2008の愛知のアースデイ(4/22)前後の情報

2008年06月04日

アースデイあいちneted_aichi_net at 14:11│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月30日

アースデイ愛知2008に参加してきた 宮永正義 2008/04/30

名古屋市の中心部で開かれた「アースデイあいち2008」に参加した。百均やフリマ、物々交換市など50もの店が出て、普段着の老若男女で終日賑わった。

http://www.news.janjan.jp/area/0804/0804275921/1.php

 4月27日朝から名古屋市中区矢場町の若宮広場・カラクリ時計周辺で「アースデイあいち2008」が開催された。名古屋の人権、平和、労働問題関連の様々な市民グループと「反貧困名古屋ネットワーク」が手を結び、「LOVE&ビンボー春祭り」をキャッチコピーに、快晴の青空のもと盛大に開かれた。

宮永正義A(写真A)古着、装身具、靴やカバン、似顔絵描きなど様々な出店も並び、ごく普通の市民が参加されていた。

 連休最初の日曜日、庶民の町・大須に近い高架下の広場で開かれた「お祭り」には出店数およそ50の「だいたい100円均一」フリーマーケットや物々交換市、歌に踊りに絶叫・詩の朗読会、労働相談に生活保護・法律相談などのコーナーも用意され、近場で楽しもうと訪れた普段着の老若男女で終日賑わっていた。

 笹島日雇労働組合などのメンバーが用意した昼の炊き出し120食もまたたくまに配食し、暖かく明るい日差しの下に、まず「いま食べるものがある幸せ」を喜ぶ笑顔がならんだ。午後3時半すぎからは都心に暮らすホームレスの方々や支援者の皆さん、共催の市民団体関係者らが名古屋で一番の繁華街を一周する、あっけらかんと明るいデモ行進も繰り広げた。

宮永正義B(写真B)会場の一角で「炊き出し」も行われた。一般市民には少し違和感があるかも…。でも、こんな現実も直視してほしい。
 「おれたちみんなビンボーだ!」「ビンボー人集まれ!」「ビンボーだって生きている!」「胸を張って生きる権利がおれたちにだってある!」と太鼓やシンバルを鳴らし、失うものがないギリギリの境遇が紡ぎだす、こころの叫びの声を挙げていた。

 主催者の1人、歯科医の鈴木成和氏がこの催しの趣旨を説明してくれた。

 「反貧困とか反戦とか、イメージが強すぎるテーマの活動だと、そのネーミングだけで一般の人たちが引いてしまう。活動の輪を広げるには、なるべく軟らかいイメージのお祭りにして裾野を広げようと、企画しました。できるだけ多くの人たちに来てもらえるように、フリーマーケットやボランティアバンドや漫談など、手作りで親しみやすい雰囲気の集会を目指しました」

 アイヌの方のブースもあり、JanJanでお馴染みの「元気溢れる」Esaman(「かわうそ」の意味)氏と話をすることもできました。金をかけず仲間とわいわい談笑しながら、それとなく貧困問題も視野に入るという庶民の催しでした。世の中、上見りゃきりなし、下見りゃきりなし。ほんとそうなんですが……。問題の根は深いです。

宮永正義C(写真C)120食分、すべて配った今日の炊き出しの1人分。その日食べるだけでさえ困難な人たちがいるのも大都会の現実。生きるってタイヘンだ!


アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008

Esaman2008/04/30

2006年のアースデイは長い時間をかけて準備しました。大きな成果を残しました。ただ、万博協会や企業のテコいれへの対応の違いなど、いろいろな問題もありました。結果として、2007年は大規模イベントを志向する人たちが久屋大通公園で東京のような大きなイベントとしてのアースデイを、万博はもういいや、という人たちが名城公園で物々交換市を開催、というように2つの会場にわかれて開催されました。
愛知 環境 NA_テーマ2

紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | <center>フリーマーケット会場の様子。
</center>
フリーマーケット会場の様子。
目次
P1.アースデイが分裂? 愛知県に2つのアースデイ
・『増殖』した2008年のアースデイ
P2.久屋大通り公園のアースデイで、LOVE&ビンボー大作戦が展開される
・アーティスト、神野文彦さんによるライブペインティング
・『地球環境について行動する日』であるアースデイ


