edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

18 5月

【速報!】太陽光パネル義務化中止を求める知事宛請願書提出!

小池知事がグイグイ強引に進める「新築戸建て住宅への太陽光パネル設置義務化」について、職人議員お姐は昨年秋からロックオンしており、本年第一回定例会2月25日一般質問にて都議会議員126名(欠員1名w→木下富美子氏辞職による)中、唯一疑義を呈す質問しておりました。
このところ、この大問題に都民はじめ全国の賢明なる皆様がお気づきになり、上田令子Twitterが大いに盛り上り太陽光パネル義務化反対 の機運が高まって参りました!
鉄は熱いうちに打て🔥
善は急げ💨
IMG_3872
▲知事室に提出の様子

ということで本日午後、小池知事へ憲法に基づく請願書を提出しましたので全文紹介いたします。


【太陽光パネル設置義務化中止に関する緊急請願書】

令和4年5月18日
東京都知事 小池百合子 殿
地域政党「自由を守る会」 代表 東京都議会議員 上田令子

 貴職におかれましては、都民利益を最優先にした都政実現の為、ご尽力いただきたいと切望するものです。
 日本国憲法第16条および請願法第3条に基づき、請願書を提出いたします。同法第5条に則り、誠実なご処理・ご検討の上、令和4年5月31日正午迄に、文書にてご回答をいただきますよう、請願いたします。

◆政府よりも先んじてる女帝パフォーマンスをゆるさない◆
 さて、小池知事が新築物件の屋根に太陽光パネル・充電設備の設置を義務付ける条例の検討を指示したと報じられております。設定について、国も義務化を検討したものの、価格上昇を懸念し見送り慎重な検討をしている中、小池知事は政府との政策調整もせず、功名を急いて突如として強力に義務化を進めようとしております

 自宅は一生一度の大きな買物で、失敗・瑕疵は許されません。パネルの償却は25年で、それまでに物件を手放す人がいないと考えれば、かなりの負担になります。あらかじめ都民にコストを負担させることは選択の自由を奪い、財産権の侵害で、憲法第29条違反です。

◆初期投資・維持・廃棄・災害コストは誰の負担?◆
 まず、大手ハウスメーカーから対象を始めるとのことですが、中小零細企業の受注機会を奪うのではないかと懸念するものです。一方、都民における一生分の費用経費が幾ら増えるのか、そして、それは負担可能な金額なのか、イニシャルコスト、ランニングコスト、故障・破損時の負担、廃棄コストは誰がどのように負担するのでしょうか。
 「太陽光発電システムは、太陽電池により光エネルギーを電気エネルギーに変換しているため、外部から発電を遮断できないことから、火災の初期から残火確認等に至るまで、感電事故の可能性がある」等総務省消防庁からも指摘されており、密集慈雨宅の多い東京都においては地震や火災等災害時の太陽光パネルの取り扱いについて多くの都民から危惧の声が届いております。
 現行パネルの多くが寿命を迎える2030問題も指摘されており、今般義務化の先における、25年後についての明確な対策も示されていないなか、陽光発電設備設置義務化の義務化条例制定は拙速と言わざるをません。
 上田は令和4年第一回定例会の一般質問で疑義を質しましたが、小池知事は政策判断の根拠を説明せずに答弁から逃げ、環境局長に答弁させるという極めて不誠実な態度に終始しました。

つきましては、以下につき質問・要望させていただきます。

◆拙速かつ無謀な「太陽光パネル設置義務化」を質す9つの問い◆
一 小池知事が義務化検討を指示した時期、契機、根拠を時系列でご説明ください。
二 東京都民には設置の拒否権があるのかないのか、拒否権の有無についてどう周知するのかお示しください。
三 設置コストは電気代削減や売電収入により初期投資が賄えるとしていますが、客観的根拠を示して下さい。
四 地震等などの災害時における、落下、引火等設置による危険性に対して消火活動等対策を伺います。
五 太陽光パネル設置による火災や家屋損傷など都民の私有財産である家屋に被害が発生した場合の補償等責任をどうとらえているのかお答えください。
六 設置された建物が空き家となった際、安全に維持管理できるのか、また事故発生時誰がどのように責任を取るのかお示し下さい。
七 廃棄処分の方法や処分場所、太陽光パネルに含まれている有毒物質の処理方法についてお示し下さい。
八 設置後の受電体制は整っているのか、設置者すべてが売電できるのかインフラの状況を確認します。
九 第二回定例会での条例提案及び、今後にわたり、全面撤回・中止を求めるものですが、知事の見解・判断根拠をお示しください。

以上

★お姐ch緊急公開!★
本日の請願提出報告と、第一回定例会のお姐質疑と都側答弁をまとめました。必見!


【都民・全国民の皆様も小池都知事と都議会へ声を上げて下さい
一人一人の力を束ねて

全力で太陽光パネル設置義務化を阻止しましょう!!

小池知事へは反対意見を届けましょう!
▶小池都知事への投稿フォーム
※上記サイトから「メールフォームへ」をクリックして記入して下さい。

第2回定例会にむけて反対陳情を東京都議会へ出しましょう!
▶陳情ガイド

都議会への意見はこちら!(陳情はハードル高い方はこちらがおすすめ♪)
▶都議会への意見フォーム

【お姐総括!】
世界各国の首脳陣と活発に外交を重ねている岸田総理に対抗して、外交は国の専権事項であるのに「国際派アピール」に必死な哀れな女帝
小池マリン

その一環として「決断できない政府、キッシーより元環境&防衛大臣のアテクシのほうが環境・国際政策が先んじてよ?!」とばかりに、時代錯誤の「サスティナブル」「SDGs」「太陽光パネル設置義務化」を、国益を損なう女帝の場当たりパフォーマンスに使われたらたまったもんじゃぁございません💢

この間、グローバルダイニングを一社狙い撃ちして吊し上げた、女帝の見せしめ行動へ5月16日に司法判断が下りました。

コロナ対応で「都の時短命令は違法」 朝日新聞

希望の党惨敗時は「逃亡中の女王」と揶揄されながらパリに、木下富美子氏の免停無免許当て逃げ事件の時は「長期休養」
今回は中東へ「外遊」。
小池中東

小池都知事、UAE出張から帰国  前大統領逝去で弔問 日経新聞

なにしにいってたんだか

いつも核心に触れる都合の悪いことから逃げる性分。ウクライナ侵攻で存在感を示す、フィンランドのマリン首相、スウェーデンのアンデション首相とは雲泥の差ですね。
肝心な時に逃げ出すのであれば、永遠に都知事の座にお戻りにならなくて結構でございます!

★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、都民シカトの女帝とガチンコし全力で義務化を阻止せよ!という方↓クリックお願いします!☆
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
1 5月

倉本みか氏(29)が自由を守る会から杉並区政に挑みます!

風薫る5月がスタートいたしました!
コロナ禍以降初めての何も制限のないゴールデンウィークを楽しくお過ごしのことと存じます。
5月は私の生まれ月でもあり、新緑も美しく花々も咲く初夏は過ごしやすく最もお姐の愛する季節でもあります。
そこで、皆様へ向けてのとっても嬉しい報告がございます。
杉並区議会議員補欠選挙が2022年6月19日に執行されるのですが、私たちの新しい仲間が杉並区政に挑戦することになりました!

【地域政党自由を守る会の頼もしい挑戦者は!20代女性の児相勤務経験者!】
地域政党自由を守る会は、杉並区政に挑戦する倉本みか氏を杉並区地域政策委員に決定致し、杉並区政に挑むこととなりましたことをお知らせいたします。
倉本みか写真トリミング
▲平成生まれ初の杉並区議会改革をめざす倉本みかさん

児童相談所に勤務し児相と児童福祉の現場を知る「情熱の福祉司」倉本さんは、杉並の子ども達の人権を守る子ども・子育て施策を実現する実力と何より使命感があります。
現在杉並区議会議員は二十代議員がいないことから新しいフレッシュな選択肢となること間違いなし!
そして、倉本さんは、ただ「若いだけ」「女性なだけ」ではなく児童福祉現場から得た知識・経験値の専門性も高いうえ、中央大学法学部を卒業し、各種法令にも明るく、しがらみない地域政党自由を守る会メンバーとして、行財政改革を進めムダを省き区民サービスを向上させる原動力となる有為の人材です。

代表であるお姐はじめ、自由を守る会現職地方議員、顧問・幹事、会員メンバー一丸となって倉本みかさんを杉並区議会へ送り出すべく支えてまいる所存ですので、是非杉並区民の皆様はじめ多くの地方政治をあきらめない皆様のご期待と応援・支援のお力をお寄せいただければ幸いです。
倉本みかホームページ

【倉本みか杉並区地域政策委員の熱い思いを一挙公開❣】
「情熱の福祉司」倉本みかさんご本人から、なぜ杉並区政にチャレンジするに至ったか、あつい思いがとどいておりますので、ぜひご一読ください!

