革命日誌 ~農大探検部部室より~

東京農大農友会探検部のブログです。 質問・問い合わせについては直接、 探検部部室03-3420-1108までお願いします。 HPもみてください。http://nodaitanken.wix.com/ectua2013

今年も収穫祭やります!!

我らが農大探検部も収穫祭の模擬店を出店します!
豚汁を収穫祭1期間中1月2日から4日全日、豚の丸焼きを3日と4日の2日間提供します。場所は地図にある正門側のアカデミアセンター裏です!
丸焼きの豚は農大の農場で育った抗生物質不使用の豚を使います。
是非ともご賞味ください!!

PA300181模擬地図_LI

ゴンちゃん、洞窟ゼミを受ける~INちょうちん穴~

 日時 2018年8月5日
 
 場所 東京都西多摩郡奥多摩町 ちょうちん穴
 
 目的 洞窟について、初歩的な事柄を学び、これから活動する
     にあたり知見を広げられるようにする。
   測量器具の使い方を知り実践する。

 隊員 奥沢さん、塚本さん、権太、安田、平間 
 
 行動記録
 8:25奥多摩駅集合(活動開始)→8:45川乗橋バス停→9:20林道終点、入洞準備→10:00入洞 →11:45一本(連結部直後)→12:00洞窟ゼミ開始→13:00洞窟ゼミ終了→13:55出洞→14:30川遊び →15:20出発→15:50川乗橋バス停→16:27バス乗車→16:44奥多摩駅(活動終了)


こんにちは!

ゴンちゃんです☆
※今回はおニューの度付きグラサン着用のご機嫌なゴンちゃん

今回、奥沢さんの発案により洞窟ゼミをちょうちん穴にて行いました。
初めての洞窟活動に少し不安げな平間に第一洞の穴を見つけさせてさっそく入洞。

まずはハート型の岩で一回生3人で仲良く撮影。
1533962425985


ここで二次生成物についての説明を聞いた後、もときたところを
たどり、支洞に入って二次生成物を確認。


かわいいサイズではありましたが、石筍などいくつかの生成物が
バランス良く並んでいてとってもかわいい!


続いて連結部へ。



(写真左から権太、安田、平間)



あと少しでぬけられるところで安田がつっかかり、なかなか進まない。


だんだん寒くなり、お腹も空いてきたころで安田がやっと通った。

前回よりも時間をかけて安田が通った後はスムーズにぬけました。

連結部を抜けたところで休憩。

休憩中は、百均で買ったエマージェンシーシートに各自でくるまれていました。

しかし、平間のシートからはなぜか異臭が...。

那珂川で水没したシートを使っていたらしくとにかく臭い。

アルミもかなり剥がれており、臭いため平間は何も巻かずに休憩。
     
しばらくして私がスニッカーズを食べていると、なぜか塚本さんに笑われました。

どうしてだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
                       1533962443940
(スニッカーズを食べる権太)  

さすがに今回はジャガイモを持ってこなかった安田くん。

ただ、7個入りのどら焼き(98円)を食べきれず、最後の一つは私と平間で分けて食べました。

その後約一時間、洞窟についてのお話を聞きました。

その間、奥沢さんと私以外はシートをしないで聞いており、かなり寒そうでした。

加えて、眠そうでした。寒くて眠いって大丈夫なのでしょうか...。

後半の説明は測量器具について。

初めて使う測量器具はわくわくしました。

そうこうしている内にかなり寒くなり、出洞することに。

出口が近づくにつれ、だんだんと外界の灼熱を感じられるようになっていきました。

出洞後、みんなで写真を一枚。

その後、少々時間を取って川遊びをしました。

次回の洞窟活動は別のところへ行ってみたいです。                    
                                                       
       

1533962449533
(写真左から奥沢さん、権太、平間、
安田、塚本さん)


ゴンちゃんと仲間たち

ゴンちゃんの初めての川下り


P7210056











   アルパカラフトに乗る1年生2人

 日時 2018年7月20日~22日
 
 場所 栃木県那須烏山市 那珂川
 
 目的 川活動を知ってもらう、航行技術の向上。

 隊員 青木さん、吹上さん、塚本さん、権太、安田、平間 
 
 行動記録 20日 21:30烏山駅→22:00烏山大橋[活動開始]→23:45就寝
        21日 5:55起床→6:10朝食→6:45練習開始→8:15練習終了
            8:35航行開始→10:10一本→11:00練習→12:20終了
            13:30一本→16:15テン場着→19:40夕食→就寝
        22日 4:32起床→4:50朝食→5:50出発→8:25一本
            11:10一本屋→12:30航行終了[活動終了]

こんにちは!