アースデイが分裂? 愛知県に2つのアースデイ
 愛知ではアースデイは、2004年から開催されています。それ以前にもアースデイが開催されていたようですが、毎年開催されていて、人のつながりがある程度継続されている、という意味では、いまの流れは2004年から始まっているのですが、人や立場によって違うようです。

アースデイの提唱者・デニス・ヘイズ氏へのインタビュー
増殖中!? アースデイ愛知2008について
アースデイ愛知 2007
アースデイ愛知 2006
アースデイ愛知 2005@EXPO
アースデイピクニック 2004@鶴舞公園

紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | <center>LOVE&ビンボー大作戦のブース。確かに自転車の通路が目前にあって会場から遮断されている。</center>
LOVE&ビンボー大作戦のブース。確かに自転車の通路が目前にあって会場から遮断されている。
 たとえば、万博協会や企業は、2005年の万博が残したソフト面としての成果として、愛知にアースデイ運動を起こした、という宣伝をしていますし、2005年に万博会場に2004年の関係者を招いてアースデイを開催した万博協会には、そのような意図があったようですが、これは事実とは異なります。愛知県の大企業が大規模イベントとしてのアースデイにイメージアップ戦略やビジネスとしての興味をもった年、という意味では2005年は始まりかもしれません。また、万博後の2006年におこなわれたアースデイは、万博に反対、あるいは継承しなくても良いという人たちと、万博に賛成、万博を継承しようという人たちが協力して、とても大きな労力をかけて、かなり大きなイベントになったことから、2006年から参加した人も多く、それを出発点と感じる人はすくなくないようです。

 2006年のアースデイはかなりの人数の人たちが参加して、長い時間をかけて準備したもので、大変ではあったが大きな成果を残しました。万博協会や企業のテコいれへの対応の違いなど、いろいろな問題もありました。その結果として、2007年は大規模イベントを志向する、どちらかというと万博が好きな人たちが久屋大通公園で東京のような大きなイベントとしてのアースデイを、小さなことを大切に、万博はもういいや、という人たちが名城公園で物々交換市を開催、というように2つの会場にわかれて開催されました。

 このようにな経緯をみていると、もともと地域で開催されていたアースデイを、万博のソフト面の成果として取り込もうとしたことによって、見事に分裂してしまっていると、捉えることも可能です。

『増殖』した2008年のアースデイ
 このような経緯があり、2008年のアースデイの開催は非常に危ぶまれていました。2004年からアースデイを開催している人たちの間では、アースデイは毎年実行委員会を組んで、通年の事務局をおかないことになっています。これは、アースデイは4月21日前後におこなわれるイベントの総称であり、実態としては記念日に近いものなので、どこかがアースデイの『元締め』になるのはよくないことであるという考えによります。2004年の時点で、来年に控える万博が、もともと万博に賛成の人も、反対の人も、いろいろと話し合いながら一緒に参加している愛知のアースデイを分裂させる恐れがあること、また、万博に関連した部署が愛知のアースデイの事務局になるという最悪の事態を避けるために、毎年実行委員会は解散して、相互のネットワークを維持することを通年の課題にしたためです。

アースデイあいちnetとは?

紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | LOVE&ビンボーの寄せがき。『アースデイあいち2008LOVE&ビンボー大作戦』『愛と貧窮の大行進』の文字がみえる。
LOVE&ビンボーの寄せがき。『アースデイあいち2008LOVE&ビンボー大作戦』『愛と貧窮の大行進』の文字がみえる。
 2005年、2006年、2007年と、このネットワークが活用されてアースデイの準備の呼びかけがおこなわれましたが、2007年の分裂の余波でしょうか? 呼びかけはおこなわれず、どこで誰が準備をしているのか、どうすれば実行委員会に参加できるのか、ということが不透明なまま、4月を迎えました。そうして、万博のような大きなイベントを無理してつくるのはどうか? と考える人たちが反貧困ネットワークと協働して形成した『LOVE&ビンボー春祭り、アーズテイあいち2008(スローガン・環境と貧困は地球規模の大問題!! このままの世界はイヤン!! 会場・若宮大通公園)』と、大学生が企業などに呼びかけて作った『すべてのいのちがつながるひ、アースデイ2008)(スローガン・これから先もずっと一緒、おしゃれこで、楽しく生きる 会場・久屋大通公園)』の2つが、開催間近になってから、お互いの存在に気がついて、大混乱がおきる、という一幕もありました。

