せっけんノートfb
i9
『いいね!』で応援してね♪



お知らせ
海外からのスパムコメントが多くなったので、コメント入力時に画像認証を入れました。
お手数をおかけして、ゴメンナサイ

染めもの

December 13, 2015

藍と五倍子で染めたトートバッグ

IMG_3194



えらい長いこと放置してしまった(^_^;)
しかも、また染物です。
石けんは、また、こんど
(って、いつなんだ?w)


京都の田中直染料店の、『白生地ハギレ詰め放題セール』でゲットした白いコットン生地。繋ぎ合わせて表情がでるように、いろんな織りのものをチョイスしました。

裏地を付ける前の状態で、藍で青く染め、裏地を付けて完成したら、今度は五倍子で染めて木酢酸鉄で後媒染してます。


IMG_3193
色が微妙に違うんだけど、誰も気づかないかも。。。



後染め用のカタン糸は、生地と同じようにしっかり染まって、いい仕事してます。
シルク糸だと、縫い目だけツヤツヤしちゃってたのよね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 02, 2015

桜の落ち葉染め 2015

今年も、道端に落ちているのをせっせと拾って、染めました。


12189853_844744812300383_3969312975647232025_n
黄色くてもいいのに、なぜかやっぱり赤いのを拾ってしまいます


これをぐつぐつ煮て採った染液で染めます。



P_20151102_231446
左:シルクと綿の混織
右:レーヨン


レーヨンの方は、染物の先生に教えてもらった裏ワザで濃染処理してあります。

裏ワザっていうのは。。。
柔軟剤、です。

買ったまま10年近く放置してあったダウニーが、こんなところで役に立つとは。。。(笑)
ダウニーでなくても、レノアでもソフランでも、その他のブランドでも大丈夫。

桜の落ち葉は、重曹を入れてアルカリ抽出しています。
その染液を少し取って酢を加えると、色は赤みを失いオレンジ色に。
それを1時間ほど放置したあと、重曹を足すと、もとの赤みの強い色にもどりました。
(写真がなくてゴメンナサイ)

ミョウバン媒染液は酸性なので、媒染すると、色がオレンジ色に傾きます。
でも、それを染液に戻すと、またアルカリ性になって赤みが戻る。
あとは洗って、干したら、こんな色です。

暖かそうな色の右、軽い色の左。
それぞれの素材にあった色になって嬉しい♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2015

染物の季節

去年の今頃、せっせと拾っていたクサギの実。
少しだけ緑がかった綺麗な水色に染まります。

が、
がが!
なんと、先日、伐採されてしまいました。
まあ、土手になった雑木林から道路にはみ出してたから、安全のためには切っちゃったほうがいいのですが、あと1カ月待ってくれれば拾えたのになー

さて、涼しくなったら染物がしたくなります。
染料を煮出すのにガンガン火を使うので、夏にはつらいのです。

そんな気持ちを知ってか知らずか、染物の材料店でセールがあって、行ってきました。白いいろんなものが売られています。
初心者なので、失敗しても痛くない程度の価格のものを数点ゲットして、早速染めました。


IMG_3141
ザクロのストール


ザクロの実の皮で染めます。
これは材料店で求めたものを使ったけど、今度、知り合いの方からザクロをいただける予定♪
今年の冬は、いろんな黄色いものを身に着けてることでしょう(^_^;)

このストールは130g。
レッスンで習った浴比(染めるものに対する染料液の量)は40倍なので、これで約5Lの染料液を使います。
うちにある一番大きな鍋でぎりぎりの量です。

そこで、

12122916_836002849841246_39
じゃーん 30cmの寸胴鍋 20L!


ステンレスで送料込で2000円しないという破格値の鍋を見つけ、速攻でポチっと。。。 

この冬は、黄色いスカートとかはいてるかも知れません(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 12, 2015

桜の落ち葉染め

3月下旬から忙しく、雨が多かったこともあって、今年は桜を楽めなかったなぁ。
ソメイヨシノより早く咲く我が家の桜は、家をあけている間に咲いて、戻ったらすでに葉桜でした(TT)

そして、その木の下にポツンと置かれた小さなポリバケツの上には、散った花びらがこびりついてました。

ポリバケツの中身は、去年の落ち葉と水。

IMG_2827


桜の落ち葉染めには、葉を煮出して染める方法と、葉を水につけて3か月ほど発酵させた液で染める方法があります。

熱をかけずに色素を取り出すので、どんな色になるのか楽しみでしたが、思っていたほど赤くは染まらず、ちょっと残念。
でも、茶色のようなオレンジのような、いい色です。
この色だと、使うのは次の秋になるかなあ。。。

その頃には、もうちょっと生活も落ち着いているかな。

作ったシリコンモールドのことも書きたいのだけれど、なかなか、その型で石けんを作る時間がなくって。
もうちょっと待っててくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 20, 2014

落ち葉で染める

  
ゆりくまさんがFBページ『Handmade Soap くまま』で「先にコレ、集めといてくださいね! 」とおっしゃっていたのに反応して、拾ってきましたよ、コレ!
  
