABBk/?taken-by=marthastewart
 
 
IMG_0154



作った感想:口金の選択を誤った。。。


WS000016


口金を開いてる部分が細い、上から見たとき左の図みたいに見えるもの、のほうがよかったのよね。
ローズを作る時も、こっちのほうが花びらが薄くできて良いです。

わかってたんだけど、なんか間違えてしもーた。

 
色付けは、マイカで

IMG_0153

水やオイルで溶かなくても、粉のまま振り入れてもダマにならなくて便利♪



マイカはアメリカのNurture Soapというお店のものがお気に入りです。CPで使えるかのテスト済みだし、成分表示もあるし、なにより色数が豊富で楽しい!(回し者ではありませんw)


こっちは、お道具

IMG_0151
上:口金 下:チューブ絞り



スタンディングパック入りのオイルを使ってるので、最後は縦に折りたたんでチューブ絞りで使い切ります。

口金とか、こういうツールは、eBayでリーズナブルに。
ちなみに、口金は「Piping Nozzles」だよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

July 22, 2018

見た目もイケてるリキッドソープベースを作ろうプロジェクト第2弾!?

   
いつからそんなプロジェクトになったんだ???(笑)
いまのところ年1回ペースなので、10年後くらいには、カッコいいのができてるかもしれません。。。(^^;

 
P10402791


  
切ってすぐは透明だけど、少し放置しておくと表面が半透明になってくる。
琥珀糖みたいな感じ。

これをポイポイっとお湯に放り込んで溶ける様子は、想像するだけでわくわくするなあ。
 
このピンク色は、実は青い着色料がアルカリで赤くなっちゃったもので、それが故にか、溶かしてできるリキッドソープは緑色。マジックみたいなことになります。
 
ちなみにレシピは
 パームカーネルオイル 250g
 ミリスチン酸 50g
 水 オイルの50%
 無水エタノール オイルの30%
 黄色4号、青色1号



このエントリーをはてなブックマークに追加

July 18, 2018

あの石けんを今頃作ってどーするんだ!?

お出かけの友の古いミラーレス一眼用に、単焦点レンズを買って喜んでいたのも束の間、パソコンが壊れました。
いろんなデータが吹っ飛びました。まあ、大切なものはバックアップをとってあったからよかったけど。

新しいPCはWindows10なわけで。。。
データが飛んだことより、バージョンの古いPhotoshopElementsが動かないことのほうが辛い。。。

というわけで、慣れないレンズに慣れないOS、慣れないソフトで何が何だかわからん画像になりました。。


P1040261



もともとの石けんが、ぼーっとした色合いです。
いろんな色材があるけど、結局、一番手軽なのはマイカじゃないかと思う昨今。
さわやかな感じに黄色と緑のマイカで色づけて、こまかーい羽模様に仕上げました。

あ、そうそう、メントールクリスタルを入れてます。
何年かぶりに冷蔵庫から引っ張り出して来たら、量がずいぶん減ってる気がしました。
じわじわと昇華したのか?気のせいか?

せっかく作ったメントール入りすーすー石けんですが、使えるようになるのは8月中旬。
くっそ暑くて、今すぐにでも使いたいけど、そこはぐっと我慢です。




このエントリーをはてなブックマークに追加

May 13, 2018

ネロリの島へ

瀬戸内海に浮かぶ大崎下島、またの名を「ネロリの島」
ここに来るのは2年ぶりです。
そして、前回と同じく付き合ってくれたIさん。
今回はドライバーまで買って出てくださって、感謝感謝! 


P1030927



今日は、小さな港のそばの甘夏の木で花を摘んで、その港が見えるカフェで蒸留をします。
 
 
P1030940
ネロリの島カフェ
眺望最高!
のんびり度、満点



ネロリってビターオレンジの花の精油で、ビターオレンジって日本で言う「だいだい」
島にはいろんな柑橘の木があって、今日は甘夏の花を使います。
  

P1030931
今年は花付きが悪くて、ほとんど花のない木もあるそう
  


P1030924
体験用の蒸留器
写ってないけど、ガラスのクルクルが美しいのです



蒸留中にランチのワッフルプレートをいただいて、まだ時間があったので近くの集落を散策。
ネロリの島というだけあって、民家のお庭にもレモンを発見!

P1030945



ネロリの島の蒸留体験、今年のネロリはもう終わりですがプチグレンやレモンなら、年間を通して受け付けているそうです。

★ネロリの島
https://www.hr-info.net/neroli







このエントリーをはてなブックマークに追加