 とくに、過去に愛知にアースデイがあったことを、意図的にか、よく知らされていなかった、学生の実行委員の人たちは、相当な混乱が発生していたようです。久屋大通公園のアースデイは、ホームページが直前になっても公開されていなかったり、問い合わせをしても反応がないなど、かなり大変であったようです。そこで、久屋大通公園のアースデイと若宮大通公園のアースデイの実行委員が相談して、お互いのアースデイは設立経緯が違うだけで別のものではあるが、お互いに、なんらかの原因で、存在自体を全くしらなかっただけで『分裂』しているわけではないので、できることは協力しましょう。これは『分裂』ではなくて『増殖』と考えるのがふさわしいでしょう、ということを確認して、アースデイ当日を迎えました。

 また、2つのアースデイの連携のために、急遽、19日20日の久屋大通り会場にLOVE&ビンボー春祭りの企画を出店して、27日の若宮大通公園で使用する横断幕を作成して、みなさんで寄せ書きをしてもらうことになりました。『分裂』というのは、もともとひとつであったものが2つにわかれることをいうので、今回の出来事を『増殖』ととらえる姿勢は、いい得て妙です。
 
紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | 4/27の大行進で使用する秘密兵器『ねこなまず』を作成中。
4/27の大行進で使用する秘密兵器『ねこなまず』を作成中。
 紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | 広告代理店エリア。一日中ワークショッブかゲームのようなものをしていた。
広告代理店エリア。一日中ワークショッブかゲームのようなものをしていた。
紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | 学生実行委員会エリアにあるステージ。やや閑散としている。
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

学生実行委員会エリアにあるステージ。やや閑散としている。

紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | <center>学生実行委員会エリア。</center>

学生実行委員会エリア。
紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | ステージでのバンド演奏。徹夜の疲れが出たのでしょうか? 急遽飛び入りでイベントを取り仕切った『まつりチーム』スタッフが寝ています。
   
 
ステージでのバンド演奏。徹夜の疲れが出たのでしょうか? 急遽飛び入りでイベントを取り仕切った『まつりチーム』スタッフが寝ています。
紆余曲折の末に開催されたアースデイ愛知2008 | まつりチームのエリア。テントをつなぐカラフルな小旗がチベット寺院のような感じを出している。
まつりチームのエリア。テントをつなぐカラフルな小旗がチベット寺院のような感じを出している。
 
久屋大通り公園のアースデイで、LOVE&ビンボー大作戦が展開される
 4月19日、20日の両日、名古屋の中心部、栄にある久屋大通公園で『すべてのいのちがつながるひ、アースデイ2008〜これから先もずっと一緒、おしゃれこで、楽しく生きる〜』が開催されました。

 会場はおおきく3つのエリアに分かれています。ひとつは一番南のエリアでフリマーケットの会場となっています。真ん中のエリアは学生が多く出店する場所で、ステージがあります。北側のエリア、名古屋の中心部に近いほうの場所は『まつりチーム』の有志のみなさんのエリアです。『まつりチーム』とは、学生主体の実行委員で開催があやうくなっていたのをみて、直前になって急遽参加することになった社会人中心の人たちです。

 もうひとつのアースデイである、LOVE&ビンボーのスペースは、当初学生エリアにあったのですが、すぐに『まつりチーム』のエリアに移動したとのことでした。LOVE&ビンボーのスタッフによると、主催者側の不手際のために、、LOVE&ビンボーのライブペインティングの場所は、会場を隔てる形で、自転車試乗のコースが設置されていて、非常に困ったとの事でした。『今回の学生の実行委員は事態を把握していない人がおおい。また急遽参加することになった『まつりチーム』の代表者は好意的なので、この配置は主催者側の悪意によるものではなく、単純に不手際によるものと思う』とのことでした。