  
IMG_2692
桜の落ち葉

  
近所に、ひと気がなく寂しい広場があって、その一角に大きな桜の木があります。
そんな場所なので、拾い放題!わーい♪

集めたら集めたで、やってみたくなるもので。。。


IMG_26961
つくづく、カメラって難しいと思う
向かって左から、一煎目 銅媒染、二煎目 銅媒染、二煎目 アルミ媒染


不思議と、一煎目より二煎目のほうが、色が濃いです。
同じ二煎目で媒染剤を変えてみると、う〜ん、それほど差はなく、心もち銅媒染の方が赤みが強いような。。。

「どれが一番ピンク色かなぁ」と家族に聞いたところ、
「全部ベージュや」という返事が返ってきました orz

これは煮染ですが、落ち葉を水に浸けて、3か月おいた上澄み液で染める方法もあるそうで、それも仕込中。
春が楽しみ♪



このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 18, 2014

草木染の続き〜身近な素材で〜

最近、染め物ばっかりしていて、石けんは作ってないです(^_^;)
石けんは、まだまだ在庫があるしね。

染料店で手に入る植物染料には、発色のよいものが多いです。
または、堅牢性が高いとか、下地になるような特殊な働きがあるものとか。

でも、ここの数日は、身近なもので染めています。
たとえばこれ

IMG_2665
右にあるのは、染める前の生地


石けんを作っている人なら、一度は使ったことがあるであろうシコンで染めました。

ご存じのとおり、シコンの色素は脂溶性。
染めるためには水に溶かさなくてはいけないので、少々の工夫が必要です。
エタノールに漬けておいて、エタノールごと水に入れて煮ます。
煮ると言っても、70℃を超えると色が変化してしまうので、低温でじっくり。

それでも、こんなにうっすらとしか染まらない。
シコンで紫色にするには、まだまだ修行が足りません。


そしてこれは、拾ったドングリで染めたもの。

IMG_2673


染液で煮て、媒染して、もう一度染液で煮て、洗って、干して乾かして。
それを3回くりかえして、やっとこの色になりました。

(『媒染』というのは、色を定着させるための工程です)


この淡い水色はクサギの色。

IMG_2679


クサギは、臭い木、臭木と書きます。


P1010206


こんな実です。
近所でこれを見つけた時は大喜びしましたが、生えていたのは柵の向こうの雑木林。だれも見向きもしないとは言え、だれか(市か公団)の土地にあるので、勝手に取るわけにはいかず、雨風で道路に落ちたものを拾ってきました。


IMG_2681


枝の分岐のところが弱いらしく、南天のように枝がポキッと折れて道路に落ちています。枯れた枝と熟した実だけになっているからか、幸い、臭くありません。

拾える量が限られているので、色はとことん煮出します。
水を変えながら煮たら、さすがに4回目には、ほとんど色が出なくなりました。
3回分の煮出した液を合わせて、先に媒染した生地を煮て一晩おくと、色素は生地に吸収されて、液はほぼ透明に。

洗っても色落ちせず、無駄のない優秀な染め上がりです。あとは、退色しないことを祈るのみ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 02, 2014

草木染めの日々

今年は、色について学ぶ機会が何度かありました。

春に受講したゆりくまさんのフィトピグメント講座や、秋には、湯川先生のカラーズクリエイト講座。

で、カラーズクリエイト講座の翌日に京都の染料屋さんに行って、失敗しても落ち込まないお値段のショールと、前から欲しかった媒染剤を手に入れてからは、せっせと染物をしています。

最初に染めたのが、これ

IMG_2647
増えすぎて剪定してドライにしてあったオレガノ染め


染まりにくいと言われる綿も、豆乳で下処理をして媒染に銅を使うと、こんな色に染まったのですよ。

これに気を良くして次に、

IMG_2652
買ったものの3年も放置していたジュニパーベリー染め


これは、みょうばんを媒染剤に使ったアルミ媒染。
まっくろけの実で、こんな黄色に染まるとは!

ここで、ふたたび染料屋さんに走り、ストールを買い足し、染料になる木もゲット。

IMG_2657
蘇芳(スオウ)という赤い木で染めた


3作目にして、グラデーションに挑戦。
半分はアルミ媒染、半分は錫媒染です。

道端に生えてる雑草や、街路樹の落ち葉までも、お宝に思える毎日です(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ecru1 at 01:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)