2018年10月22日

「三億円事件犯人の告白」体のなろう小説は、ポプラ社の仕込みか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「小説家になろう」に投稿されて話題になった、「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」。ポプラ社が「小説として」12月10日に出版するようだ。


となると誰しも考えるのは、「これ、ポプラの仕込みじゃね?」ということだ。なにせ、9月末頃に話題になってから発売日まで、たった2か月半しかない。年内発売なら企画書は半年前程度から動くはず。仮に緊急出版としても、スケジュールはけっこう怪しいのではないか。

最初期に注目したとしても9月末だ。それからなろう運営元に連絡して作者に打診してもらい、返事を待って契約条件を詰め、書類をかわすまで1か月は、相当に短い。それどころか現時点で、価格まで発表されている(=判型などの仕様がすでに決まっている)。出版関係者の方ならわかってもらえるだろうが、これはかなり無理筋だ。

なにせ出版が決まった後で原稿をやり取りして編集・校正し、表紙デザインを決め紙や判型などの仕様を決めることになる。企画から仕様決定までの間、社内の会議を何回か潜らせないとならない。

これ全部でたった30日かそこらってのは、なかなか考えづらい。最初からその予定で投稿された臭いがする。さらに「面白い手記がなろうにある」とかなんとか、ネットに着火した可能性すらある。


なにしろポプラ社にはKAGEROUヤラセ事件という、どでかい前科がある。だからどうしてもうがった見方をしてしまうのだ。


本作が仕込みでなく、純粋にネットの海に手を突っ込んで拾ったのだとしたら、担当編集は相当に有能だ。そもそもポプラ社は児童書中心の歴史ある出版社。その中で、ネット小説をサーチして発掘する編集者がいたとしたら、異端扱いは見えてる。

三億円事件の手記なんて際物に手を出すのは、反対する編集者や役員も多いと思う次第。「児童書のウチが出すべき書籍だろうか」とかなんとか。それを極めて短時間で説き伏せたわけだから、有能としか言いようがない。


蓋然性としてどちらがありそうかは、うーん……。個人的には仕込みかなあという気がする。出版界はそもそも下世話なところ。話題作りを仕掛けて勝てればそれで良しってのは、特に雑誌の世界なんかでは一般的だ。

ただ「ポプラ社」と「ヤラセ」や「仕込み」という食い合わせに、どうしても違和感を感じる。それは私がポプラの児童書で育ってきたからだろう。

ポプラはもう当時の出版社ではないのだ。おそらく。出版不況に加え少子化で、児童書が苦しいのは火を見るより明らか。生き残るために修羅の道に踏み出しているのだとしても、他人に責められる筋合いはない。まあ公募でのヤラセ(KAGEROU)は大問題だと思うけど。

あーあと最後に書いておくと、この犯人告白だが、ほぼ確実に創作だろう。「これは真実か、それともフィクションか!? 話題沸騰の問題作、ついに出版!」的な広告コピー、今から目に浮かぶわ。


editors_brain at 08:31|PermalinkComments(0) マスコミクリップ 

2018年09月07日

北海道胆振大地震「街頭ニセ募金」にダマされないために

このエントリーをはてなブックマークに追加
相次ぐ台風や大雨、北海道胆振地方を震源とする大地震など、大規模災害が続いている。

こうなると必ず出てくるのが、皆様おなじみの「ニセ募金」だ。絶対にまたぞろ偽募金野郎が出てくるのは間違いない。

募金の際に大事なのは、正しいルートを使うことだ。災害募金であれば、基本的には日本赤十字か当該自治体に直接募金するのが基本だ。

職場な知り合いから回ってくる募金は、怪しいものが混じる危険性がある。熊本地震のときは実際、共産党が集めた募金を政治活動に流用しているのも判明して炎上している。

共産党は「3用途に均等配分」としている。要するに募金額の1/3しか熊本に送らず、残りは政治工作に使うわけだ。「火事場泥棒」「募金詐欺」としか言いようがない。


そしていちばん危険なのが、街頭募金だ。なにせ募金箱を持って立っている連中の素性がわからない。「○○大学福祉研究会」だのなんだの、騙り放題だ。

大災害や戦争が起こると、こうした悪党どものニセ募金がわっと登場し、ターミナル駅周辺などでカモから金を抜いて懐に入れる。統一協会などのカルト団体の大規模ニセ募金は、これまでも繰り返し報道されている。