ゴンちゃんです☆

2回チンしたら、おチン〇ン!!(ゴンちゃん考案)をモットーに那珂川を下ってきました。
※チンとは「沈」の読みです。

金曜の夜出発で翌日の朝から航行開始の予定です。

せっかくPASMOにチャージしたのに現金払いしかなくゴタゴタしながら

烏山駅に到着しました。そこから重いボートを背負いながら30分ほど

歩き、烏山大橋に到着。そこから川岸近くまで降り野宿のつもりが

なかなか降りる道が見つからず1時間近く彷徨い、やっと橋の下で就寝。

朝食は札幌塩ラーメン!新歓合宿の棒ラーメンの何倍も美味い!

食べ終わったらボートを膨らませます。いったん荷物は載せずトロ場で

基礎練習、自分も川活動初めてだったので青木さんに教えてもらいました。

P7210024









1時間ぐらい練習したところで荷物を積み、いざ流れのある場所へ!!

P7210079










瀬のざぶざぶがとても気持ちいいです。

そのまましばらく下っていき途中休憩もしながら再乗艇するのにいい場所が

あったのでボートを1回ひっくり返して自分も川に落ちてから

もう一度ボートに乗りなおす再乗艇の練習をしました。

これが水の中で踏ん張ることができ無いのでひっくり返すのも

乗りあがるのもかなり大変でした...そこから人だけ流された時のための

スローロープの練習。1時間半近くやり航行再開。

P7210083
その先、川の流れは弱く漕いでも漕いでもなかなか進めませんでした。

私は途中で、暑さで体調を崩してしました。

荷物となった私以外は漕ぎ続けて、気がづけば16時をまわってました。

予定より手前ではありましたが、最も近い橋の下にテン場をたてました。

自分のザックをボートから降ろすと水を含んでいてとても重くなっていま

した。中身が濡れていないかチェックすると、、、

中から出てきたのはウォータータンクと化した防水袋と水没した道具の

数々。そこには川の臭いが染みつき、電源のつかないスマートフォンの

姿も、、、

私の悲愴を尻目に吹上先輩と安田が買出し作業へ移ろうとした矢先、

二人の心優しい釣り師二人が、我々が買い出しでおかずの材料を買おうとしていることを知るや

一人の車に吹上先輩と安田の二名を乗せ、おかずの材料が買えるスーパーまで送り迎えまでしてくださいました。

その日の晩はカレー。メンツ洗い用のペーパーはスマートフォンとともに水没していたので、川で洗い流しました。

P7210073








翌朝。


昨日の遅れを取り戻そうと6時前には出発。

前日より川の流れがあり、ぐんぐん進めることができて嬉しかったです。

9時前にテン場として予定していた橋に到着&休憩。
                                               (夏バテ中のゴンちゃん)
そのころから強い日差しが照りつけ始めました。

そうして漕ぎ続けた我々は、途中でゴール地点の水戸まで行くのは時間的にも、

炎天下での体調的にも考えて現実的でないとの判断を下し、お昼頃には活動を終了しました。

それから6km先の静駅まで歩いて行き、活動を終了しました。

ゴンちゃんと愉快な仲間たち


P7220163

P7220166











(上:航行途中で堰に突入!!)
(左:堰を無事下り終えた後の安田くん)

ちょうちん穴 ~一年初めての洞窟~


日時 2018年6月16日
 
 場所 東京都西多摩郡奥多摩町 ちょうちん穴
 
 目的 一年に洞窟活動を知ってもらう

 隊員 玉本さん、塚本さん、権太、安田
 
 行動記録 9:47奥多摩駅集合[活動開始]→9:35バス乗車→9:49川乗橋バス停下車→10:14林道終点、入洞準備 10:45入洞→12:40最奥部、一本→12:44一本終了→13:35出洞→14:20出発→14:40川乗橋バス停 15:14奥多摩駅[活動終了]


活動にカメラを持って行かなかったため写真が一切ないです.....ごめんなさい。

バス停に着いたら直ぐそばから出ている林道を歩いていきます。

坂道ですが荷物が少ないのでとても楽です!20分ほど歩いて

穴の近くに到着したので入洞準備をして、いざ入洞!!