 真ん中の学生エリアには、電動補助自転車試乗コーナー、マイ箸コーナー、廃材から作った雑貨の販売などが行われていました。『アラウくん』という、食器洗浄車がきていて、会場で使われているリユースカップを洗浄していました。この機会は、1時間に200個のリユースカップを洗浄する能力があるもので、なんと1日1000円で借りられるものです。ですがボランティアスタッフの方の話によると『朝の7時からきているけども、機械の不調が続いて大変。手で洗ったほうが早いかもしれない』とのことでした。今回のアースデイの人の集まり方では、そのとおりかもしれません。もっとおおきなイベント向きでしょうか。それでも1000円で食器つきで借りられると言うのはすごいですね。

 北側のエリアの、広告代理店の管轄するエリアでは、終日、環境やリサイクルに関連するゲームのようなものを開催していました。『まつりチーム』のエリアは、中心にLOVE&ビンボーの寄せ書きのライブペインティングがあり、フェアトレードの店、マッサージの店、アーティストの店、自然食品の店などが立ち並び、もっともニューエイジっぽく、アースデイっぽい雰囲気のあるエリアだったと思います。このエリアにはステージこそないものの、中国獅子の演舞、もちつきなどもおこなわれていて、たいへんにぎやかでした。

 また、ひょっとするとチベットへの連帯の意味をこめたものでしょうか?それぞれのテントが、色とりどりの小さな旗で結ばれていて、チベットの仏教寺院のような雰囲気が演出されていました。

アーティスト、神野文彦さんによるライブペインティング
 『まつりチーム』のエリアに移動したLOVE&ビンボーのスペースには、アースデイあいち(http://earthday-aichi.net/)の演出を担当しているアーティスト、神野文彦さんによるライブペインティングがおこなわれていて、完成した『愛と貧窮の大行進』『LOVE&ビンボー大作戦』とかかれた横断幕に、家族連れや子供達が、色とりどりの画材で絵を描いたりメッセージを書いたりしていました。このほかにも、大行進で使用する予定の秘密兵器『ねこなまず』の作成や、ブルーシートティピーの作成などもおこなわれていました。会場で作成した寄せ書きは、4/27の会場でも使用して、奇しくも『増殖』してしまっている愛知のアースデイの連携をはかるそうです。

 広告代理店の管轄するエリアは、テントの飾りつけなどは地味だったのですが、環境についてのクイズなどを、実際に地面に矢印をおいて動いて選択するクイズのようなものや、ワークショップのようなものを、若い人たちが、一日中やっていました。2日目はかなりの暑さになっていたのですが、それでも一日中やっていたので、大変そうでした。

 メインステージでは、急遽出演することとなった、名古屋を代表するタレント、矢野きよ実さんが話をしていました。学生の実行委員たちが出運依頼にきたときのことを『あんたたち、こんなおおきなイベントを企画するときは、もっと早くにはじめなあかんよ、といったら、泣くんだわ』などと、ラジオでいつも聞くあの調子で、名古屋弁でおもしろく紹介していました。

 また、ステージで紹介される『愛知のアースデイ』は、主催者の意向なのか、代理店の意向なのか、司会者の個人的な見解なのか、わかりませんが『愛知万博の理念を継承してはじまった愛知のアースデイは……』という紹介のされかたをしていました。2004年にアースデイをはじめた人たちや、2005年に万博会場内でのアースデイに協力してくれた反対派の人達や、『万博後』の2006年のアースデイを作った人たちが聞いたら、鼻血を出して怒りそうな内容です。もっとも、これはそのような人たちがこの場にいないから成り立つ紹介の仕方なのですが、なんだか非常に奇妙な感じがしました。

 19日、20日と2日間に渡って開催された久屋大通り公園のアースデイは、大きなトラブルもなく、無事終了した模様です。久屋大通り公園のアースデイは、大きく3つ、管轄でわけると4つの会場に分かれていたのですが、それぞれの会場で雰囲気や出ている店が全く違い、それぞれ、ほんとうに同じイベントの会場なのだろうかと思うほどでした。

 今回の主催者であるはずの学生の実行委員の人達は、対応が全くできていない部分が多数あり、非常に『困った』話でした。また、久屋大通公園の学生スタッフのみなさんは、過去に愛知にアースデイがあったことや、いろいろな経緯を知らされていなかった割に、昨年の余剰金やインフラなどを中途半端に渡されていて、背後になんらかの意図を感じます。

