July 2006

July 29, 2006

感性と感情。

4be5b34f.JPG感情は感性を否定することで大きく膨れ上がる。
ありのままの現状をありのまま映し出し、それに対する快・不快が表出する。

感性に添わせるように感情を洗練させてゆくこと。

偏狭な感情は偏狭な自分のありのままの姿だ。
抑圧しない。ちゃんと見て修正する。

あるがまますべてを受け入れ、かつ自分の好きなラインを描く。
とんでもなく高度なことだがそうありたい。



eddiegjp at 02:25夢想・天下無双 

July 13, 2006

シェアしたい。

789853ff.JPGブルーズミュージックに求めるのは粗野で粗暴な剥き出しの感性なのだが、それが同じブルースでもシカゴなんかの都市部にいくと様式美が優先されて見えにくくなる。

科学的合理主義、あるいは資本主義のヒエラルキー構造、もっと言えばキリスト教圏の文化の支配的な都市部は、人間の獣性を完全否定すから居心地が悪い。だって動物だもん。生命だもん。感情があって、感覚があって、見て触れて生きてるんだもん。

途上国とか言ってないで、自然を畏怖し、共生していく価値をもっとちゃんと見たらどうだ?
ライフラインや公衆衛生を提供し、飢餓や疫病を防ぐ変わりに、「途上国」の遥かに高度な生死観を提供してもらったらどうだ。

おれはシェアしたいね。

eddiegjp at 03:19環境保護の若大将 

80's考。

21f33eca.JPG80年代ってさ、やっぱバブルに向かう時代だから異常な合理主義、オプティシズムに満ち満ちてたよね。

覚えてるかなぁ、。「頑張っちゃう人」みたいな馬鹿に仕方(笑)
妙に冷めてて感情を表すことがカッコ悪いことだった。
同時にバンドやらスケボーやら、ハシリは70年代のローラー族かな?(笑)ヒロくんだ、ヒロくん。ヒロくんは原宿のゲバラだ。わはは。

ブランド指向とアンダーグラウンドにばっくり分かれてたよね。

メジャーとインディーと言ってもいいけど。

当時、「ビートパンク」なんて言われた和製パンクが主流だったけど、やっぱり僕らは文字通りパンクスだったのだと思う。

ロックンロールの黎明期のや、パンクが席巻した70年代と同様な、空虚な時代を経験したのだよ。よろこべみんな!おれたちはまさにミュージックなのだ!スポイルされた衝動を、人間らしさを復興させてきたのだ!ルネサンスなのだ!
、、と思う昨今。

バブルは崩壊し、ホコ天はなくなり、バンドブームは去った。おもしろかった。
昨今、おれらどこにおるのかね?
たぶんすげえおもしろいんだぜ。
Be Happy!


eddiegjp at 00:14天動説かよ 

July 12, 2006

ちっぽけでおおきい。

9e400171.JPG他者、外界に際限なく要求してしまうのは、ただ単に心地よくないからだ。

早寝早起きして、掃除して働いて運動して、。
それだけで心地よくなれる。



eddiegjp at 21:31詩人の血 

July 11, 2006

「やらない」がやりたい場合。

0fe0ddf6.JPG「闘わない」を選択すると「負け組」に自動登録されるのはなぜだろう??
アホくさい。

自分の本当に欲するもの、要するに必要なものが分かんない人がやたらと「勝ちたがる」。際限なく人を「負かせ」続ける。
至上命題なんて存在するのだろうか。

いい加減、経済以外の価値に、個人にスポットが当たってもいいような気がする。
金は必要だけどね。
そんなに必要ない。


eddiegjp at 20:37天動説かよ