2016年11月16日

疑似科学企業ファイテン、ついにオカルトに踏み出す

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイテンと聞いて、どんな事業を想像するだろうか。

Wikipediaによれば、医薬部外品・化粧品・ヘアケア商品・スポーツ関連商品・健康食品・健康グッズ等の販売会社。フツーの人なら、スポーツ選手が身に着けてるブレスレットやネックレスとかを思い浮かべるだろう。

主力商品である「アクアチタン」関連については、当ブログでもそのトンデモぶりを取り上げたことがある。


まあ近づかないほうがいい企業なのは、たしか。私もその後、店舗には一切近寄らず過ごしてきたわけだ。したらある日、「phiten 水晶」とかいう謎検索にて本ブログを訪れた方が、目を惹いた。


ものすごく嫌な予感がするw


それで調べてみたら、ファイテンは、いつの間にやらパワーストーン商売に踏み出していた。デタラメ効能製品でおなじみのファイテンが、曲がりなりにも標榜していた(擬似)科学を踏み越え、ついにオカルトに踏み出したってことだな。


ファイテン公式ショップを覗いてみた。たとえば「水晶ブレス ローズクォーツ ラベンダーアメシスト」の商品説明にはこうある。

浄化能力に優れ感情をコントロールするとされる石と、恋を呼び愛を育むとされる石とを組み合わせた天然石ブレスレット。

はあ、水晶が感情をコントロールするんすか。あほくさ。

他の商品でも、以下のようなデタラメオカルト説明が炸裂している。

災いを遠ざけ繁栄をもたらし、成功の象徴と言われる天然石を組み合わせたブレスレット。

金運や仕事運を高め、目標の達成をサポートすると言われる天然石のブレスレット。


たかが石ころがどのような原理で「運を高め」「災いを遠ざける」んですかね。フツーに「きれいな水晶ブレスレット」として販売すればいいのに。


しかも高いぞ。

水晶のブレスレット、1万から1万数千円だけどさ、アマゾンでざっと検索してみると、同じ石を使ってても、はるかに安いのが目白押しだ。それだけ「ご利益がある」って主張したいのかもね。

アマゾンの類似商品


つまりざっくり書けば、これは霊感商法だな。

桜田の壺みたいなもんだ。


こんなの売ってる時点で、科学に基づく医学的効果効能を店舗で仄めかして販売していた「アクアチタン」だの「金の水」だの正当性を、自分で否定してるようなもんだけどなー。

ゲルマニウム商法が摘発されたりして、トンデモ疑似科学だけでは将来が危ういと、オカルト方面に業務拡大ってことかな。


「とされる」「と言われる」といった伝聞体を用いることで、予防線張ってる「つもり」なのかもしれないけどさ。「いやファイテンとしては効果を確認も保証もしてない。誤認した消費者が悪い」とかなんとか。

でもそれは「消防署の方から来た」で割高消火器売る類で、悪徳商法ってもんだろう。

少なくとも、年商100億クラスの大企業が依るべき商道徳ではない。確信犯と思われる経営陣はともかく、末端従業員の方々は、自社の道徳性やCSRについて、どのようにお考えでしょうか。

まあ皆様、ファイテンに限らず、悪徳商法にはひっかからないように注意しましょう。

プラズマでもなんでもない「プラズマ水素水」を絶賛発売中のイオンとかも、しょうもないしなー。


editors_brain at 08:34|PermalinkComments(0) ヘンな世界 

2016年10月25日

かわいくても高性能で高コスパ。バッファロー無線LAN親機WCR-1166DS購入評価レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
予告してからずいぶん経ったが、ようやく無線LAN親機を更新した話を。

きっかけは、書いたように高速な11ac対応のPCを入手したからだ。どうせなら速いほうがいいじゃん。私の無線LAN親機はもう5年以上前の旧型だし。


うろ覚えだが、11ac対応親機は、1年くらい前から一般化したと思う。ただ1万円以上とかで、価格が高い傾向にあった。多分まだ内蔵チップが高いのとアンテナ本数の関係とかだろう。

それで価格情勢など横目で見つつ、購入時期を探っていた。対応PC購入と前後して安い親機が発売になったので、導入したわけだ。

購入したのはBUFFALO WCR-1166DSって奴。私が購入した6月時点で、アマゾンにて3966円だった。今だと3653円と、1割程度安くなってる。ちなみに右に挙げたのは、同じバッファローでも出力のでかいWXR-2533DHP2って奴。2階建てとかの方は、こういうのがいいでしょう。

このバッファローWCR-1166DSを選んだのは、11ac対応ながら、とにかく段違いに安かったから。フラッグシップモデルの1/5だもんね。それでいてビームフォーミングにも対応しており、きちんと866Mbpsもの速度が出る。


安い理由ははっきりしている。「利用推奨環境1人・ワンルーム」という点だ。つまり電波出力を無理に上げず、その分コストを下げているということだろう。

あと有線LANソケットも1+1と少なめになってるのもコストに効いているはず。とはいえ私の場合、光電話のルーター自体に有線LANソケットが多数あるので、問題はない。


「ワンルーム推奨」という点。私のアパートはワンルームでなく寝室+リビングだが、「まあカタログ記載情報には余裕をもたせてるだろ、日本企業だし」という信頼の元、買ってみた。

結果から書けば、問題なし。トイレだろうとベッドの奥だろうと、同時に複数台の無線LAN機器を稼働させようと、問題なく高速通信できている。だからおそらくだが、一軒屋で1階と2階で共用したいとかでなければ、あんまり問題ないのではないか。