 ある程度事情を知る人の話によると『今回、あつまった学生達は、意図的に知らされていないことも多いけど、周囲の『大人』の中に、過去の愛知のアースデイ関係者と関わらないように、といっている人がいるようだ。そういう意味では学生も被害者といえる』とのことでした。また、昨年も関わった人の話によると『ことしは協力しないように、という話がきいている』との話もありました。

 愛知県で『愛知万博の理念を継承するアースデイ』の通年の事務局の設置を、という話も、万博以降、毎年チラホラ聞かれては、消えたりしています。具体的には、2007年の久屋でアースデイをおこなった人たちが、そのようなことを言っていたのは記憶に新しい話です。ですが、忘れてはならないのは、愛知では万博以前からアースデイは存在していましたし、アースデイは愛知万博よりも古い活動です。また『愛知万博の理念』というのも、曖昧模糊としていてよくわからないのも事実です。

 いま『環境問題』というと、企業もイメージアップにつながる課題なので積極的に資金を投下します。かなり大規模なイベントになってきているアースデイもまた、企業戦略として有効になってきているのでしょう。とくに、愛知県では、興行的には大成功を収めた『環境万博』絡みのお金も相当額存在していますので、潜在的には、かなりの額のお金が動く可能性があるのは確かなことだと思いま
す。

『地球環境について行動する日』であるアースデイ
 この日ぐらいは、普段は出かけない環境関係のイベントに出かけてみる、というのは、非常にいいことだとは思いますが、そのイベントは、誰がどのように開催したのか?などなど、社会の認知も参加者もおおくなり、また、いろいろとテコ入れしたい人たちも増えてきている現在、その背景や設立経緯は、きちんと洗う必要があるように思います。また、当初の理念から考えれば、イベントででかけなくても、アースデイは楽しめるものだ、ということも忘れてはいけませんね。

増殖中!? アースデイ愛知2008について
アースデイ愛知2008すべてのいのちがつながるひ〜これから先もずっと一緒、おしゃれこで、楽しく生きる〜
アースデイあいち2008LOVE&ビンボー春祭り〜環境と貧困は地球規模の大問題!! このままの世界はイヤン!! 〜
◇ ◇ ◇


アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月28日

貧困、格差の問題訴え 非正規労働者がメーデー
2008年4月28日

LOVE&ビンボー春祭り・中日新聞LOVE&ビンボー春祭りで、「愛と貧窮」をテーマに行進するフリーターら参加者=名古屋市中区栄で


 若い世代の非正規労働者らによる、従来の型にとらわれない独立系メーデーが全国的に広がっている。27日には名古屋市中区の繁華街で「貧困や格差は社会のあり方が生み出している問題だ」と訴えた。

 2005年から独立系メーデーを行っている「フリーター全般労組」(東京都)によると、今年連携を図っている独立系メーデーは札幌、京都など全国13カ所を数える。名古屋のイベントはその皮切りで、「LOVE&ビンボー春祭り・アースデイあいち2008」と銘打った。

 環境や貧困など分野が異なる20近い市民団体がかかわり、参加者の世代もさまざま。互いを結び付けるのは「社会的弱者が不安定な生活を強いられ、人間として生きる権利が脅かされている」との共通認識だ。

 デモには奇抜な着ぐるみ姿の若者を含め、約100人が参加。「貧乏は悪くない」「再チャレンジはどうなった」「貧困は自己責任ではない」などと訴えた。運営に携わった中区のアルバイト男性(29)は「さまざまな人たちが楽しく参加しやすい運動が狙い。沿道の人が自分たちのデモに驚いてくれるだけでも意味がある」と話した。

 独立系メーデーについて、県労働組合総連合の関係者は「非正規労働者は自分たちの考えを主張する場所が少ない。権利を主張できる機会が増えることはいいことではないか」と歓迎する。また、連合本部が初の「非正規労働メーデー」を開くなどの動きもある。

 (北村剛史)

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080428/CK2008042802007125.html?ref=rank


アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(1)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月27日

アースデイあいち2008協働宣言

増殖中!? アースデイ愛知2008について。
LOVE&ビンボー春祭りアースデイあいち2008

今年の私達のアースデイは、貧乏人にも優しい地球を目指します。
今年のアースデイはLOVE&ビンボーで行こう!!
環境と貧困は地球規模の大問題!!
4/27はLOVE&ビンボー大作戦!!
このままの世界はイヤン!!


