さて、契約書といいますと、どのようなことを皆さま考えられますでしょうか?

 

 

「あの、沢山字が書いてあってわけがわからないものでしょ?」

 

「不動産とかクルマを買う時、自分の名前を書いてハンコを押す書類だよね」

 

「契約書って違反するとペナルティがあるんでしょ??」

 

 

そうですね。「契約書」とは、難しくて、名前を書いてハンコを押す、怖いものです。

 

 

ですから、「契約書」のお話を少ししてみましょう。

 

 

私たちは、人と人との関りを持たないと、生活していけません。もちろん、ビジネスにおいても、ですよね。

 

 

その際、「相手に対し、何かをお願いし、それをしてもらう」という必要が出てくるでしょう。

 

 

たとえば、

 

「これを売ってもらえませんか?」

 

「これやってちょうだい」

 

など、多々あるでしょう。

 

 

すなわち、私たちは、もはや、自分に必要なことを全て自分だけでやるということは難しくなっています。すなわち、誰かの助けをお願いするわけです。

 

ですから、誰かに助けてもらう。しかし、次に問題なのは、「きちんとお願いしたことをやってもらえるのか」ということです。

 

 

「お金を払ったのに、お願いしたことをやってもらえない」…。これでは困ります。ですから、そうならないようにするわけです。

 

 

となると、どうするか。

 

まずは、お互いに、「約束」をしますよね。すなわち、「お互いに守ろうね」と約束をするわけです。

 

 

「ゆびきりげんまん」、子どものときに私もよくやりましたが、これも約束をしたことをお互いにその場で確認する方法ですね。

 

 

しかし、「ゆびきりげんまん」だけでは、約束を守られないこともあるのが、残念ながら、今の社会です。

 

 

ですから、「約束をした」という「証拠」が必要となってきます。

 

 

「録音」や、「録画」は?

「メール」は?

「手紙」は…?

 

 

確かに証拠になる可能性があります。

 

 

しかし、それより確実なのは、そう、「契約書」。すなわち、「契約書」と題し、契約内容を書き、その下に合意した日と、互いの住所・氏名を自筆で書き、ハンコを押します。

 

 

これなら、互いの名前の筆跡も証拠になりますから、確かにその人たちでその約束をしたことは誰が見ても明らかですよね。

 

 

なお、契約するものによっては、「契約書がないと契約をしたことすら認めない」という法律もあります。ですから、「契約書」とは、今の時代、とても大切なものとなっています。

 

 

しかし、未来の「契約書」は、どんどん「電子化」、「オンライン化」していくのでしょうね。ですから、私たち行政書士やその他法律専門家の方々も、それに追いついていかねばなりませんよね…。

 

 

 (担当 渡邉)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ 行政書士法人 エド・ヴォン

東京(台東区上野)、大阪(天王寺区・中央区)、兵庫(明石市)、熊本(南区)の行政書士法人。許可、法人設立、企業法務、在留資格[就労ビザ等]、事業承継、事業譲渡、ISO、経営相談等承ります。

◆ Tokyo office
〒110-0015
東京都台東区東上野3丁目17番9号 福島屋新井ビル3階
TEL:03-6672-5669 

 

◆ Osaka office(本店)
〒543-0031
大阪府大阪市天王寺区石ケ辻町4番11号 アップライゼビル5階
TEL:06-6772-1623 

◆ Fine legal office
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町1丁目5番9号 ゼニヤベストビル5階
TEL:06-4963-2611

 

◆ Akashi office
〒673-0878
兵庫県明石市山下町13番12号 山下ビル3階
TEL:078-939-2990

 

◆ Kumamoto office
〒862-0965
熊本県熊本市南区田井島1丁目3番50号 ガレリアII2F
TEL:096-377-1103 

 


♦当法人ホームページ:http://edvon.net/


 


行政書士ランキング