まず、入口探しからです。それらしき穴に顔を突っ込んで僅かな

風を感じます。風があればつながってることが多いらしいです。

見つけた入口の小ささに驚きながら中に入っていきます。

中は外が熱かっただけにひんやりして気持ちいい!

しばらく進むと真上に登ってからうつ伏せで滑り台のように滑り降りる場所があり安田が少し苦戦していました。

最奥部手前の狭洞部に差し掛かりクライマックス!

匍匐前進で平たいすきまを4,5メートル進みます。またしても身体の大きい安田が苦戦します....

抜けたらすぐに最奥部です。そこで各自持ってきた行動食を食べながら休憩です。

変わり者で貧乏な安田君は火を通しただけのまるごとジャガイモをもってきていました。みんなドン引き

後は引き返すだけです。途中でコウモリのコロニーに出会い糞のにおい我慢しつつコウモリを近くで見ることもできました。

最奥部から一時間ほどで出洞。

はまったらどうしようとか不安もありましたが初めての洞窟活動は新鮮ですぐに時間が経ってしまいました!

夏休みにはほかの洞窟の計画もあるので待ちきれないです!!

富士山に雪訓行ってきたど~

富士山に雪上訓練に行ってきました。寒かったがとても楽しかった。冬の富士山は他の季節と比べて一段と綺麗ですね。
IMG_5751

 日時 2017年12月8~10日
 
 場所 静岡県御殿場市富士山太郎坊から五合目付近
 
 目的 雪上訓練・雪山におけるザイルワーク講習

 隊員 波多腰さん、青木さん、玉本さん、塚本さん  大山 奥沢 毛部川 安田
 
 行動記録
   8日 部室→23:41JR御殿場駅
   9日 4:40起床→5:04タクシー乗車→5:43トンネル付近→7:18BC.設営→13:00雪上訓練開始→14:30訓練終了→15:20BC.→17:40夕食→23:00就寝
 10日 4:00起床→6:00朝食→7:00出発→12:00訓練開始→13:20訓練終了→14:00雪崩捜索訓練→15:00訓練終了→15:50BC.→16:20撤収→17:10御殿場駅 
 
 一日目
 やはり荷物の多い時は電車に乗るべきで無いと改めて思った。
 ヘルメットをかぶりながら電車に乗っていたので周りの人はとてつもなく怪しんだに違いない。
 いつ何が起こるか分からないからね!!(ザックに入らなかった。)
IMG_5713[1]

(撮影 毛部川)
 二日目
 早朝からタクシーに乗り新五合目太郎坊を目指した。タクシーが路面凍結により止まって少し歩いた。入山準備をしていたら後続の隊員たちがタクシーに乗ってそこまで来たのだ。まぁ、景色のいい中歩けたので良しとする。
IMG_5752
(集合写真)


天気はすごくよかった。けれど雪上訓練をできるポイントのアプローチが少し遠くて一日目はあまり訓練に時間をとることができなかった。
IMG_5750
(道中)

IMG_5755
  (道中) 
夜ご飯は実に美味しい焼き肉(野菜炒め)であった。

 三日目
 朝早く起きて朝食の支度。外に出たら星がきれいだった。明るくなってくると富士山が今日もきれいに見えていたのでテンションがとても高まった。
IMG_5753
(出発の写真)
訓練の内容としてはアイゼンを履いているときの歩行練習、ピッケルワークの確認、ビバーク体験、スタンディングアックスビレイ、ビーコンを用いた雪崩捜索訓練を行った。どれも重要なことなのでとても勉強になった。
IMG_5761
(富士山斜面)
IMG_5762
(雪崩捜索訓練中)