大正解の買い物だった。


届いて驚いたのは、想像以上に小さいこと。写真でもわかるように、かわいい形状でもある。感覚的には、消臭剤くらいの印象。他のルーターがともするとトゲトゲしたガンダムみたいなデザインなのと比べると、なかなか上出来だ。

おまけに黒くてアンテナも出ておらず主張しないので、リビングに置いても控えめだから気にならない。現在、NASの上に置いてある。


バッファロー製品なので、設定も簡単。私は通信系が割と苦手なので、NASだのルーターだのの通信系統は、おおむねバッファローに統一している。


editors_brain at 08:30|PermalinkComments(0)モノモノ図鑑 | ライフハック

2016年10月20日

旅行中に1日6食できず1日3食になったら、ガンガン太った

このエントリーをはてなブックマークに追加
ところでタイ旅行中に私の1日6食が崩れて1日3食になったらテキメンに太った。


私の旅行はどれもダイビングツアーなので、ほぼ1日中船の上だ。そのため食事タイミングは基本的に朝・昼・夜の3回に制限される。するとこれがとんでもなく腹が減るので、バクバク食べる。結果として体重が増えた。

たかが10日間ほどのツアーなのに、2キロほど増えてしまい、帰国後にジムベルトのサイズが合わなくなって困った。


「1日6食のほうが太るのでは?」とお考えの方もいるだろうが、逆。6食ではなにせお腹が空かない(腹が減る前になにかを胃に入れるから)。なので1食あたりの食事量が少ないので、トータルでの摂取カロリーも低いと考えられる。

おまけに(ここは科学的エビデンスがなく私の個人的経験知だが)空腹を感じない分だけ体が「余剰蓄積モード」に入らないので、脂肪としての蓄積力も下がるのではないか。


実際、東京に戻って業務に復帰して1か月で、体重はピューっと減って、すっかり元通りだ。「なにか我慢している」とかではなく、望むままに食べてもこうなる。


私の場合、カロリー計算はしない。晩飯は好きなものを好きなだけ。炭水化物抜きダイエットみたいな過激なこともせずに、白米だろうがうどんだろうが遠慮なく食べる(アレは糖尿病患者が危険性承知で挑むものだ。糖尿病のほうがリスクが高いから)。

要は面倒なしストレスなしで勝手に痩せるわけだ。


痩せる理由はいくつかある。まず、筋肉が着いているので基礎代謝が高い(潜水中の酸素消費も多いのが痛し痒し)。

次に、好きなものを好きなだけ――とはいっても、摂取タイミングと内容は考えている。

甘いものを食べたければ、基本的には運動直後の食事に取り入れる。それは筋トレ後の筋肉分解を防ぐには糖分摂取が重要だからだ。運動直後はなるだけ素早く血糖値を上げたい。

菓子や果物どころか、運動直後に飲むプロテインには、粉飴とかで糖分を添加しているくらいで。私の多食にはプロテインを多用するので、安くて種類豊富な海外品を購入している。


それに晩飯には時間を割いて、急激な血糖値上昇を防ぐようにしている。ま、単にタラタラ飲んでいるだけという幸福な食事をしているだけだが。

つまり――運動直後の糖分摂取もそうだが、炭水化物抜きダイエットの理論的支柱である「血糖値のアクティブコントロール」という概念は取り込んでいるわけだ。


仕事柄、晩飯後、寝るまでに5時間程度は空くので、その間に小腹が空くと、プロテインを飲む。睡眠中のアミノ酸供給のため、就寝直前にもやはり摂取する。

以前は昼の食事はおにぎり×2回程度だったが、最近はいろいろあって、1食+プロテインとなってる。


ざっくりまとめると、私の場合、1日8食くらいになる日も多い。そのうち、昼食は外食かコンビニ飯。晩飯は飲みにいったり自宅で飲んだり。あとはおおむねプロテインのみだ。

バランス調整がやや不足と考えるので、朝食時にネイチャーメイドのマルチビタミン・マルチミネラルを、1日推奨摂取量の半分だけ飲んでいる。半量にしているのは、「基本的にこれらは食事で摂取できているはず」なこと。加えてビタミンAやEといった脂溶性ビタミンは、過剰摂取で健康被害が起こるからだ。過剰よりは少なめのがいいじゃん。




また、以上はあくまで基本であって、「チートあり」にしている。プロテインばかりだと、やはり飽きはくるので。「今日は飲んだ後にラーメン食うぞー」「ケーキがん食いしたい」と思えば、遠慮なく食べる。そんなん我慢するのもアホらしいし、食べて罪悪感を感じるなんて最悪だ。

それに、1日多食生活を続けると、前述のように脳が「こいつに飢餓はないな」と判断するせいか、無茶食いはあんまりしたいと思わなくなる。だから自由自在に食べても過剰摂取の闇には沈まない。


「食べない系ダイエット」に励む方は、異様な食欲リバウンドと、飢餓から来る吸収率向上によるダブル反動で一気に太ったりするじゃん。おまけに摂取カロリー絞った時期に筋肉が落ちて代謝がガタ減りするので、太るときは容赦なしという。もちろん筋肉が落ちるから体型も悪くなるしさ。

要はその反対というか。


――そんなわけで、今晩も楽しく飲むのさ。なんか最後は酒呑みの自己弁護みたくなったなー。。。


editors_brain at 08:30|PermalinkComments(0)ライフハック 
profile
楽天市場
動画観放題 月325円!