*****
★児童相談所現場から見えてきたもの★
自由を守る会、杉並区地域政策委員の倉本みかです。

私は児童相談所で勤務を経て、東京都庁 福祉保健局 少子社会対策部に勤務していました。

令和2年度、児童虐待相談対応件数が過去最多の20万件(厚労省発表)を超え、私もその重大さを現場で感じてきました。

私は日々、「一人でも多くの子供を救いたい」その一心で懸命に働いてきましたが、
児童相談所で対応するのは「すでに虐待が起きた後」
これからは虐待が起こる前に、予防の手を打っていきたい、そのように感じ、区政を目指すことにしました。

★自由を守る会を選んだ理由は★
特に、自由を守る会の門を叩いたのは、
目黒区女児虐待事件で、都議会で唯一、質問に立ち、事件を究明された、自由を守る会代表 上田都議の使命感と子供たちのために行動する姿に、感銘を受けていたからです。

私も、自由を守る会の一員となって、子供たちが安心して安全に育っていくことができる社会を作りたい、とそう思いました。

★子どものための杉並区立児童相談所を★
杉並区は令和8年に杉並区立児童相談所を設立することとなっています。

その設立にあたって、私は現場を知る稀有な経験を最大限に活かして、
対応に遅れのない児相、子供たちの安全と命に責任をもつことができる杉並区を作っていきたいと考えています。

★杉並区に四代暮らしてきた一族だから見えること★
また、私の曾祖父から父は、戦前から高円寺に住んでいたので、小さな頃から高円寺阿波踊りや阿佐ヶ谷七夕祭りを見て育ちました。

小さな頃、近所の人たちが必ず声をかけてくれて一緒に遊んでくださり、私は人情味あふれ、温かい街すぎなみに育ててもらいました。

こんな時代だからこそ、幼いころから慣れ親しんだ杉並をより良く、明るく、元気にしたい。 29歳の若い力で恩返し!

上田代表を初め、自由を守る会の熱意ある議員の方々と共に、児童相談支援や、都庁での行政経験を活かし、
誰もが安心して暮らせる地域を作りたいと思います。

地域政党自由を守る会杉並区地域政策委員
倉本みか



【早速虐待防止根絶にむけた実践的取組をしています】
去る4月25日自由を守る会が応援し昨年松本たけひろ前市政を引き継がれた、柴光子和光市長を訪ねコロナ禍で叶わなかった「わこう版ネウボラ 〜妊娠期からの切れ目のない支援〜」事業の視察が実現致しまし
IMG_3418◀︎写真右から、倉本さん、柴市長、白川愛目黒区議、お姐

市の取組、並びに元児相職員という視点からの倉本さんの鋭い着眼点にも感激した1日でした。
自由を守る会は、目黒区5歳女児虐待死事件においても、どの会派、政党より一早く動き、世論を動かし、警視庁との連携強化など、東京都の虐待防止策の大幅見直しを推進し、議会を動かし東京都こども基本条例制定にいたる改革を進めてきました。
こうした活動の一環として「子どもの人権を守る会」新月こたけ代表と共催で虐待根絶を願い「虐待をこえる!こどものための児童福祉を考えるフェスin都議会」を厚生労働省児童福祉週間に合わせ5月6日(金)14時から以下の通り開催致します。
20220506フェス@都議会チラシ完成版

児童虐待経験者(サバイバー)、元児相職員、現役里親、地方議員ら、児童福祉の現状・現実を知るメンバーで、「子ども🧒の1日は長い❗️今すぐに動く!解決策を打ち出す」新しい試みがスタートします。
是非ご参加・参画下さい🙌
詳細・申込はこちらです

【お姐総括!】
20220404倉本美香2連ポスター
▲杉並区政治界隈がざわつく(笑)演説会のポスターの原稿ができました!!

小池知事や大臣に要望書渡してニコパチ📸でSNSに挙げてオシマイでは、虐待は根絶しません。
そんな地方議員は、無用の長物、税金で報酬を頂く存在価値はありません。

この度新たに勇気ある若きルーキー倉本さんも加わり、我々自由を守る会は、即動き!即解決する!虐待防止・児童福祉機動隊でありつづけることをお約束します!

★虐待の現実を知った現職議員を含めた4名が徹底討論!★

是非御覧ください!

★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、杉並から始まる自由を守る会統一への闘い!雪辱を晴らせよ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
28 4月

「上田令子を令和4年度予算特別委員会へ出そう!キャンペーン」その後

「上田令子を令和4年度予算特別委員会へ出そう!キャンペーン」
へのご協力、誠にありがとうございました。

東京都議会には、「上田令子を令和4年度予算特別委員会へ出そう!」とのメール、FAXが、本日までに計12通、届きました。(決算特別委員会から94通でした!)
お姐への熱き声援に、心よりの御礼を申し上げます。本当にありがとうございました!

さて、先の第一回定例会(予算議会)におきましては、計3回にわたり、「委員外議員の発言申出書」を提出し、小池知事はじめ、宮坂・デジタル担当特命副知事以下、各局長に直接、新年度予算について質疑する機会を求めました。

・2月28日提出:総括質疑への参加を求める発言申出書
・3月8日提出:しめくくり総括質疑への参加を求める発言申出書
・3月18日提出:しめくくり総括質疑(ウクライナ関連補正予算)への参加を求める発言申出書

【誰もやらない質問なのに黙殺!】
委員外議員の質問としては他の議員と被らないという前提がありますが、かぶり用のないものばかりなのですが、いやそれだからか(苦笑)、毎回蹴散らされている始末です。
質疑しようとした項目を一挙公開いたしますね!

小池知事の学歴をめぐる報道について
・小池知事の政治姿勢・トップマネジメントについて
小池知事CMについて
宮坂副知事の進めるDX政策について
・コロナ関連サイト・システムの受発注及び調達の過程について
・コロナ関連サイト・システムにかかる服務事案について
・都政における二元代表制のあり方について
・新型コロナウイルス対策について
・感染拡大防止ステッカーについて
・福祉施設におけるクラスター発生について
・都庁組織体制、特に「〇〇本部」について
・葛西臨海水族園について
・都立迎賓館(延遼館)について
・政策連携団体への知事の人事権行使について
・知事等の高額退職金受領について
・知事特別秘書の勤務状況・服務について
・野田数氏(元知事特別秘書・現東京水道株式会社代表取締役社長)による数々の非違行為について
・職員団体事務所の面積縮減・賃料有料化について
・オリンピック・パラリンピック競技大会開催の是非の判断と都の対応について
・オリンピック・パラリンピック競技大会開催時の学校行事の中止・変更について
・ベビーシッターマッチング事業について
・都議会議員選挙における「一票の格差」について
・子どもへのあらゆる暴力禁止について
・学校現場のイジメ(教員も含む)、スクールハラスメント根絶について
・「福祉型大学」等障がい児の卒後の自立支援について
・職員の服務規律と意欲向上について
・監理団体・報告団体・出資団体について
・財政の中長期的展望・持続可能性について
・税財源の確保について
・区市町村への財源移転について
・入札制度改革と談合防止について
・区市町村への財源移転について
・わかりやすい予算について書・資料づくりと電子化について
・生産緑地制度の適正な運用と固定資産税の確保について
・待機児童対策について
・各種虐待・ハラスメント・DV対策について
・児童相談所、一時保護所、養護施設等における子ども人権保障及び保護者への支援状況について
・社会福祉施設の運営適正化と指導・監督について
・多様な教育機会確保法について
・動物愛護政策について
・男女共同参画政策について
・医療政策について
・都立病院・公社病院について
・東京都の精神医療の在り方について
・選挙管理事務について
・都市基盤整備について
・住宅政策について
・中央卸売市場について
・オリンピック・パラリンピック施設整備について
・行政委員会委員等知事任命職の選任提案のあり方について
・小池都政における独自条例づくりについて
・その他

【またしても大会派にはじき出される】
この申し出に対する予算特別委員会(三宅正彦委員長)の判断は・・・
三宅委員長
動画はこちら冒頭
昨年に続き、3件とも、却下!!!
(議会用語では「不許可」)
となりました。

お姐は、一人会派になった、2018年以降、予算・決算の特別委員会への参加を求めて、質疑を申し出てきました。
今回も、これまでと同じく、「却下」との結果で、質疑をすることは叶いませんでしたが、都議会のメンバーが改選され、次のような新たな動きがありました。

(1)一人会派が5つとなり、そのうち1つの会派(グリーンな東京)からも予特委へ委員外議員の質疑が求められたこと。(こちらも同じく「却下」)
(2)予特委理事会での「却下」を委員会でそのまま「異議なし」と追認するのではなく、起立採決となって、お姐の質疑に賛成した会派があったこと。
(3)一人会派の質疑を認めるかについて、委員会で(会議録に発言が残る公開の場で)意見が述べられ、問題認識が示されたこと。

結果は「却下」で同じでも、一人会派が任期中、一度も予特委に参加できないこと(全都道府県議会でこのような運用は東京都議会のみ)が認識され、お姐の質疑の是非が議論されて、他会派から「当初予算の審議は、議会、議員にとって特別に重要なものです。
一人会派、無所属会派を含めて、全ての会派が予算審議に参加し、発言できるようにすべきです。」との意見が述べられことは、わずかであっても一歩前進と考えております。
ただ、自民党、都民ファーストの会、公明党、立憲民主党など、多くの会派は、一人会派の予特委からの「排除」を是としています。
このような都議会の特殊な状況を世に問うため、今回も総務省へ審決申請を提出いたしました。文末に全文掲載いたします。

【お姐総括!】
秋には昨年度の決算審査が控えています。決算審査では、小池知事も答弁に立つ見込みです。
この場での質疑が実現するよう、お姐、そして、地域政党自由を守る会は、取り組みを進めていきます。
引き続き、都民のみなさま、関係各位のご注目とご支援を心よりお願い申し上げます。
わたしはあきらめない!