2008年の4月、愛知県では、世界最大の環境イベント、アースデイと、社会に広がる貧困について活動する、反貧困ネットワークが手を取り合い、LOVE&ビンボー大作戦を展開します。

開催日の4月27日は、地球の日アースデーと、労働者の日メーデーとの中間の日にあたります。地球をゆるがす惑星規模の大問題である、環境と貧困。それぞれの活動に携わる人たちが協力し合い、手を取り合う運動、理解しあう視点、よりよい地球を目指します。

貧困はイヤン。環境も大事。
このままは世界はイヤヨ!!
春のラブ貧大作戦。 


2008若宮アースデイ出展概要

物々交換市(提供: TESHIOとイニュニックのみなさん)

皆様が持ち寄ったものを、他の人の持ち寄ったものや、ワークショップ、一芸などと交換しましょう。当日、主催者は、物々交換の価値の目安として、出展物をおおまかに「これくらいの価値」と評価しますが、それを他の人の持ち寄ったものと、どう交換するかは自由です。ワークショップや芸(歌など)の場合は、それぞれの出し物を、お客さんが持ち寄ったも(たとえば、おにぎり、お菓子、タオル、缶詰、作品、本、技術、知恵、自転車など)のと交換します。お金を介在させずに、いろいろな取引を行います。そういった意味で、参加費・出店料は一切無料です。わらしべ長者コンテストも企画中?!

LOVE&ビンボーアースマーケット
(提供: アースデイあいち事務局

手作りの品、アート作品、古着、CDやDVD、おやつの販売、古本などの販売物から、詩の弾き語りやNPOの活動紹介、ジャンベのワークショップまで、なんでもそろっている大きな地球市場です。出店者募集中。詳しくは090-6098-8512 まで。

喫茶チャランケ
(提供: なごやアイヌ語に触れよう会

「チャランケ」とは、日本の先住民族アイヌの伝統的な紛争解決方法で「言葉をおろす」という意味のアイヌ語です。民族問題や生活のことなど、社会問題から今夜のおかずの話題まで、薬草茶を飲みながら話をしましょう。

愛と貧窮の街頭大行進
(提供: 反貧困名古屋ネットワーク

地球規模の大モンダイである環境と貧困!! この切っても切れない地球規模のふたつの大問題について、お互いに協力して、たのしくおかしく街頭を行進しましょう!! このままの地球はイヤン!!!(出発は15:30頃を予定)

愛のあるビンボー大舞台
(出演: えぐれささしま、言葉ズーカ、他多数)

LOVE&ビンボーを合言葉に、地元名古屋で活躍する新進気鋭のアーティストが勢ぞろい。近所のアーティストがそろえばCO2の排出も少なくてエコロジーでエコノミーだがね。メジャーにはない濃さがあるでよ、聞いとかな損するがね。みんなあつまってちょう!!

このほかにも、炊き出し(反貧困名古屋ネットワーク)だいたい100円なんでもマーケット(しゅうろうじつ)ビンボー&エコ路地?カフェ(なごや夜回りの会)労働相談窓口(ARU)オリジナルグッズ販売(氷河期世代ユニオン)ジャンベのワークショップ、ビッグイシュー販売、フトコロにやさしいフェアトレードショップ、なども多数予定しています。

問い合わせ

アースデイあいち実行委員会

460-0008 名古屋市中区栄1‐23‐13 伏見ライフプラザ12階
なごやボランティア・NPOセンター 私書箱7号
TEL: 090-6098-8512
E-mail: ed-aichi-net(at)hotmail.co.jp

反貧困名古屋ネットワーク

453-0014 中村区則武2-8-13 笹島労働者会館気付
TEL: 080-3618-2525
E-mail: nagoya_p_net(at)goo.ne.jp 


●できることから、コツコツと!! 無理してお金集めはイヤよ!!!

