EDの概要

EDとは

勃起不全(Erectile Dysfunction)の略。男性の性機能障害の一種で、勃起しない、または維持できないために満足に性行為が行えない状態。 勃起機能障害、勃起障害、または陰萎、性的不能などと呼ばれることもありますが、現在はEDと呼ぶのが一般的です。 現状、このEDで悩んでいる人はかなりの数がいます。聞いたことがある名前かと思いますが、バイアグラの登場によって、治療方法は 投薬に寄る治療に変化をしました。現在は医薬品として、バイアグラ、レビトラ、シアリスが日本では許可されていますが、他にも様々なものが存在します。

EDについて、まずは自己診断をしてみることをオススメします。通常国際勃起能スコアIIEF5によって自己診断をすることが出来ます。 簡単な問診形式となっているものですが、この診断によって勃起不全であるのかどうかを自覚することが出来ます。

EDかもしれないと思ったらまず一番最初に心配されるのが、もう治らないのかどうかということですが、治療法はあります。 若いうちにEDと思われる場合は心因的なものが主になることが多くなりますので、カウンセリングなどを受けて見るというのも良いでしょう。 高年齢になるとテステロンの合成が現象し、精巣にも若干の萎縮が認められるようになります。投薬、または手術によって改善を行う事が出来ます。 以前まではEDというものに関してはあまり取りざたされることがありませんでしたが、現在は高齢化によって高年齢でも性行為を楽しみたいという声からEDの症状を訴える方が増えているようです。

前立腺とEDの関係性


ED(勃起不全)の原因は、大きくわけて2つに分類されます。
仕事の悩み家庭の悩み、恋愛の悩みなどストレスが原因になる「心因性」。
病気など身体そのものに原因がある「器質性」。
この2つです。 

「器質性」には、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が大きく影響していることが近年の研究で科学的に証明されました。
いずれも、ペニスが勃起するのに重要な血流を妨げて動脈硬化を招くことが原因だからです。

また、直腸や膀胱、前立腺といった骨盤内にある臓器への外科手術によって、勃起に関係する神経が傷いたり、切除されたりすることが原因となる場合もあります。
骨盤内の臓器でも、特に前立腺の近くには勃起に大きく関係する神経が通っているので、手術は慎重に行われます。男性特有の前立腺は生殖活動に関係する大切な器官なんです。
しかし、その役目を終えると肥大して尿道を圧迫し、さまざまな障害を招くことがあります。ときには、EDを引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

血管を拡張させ血流を促進させて勃起を促すのがED治療薬です。
おすすめのED治療薬はコチラ⇒バイデナEX 
おすすめ精力剤三点
NYC-キャンディータイプの精力剤-
NYC
キャンディタイプで見た目にも目立たず意識せずに食べることが出来るので初めて精力剤を試してみるという方でも抵抗が少ないと思います。
超金龍
超金龍
副作用の少ないと言われる漢方の中で無類の勃起作用があります。
威哥王
威哥王
バイアグラをはるかに凌ぐパワーがあると言われている漢方精力剤です。動物性生薬、オットセイの性器部などのカロペプタイドの働きによって勃起を促します。
  • ライブドアブログ