らいぶ@らいど!

自転車事がメイン。たまに非日常。

DedaTRE Grinta

欲を抑え切れずに買ってしまったデダの練習向けタイヤ Grinta

後輪で使い始めたんだけど、サイドにある表記によるとローテーションが前後で逆らしい…なのにロゴは片方にしかないしものすごい違和感。
だけどタイヤ自体は全然悪くないです。値段の割に(2500円ほど)、なんてもんじゃない。凄く良い。
ここ最近は雨の日通勤が続いて、その時にマンホールや白線、鉄網の上を曲がりながら通過することが多々あったけれど滑ることは無かった。あとスキッピングもよくするけれど削れる気配いまだ無し。


気になるところといえば前述したローテーションとロゴの向きくらいか。対パンク性能はまだ不明。まあ、vittoria ranndoneur 28cと比較するなら走りの軽さでこっちを選ぶかなー。
ちなみに、これの前に使ってたリブモS 23cはとても23cとは思えないくらい漕ぎが重かった。入手性から考えて、あれこそランドナーを選んだほうがましな気がする。

しかし、こうなるとフロントタイヤも黒にしたくなるもので…

'11 SPECIALIZED P.2

さて、そろそろ紹介するかなって思ってたときにクラックが入りましたオチ…シートチューブとトップチューブの繋ぎ目のとこに。
これは本気で凹んだ。フレーム買い替えまで乗りはできるよう、とりあえずどっかの鉄工所で溶接してもらえるとこを探してます。


(写真は2011/10/31)
買ったのは去年の6月だったかな?やってみたかったダートジャンプやバニホで調子に乗りはじめて、買ったその月の末にとうとうパークライド中に自身の鎖骨骨折w 8月にはボルトで繋いで退院。ちなみに骨折は人生初だった。
それからも懲りることなく練習に勤しんでたわけだけど…今月ついに、もしくはもう、クラックが入ってしまったわけです。
ライド中に気付くならまだしも、自室で酒飲みながらまったりチャリを眺めてるときに気付いたんだけど。

モノ単体として、他に様々な26streetMTBに乗せてもらって比較したんだけど、P.2は柔らかい。サスがなのか、フレームがなのか、ホイールがなのかわからないんだけど、全体的に重くたわむ感じ。乗せてもらったチャリたちはサスフォークでも硬くて軽い印象は大きかった。
P.2のフレームパイプはレイノルズ製。ぶっちゃけよくわからない。
んまあ、完成車で10万円切る値段だったしネーと今では思う。悪くはない自転車でした。

そんなわけで、次のフレームなににするか…そんなに金銭的余裕ないんだけど。

バーテープ巻いた



ステムも結局100mmにしてみたり。
前から気になってたVivaのきづきベルも購入。ちょっと期待してた音と違うけど、構造上鳴りっぱなしってわけじゃなし満足。中の棒?がベルの内側とくっつくから、結構揺れないと鳴らないんです。

しかし、後ろタイヤが気になるなーw Dedaのグリンタ買ってみるかな?
フレームも換えたいと、昨日一昨日の雨で錆びたフレームを見て思う。候補は安さでEighth inchのscrambler v.2、三万切るのは魅力的なんですよネ…
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