私達のアースデイは用途不明な募金は一切行いません。

みなさまの出店料とボランティアにより健全に運営いたします。 
ボランティアも随時募集中!!!



●2008年の愛知のアースデイは増殖し、4月19日20日の 久屋大通り公園 と、4月27日の LOVE&ビンボー春祭り(若宮大通公園) の2回に渡って開催されます。

続きを読む

アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(3)トラックバック(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月21日

2008年愛知のアースデイに行われるイベントについて

2008年、愛知では、アースデイ(4/22)の前後に、下記の会場でそれぞれ、催しものが開催されます。同じくアースデイの趣旨に賛同して、同じ日に行われる催し物ですが、それぞれ主催者団体が異なりますので、出店希望の方は、問合せ先に、ご注意ください。お客の方は気にせずご来場ください。

関係者の皆様へ…愛知のそれぞれのアースデイは、全く別の経緯で発生したものであり、愛知で起こっている現象は『アースデイの分裂』ではなくて『アースデイの増殖』にあたります。



2008若宮アースデイ○若宮大通公園で行われる催し物


名前:アースデあいち2008 LOVE&ビンボー春祭り

テーマ:
"4/27はLOVE&ビンボー大作戦!!! 貧乏人にも優しい地球を目指します。"
〜環境と貧困は地球規模の大問題!!  このままの世界はイヤン!!

日時:4/27(日) 10時−日没(小雨結構)
愛と貧窮の地球大行進…15:30頃、出発の予定。

参加費用:無料。(物々交換市には、交換するものを持ち寄ってください)
出店費用:1スペース2m×2m、1000円。お一人様4スペースまで。
詳しい出店綱領はコチラ

アースフリーマーケット、物々交換市、生活相談窓口、詩の朗読、エコ路地ーカフェ、炊き出し、他。

問い合せ先:アースデイあいち実行委員会
TEL: 090-6098-8512(サクラ)
http://earthday-aichi.net
E-mail: ed-aichi-net@hotmail.co.jp


2008久屋アースデイ○久屋大通り公園で行われる催し物

名前:アースデイ愛知2008

テーマ:
“すべてのいのちがつながるひ、アースデイ2008”
〜これから先もずっと一緒、おしゃれこで、楽しく生きる〜

日時:4/19(土)・20(日) 10時〜18時 (小雨決行)

参加費用:無料。500円募金アリ。

出店費用:3000円−100000円。イス・テント・机などもあります(有料)。ブースによって異なります。要問い合わせ。
詳しい出店綱領はコチラ

アースデイフリマ、企業によるブース、ステージイベントなど、多数出展がある模様。詳細未定。

問い合わせ先:アースデイ愛知実行委員会
http://www.earthday-aichi.com/
E-mail: aichi@earthday.jp



アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(0)トラックバック(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年03月25日

ロゴマークバナー用2(笑う地球)今年の愛知のアースデイは
LOVE&ビンボーでいこう!! 


環境と貧困は地球規模の大問題!!

増殖中!? アースデイ愛知2008について。
LOVE&ビンボー春祭りアースデイあいち2008

LOVE
&ビンボー大作戦!! アースマーケット出店者大募集


●名称 LOVE&ビンボー大作戦!! アースデイフリマ

●日時 2008年4月27日(日)10時〜16時まで

●場所 若宮大通公園。開放的で人通りも多い、小雨でも安心な場所です。

●出店料 1スペース1000円。  支払は当日支払。払い戻しはお断りします。

●募集スペース数 150スペース(間口2.0×2.0m) ひとり4ブースまで。

●雨天時 小雨決行 出店するかどうかは各自で判断してください。

●搬入方法 手搬入。(お近くの有料駐車場・または公共交通機関をご利用ください)

●その他 手作り出展可。アーティストブース、アート作品出展歓迎。パフォーマンス等、芸人ブースも歓迎。プロの方も参加歓迎。
  法令に違反する物品は販売できません。売買におけるトラブルなどについて、主催者・運営者は法的責任を一切負いません。

