2009年05月22日

新型インフルエンザ「政府は大げさに騒ぎすぎ」と語る「アレ」な人達 その背景・動機にはなにがあるのか……

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型インフルエンザ関連で、最近ネットを見てると目に付くのが、「政府は大げさに騒ぎすぎ」みたいな論調。

「そもそもマスクはウイルス予防には効果が無い」「うがいも効果なし」あたりのどっかで聞きかじった半可通から始まって、「旅行取り止めや休校は子供がかわいそう」とかなんとかのモンスターペアレンツ系、さらに「欧米では感染者が出た学校でも休校にしない。騒いでるのは日本だけ」みたいな欧米コンプレックス+事実誤認(ダメな国に合わせる必要はないし、そもそも実際は米国や英国でも休校措置を取っている)。果ては「大騒ぎして国民の目を自民党の悪政からそらす陰謀」だの「マスク業界に天下りした奴の陰謀」だのの、頭のおかしい人の陰謀論まで(笑)。


こういう人は、危機管理というものを、まったくわかってないんだろうな。当初、メキシコでの蔓延が明らかになった頃は情報が錯綜しており、致死率もメキシコ政府発表を信じるなら10%弱という数字だった。そもそも鳥インフルエンザでは致死率60%であり、こうした情報・状況に応じて、厳戒態勢を取るのは当然だ。

その後正確な情報がわかるようになり、もし危険性が少ないと判明したのなら、警戒レベルを下げればいいだけの話。

その当初の警戒態勢をあげつらって、「日本だけが大騒ぎしてる」とか批判するのは大間違いだ。まあ「わかってて批判する」、それこそ陰謀的に策動する一部の人もいるだろうけど。私としては、一部の週刊誌がこの論調に乗っかって一儲けしようとしてるのが、同じ出版人として、まことに情けないorz


「今回たいした被害がなかった」で安心するバカが多量に発生するのが、いちばん危険なシナリオかな。鳥インフルエンザが新型に変異したら、こうしたバカが日本人の感染率・致死率を上げると思うよ。関西では「大丈夫だろどうせ」で休校中に遊びに出る高校生が続出してるみたいだし。

子供だと大人への反発をベースに「先生の言うこと聞く奴はかっこ悪い」「不良がいいい」みたいな変な価値観があるから、友達に誘われたら出掛けて「勇気のあるところを見せたい」と思う頭のレベルが「アレ」な子もいるだろうし(でもこれ中坊くらいまでだと思うんだけど)。


ちなみに、マスクやうがい、手洗いが無効なわけではなく、正しく取り組めばもちろん有効だ。じゃなかったら知識のある医療関係者がマスクするわけがないだろ。マスクをすることで感染者からのウイルス拡散だって妨げられるわけで、とにかくマスク・手洗い・うがいだけは実行しよう。我々大人だけはせめて。

editors_brain at 09:19│Comments(0) 雑記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
profile
楽天市場
動画観放題 月325円!