・・・・・・・・・・・・・・・・
令和4(西暦2022)年4月12日
総務大臣  金子 恭之 殿
審決申請人  上田 令子
住所 東京都江戸川区船堀二丁目11番18号
電話番号  (03)3878-9032

行政機関の処分に対する審決申請書

 私は、下記の行政機関による処分により、正当な権利を侵害されましたので、地方自治法(以下、「法」という。)第二百五十五条の四の規定に基づいて、貴職に対し、当該処分の是正のため、審決の申請をいたします。


一 審決申請人
氏名  上田 令子
年齢  満五十六年
住所  東京都江戸川区船堀二丁目11番18号
職業  東京都議会議員

二 審決の申請に係る処分
令和4年3月22日、東京都議会(以下、「議会」という。)令和四年予算特別委員会(以下、「委員会」という。)における同委員長 三宅正彦(以下、「委員長」という。)が、同委員会委員らと意を通じて行った、審決申請人に対するしめくくり総括質疑における委員外議員の発言不許可処分

三 審決の申請に係る処分があったことを知った年月日
令和四年三月二十二日

四 審決の申請の趣旨及びその理由
1 趣旨
 委員長が行った審決申請人に対する委員外議員の発言不許可処分(以下、「当該処分」という。)の取消しを求める。

2 理由
(1)事実経過
 審決申請人 上田令子(以下、「申請人」という。)は、東京都議会議員の地位にある者である。
 委員会は、本年2月25日に議会本会議において賛成多数により設置され、第1号議案 令和4年度東京都一般会計予算外、関連議案35件(以下、「付託議案」という。追加送付を含む。)について付託された。申請人は、委員会の委員に自らが選任されないことから、委員39名からなる委員会設置及び付託の動議、三宅茂樹議長による委員の指名に、いずれも反対した。
 本会議終了後、直ちに委員会が開会され、東京都議会議員の三宅正彦(東京都議会自由民主党所属)を特別委員長に選出した。
 申請人は、3月18日に第113号議案「令和4年度東京都一般会計補正予算(第1号)」が追加送付され、委員会に付託されたことを受け、同日付けで委員長宛てに1号証に示す委員外議員発言申出書(以下、「申出書」という。)を提出し、3月22日の委員会において第113号議案についてしめくくり総括質疑の機会を求め、議会局はこれを受理した。
 申出書の趣旨は、以下である。

「3月22日の貴委員会において、下記事項について出席して発言したいので許可されるよう、会議規則第63条の規定により申し出ます。



1 第113号議案 令和4年度東京都一般会計補正予算(第1号)について
・小池知事の提案姿勢について
・ウクライナ・ロシア情勢についての知事の所見について
・燃料価格の高騰対策について
・中小零細企業支援における専門家派遣の費用対効果について
・ゼロエミッション推進施策について
・太陽光パネル設置推進施策について
・住居喪失不安定就労者・離職者等サポート事業について
・フードパントリー緊急支援事業と「子ども食堂」支援、社会福祉協議会のあり方について
・その他
以上」

 委員会理事会は、これを認めないものとし、3月23日開催の委員会冒頭でしめくくり総括質疑に入る前に委員長はその旨を諮ったが、賛成少数と判断し、総括質疑及び第113号議案を除くしめくくり総括質疑に続き、三たび、一方的に申請人の発言を認めない旨を宣告した。
 委員会では、同日、しめくくり総括質疑が行われ、付託議案について知事以下、理事者への質疑がされた。
 議会第一回定例会は、付託議案を可決し、閉会した。これにより事実上、申請人は、委員会における発言の権利を三たび、失った。

(2)審決申請の理由
上述の経緯をもって、申請人に対し、違法な権利侵害があったことから、以下のア〜エを理由とし、貴職により審決を求めるものである。

ア 議員固有の発言権の侵害である。
 都議会議員は、地方自治法に基づき、議会で発言する権利を有し、それを行使する職責を負っている。ところが、委員会の委員は毎年、ドント方式により各会派に配分されることになり、本会議の議決により、一人会派の議員は特別委員会の委員となり、出席し、付託議案の審査に参加することができなかった。
 知事、副知事、教育長、技監、関係局長、関係行政委員会事務局長ら多くの理事者が出席し、都政の喫緊の課題であり、都民の生命・健康ばかりか経済活動・財産的利益に直結するウクライナ・ロシア情勢による経済・社会情勢への影響と対策等について質疑し、答弁を得られる唯一の場である委員会に加わることができない会派があることは、公平性、平等性、比例原則を著しく欠くものであり、ひいては都民代表たる都議会議員としての責務を十分に果たし得なくなってしまう。これは、議員の重要な権能である発言権、質問権を奪うものであり、極めて違法かつ不当であると思料する。

 東京都議会会議規則(以下、「規則」という。)は、以下の規定を置いている。

(委員外議員の発言)
第六十三条 委員会は、審査又は調査中の事件について必要があると認めるときは、委員でない議員に対し、その出席を求めて説明又は意見を聞くことができる。委員でない議員から発言の申出があつたときもまた同様とする。

発言を申し出ている申請人が委員会で発言することはなく、発言をさせるかどうか検討するとき、申し出ている本人が発言できるような機会さえ設けられなかった。
申請人は、質疑事項を前述のように詳細に申出書に記載している。

ところが、申請人は、発言を求める理由を、いくらでも説明し得たにもかかわらず、発言を求めている申請人は排除されたまま、委員会理事会が開催された。委員長は、申請人から質疑を必要とする理由を聴取することも、質疑事項が精査されることもなかった。
さらに、3月23日の委員会において、全ての委員がしめくくり総括質疑を行っていないにもかかわらず、よって申請人による質疑が各委員の質疑と重複するか、補完性の有無を判断し得ないにもかかわらず、委員長は規則に反して、申出書にかかる聴取・精査を怠り、申請人による発言申出を不許可にしてしまった。
これらの違法行為よって、委員長らは、申請人の発言権、質疑の機会を侵害した。

イ 委員長らの議事整理が中立性・公平性を欠いている。
 申請人の発言を認めなかった委員長による判断は、委員外議員の発言申出を認めている会議規則及び委員会条例の理念に反し、議事運営の中立性・公平性を侵すものであり、権限の濫用である。
 また、申請人は、令和3年から令和7年にわたる現任期中、一人会派(単独会派)に属している限り、知事以下、全ての理事者が出席し答弁に立つ予算・決算を審査する特別委員会において、一度も質疑の機会が得られてない。そのことから、委員外議員として発言の申出をし、質疑の機会を求めることは、むしろ当然の権利である。
 委員長らの当該処分は、議員の権利を否定し、民主主義・地方自治の聖堂である議会における議事運営の中立性・公平性を害したものであり、断罪されなければならない。

ウ 委員外議員の発言を認める必要がある。
 上述のように、委員会審査では、ウクライナ・ロシア情勢による経済・社会情勢への影響と対策等について十分に論じられておらず、申請人オリジナルの質疑を行わなければ、知事の政治責任を問い、付託議案の可否について態度を明らかにすることは困難である。

エ 法の下の平等に反する。
 二号証に示したように、多くの道府県議会が予算・決算審査に一人会派の参加を認めている。関東地方に限れば、都議会を除く6県議会においては、全ての県議会で一人会派の参加を認めている。
 都議会においては、前述のように、一人会派の所属議員は予算・決算の特別委員会審査に任期中、一度も参加することができない。これでは都民代表である都議会議員としての職責を果たし難く、他議員との公平が害され、憲法第14条第1項による法の下の平等に反している。

 以上の理由により、委員長による当該処分を取り消し、違法な権利侵害の是正を求めて、法第二百五十五条の四の規定にもとづき、総務大臣に対して審決を申請するものである。

五 処分した行政機関の教示の有無及びその内容
処分庁からの教示は無かった。

六 審決申請の年月日
令和四年四月十二日

七 審査請求等を行わずに審決申請を行う理由
原処分につき処分庁は、申請人に対して、書面による通知を怠り、異議の申出、審査請求、審査の申立てについての教示を行わず審査請求等をする機会が失われたため。

八 意見陳述の申立て等
申請人は、当事者としての意見陳述をさせていただきたく、行政不服審査法第三十一条第一項の規定により、口頭での陳述を申し立てる。
また、必要に応じ、又は、貴職の求めにより、意見書の提出、証拠の提出、補正を別途補充して行う。

