2018年05月25日

日大アメフト部の試合中傷害事件、日大関係者の反応が「どれもこれも超絶」で百鬼夜行の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
日大アメフト部による試合中の傷害事件、ずっとウオッチしてきたけれど、ひととおりの関係者が会見を終えたので、ちょっと書いてみる。


事件の事実関係は明らかになったも同然なので、ここでは語らない。

それより編集者として思うのは、「日大広報は危機管理のイロハも知らないのか」という点。これ語り出すと長くなるし皆さんもうご存知だろうから箇条書きにするけど……。

・内田前監督の第一回謝罪会見ピンクネクタイ
・誰に謝罪したのか不明確
・内田・井上氏による第二回弁明会見で、どうみても嘘でしかない強弁
 (井上さんはもう半分嘘認めてたよね、後半)
・謝罪会見なのに司会者がブチ切れ
・謝罪会見での質問遮断(普通は質問が途切れるまで行う)
・大塚学長の意味不明会見(会見の目的すら不明)


いやさあ、直接の加害者である宮川選手の言い分を「否定する」という方針なら、それはそれでいいんだけどさ。なんせ監督とコーチには刑事罰の可能性が出るし。

でもそれなら、なおのこと印象を良くしないとダメじゃん。普通はこう謝罪会見の場ってのは記者やカメラマン、特にテレビカメラの位置なんかを、広報がしっかりコントロールする。

たとえば最後方に段を作成し、そこから動画を撮らせるとかね。見下ろす形になるので弁明者がうつむき加減に、反省しているように映る。それに大量のマスコミの頭も映るから、責められている感が出せて、視聴者が「そろそろ許してやれや」という気分になる。


こうした配慮どころかピンクのネクタイってなんだよ。本人が無自覚だったとしても、誰も止めなかったのか? というか配慮が足らないなら、なおのこと周囲がサポートしてやらないとダメだろ。

司会者ブチ切れも凄かったけど。わざわざマスコミ集めて、大学側に有利な見解をアピールする場を作ったのに、広報自ら「日大は腐ってる」印象を超絶に高めてどうするという。

この人、広報マンなら誰しも受ける研修とか、受けてないのかな。リスクマネジメントどころか、クライシスマネジメントの本すら、一冊も読んでないとか? 問題のプレイ同様、「会見潰してこい」って強要されたのか……。



それで今日の大塚学長の記者会見がトドメだった。ひどかったよなあ、これも。

なにしろ、なんのための会見か、はっきりしない。「父母会や教職員組合からの提言が公開された」ことを会見の理由としたが、要は「やれやれ言われたから、仕方なく出てきた」ってことだ。

実際、本当に真摯に事態を受け取っていたなら、関学の抗議に前後して、トップ自らが監督等引き連れて謝罪会見を開いたはずだ。どんな企業でも、刑事事件に関与すれば社長が出てくるだろ。

それが「目的」だけに会見は意味不明で、通り一遍の謝罪や反省は述べたが、事実関係や関係者処分への言及はゼロ。肝心の田中理事長が同席していないことを聞かれると、「それは思い付かなかった」とか、嘘八百の逃げを打った。田中理事長だけは守るという、鉄壁の構えw


日大、徐々に防衛線が後退してるんだよな。

最初は「よくある反則」で逃げようとして、次は「選手が誤解した」で逃げようとした。次は「監督とコーチ辞任」「内田監督の常務理事自粛」(解任・退任はあくまでしない)。

今後だが、学長の会見からするとどうも「内田先生の常務理事自主退任>関連企業への天下り」あたりで手打ちしたいように見える。

要は不祥事で一番ダメな道を全力で辿る自滅パターン。ジャパネットの個人情報漏洩事件とかさ、見習ってもらいたいわ。

元は佐賀の田舎のカメラ店主だった高田社長だって、すぐに販売を中止して即座に自ら記者会見の場に立ち、質問が途切れるまで記者に対峙した。仮にも日本の最高学府の関係者が、それに負けてどうすんのよ。


一連の騒動で、日大は一監督だけでなく広報や上層部まで汚染が広がっているのが明白になってしまった。なんたって田中理事長は暴力団との親密交際や汚職疑惑、日大関連企業での暗躍という黒い噂がやたらと出てくる人物だ。

未だ会見すら開かない田中理事長の退任まで行かなくては、日大の真の再生は難しいように思える。


editors_brain at 18:49|PermalinkComments(0) ヘンな世界 

2018年05月11日

反「唐揚げ粉」連盟、旗揚げ! 賛同者募集中w

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんかどうでもいいことを書きたい気分なので書いちゃおう。どうでもいいことを読みたいとき、読んでください――。


――というのも飲み屋に言いたいんだが、「唐揚げ粉」を使うなとw(実にどうでもいい話題だ) 要はこんなの↓


唐揚げ粉のなにがダメって、粉自体に味が着いてるところ。たとえば鶏の竜田揚げなら本来、肉を醤油と味醂とかに一時間くらい漬けて下味を着け、片栗粉なりまぶして揚げるわけだ。

