2014年06月20日

私が担当した電子書籍、絶版にしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
ところで、私が担当して出版した電子書籍、絶版にしました。

この書籍を企画したのは2010年。もう4年前だ。当時の電子書籍は、紙の書籍に比べ販売部数が1〜2%程度。つまり紙なら1万部出る本を電子化すると、販売部数は100部とか。

1500円で初版1万部の書籍なら、著者に入る印税は、10%で150万円。これが電子書籍では2万円といったところだ。


私が手がけたのは、紙の書籍を並行させない、電子書籍オリジナルの企画。売れないとはっきり言った上で、「一緒に新しい市場に挑戦しよう」と著者の方を口説いた。

とはいえ丸損を押し付けて書き下していただいたわけではない。そんなこと、申し訳なくてできない。そうではなくて、原稿自体、「原稿料」という形ですでに償却済みのものを書籍化した。

もともと書籍化の約束があって書いていただいたものではない。それに紙の書籍にするにはハードルが高すぎて無理と思われた。

なので電子書籍で多少とも売り上げれば、著者にとっては(金額の多寡は別にして)思わぬボーナスといったところだ。


そんなわけで電子書籍として発行したのだが、予想通り全然売れない。ウチとしてはオーサリング費用とか表紙イラストとかの外注費だけで赤字だ。編集費用とか事務費用をまったく考慮に入れなくとも。


4年前の話だけに、当時の私としては電子書籍編集・制作の実務を知り、その可能性や課題を押さえる目的だった。なので販売数の少なさや赤字は、大きな問題ではなかった。

それでも編集者のサガで、「なんとか売れる本にしてやる」という思いが編集中に湧いたのはたしかだ。

ウチや他社の電子書籍の販売動向から売れないのは予測できていたので、印税計算は半年に1回と頻度を落とした契約にした。が、そのたびに「印税●ひゃくえん」とか。湧いた思いがあるだけに、著者に連絡を入れるのも申し訳ないレベル。

それに当時はまだ電子書籍の印税処理がウチの場合システムとして確立しておらず、担当編集者が半年ごとに各電子書店の売上データをもらってきて手作業で計算、起票しなくてはならなかった。

やたらと手間がかかる。銀行の振込手数料のほうが印税額より多いレベルでそうした計算をしていると、どうしても「不毛な作業」という言葉が脳裏をよぎった。


私は異動になったので、それは後任編集長に引き継いだ。しかし半年に一度のイレギュラーな作業、しかも自分の担当ではなかったとなれば、忘れられてしまう危険性がある。そのため、起票時期になると私がリマインダーのメールを打ったりしていた。


のだが、先日、後任のさらに後任編集長と話をして、絶版にすることにした。つまり、これ以上商品として並べていても、たいした印税をお支払いできるとは思えない。ビジネスとしての展望もない。手間ばかりかかる。

だったら著者の方には今後見込める印税額累計よりは豪勢な食事でも楽しんでいただいて、頭を下げて絶版にしようと。悔しいが、つまりはそうなった。


今は電子書籍を閲覧できる端末も増えているし読者層も増えているので多少はマシだが、当時はそうだったのだ。


電子書籍黎明期には「在庫コストがゼロに近いので絶版がなく、ロングテールで多様な書籍が売れる」とか夢が語られていたわけだが、まあ現実はこんなものだ。

印税支払いは一定額に達するごと、とかいう契約にしておけばロングテールも可能なんだろうが、そのようにするには業務システムを開発しなくてはならず、そのためのシステム投資額が問題になる。どこの出版社も、売上とコストと将来性を天秤にかけながら、進めているところだろうな。


editors_brain at 08:00│Comments(2) 出版界でメシ食いたい方に 

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しの隣人さん   2014年06月20日 11:15
んー会社のシステムが電子書籍に対応できてないってだけの話な気もする
紙と同じ(今回は紙よりも劣った)システムじゃ、電子書籍のメリットを生かしきれないのは仕方がないかと
2. Posted by はちうり   2015年04月29日 19:27
上に同じです。

電子書籍の売り上げの方が、情報としては既に管理しやすい形であると想像するのですが。
書店に置く紙媒体の本では、入庫した数、実際に捌けた数、在庫数などの多くの情報を扱う上に、結局は棚卸しのときに人力で数え直ししていますよね。つまり、負担を書店が負っているだけであり、チェックそのものは大変そう。
出版社としても、各書店とのやりとりをするために営業コストを払っているはず。

一方の電子書籍では、電子化された売り上げデータを受けとるだけだと想像します。データベースと自動入力プログラムを作れば、システムは完成では。売り上げ自体がないことはなんともしがたいですが。

販売促進や文化づくりとして書店が負う役割は依然として大きいのでしょうが、私の場合はネットのレビューなどであらかじめ情報を取捨選択し、目当ての本だけを手にいれようと書店を訪れることはままあります。
そういうときに、書店を歩き回るのは面倒でとりあえず電子書籍で探すのですが、まず置いていません。そういうわけで通販を頼ります。

この業界は応援していますので、頑張ってください。電車の中で読むなら、電子書籍の方が断然いいです。
さらに、電子書籍で買い物の失敗をやっても、ほとんど精神的ダメージがないんですね(笑)データを消せば済みますから。そういうわけで、のめりこみそうな気配はあります。

そもそも読みたい本が電子書籍化されていないのですが。

読みたい本さえ電子書籍になっていたら、のめりこみそうな気配はあります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
楽天市場
動画観放題 月325円!