九 自治紛争処理委員による審理の要求
 申請人は、地方自治法第二百五十五条の五の規定に基づき、貴職におかれて、地方自治法第二百五十一条第二項の規定により自治紛争処理委員を任命し、本審決申請を審理させることを要求する。

十 添付証拠
 一号証  本年3月18日付け委員長あて委員外議員発言申出書の写し(申請人作成)
 二号証  各都道府県議会における予算・決算審査への一人会派の参加の状況調べ(東京都議会局調査部作成)
  (必要により、東京都議会会議録・委員会速記録等を発行次第、その他証拠を三号証以下として追加で提出いたします。)

以上

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、ふるい議会を新しくするのはお前だ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
28 3月

令和4年第1回定例会を終えて(地域政党自由を守る会代表談話)

第6波のさなかに始まった、東京都議会第1回定例会が先週金曜日に終了いたしました。
お姐の態度表明を含めてご報告いたします。

【令和4年度予算には反対】
 本予算は、前年度対比5.1%増の15兆3,979億円、一般会計歳出総額7兆8,010億円とまたしても過去最大の大型予算となりました。
 せっかく税収が、約5,900億円増加し、5兆6,308億円と令和元年度に次ぐ3年ぶりに11.6%プラスとなったわけですから、DX推進、国際金融都市、サステナブルリカバリー…聞こえがいいものの効果不明の新規事業568件合計1,923億円を次々と展開するよりも、福祉・教育など現状施策の都民益に適う運用を徹底し、コロナ禍が益々深刻化し経営難や生活困窮に苦しむ都民の命、心身と経済の健康に振り向けるべきです。
課題山積の小池都政に疑義を呈し、私は昨年、都議選に先立ち、度重なる不誠実答弁、奇をてらった数々の思い付きともとられかねぬ独断無策のコロナ対策で都民の命を危険にさらし、職員を疲弊させことを理由に、都議会史上三度目の知事不信任案を提出いたしました。小池知事は、予算編成にあたり、自己正当化と言い訳を覆い隠すような空虚な美辞麗句を並べ立てるのではなく、説明責任を果たせないのであれは、その職にとどまるべきではないことを今一度申し述べ令和4年度予算には反対するものです。

【組織改正・職員定数について】
第36号議案「東京都組織条例の一部を改正する条例」外2件は、都民文化、都民生活、青少年及びスポーツに関する事業を総合的に推進するため生活文化スポーツ局を設置するものなどです。
 また、第37号議案「東京都職員定数条例の一部を改正する条例」外2件は、令和4年度の各局の職員定数を定めるものです。
 私は初当選以来、16万人余りに上る都庁組織のスリム化、効率化、能率化と総人件費の削減を求めてまいりました。毎年度の予算編成にあたっては、「マイナス要望」を繰り返しております。ところが、歴代3代の知事は、これを顧みることなく、溢れんばかりのぜい肉で肥大化した都庁組織を改めようとはしてきませんでした。
 私は、大会以前から地方公務員法の分限の活用を含めたスリム化を求め、組織再編の方向性や具体策を問うてきましたが、全くのなしのつぶてでした。
 ところが、本定例会直前になり、組織委員会からの復帰職員の人数見込みや時期は確定しないまま第36号、37号議案が明らかになったのです。この点は誠に遺憾でありますが、昨年、オリンピック・パラリンピック東京大会が終了し、組織の在り方を正す好機であり、負のレガシーも含め建設的な大会の検証を進めることを期待し賛成はいたしました。今後も肥大化した都庁組織に抜本的なメスを入れないまま、職員組織の温存・永続をしまいか定点観測を続けてまいります。

【都立病院の地方独立行政法人化について】
自治体病院というものは、中・低所得の住民に安価に医療を提供することを目的として設立されてきた歴史があります。知恵をお金を出し合い、地域や職場というつながりで、万一病気になったときに低負担で医療サービスを受ける相互の信用と社会連帯を基盤とし、貧しい人にも医療を提供することを目指し、平等を意識した世界に類を見ない日本の医療制度の礎です。
コロナ化のただ中、小池都政のパフォーマンスのためにこの礎を壊されてはなりません。コロナ対策と通常医療に今は専念すべきであり、拙速な独立法人化に疑義を唱え断固として反対をいたしました。

【名ばかりの“チルドレンファースト”を質した一般質問】
今回の私の要の質問は墨田工業高校で起こった、水泳授業で水位が満たないプールにデッキブラシを持ち出し、飛び越えさせる危険な飛び込みを体育教師が強要し、高3男子生徒に頸椎損傷で重度障害を負わせた事故でした。
内川君車椅子
▲現在の内川起龍さん(ご本人提供)

私は事故直後の2016年第3回定例会一般質問以来この「学校人災」を質しつづけ、当日は教師の思い付きで突如水泳授業となったことをつきとめ、プールが浅かった謎を解き、学校管理者に責任があることを明らかにいたしました。
社会問題に発展した2012年大阪市立桜宮高校バスケ部員体罰自殺事件では、橋下徹大阪市長(当時)は、体罰教員へ損害賠償の半額を負担させる請求をしました。前途ある若者を育むはずの学校現場で、よりによって教師によって将来も、夢も、健康も奪われたことは風化も看過もさせてはならないはずです。求償権を持つ小池知事へ同様の対応を求めましたが、答弁から逃げ教育長に答えさせる不誠実な対応に終始いたしました。「総合教育会議」も今年度は開催しておらず、知事が度々口にする「チルドレンファースト」がいかに空々しいものか、いかに子どもに関心がないのかお分かりいただけたと思います。

上田令子一般質問はこちらからご覧になれます

【委員外議員の予算特別委員会への参加について】
都議会は長年、当初予算を審査する予算特別委員会(予特委)への一人会派の参加を認めてきませんでした。新任期にあたり、一人会派が5つとなったことから、この問題が顕在化しております。
 この5名の都議は、複数会派を組むか加入しない限り、任期中、一度も予特委員になることができません。このような運用がされている都道府県議会は、全国で都議会のみです。
 そこで、上田は3年間続けて委員外議員の発言手続きにより、予特委質疑の機会を求めましたが、今定例会中、3たびにわたり多数会派により拒まれました。
 ただ、今期は他の一人会派からも質疑を求める動きがあり、それを認めようとする会派がありました。一歩前進と心強く受け止め、引き続き、予算審査に多様な都民の少数意見を吹き込むべく、取り組みを進めてまいります。

【拙速かつ官房系人材登用教育長人事案には反対】
教育は、コロナ禍の子どもを守る重要政策にもかかわらず、会期末も迫った時期に当時提案されたことに関してあまりにも杜撰かつ、子どもの人権を軽んじているのではないでしょうか?
そもそも教育長が、鈴木都政以降、教育畑からの起用は一切なく、今回も現水道局長からの横滑り人事で、官房系出身の幹部経験者の天下りへの「いっちょアガリ指定席」に成り下がっていることが諸悪の根源なことからも反対致しました。

【都民の最大限の利益をめざす予算の実行を】
東京大改革の変質が改められ、新年度予算の実効性が一層高められ、小池都政による恣意的・猟官的人事を強く戒め、全庁職員が士気高く生き生きと働き、都民に効果的・効率的に還元され、全都民の心身と経済の健康・福祉が増進されることを願い、地域政党自由を守る会は令和4年度も邁進してまいる所存です。

以上

【お姐総括!】
ロシアによるウクライナ侵攻が始まった2月24日は、本会議では一般質問の真っ最中でした。
外交は国の専権事項ですので、軽々な発言を戒めてまいりました。
子ども達や両国の若い兵士が犠牲になっていることにおいては、ただただ悲しみの思いでいっぱいです。平和や自由を失われて初めてその重要さを知るわけで、政治の末席にいる者として、官僚主義と権力の暴走を地方政治の場から食い止める努力を続けてまいる所存です。

【ひとりごと】
入学式
▲戦車好きの彼がリアルに大国が戦車から大砲を放つ現実に胸を痛めることになろうとは思いもよらなかった4年前の入学式

次男が無事大学を卒業し、遠方に就職するために今夜我が家も卒業していきました。

保育園の帰り道
ジャングルジーム♪ジャングルジーム鈴が鳴る🔔
と口ずさんで母を爆笑させてくれた君

小学校上がる頃から選挙選挙で、全然手をかけてあげられなくて。
今思えば、なんで子育てを後回しにしてまで、世の中をよくしたいと、人の選挙の応援にかけつけてたんだろう。そこまでやっても、後ろ足で砂をかけられるころばっかりだったんだから、もっと子ども達と旅行とか一緒に遊びにいってあげればよかったと、後悔し始めたらキリはないけれど…
義父母さん、義妹さん、義弟さん…上田ファミリー総動員、少年野球ゴールデンタイガー、えどがわワークマムの仲間達、船堀小ママ達に支えてもらい、お陰様で気は優しくて力持ちに育ってくれました🙇‍♀️

22年間楽しい子育てをありがとう。
母も沢山のことを教えてもらいました。
目を閉じればかけがえのない想い出の玉手箱が開いて幸せな気持ちになります。
輝かしい未来は、確かに君の手の中に。

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、ふるい議会を新しくするのはお前だ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ


15 2月

上田令子を令和4年度予算特別委員会へ出そう!キャンペーン開始!