唐揚げ粉ってのは、その下味作業を省くための、言ってみれば「手抜きツール」だ。いや共働き世帯で忙しいからとかいう理由で使うなら、わかる。しかしプロの居酒屋がそれ使っちゃダメだろ。

唐揚げ粉を使うと、どれもこれも一様に、ベビースターラーメンのような濃い味が着く。粉に含まれるアミノ酸調味料のせいだ。しかも表面だけ塩辛く強い味になるので、味のバランスが崩れる。せっかくいい肉使っていても台無しだ。

食材のポテンシャルを80%発揮するのが一般家庭なら、120%発揮させるのがプロの料理人のはずだ。プロがわざわざ食材のポテンシャルを下げてどうする。加えて客からすれば、なんで金払って駄菓子味の鶏なんか食わにゃならんのだ――となるわけで。


いや肉を漬ける時間が無いってんなら、下味は着けずに小麦粉なりまぶして揚げる、本来の意味での「唐揚げ」にして出せばいいじゃん。竜田揚げより、肉の味を素直に味わえるし。どうしても薄味に感じるなら、醤油なりケチャップなり添えて出せば、客が判断して着けたりもするし。そのほうが駄菓子味より五千万倍うまい。

とにかく当方、素の味のままの鶏唐が好きなんだよ。頼むからちゃんとした唐揚げ食わしてくれと。


そもそも揚げる前に味を着けるのは本来、唐揚げでなく竜田揚げだ。だから名称にしてからが「(インスタント)竜田揚げ粉」とかにしないとおかしい。いくら誤用が広まっているとはいえ、製粉会社がさらに広めてどうするのかと。「から揚げ粉」とか、漢字開いてごまかしてるんじゃないよ、ホントに!


――とまあ、製粉会社まで怒りを広げたところで、ドン・キホーテ的無力感があるので止めにするw

でもまあ頼むよ。当方、「反唐揚げ粉連盟」を旗揚げ中。ホームテリトリーで、そういう居酒屋を探して回ってる。


editors_brain at 16:29|PermalinkComments(0) 雑記 

2018年04月23日

テレビ朝日のハニートラップ、その「裏側」を聞いた

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日女性記者によるハニートラップ事件だが、いくつかの筋に正否を訊いてみた。というのも当方、友人や縁戚など、周辺に新聞記者関係がそれなりにいるからだ。

やり取りで彼らが示唆してくれたのは、「断定はできないが、おそらくハニートラップである」という点だ。


彼らがなぜそう判断したか。調査報道の基本である「取材源の秘匿」が、まったくされていないからだという。

取材先が企業人でも悪徳商法の内部通報者でも官僚でも同じ。「ウチの会社は実は粉飾決算で」「この官僚人事は怪しい」「どうやら排気ガス規制をごまかしてるらしい」といった話を、報道される前提で話してくれるわけだ。

「関係筋」「内部をよく知る人物」「取引先関係者」などと匿名化してくれないと、取材源の立場が危険になる。懲戒人事や嫌がらせどころか、反社絡みで下手すると人命に関わったりとか。

ところが今回、取材源の人名・所属を明らかにし、当人を辞任に追い込んだ。まっとうな取材活動でなく、特定の人物をターゲットにしたハニートラップである可能性が極めて高い――というわけだ。たしかにこの説には、極めて説得力がある。


ハニートラップが自明とすると、未解明の問題は、「ハニートラップを仕掛けたのは誰か」という点だ。テレビ朝日内部の一部グループか。テレビ朝日に入り込んでいるなんらかの利権組織か。あるいは女性記者とその背後の組織か。

この点に関しては、話を聞いた何人かで見解が分かれた。テレビ朝日の公式見解では、「公開しようとする女性記者を止めた」ということになっている。

だが、これが信じられるかは微妙だと指摘してくれた人がいる。というのもテレ朝が、女性記者の素性を明らかにしていないから。明らかにして背後組織を調べられるとまずいことがあるのではないか。――そう勘ぐられても仕方ない対応だ。自ら掲載するといくらなんでもマズいから、女性記者に週刊誌にリークさせたという見方を示してくれた方もいる。

なにしろ、取材源は秘匿しないが「怪しい記者の素性は秘匿」しているのが現状。報道機関としての倫理性に、大きな問題があるとしか判断しようがない。「女性記者は被害者」とか、どの面下げて弁明しているのかと。

まして朝日グループは報道機関としての中立性・倫理性に大きな問題を抱えている。大衆思想の扇動者であると自ら漏らした、間抜けな記者までいるくらいで。

今からでも遅くない。組織として後ろ暗いことがないなら、きちんと情報を出すべきだろう。


editors_brain at 15:42|PermalinkComments(1) マスコミクリップ | ヘンな世界
profile

tokyo_editor

楽天市場
動画観放題 月325円!