今回の活動で得た技術をこれから始まる雪山シーズンにつなげていきたい。

SOUTH ALPS Longitudinal

大学と探検部の両立は無理だ、と言われ1週間休んで南アルプスを縦走してきた。
部のしきたりにより南アルプスでは、朝昼晩と休憩毎に宇多田ヒカルの道を歌うことが義務付けられている。なかなかつらいものとなった。

隊員
3年 波多腰耕弥
1年 毛部川風

企画理由
中国雲南省に探検部で行ったとき、道路ばかり歩いて舗装路に飽き飽きしたことがきっかけ、山を歩きたくなったことが理由
概念図と記録(太線を辿った)
概念図&記録













45KGのザックは背負ってしまえばいいものの、背負うまでがしんどすぎて休憩で下ろすのも億劫だった...
2KGくらい軽くてもあんま変わんないよ、ということの積み重なりによって2週間の山行で45KGになったのだが、重くてもいいから美味しいものを沢山食べたいという思いで行ってお陰で朝昼晩どれも最高だった。
お昼はお弁当を作って食べた。
本当は、おでん・筑前煮・肉じゃがも食べたかったのだが、先輩の理解が足りず実現出来たのは肉じゃがだけだった。肉じゃがの味付けで鍋にしてみたのだが案外行けるものに成ったのでオススメ。

じゃがいも、人参、ごぼう、レンコン、きのこ・・・など日持ちの良い物中心でカレー、シチュー、ポトフ、豚汁、肉じゃが、鍋を模索中。

山行
前半ずっと晴天で本当に天気に恵まれ、稜線が気持ちよすぎて感動の連続だった。
最後3日間は雨と濃い霧で、登っていて楽しい瞬間が一回もなかったので辛かったけど、雨のせいでよけいに南アルプスが自然豊かに見え、そこまで悪いものではなかった。だろう、レインコートと靴が防水してくれていれば...
本当にペースも天候もベストになったと思う。

貼り合わせ












食料やパッキングなどの反省点が見つかったので、改善してこれからの山に望みたい。
とうとう冬山のシーズンだす。
あんなに寒そうで辛そうな環境に行く意味は心底理解しがたいが、とにかく一回行ってみたい!

~海の日だけど御嶽へ川下り~

7月17日 海の日に今年度3回目の御嶽へ川下りに行ってきました!「行楽日和」というに相応しい快晴でした。
日程 7月17日
隊員 青木さん 吹上さん 西さん 山口 安田
船種 グラブナー アウトサイド
   トムキャット タンデム
   アルパカラフト

行動記録
17日
7:00 泳ぎ練
9:00 出航
11:35 一本
12:50 ガサガサ(追い込み漁)
14:10 釜の淵公園
P7170172










今回も一年生は前で馬力になり、上級生は後ろで舵取りをしていただきました。途中、ペアを交代しながら下りました。釣り人、ファミリーやおちゃらけた大学生を横目にボートをひたすら漕ぎ続けていました。活動中だけど、すっかり行楽気分になってしまいます。所々で「頑張てー!」と声をかけられ少し恥ずかしかったです。だけど、声かけてくだっさた方々ありがとうございました!

P7170179




P7170182















猛暑や乾梅雨がこの時期ありましたが、水量はそれほど少なくなかったです。なのでスイスイ下ることができました。このペースだと12:30くらいにはゴールできそうです。

P7170193_Moment







途中で天塩川活動の食料調達の練習ということで追い込み漁をしました。写真からみて分かるように水深も膝下くらいだったので走りやすいです。魚の群れも見られ「これ獲れるんじゃないか?」と思い、
5人で力を合わせ、頑張りました!
5_Moment







結果は、、、
P7170194_Moment







なんもいない。。。 残念↷ こんな感じで1時間弱やったのですが1匹も取れませんでした。

P7170176









今回の御嶽は本当に気持ちよく川下りができました。私は2回とも前でがむしゃらに漕いでいただけなので、次回は舵取りを練習し航行技術を向上していきたいと思います。