“PRIDEの怪人”としてもお馴染みの作家・百瀬博教氏が亡くなったとのこと。

一時期のPRIDEでは、勝った選手がリングサイドでアポロキャップを被った百瀬氏と握手をするのが恒例行事になっていたが、例の猪木さんに関するゴタゴタがあった辺りから百瀬氏はリングサイドから姿を消した。
とはいえ、最近でもMXTVでEXILEのHIROと一緒にレギュラー番組をやったりしていたので、突然の訃報には驚いた。

私は百瀬氏と面識はないが、PRIDEの打ち上げパーティーでお見掛けしたり、まだ森下社長時代のDSEに取材に行った際に、スタッフの人たちと談笑している姿を見たことはある。
桜庭選手がグレイシーハンターと呼ばれていた頃のPRIDEでは、欠かせない人物だったという認識だ。

とにもかくにも、やはり昨年末にPRIDEが事実上消滅し、まるで後を追うようにPRIDEの怪人も亡くなったというのが、何とも印象的だ。ご冥福をお祈りします。