火事と喧嘩は江戸の華!

国会も地方議会も議会の華といえば「予算特別委員会」通称「予特(よとく)」
いよいよ明日から始まる都議会初場所第一回定例会で「令和4年度予算特別委員会」が始まりマス。

日本の首都花のお江戸東京都議会はその有史以来、一人会派を一度たりとも予算にも決算にも出させてこなかったこと、そしてそのような旧態然とした議会運営をしている都道府県議会は東京都だけであることをお姐blogで都度訴えてきた次第。

令和3年度都議会予算特別委員会にお姐を出そう! 2021.2.10

「全都道府県議会比較表」赤字が東京都
20201120予算特別委員会においての一人会派
▲沖縄県議会は一人会派が現在いないが、存在した場合は何らかの発言権確保に向けた運用を検討するとのこと。議会局調査部調べに基づく自由を守る会調査結果

というわけで、今年もこのシーズンがやってきた!

【東京都議会へ物申そう!キャンペーン発動!】

東京都議会ホームページの以下のご意見募集投稿フォームにご意見を寄せてください。

東京都議会ご意見・ご要望投稿フォーム

「上田令子都議を令和4年度予算特別委員会に出席させて下さい。」
「すべての都議会議員が予算特別委員会に出席できる議会改革を求めます。」
「ふるい議会を新しくするために、上田令子都議の予算特別委員会の出席を認めるべきです。」
「他の道府県議会同様、一人会派も含めてすべての議員が予算特別委員会に出席できるようにして下さい」

等などご自身の言葉で送って下さるとありがたいです!

その際最後に
「私の要望をすべての会派に見て頂きますよう回覧をよろしくお願いいたします。」
と追記して下さると助かります。
なぜ、この最後の一言をお願いするかと申しますと、江戸川区議会議員のころはは、議会にメールが来ますとすべての会派にその内容が届き回覧していたのですが、都議会はもらいっぱなしで議会局でプールされてしまいすべての都議が共有できていないのです。
この件ひとつとっても、なんと旧弊的で隠ぺい体質であることがお分かりいただけると思います。

【無所属一人会派5人衆が立ち上がった!】
これまでと違うのは昨年7月の改選を経て、無所属・一人会派が5人も誕生したことです。
お姐一人の闘いが、5人に増えれば各会派の態度も大変紳士的なってまいりました。
ぜひ、我々の思いを都民の皆様、有権者の皆様共有させて下さい!
あともう一歩です!
IMG_2449
▲左から生活者ネット岩永都議、お姐、グリーンな東京漢人都議

予算特別委員会運営に関する要望

東京都議会議長        三宅 しげき  様
東京都議会副議長       本橋 ひろたか 様
東京都議会議会運営委員長   小宮 あんり  様
2022年2月15日

都議会生活者ネットワーク 岩永やす代
地域政党 自由を守る会 上田令子
グリーンな東京 漢人明子
東京維新の会 松田りゅうすけ
東京みらい 森澤恭子

 私たち第21期東京都議会議員は、昨年7月4日の選挙で都民から直接、選出され、都政を付託されました。明日より開会されます令和4年第1回定例会におきましては、予算特別委員会が設置され、現任期初めて、当初予算が審査されます。予算特別委員会が始まるにあたって、同委員会の運営における無所属会派の取り扱いについて、少数意見も反映され、より開かれ活発な予算審査に関して5会派の総意をとりまとめました。
 つきましては、以下の通り要望いたしますので、その実現に向けてご検討いただきますようお願い申し上げます。



【要望事項】
 予算特別委員会において、無所属会派の参画の機会を保障すること。

【要望理由】
 東京都議会においては、一般会計を始め新年度予算は、予算特別委員会に一括して付託され、総括質疑、しめくくり総括質疑、討論、少数意見の留保を経て、議決に至ります。
 ところが、これまで、無所属会派は任期中、一度も予算特別委員になれず、これらのプロセスに参画することは認められていません
 現任期は無所属会派の議員が5人いますが、このままでは、予算特別委員会に5人すべてが参画の機会を得られないことになります。少数者の声を大切にし、会派の大小にかかわらず議員の議会活動が活発にできるよう、予算審査においても少数意見を反映し活性化に資する改革につながると思います。
 少数意見の尊重は、民主主義の基本原理です。
 そこで、新年度予算審査にあたって、無所属会派の意見の反映のためのご配慮を要望するものです
 関係各位におかれましては、真摯かつ前向きなご検討をよろしくお願い申し上げます。

以上

【お姐総括!】
一人会派を排除して、さぞかし深い議論ができているのであれば別ですが、お姐からすると行政や知事を称えるチョーチン質問、事業概要・長期計画をなぞるだけ質問、我が地元へ利益誘導的お土産質問、俺節ワタクシ節・自我に酔いしれ質問、聞きかじった全然参考にならないカタカナ・外国の事例持ち出し空想質問…と聞いててその無駄な(失敬!)時間をお姐に5分だけでいいからチョーダイ!と思うのであります💢

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、ふるい議会を新しくするのはお前だ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ

2 2月

石原慎太郎氏を悼む 〜石原都政がなしえたいくつものこと〜

東京都知事、国会議員、運輸相、環境長官を歴任された石原慎太郎氏が昨日逝去されました。

平成29年2月22日豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会が設置、いわゆる「百条委員会」に引っ張り出された時も泰然自若、威風堂々とされた姿は忘れられません。
賛否はあれど強靭な知性のもと確立した国家感と矜持を持たれた政治家であり、日本を代表する作家であられました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【市井のカーチャンでしかなかったお姐が、「石原都知事と議論する会」に参加】
22年前の2月、知事となってまだ1年もたたず、保育園待機児童であった次男がまだ0歳児だった頃に「〜東京ビッグトーク〜石原知事と議論する会 今、子どもたちに居場所は? 家庭・学校・地域は機能しているか 〜心の東京革命〜」公募へ申し込んだところなんと予選通過!子育て支援について話す機会を得ました。

都立九段高校の体育館で開催されたれ、入り口では歓迎のため高校生も待ち受けていました。「知事が来たら裕次郎!ボス!の兄さん!とか声かけてみようか」などと、はしゃいでいましたが、石原知事が入ってきたとたんその堂々たる存在感に威圧されシーンとしてしまったこと、若者もホンモノには畏敬の念を抱くのだなと苦笑した強烈な思い出があります。
男尊女卑な昭和の男性イメージがありましが、真摯で知的な孤高の政治家と感服したものです。
若きお姐が取りまとめた都知事と議論する会経験談はこちらです。

【都認証保育所の生みの親は石原都知事】
女子どもの敵!といわれなくもなかった政治家であったかもしれませんが、保育園待機児童問題の国の動きが遅すぎる!と株式会社等参入を促し東京都認証保育所を政府に先んじて待機児童解消策を推進し、多くの受け皿をつくってくれました。
排ガス規制もやりきった環境派でもあり、長男の喘息も改善し多くの保護者も感謝したものです。
「タカ派」といわれながらも、子育て支援策、環境施策まで手掛けた石原知事は、文学者としての石原作品の底流となるにある実存的な「人間」への視座が政治へも反映されていたと考えるものです

【保育園第三者評価を始めたのも石原知事】
共産党・日教組など左派による「民間に任すと保育の質が劣る!」(←意味不明💦)という批判をものともせず、民間参入を促すと同時に保育の質担保のための保育園第三者評価を始めたのも彼でした。
福祉現場はノータッチで誰も手が付けらられず、利用者は文句も言えずトラブルがあっても泣き寝入りするアンタッチャブルな風土に風穴をあけ、やがて福祉全般の外部評価につながっていったのです。

【災害時に備えた「ランニングストック(流通在庫備蓄)」制度を始めたのも石原知事】
災害備品(ことに食料品等)を大量に購入して期限等がきて廃棄することを憂い、民間から市場価格で買い取ることを約束し、物資を市場で流通する形で備蓄する方式を採用されました。
ランニングストックがランニングストップ?!燃料備蓄問題に迫る お姐過去ブログご参照

【公会計制度導入のきっかけを作り財政健全化にかじを切ったのも石原都知事】
一橋大学を正真正銘「卒業」していたことから財務を熟知され、民間と役所の会計があまりに違うこと、バランスシートの感覚の欠如をいち早く指摘。
国に対峙して強力に進めた東京都公会計制度導入は全国自治体のさきがけとなりました。
美濃部都政以降悪化した都財政が大幅に改善され、約1兆円近く積み上げた都の貯金(財政調整基金)は女帝によってスッカラカン状態に…

石原知事時代新銀行東京で400億出資し、知事不信任案が出る等の批判は免れなかったかもしれませんが、これに比べれば小池都政で数千億失ったことがいかにケタ違いの損失かわかります。

【都営住宅世襲居住を禁じたのも石原知事】
血税が注ぎ込まれる都営住宅につき、同一世帯が平均25年以上住み続け、若年世帯が入れない不公平を指摘してきましたが、その先陣を切って、どの政治勢力も看過していた無条件に親子代々住み続ける都営住宅の実態にメスを入れ、世襲を禁じた上に都市整備局に一元化してくれたのも石原氏でした。
2004年4月1日に都市計画局、住宅局、建設局市街地整備部及び多摩ニュータウン事業部が再編統合されて、都市整備局にしたというのに、小池知事では政策協定を結ぶ政党に忖度をしたのか平成31年に再び「住宅政策本部」を作り既得権者擁護に戻してしまいました。
FullSizeRender
▲禁断の都営住宅の実態に斬りこむお姐渾身調査

【石原知事と小池知事の“特別秘書”の大きな違い】
「百条委員会に石原を引っ張りだせ!」というのが当時の小池知事特別秘書、都民ファーストの会代表野田数(現東京水道社長)氏の大命題でした。

本気で百条委員会をやるのであれば、弁護士等法と条例の専門家を雇って政調体制強化すべきなのに、当時“ファーストペンギン”(お姐もいた苦笑)への司令は、「浜渦つぶせ」の野田秘書直筆メモが来ただけ(笑)。
一方、石原知事特別秘書と副知事を歴任した浜渦武生氏はメモも見ずに百条委をやりきりました。
実力も胆力も桁違いの二人の“特別秘書”にお姐は百条委員会を傍聴しながら失笑していました。

浜渦氏「水面下なら答えてやるよ」 百条委で強気の反論 2017年3月20日朝日新聞

石原都知事最終日の退庁日の映像が故人を偲び流れていますが、都議時代の野田数氏が満面の笑顔で一番前で拍手をして見送っている姿が度々登場し苦々しく見ているお姐です💢

【お姐総括!】
小池知事の石原慎太郎元都知事の追悼文は、木で鼻をくくったまるで定型文でした。

石原慎太郎元東京都知事のご逝去に関する知事のコメントについて 小池百合子東京都知事

評価はわかれども多方面に偉大なる足跡を残した、知事としても政治家としても大先輩石原慎太郎氏への尊敬の念も心もこもってない内容は、いい意味で期待を裏切らず「小池百合子」という人間性が奇しくも著われているのであります。

「都民ファーストの会」の立ち上げメンバーとして小池知事誕生にかかわっていたお姐としては、小池氏が石原氏に確執する理由がわかるように思いました。
器があまりにも違うのに過去の恨みをずっと引きずって石原慎太郎氏ををおとしめることに快感抱いていたのしょう。
彼女が、百条委員会を強引に開き引っ張りだしたことを私は裏側から見ていたのでよくわかります。
それもある意味哀れなことです。冒涜によって自分は浮かび上がらない、絶対的な能力の違いは努力によってしか追い越せないのですから。

百条委員会への出席を実力派議員として都民に期待されましたし、メディアにも登場することは2017年東京都議会議員選挙前に目立って、マウントできておいしいことだったかもしれませんが、かようなことから私は委員を引き受けませんでした。

石原慎太郎氏の魂のやすらかなることを祈り…

東京大改革石原
▲石原慎太郎の東京大改革―東京から国を変える21世紀ビジョン – 2000/4/1東京新聞社会部「ウォッチング石原」取材班

小池氏「東京大改革」パクってたんか〜い!

 実は最初に石原元知事が掲げていた「東京大改革」の偉大なるバトンを引き継ぎ、焦土から立ち上がった東京、戦後の混乱期を泣き笑いしながら働いて納税してくれてきた都民を、自らの野心・政治生命ファーストで都民を、都政を踏み台にする「「シン・トセイ」と云う名の税喰いゴジラ」と闘ってまいることを、都民と故石原氏にお誓い申し上げます。

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、国文科卒として作家として敬意をもつ石原氏を学びブレず妬み嫉みひがみパクり政治家と徹底的に闘え!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
28 1月

令和4年度東京都予算案発表 〜「シン・トセイ」と云う名の税喰いゴジラ〜

本日午後2時に令和4年度東京都予算案が発表されました。
 あいもかわらぬ大盤振る舞い無駄遣い、お気に入り業界・団体への超バラマキ、都政史上最悪最大規模予算に、ため息しか出ませんでした。

▼都民の皆様 要チェック
令和4年度予算概要
メリーちゃんとハリー君がわかりやすく解説!東京都予算案まるわかりブック

が、税金イーター女帝と闘う唯一無二の戦士都議お姐が凹んではおれませんので「税のムダ、不正・癒着・天下り ズルいことはゆるさない。」がモットーの、日本初の保守改革自由主義地域政党自由を守る会代表として、見解をしたためましたので是非ご一読下さいませ。


【令和3年度東京都予算案発表にあたって 地域政党自由を守る会代表談話】 
〜「シン・トセイ」と云う名の税喰いゴジラ〜

地域政党自由を守る会代表 上田令子
◆ムダ抑制すべき時にまたしても過去最大予算編成◆
令和4年度予算は、「都政に課された使命を確実に果たし、次なるステージへと力強く歩みを進めることで、希望ある未来を切り拓いて行く予算」と位置付けられています。全会計あわせて、前年度対比5.1%増の15兆3,979億円一般会計歳出総額7兆8,010億円とまたしても過去最大の大型予算となりました。
東京都は、「東京2020大会に向けて磨き上げてきた数々の取り組みを都市のレガシーへと発展」「あらゆる産業や生活の場面でデジタルの力を活用」としています。せっかく税収が、約5,900億円増加し、5兆6,308億円と令和元年度に次ぐ3年ぶりに11.6%プラスとなったわけですから、オリパラレガシーやデジタル、聞こえがいいものの効果不明の新規事業(568件 合計1,900億円 これも過去最多💢)を次々開始するよりも、福祉・教育など現状施策の都民益に叶う運用を徹底し、コロナ禍が益々深刻化し経営難や生活困窮に苦しむ都民の命、心身と経済の健康に振り向けるべきです。

◆今を生きる都民生活を支えずして100年後の東京はない◆
 小池知事が所信表明で常々後藤新平をあげて100年後を見据えたインフラ・都市整備、各種事業にかかる計画を「東京eSGプロジェクト」「都政の構造改革シン・トセイ 未来の東京戦略」等象徴的に打ち出しています。
スマート東京」の780億円、「シン・トセイ」の推進は422億円、コロナ禍で身動きがとれないというのに世界を意識した金融・経済・文化都市政策には484億円もの予算がついておりますが、こられが今を生きる都民の生活にどう具体的に寄与をするのか、ほとんどの都民は実感できないのではないでしょうか?

 令和4年に東京に暮らす都民の生活を支えずして100年後の未来もビジョンも語れないのです。

◆約200億円「政党復活予算」を議会からとりあげても知事査定で復活◆
 予算提言にあたり自由を守る会は、オリンピック・パラリンピック競技大会の実施に固執するばかり、従来型の予算編成を続け、都債を4,712億円(決算額)も発行し、都議会軽視し前代未聞の17回もの専決処分を繰り返し、「コロナ対策」に名を借りたバラマキ事業、効果が懐疑的で思い付きとしか考えられぬ、ヨコモジ・カタカナ・言葉遊び事業を散発、自身が度々登場するCM等広告費に12億余も投じる等、有事において到底「ワイズスペンディング」と思えぬ財政運営を行ってきたこと、その結果、コロナ対策の判断を大きく誤り判断が遅れ、都民の命・健康をおびやかし、都内事業者には多大なる経済的損失を与え、全国への感染拡大の元凶となったことを強くいさめました。

令和2年度一般会計決算は反対をし、大多数の都民が享受できる喫緊の事業以外は徹底的に支出を抑えるべきというこの観点に立脚して、提言をしたにも関わらず、いみじくも小池知事初当選後所信表明で歴代都知事を「溢れんばかりの贅肉を付けた予算」と批判したにもかかわらず、知事は正月明けの8日から14日まで予算査定(知事査定)を行いましたが、自由を守る会が提言したマイナス要望は一顧だにされず、新たな事業の追加や増額が繰り重ねられる皮肉な結果になりました。

「都民ファースト」「東京大改革」「ワイズスペンディング」の理念は、令和4年度の小池都政から影も形もなく消えたということが明確になりました。この1週間、コロナ感染者が過去最多を更新し続ける中、このような地に足のつかぬ「大型予算」を大いに憂慮するものです。

自由を守る会は、結党以来「税の無駄、不正・癒着、ズルいことはゆるさない」と訴えてきました。令和4年度予算特別委員会には何としてでも出席を果たし、これを実現していくことをお約束致します。

【お姐総括!】
DX、国際金融都市、未来のTOKYOだのわけのわからん壮大な無駄遣いも腹が立ちますが、チマチマした不要不急ムダ無用事業もてんこ盛りなのが頭にきます。
「 町会・自治会活動への地域交流アプリ導入支援事業」
R4町会予算
▲これ、いります?!!💢💢(苦笑)

お姐も地元町会や青年会に所属してますが、〇十代のお姐でもピチピチギャルでございます(笑)
そもそもアプリ使う年代も少ない上に、若手、子育て世帯は、LINEやFacebookなどの既存SNSアプリを活用して無料で地域交流をしています。
若きママだった22年前のお姐ですらも、HPの掲示板機能を使ってえどがわワークマムの活動を展開して今日にいたるわけで、はっきり言わせていただきましょう。

あえていおう、ムダであると!!

というわけで、令和4年度東京都予算案は
「「シン・トセイ」と云う名の税喰いゴジラ予算」
と名付けさせていただきます!

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。



★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、税金イーター女帝の操るゴジラを退治せよ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
26 1月

小池知事が実施しない児童手当所得制限撤廃 国に物申す!

去る1月11日、地域政党自由を守る会さんのへあや江東区議会議員が中心となりまして、児童手当の所得制限撤廃に関する申し入れ(請願書)東京都知事あてに提出いたしましたことは過去ブログの通りでございます。
FullSizeRender

過日想定通り(苦笑)、東京都(下段ご参照)・江東区から「国のやること」という回答がきましたことから、自由を守る会として、政府へ働きかけをすることといたしました。
詳細と江東区長からの回答は、さんのへ江東区議の2022.1.21付ブログ「児童手当・特別扶養手当の所得制限撤廃を求める請願書を政府に提出します」をご一読下さい。

【SNSを活用して全国民に呼び掛けるTwitterデモを開催!】
日本全国で
#所得制限反対
#所得制限撤廃
#未来の子育て世帯のために

のハッシュタグで、子育て中の保護者や疑問視する方々がTwitter等でたくさんの声が上がっております。
我々の所得制限撤廃アクションについても多くの方々からご賛同を頂き、子育て支援の所得制限撤廃を目指す会 発起人様からもありがたい支援を得まして、本日午後9時より以下の通りTwitterデモを実施することといたしました!
所得制限ツイデモ

Twitterリンク先「ツイデモで地方から所得制限撤廃を呼びかけよう!なぜ所得制限は不必要なのか?どうしたらなくせるか?しがらみゼロの議員たちによる本音トーク」
参加者:
谷畑英吾元滋賀県江南市長(通称黄門市長
松本たけひろ前埼玉県和光市長
おぎの稔大田区議
さんのへあや江東区議
白川愛目黒区議
東京都議会議員上田令子


▲さんのへあや江東区議からの呼びかけ動画

子どもにかかるサポートとなる児童手当や給付金への
所得制限を撤廃すべきと考える地方議員×市長経験者(元名物市長)
という注目のメンバーが集まってワイワイ議論をいたします!
是非いらしてくださいませ。

無事本日22時に終了いたしました。2月25日頃まではこちらから録音を聞くことができますので是非視聴してみてください(⌒∇⌒)

【署名協力もお願いいたします!】
1月28日(金)政府への所得制限撤廃の請願提出と合わせて、署名も届けますのでこちらもぜひご協力いただけましたら幸いです。
先日国会でも議論が交わされ注目が高まっている今だからこそ、改めて所得制限撤廃の意思表明にご協力下さい。皆様の声を確実に政府に届けて参ります!
▼電子署名サイトはこちら!
子ども達に対する給付の所得制限撤廃を求める請願書を政府に提出します!

【案の定トホホな東京都回答公開】
令和4年1月24日
東京都福祉保健局少子社会対策部

2022年1月19日付「児童手当の所得制限撤廃に関する申し入れ(請願書)」について、下記のとおり回答します。



(回答)
児童手当は、児童手当法に基づく国の制度であり、支給対象とする世帯の範囲などについては、国において議論すべきものであると考えます。

以上

【お姐総括!】
フツーに考えれば、子どものための支援なわけですから、親の収入で支給、不支給という「差別」を設けることは、子どもの権利擁護においても、憲法上も許されるわけではありません。

あらゆる国政政党の国会議員も地方議員も、わかっていながらも「年収1千万超の金持ちにまで手当てを出すのか?!」という支持母体等からの反発や党本部の引き締めが恐ろしくて不可思議なまでに動かずにおります。

また、地域住民やネット上から所得制限撤廃を求める声を受けて改革風味、改革もどきの地方議員や政治勢力が我々の動きを模倣して「やった感」を見せているようですが、我々自由を守る会は徹頭徹尾一歩もひかずに理詰めで行動をしております。
条例・法律・行政事業に精通した仲間たち、全国の賛同するひとりひとりの都民、区民、市民の皆様、国政政党と一線を画して奮迅する地方議員が力を合わせて、地域から、地方議会から、地方議員から政府を、国政を動かしていこうではありませんか?!

千里の道も一歩から!
いつの世も、世の中を動かすのはたった一人の勇気から!

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。



★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、日本中の勇気ある人とつながり地方から政治を動かせ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
11 1月

子どもは親を選べません。児童手当所得制限撤廃を知事に申し入れました!

コロナ禍にあって、文句も言えず我慢をしている子ども・若者達
政府による臨時特別給付金は、いろいろ物議はかもしましたが、子ども達にとって、クリスマス・お正月楽しく過ごす一助になったと思います。
すべての子ども達は平等なはず。であるにも関わらず、保護者の収入でその給付金が出たりでなかったりすることに、子どもの自由・人権を最優先とする自由を守る会としては大きな問題意識を当初から抱いており、この度すでに江東区へ要望活動をしていた自由を守る会さんのへあや江東区議を中心に小池百合子東京都知事へ、所得制限の撤廃を求める要望を以下の通りいたしましたのでご報告いたします。
FullSizeRender
▲真ん中さんのへ江東区議、左白川愛目黒区議と知事室フロアにて

【児童手当の所得制限撤廃に関する申し入れ(請願書)】
2022年1月11日
東京都知事 小池百合子 様
東京都議会議員 自由を守る会 上田 令子

昨年末に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みの一環として、東京都内各自治体において臨時特別給付金の支給が行われました。しかし、その対象世帯や支給回数を各自治体判断とした事により、同じ東京都内であっても差が生じております。
こうした事態を鑑みて、家庭を選ぶことができない子ども達に対し上記の事業に関する申し入れをさせて頂きます。請願法第5条に基づき、誠実な処理をお願い申し上げます。また、本請願に対する回答を文章にて2022年1月25日迄にお願い致します。

<申し入れ・請願事項>

児童手当の所得制限撤廃を国に対し申し入れること

<申し入れ・請願理由>

「2022年10月の児童手当支給分より高所得層(世帯主の年収が1200万円以上)の中学生以下の子どもを対象とした児童手当を廃止する」事が昨年2月に閣議決定され、児童手当廃止法案として同年5月に国会で可決されました。これにより約61万人もの子ども達に対する支援を無くし、浮いた財源(年間370億円)により新たな保育所整備など約14万人分の保育の受け皿を確保する事を図るとされており、政策の非合理性もさることながら、消費減少やGDP縮小、景気後退や少子化を促進させる恐れがあると指摘します。

【憲法・条約で禁止されている子どもへの差別】
日本国憲法第14条第1項では「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」、子どもの権利条約第2条(差別の禁止)では「児童又はその父母若しくは法定保護者の人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的、種族的若しくは社会的出身、財産、心身障害、出生又は他の地位にかかわらず、いかなる差別もなしにこの条約に定める権利を尊重し、及び確保する。」とされています。

【東京では50万人もの子ども達が児童手当を受けられない実際】
日本で生まれ育つ子どもたちには等しく支援が行われるべきであるにも関わらず、児童手当の所得制限により、高所得者の親を持つ子どもたちは親の社会的身分(所得)によって支援が受けられないという差別を生むことになります。先月から今月にかけて実施されている「令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付金(18歳以下10万円給付)」支給事業では、児童手当を受給している世帯のみを対象としたことにより、東京都内では約50万人もの子どもたちが給付対象外となりました。本年10月より所得制限による児童手当不支給が実施された場合、東京都内での影響児童数は少なくとも約6万人以上となる見込みです。
こうした給付事業・児童手当支給において所得制限を設ける事により、一生懸命働き多額の住民税を納付しながら子育てをしている家庭の負担増・受益減が懸念されます。また、親の属性で子どもを差別・分断する国の姿勢は、東京都こども基本条例の理念に合致するものではありません。よって、東京都知事として、国に対し児童手当の所得制限撤廃を申し入れる様求めます。

以上

【お姐総括!】
高額所得者までもらうの?!という感情もわからないではないのですが、事業経営していたり支出も多く手元に残るお金は少ないこととも有り得ます。

また、該当するか該当しないのか「選別」する行政事務コストもバカになりません。

子どもは皆平等ですから配ることは人道的にもコスト面でもライトなのです。
さらにいえば、お姐は子どもに直接渡して欲しいと思うのです!
親の貧富は関係なく、「毒親」の虐待の形の一つとしてお金を渡さない「経済的虐待」も存在します。
よって、学校でランダムに10日間、子どもたちに直接、現金1万円を配ればよい思います!
そうすれば、買い食いやゲームになったとしても、子どもは楽しい思いができて確実に政府も期待する消費に回るのであります。

子どもにツケをまわさない! 現ナマは子どもへ渡す!自由を守る会!

★自由を守る会は日本唯一の保守改革自由主義政党です★
自由主義は金の亡者でも、弱者切り捨てでもありません。
個々の自由を守ることは、一番弱い人を守ることなのであります。
是非御覧くださいね♪


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、本気の仲間と本物の世直し2023地方選に向け爆走せよ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
4 1月

地域政党自由を守る会年頭所感「来たれ!改革の猛虎🐯」

謹賀新年 本年は天候に恵まれて、東京では、近年まれにみる美しい初日の出を拝むことが出来ました。皆様におかれましては、新たな年の始まりにおきまして、ますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。
IMG_2002
▲上田地元江戸川区新川から日の出を臨む

【政局主導の首長(知事・区長・市長など行政の長)がシロアリのように血税を食い尽くす
本日御用始めでしたが、早朝6時8分小笠原諸島で震度5強、M6.1 の強い地震が発生し、首都直下型地震対策が喫緊とされる東京においてにわかに危機感を新たにしなければならないことを改めて実感いたしました。耐震、治水、木密対策等のインフラ整備が急がれるにも関わらず、小池都政においては、足元の防災・減災対応は遅々として進展していないことが、専門家からも指摘をされているところです。
先の東京都予算方針でも防災・減災は顧みられることはありませんでした。昨年第5波のなか強行された、東京五輪は「復興五輪」を高らかに掲げながらも、痕跡は影も形もなく東日本大震災から10年余りが経過し、地域と地域住民を守るための諸課題は置き去りにされたままでした。

少子高齢化による税収の激減、財政需要の増加は当初私どもが想定した約束された未来よりも、コロナ禍により十年単位で前倒しされ、切迫の度合いを強めているにもかかわらず、毎年過去最高額の予算編成を行い、相変わらず都債(都の借金)を4,712億円(決算額)も発行し、現在約5.29兆円(令和3年度末想定)にのぼります。一方、一兆円近くあった財政調整基金(都の貯金)の9割方を使い果たしており、借金を増やし貯金を食いつぶし続けています。
その原因となった専横的な小池都政の象徴は、都議会が開けたにもかかわらず軽視し前代未聞の17回もの専決処分を繰り返し、「コロナ対策」に名を借りたバラマキ事業、効果が懐疑的で思い付きとしか考えられぬ、ヨコモジ・カタカナ・言葉遊び事業を散発、自身が度々登場するCM等広告費に12億余も投じる等、有事において到底「ワイズスペンディング」と思えぬ無計画な財政運営を行っていることです。
国政政局と、IOCへの忖度により、コロナ対策の判断を大きく誤り判断が遅れ、都民の命・健康をおびやかし、都内事業者には多大なる経済的損失を与え続けています。

このような、ずさんかつ放漫財政に翻弄され続けている区市町村も、ツケを回される地域住民や子どもたちもたまったものではありません!!

この点に関して、厳しく指摘できる都議会唯一の会派として「地域政党自由を守る会」は小池都政と今年も対峙し都民のため、一歩も引かず、忖度せず議会活動をさせていただく所存です。

【地域住民のため地方政治・行政を】
小池百合子知事は、「都民ファースト」「東京大改革」を高らかに掲げ国政政党の応援を受けず、地域政党自由を守る会だけが応援して初当選を果たしました。都民は、国政政党や政局、労働組合、業界団体と一線を画してくれると信じて一票を投じたのでした。
しかしながら、突如として「希望の党」を立ち上げ、国政進出にに野心を燃やし始め、労働組合「連合東京」をはじめとする既得権勢力と手を組み、唯一応援をした自由を守る会へは解党を強要し、都民の期待を残忍に裏切って「東京大改革」を大きく変質させたのであります。

その一部始終を見てきた、地域政党自由を守る会は、改革を唱えた「小池百合子」という人物に、一時は地域主権・生活重視・脱官僚の断行を期待してしまいましたが、「東京大改革」は全くの詐術であり、それに一早く気が付いて、警鐘を鳴らしつづけ、今日に至ります。

【地域から政治を動かす改革の担い手が、今こそ求めらています!】
政治の主役は、国政政党でも、政治家でも官僚でも労働組合でもありません。一人一人の地域住民なのです。
昨年、自由を守る会メンバーの重要な3つの地方選挙で、地域住民の自由、自主、自律に基づいた力強いご支援・ご支持を賜り勝利を収めることができました。
3月に行われた小金井市議会議員選挙では幹事長の渡辺大三がトップ当選を果たし8期目に入ることができました。
5月には、本会でも各議員が連日応援に入るなど全力で支援をし3期市長を務めた松本たけひろ顧問のバトンを引き継ぎ柴光子埼玉県和光市長が誕生しました。
さらに7月には、私上田令子が、ネットメディアや自称選挙の「プロ」、選挙ポータルサイト等で国政選挙の「前哨戦」と位置付けられ、執拗に「組織候補優勢」「上田苦戦」を報じられる中、江戸川区民の皆様は讒言には耳を貸さず、まさかの3位当選を果たしました。江戸川区において、国政政党や労組に所属しない完全無所属での全人未踏・空前絶後の初めての都議会議員となりました。

いずれの選挙区も自民・公明・共産・立民他国政政党候補がおり集会や電話かけ、動員をかけるなどの従来型の選挙を展開していたにも関わらず、そのどれも行わずに地道に政策や実績をうったえてきた我々が、下馬評を覆した勝ち抜いたのです。
これらの勝利が示すものは、既存国政政党及びその議員にホトホト地域住民は腹が据えかねており、地道に地元で働く地方議員や市長をしっかりと見ていてい評価し一票を投じていただいたということです。

自由を守る会メンバーは、各議会で一歩も引かず孤軍奮闘する「猛虎集団」です。
たった一人でも、独自調査をした揺るがぬ証拠を突きつけ、ごくまっとうな当たり前の指摘をすれば、議会は動く、政治の力で行政は変わり、それを静かに見てくださっている有権者がいます。

来年の春4月に迫りました、統一地方選挙において、私どもと思いを一つにして、「議員になりたいだけの議員」ではなく「地域住民のために働く、そのために闘いもいとわず、決して屈しない議員」を増やしてまいりたいと考えて準備を進めております。そのためにも、各地の地域政党と連携を図り、上田が代表もつとめる地域政党サミットとも連動し全国の猛虎議員と力を合わせて日本の未来を地方から元気にしてまいります。

我こそはという方、国政政党所属議員には逆立ちしたってできない世直しをともに展開していこうという猛虎のような方の地方政治への挑戦を心よりお待ちしております。(候補者公募のご案内
また、挑戦を応援してあげよう!という方からのご連絡・ご寄付もお願いしております。

地域政党自由を守る会 代表上田令子

◆自由を守る会幹事長 渡辺大三 年頭所感◆
あけましておめでとうございます。
皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は、私ども東京の地域政党「自由を守る会」が大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

昨年は、「自由を守る会」代表を務める上田令子が都議選で三選を果たすことができました。全都127人の都議選当選者の中で、国政政党とのしがらみ、知事とのしがらみ、利権団体や労働組合とのしがらみを一切有さずに当選したのは上田令子を含めたった2人だけでした。私ども「自由を守る会」は、この1議席を有効に活用し、情報公開や都政刷新、議会改革を大胆に進めていきたいと考えております。

また、私事ではございますが、昨年3月の小金井市議選では、第1位で当選を果たすことができました。国政政党に属さずとも、地域政党として議員活動をコツコツ積み重ねていけば、有権者から一定のご評価はいただけると再認識した次第です。

1年4か月後の統一地方選では、「自由を守る会」に所属する4人の区議会議員が改選を迎えます。4人ともそれぞれの地域で個性的な活動をパワフルに展開しております。ぜひご注目ください。また、良い人材を得られれば、東京の地域政党として新しい議員も増やしていきたいと考えております。

上田令子が代表を務めます全国地域政党連絡協議会(地域政党サミット)は、新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく活動ができませんでしたが、昨年末にはZoomミーティングを開催し、今後活動を再開していく方針を確認しました。全国の地域政党のネットワークづくりにも取り組んでいきたいと考えております。

本年も「自由を守る会」にご指導ご鞭撻賜りますよう心よりお願い申し上げます。
watanabe_daizou_face_20191010
自由を守る会 幹事長 渡辺大三(小金井市議会議員)

【お姐総括!】
自由を守る会ってどんな政党なの?という皆様
以下のコンセプトムービーをご覧いただければ一目瞭然!
お姐ギクシャクしてますが(笑)
言いたいことがすべて織り込まれております♪


★お姐チャンネル登録のご登録お願いします!★
自由を守る会代表 上田令子チャンネル

☆お姐、本気の仲間と本物の世直し2023地方選に向け爆走せよ!という方↓クリックお願いします!☆

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選、現在3期目
家族:夫、息子、義父母と三世代同居。ペット:セキセイインコ4羽
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