そもそも「誰かが募金箱持ってたからそこに放り込む」という短絡的な行動は、あまり褒められたものではない。自分で調べて赤十字に振り込めばいいだけの話だ。どうしても街角で募金したければ、あと3分歩いて、コンビニの募金箱に入れよう。そっちならまず安心だ。


以下に、ニセ募金に関連する本ブログ過去記事リンクを置いておく。ご一読の上、カルト宗教はじめ詐欺師に資金を提供しないように注意してください。

東日本大震災、街角募金に応じる手を見て悲しくなった。
大震災募金活動に、年端もいかない子どもを巻き込む親たち。
「モヒカン」「統一協会」「原宿」という三題噺でもどうかな。
原宿 ――今日もカルト宗教「ニセ募金」とおぼしき方々が平常運転中




editors_brain at 08:31|PermalinkComments(0) ライフハック | 雑記

2018年08月13日

トンデモ商法に甘いままでは、出版界にも社会にも、とても危険な未来が待っている

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、講談社が怪しげな疑似科学商売に手を出している件を書いた。今日はその関連というか、そもそもなんで薬事法違反と思われるイカサマ商品に対し、「こと出版物では」甘く判定されるかという話を。

ゲルマニウム商法が摘発されたように、薬事法違反の疑似科学商品や怪しげなマルチ商法については、消費者保護や詐欺商法撲滅の側面から、国民生活センターや、それを所管する消費者庁、厚労省などが随時摘発・情報発信をしてきた。

それは詐欺師共への抑止力になっており、一定の効果を発揮している。


翻って出版界を見渡すと、こうした抑止効果があまり機能せず、百鬼夜行の状態になっている。ことは講談社のゲルマニウム商法だけでなく、怪しげな民間療法グッズを添付したムックなどは、大手書店に行けば誰でもてんこ盛りに見ることができる。

グッズ系を離れ、単なる情報発信としての書籍で見ると、状況はもっと悪い。

ホメオパシーマイナスイオン商法、水素水などの疑似科学、占いや霊視などの宗教的詐欺、根拠レスで危機を煽る予言書、納豆で血液サラサラとかコラーゲン鍋で美肌といった疑似医学的デタラメ。ワクチンを打つなとかペットボトルのお茶が危険と主張する、環境系デタラメ本などなど。誰しもいくらでも目にしたことがあるはずだ。


なぜ、これらが糾弾されないのか?


それは、出版物には「表現の自由」という原則があるからだ。地球平面説や進化論否定などの宗教的ヒステリーに満ちた本や人種差別を肯定する書籍、人類は数年後に滅びるとして信者に勧誘するカルト団体の書籍――。これらは出版社が出す気になれば、いくらでも出版でき、全国の書店に並べることが可能だ。

表現の自由は、とても重要だ。多様な視点からの提議をもたらす自由があるからこそ、社会問題に警鐘を鳴らせる。

これがあるため、デタラメ書籍の摘発については、国民生活センターなども及び腰だ。実際、書籍やムックなどでは、他の流通ルートであれば問題視される疑似科学商品ですら、なんとなく許容されてしまう雰囲気がある。「著者がそう言っている」を逃げ道に、悪党に宣伝の道を開いているのだ。

出版界は、この「特権」を錦の御旗に、目先の小銭を求め、楽な道を選びすぎているのではないか。明らかに社会に害悪を与える問題商法や、「患者の多くが支持した」レベルの伝聞根拠しかない疑似医学、あるいは危険なカルト団体の主張については、コンプライアンスやCSRの視点から、出版企画を検討すべきだ。「誰もこんなの本気にしないだろ」と、自らの良心に免罪符を与えてはならない。

「このキノコでガンがみるみる消える」式の怪しい書籍をきっかけにマルチ商法のカモにされる末期癌患者だって、実際にいるはず。疑似医学で寿命を縮め、治療に使うべき貴重な資産を無為に悪党に吸い取られるなんて、最たる悲劇だ。


出版社が自浄作用を発揮できなければ、なんらかの大問題をきっかけに、いずれ外部からの規制を招いてしまう。それこそが、真の意味で「表現の自由」を毀損する行為だろう。

editors_brain at 08:13|PermalinkComments(0) ヘンな世界 | マスコミクリップ
楽天市場