●締め切り 先着順 埋まり次第終了。

●申し込み方法
往復ハガキに
住所・氏名・電話とFAX番号・Eメールアドレスを明記の上、主な出店品目と出展希望ブース数をお書きの上、下記本部まで郵送ください。
折り返し詳細な場所等をお知らせいたします)。

●あて先
460-0008 名古屋市中区栄1−23−13・12階
NPOセンター 私書箱7号 アースデイだよ!! LOVE&ビンボーフリマ係り

●主催 アースデイあいち実行委員会
●共催 反貧困名古屋ネットワーク

●問合せ先 アースデフリマ担当:佐倉 090-6098-8512 
ed-aichi-net@hotmail.co.jp

●同時開催

ビンボー&エコ路地ーカフェ
貨幣経済ちょっと待て! 物々交換市
だいたい100円なんでもマーケット
貧乏生活にやさしい生活相談窓口…なども同時開催予定

http://blog.livedoor.jp/ed_aichi_net/archives/50567698.html

アースデイあいちnet
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1871325
ロゴマークバナー用1(文字と雲)





アースデイあいちneted_aichi_net at 00:00│コメント(0)トラックバック(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年03月23日

今年の私達のアースデイは、貧乏人にも優しい地球を目指します。
環境と貧困はきってもも切れない地球の大問題!
4月27日は、LOVE&ビンボー大作戦だ!!

増殖中!? アースデイ愛知2008について。
LOVE&ビンボー春祭りアースデイあいち2008


●国連におけるアースデイの翌々日、私達のアースデイの会議を行います。

日時:2008年3月23日(日) 18時-20時半
場所:ロフト名古屋にて

会議室は交通の便は良いところですが、少し分かりにくい場所にあります。
参加希望の方は、mixiメッセージ、eメール、電話なでどご一報ください。

当日のボランティアスタッフ、お店の出展、企画の持込、飾りつけを考えてくれるアーチスト、出演者、など、いろいろと募集中。

連絡先:
http://mixi.jp/send_message.pl?id=10345635
ed-aichi-net@hotmail.co.jp
090-6098-8512 担当者・佐倉


現在の、参加予定の企画諸々。

アースデイフリーマーケット
ビンボー&エコ路地ーカフェ
貨幣経済ちょっと待て! 物々交換市
だいたい100円なんでもマーケット
貧乏生活にやさしい生活相談窓口
一歩進んだ法律相談窓口

地球環境も大切だけど、隣の国も、足元の貧困も大切だ!!
朝鮮の民族舞踊グループの演舞、詩の朗読、先住民の楽器ワークショップ…なども予定。



アースデイあいちneted_aichi_net at 18:00│コメント(1)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年03月20日

第26回  花まつり   釈尊降誕会

日時:佛暦2552年 平成20年4月1日〜4月8日(カトマンズバザールは13日まで)
場所:相生山徳林寺(地下鉄野並駅から徒歩20分・市バス相生山から徒歩5分 052-896-1606)

徳林寺花まつり1

徳林寺花まつり2








相生山(あいおいやま)にある、お寺のお祭りが一週間にわたって開催さります。
平和や環境や手仕事、フェアトレードにかかわる、いろいろな催し物が企画されています。

●期間中随時
カトマンズバザール(手工芸品・ベジタリアン料理・勝手舞台など多数)
フリーマーケット
『ネパールの山よ緑になれ』植林活動写真展
ヒマラヤの人々の手仕事による工芸作品展
茶屋
いのちのスタンプラリー

●本堂での催し
灌仏法要蔡 6日、8日 10時
灌仏お参り 毎日、甘茶接待
座禅会 毎朝 6時 9時 午後5時(宿泊参加可)
花見茶会 6日 午前11時〜
展示会 ネパール・チベットの絵画と彫刻展、巨勢金岡地獄極楽六道輪廻画軸(模写)

●そのほか
石釜ピザ 6日

●ネパール大使を招いてのレセプションパーティー
4月5日(土)17:00-  本堂にて 3000円(ネパールカレー付)

●北インド古典音楽ライブ
4月6日(日) 18:30- 本堂にて 1500円

●植林活動を20年間ネパールで行っている、安部泰夫先生講演会
4月6日(日) 13:30- 本堂にて 入場無料


地図はこちら



アースデイあいちneted_aichi_net at 01:06│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック