2014年02月10日

38cacdd5.jpg明日、2月11日は、建国記念の日である。祝祭日には、当然意味があるのだがその内容をご存知であろうか。国民の祝日に関する法律(祝日法)第2条はこうある。「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定している。1966年(昭和41年)の祝日法改正により国民の祝日に加えられ、翌1967年(昭和42年)2月11日から適用されたものだ。

建国記念の日は、独立を宣言した日や立憲君主国になった日など、主権回復や国体が定まった日と言ってもいいと思う。我が国の場合は日本の初代天皇である神武天皇が即位された日を指す。何故2月11日が建国記念日かというと、神武天皇が即位されたのが旧暦の皇紀元年一月一日。いまから2674年前のことである。旧暦を新暦に直すと、2月11日になる。実は、昭和24(1949)年2月11日から、昭和41(1966)年2月11日までの18年間、この日は国民の祝日ではなかった。昭和41年12月、佐藤栄作内閣が、建国記念の日となる日を定める政令を定めて、「建国記念の日」を2月11日と定めてくれ、これでようやく翌昭和42(1967)年から、祝日として復活したものだ。もともと建国記念日は、明治5(1873)年に「紀元節」という名で国民の祝日に定められていた。紀元節は、国の歴史が始まった日、そして戦前は、日本の国民が、日本の建国の理想を再確認する日でもあった。
神武天皇が建国の詔において、
『八紘を おほひて宇と為む(八紘一宇)こと、また可からずや』と詠まれまたことに由来する。
口語訳すると、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天地四方に住むすべての者が、
ひとつの屋根の下の大家族のように
仲良く暮らすなら
それはなんと
楽しくうれしいことだろうか
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これが、我が国の建国の理想である。この時すでに神武天皇は「人類みな兄弟」世界平和を説いていたのだ。日本は、こういう高い理想をもった世界に誇るべき国なのである。

昭和22(2947)年、GHQの圧力により我が国の建国を記念する「紀元節」は、国民の祝日から削除されてしまう。その後、サンフランシスコ平和条約の締結により、主権を回復したことから国民運動として紀元節の祝日復活案が国会に提出された。ところが左派系の政治家がこの法案に猛反発。合計9回も国会に紀元節の復活案が提出されたけれど、否決されてしまう。当時の国民のアンケートにおいても、国民の80%以上が、紀元節の復活を望んでいたのに・・・そして、ようやく昭和41(1966)年、ときの佐藤内閣によって、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、「紀元節」は「建国記念の日」と名前を変えて復活した。GHQが紀元節を削除した理由は、「紀元節を認めると、天皇を中心とする日本人の団結力が高まって、再び日本が米国の脅威となる」からだそうだ。さらにGHQは、「神道指令」によって、日本の学校で古事記や日本書紀の神話をも禁止した。たかが祝日と思うことなかれ。意味を知らないからこそありがたみも感謝の心も持たずにこれまでこれたのである。しかし、このブログを読んでいただいた方はその理由を知ってしまった。ならば2月11日は国旗をあげてお祝いしましょう。建国当時に思いを馳せ、今日を築いて下さった先人達に感謝し、これからの日本はどうあるべきか、また一人の日本人として、自分は何をするべきか、そんなことを真剣に考える日にしていただきたい。いま日本は、国の内外において、重要な転換期を迎えているようとしている。戦後生まれの我々が、当然のように享受してきた恵まれた環境を、今後もずっと子々孫々に残せるよう尽くしたいと思う。



(09:36)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 特になし3    2014年03月18日 10:41
建国記念日が設立するまでに色々な苦労があったのは分かった。ブログやツイッターでこの類いの主張は簡単に出来る。
近代史の理解が深まる活動をしてくれると将来の不安は幾らか軽くなる。図書館とかで「従軍慰安婦の嘘」「南京大虐殺のでっち上げ」の資料でも並べてくれると未来は明るくなるだろう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