edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2005年06月

23 6月

いざ!本丸へ!

1号を授かったとき、お姐はこのまま仕事を続けようか、家庭に入ろうか皆さんは信じられないかもしれませんが、いや私も今や信じられませんが(笑)真剣に悩みました。
身近に働きながら子育てしている先達もおらず、マスコミで報道されるワーキングマザーはまったく参考にできない、したらめんぼくないほどの超キャリアウーマン。当時勤務していた会社から身重になったとたん疎まれる、こんな凡庸な私がただ淡々とフツーに働いていけるなんて信じられなかった。だから悩んだわけです。
 そこで普段はまったくアテにならんがこういう時は不思議と知恵の出る、存命だった父親に相談したところ、返ってきたのは

「ん。死ぬ時ゃあ一度!

の言葉。娘でなきゃー理解できないと思われますので訳しますと「やってもやらなくても一度しかない人生なら諦めてクダまいているよりやっちゃってあとは野となれってなもんだ」ということです。

というわけで、ダメモトで始まった働くカーチャン獣道への第一歩から十数年の月日を経て、いよいよ明日から本丸、大江戸の世直しに切り込むことになりました。

お姐の実家は、何代遡っても「商人」血筋(笑)。独立自尊を旨とし「お上はあてにするな、迷惑かけるな」というのが父から唯一遺された?家宝、すなわち家訓。
ってんで、いつまでたっても「士農工商」な世の中にずっと疑問をもってまいりました。

是非は別として日本は商業・経済社会へ転化したのにどうにもお上がついていってないようで…
もちっと、「士」だけでなく「商」をつかっていただきたいと思うのです。

商人遺伝子を持つお姐が思うのは、お上ばかりにいろいろやらせるんでなく、手をこまねいて待っている商人(笑)を有効活用してもらってはどうかと。利益を出すために無駄を省くことには天賦の才のある連中でございます。上手に使っていただけましたら幸い。

しかし、この連中確かにほっときゃ何しでかすかわからない。(失敬!>ご先祖様)
で、あるから商人に任せていいことと、任せちゃいけないことを整理すればヨイ。
つうか整理しなかったらタイヘンなことになります。

連中に任せちゃいけないことってなんだろう…
お姐CPU、フリーズするほど考えた結果なんとか導きだしてみましたゾ!

1.立法府=議会そのもの
2.司法府=裁判機能の全て
3.行政府の仕事のうち以下の二つのみ
 しょの1.立法府で定めた事柄の実施命令や管理監督業務   
      業者選定、及び事務局機能
しょの2.治安

いずれの項目も任せられないのはコアな機能だけ。それ以外はぜーんぶ商人に投げちゃったって、きっと大丈夫!
それこそOL仕事はぜひ商人へ!お上にはその管理監督という何人にも代え難い重要で大切な仕事がございます。
お上がしっかりと管理監督をすれば科学技術や芸術の分野においてすらも商人を有効活用できるのであります。
なんとかとハサミは使いよう、いえいえ、餅は餅屋というではありませんか?
 
 ぜひ商人を有効活用頂ましてですね、つうか、こき使って江戸町民がより良いお上のサービスを、より安い税金で利用していただきたい!と考えるのでございます。

さーこれから始まる桶狭間、多勢に無勢は承知の上、唯一無二の楽しみ晩酌(笑)も断って、風が吹くのを待つのでなく自ら風を起こし台風の目となり席巻いたしてまいります!

追伸:大江戸世直しのお上のお約束で明日24日〜7月3日までブログの投稿ができません。あしからずご容赦のほどを!書きたいことが山のようにできますことは必至(笑)、次回のお姐投稿を首を長くして楽しみにされたし!!
22 6月

もしも…だったら

大事も小事も、日常茶飯事も(笑)
なにかを決断しようとするときは
誰しも迷うものだと思います。

スーパーで品質良いが100円高い醤油と
コストパフォーマンスの良い本日のセール品。

どう考えても収益性のない企画を
上司とどう議論して、方向転換図るか

もっと簡単に言えば、右と左
どっちが近道!!????

などなど。


そんな時は皆さんはどうしているのでしょうか?


私は三つの指標を持っています。
いや、えらそうに言ってもそんな大それたことでは
ありません。

寅さんだったらどうするか?

龍馬だったらどうするか?

長岡さん※だったらどうするか?
※お姐のかつての同僚女性。感情に流されることなくいつも淡々と客観的に判断を下し、メカニカルに動くも誰にも反感を買わない史上最強の仕事人

この三つの視点で考えて包括的な判断をしております。
この三人結構(お姐の想像上の世界ですが)議論が分かれて収集がつかなかったりするんですが(^^;;

今回の大江戸世直しプロジェクトについてははお姐の頭の中の三人はいずれも即決「やれやれ!」という結果でありました。

はてさてどうなりますことやら…
18 6月

おいしいものは人を救う

お姐突如として今月アタマより大江戸世直しプロジェクトに関わっておりましてクッタクッタでございます。(笑)
善良な町民を救うための世直しとありゃーいてもたってもいられず飛び出しちゃうってぇのはまぁ今に始まったことじゃぁないんですがね!
でも今回はお姐人生史上メガトン級の責任も重くまたやりがいもあるプロジェクトでございましてね、えぇ!お姐史上これまたかつてなく真剣に真摯に取り組まさせていただいております。

そんなこんなで、忙しくって家族と一緒に過ごす時間もまじめに1号出産以来始めてというくらいないわけで久しぶりに家族団らんの外食をしました。
って、また焼肉なんですが(^^;;

今回はちょいと張り込みまして、東陽町の知る人ぞしる人気店に行ってまいりましたわけです。個人店でありますからそりゃー格安チェーン店の価格ラインとは行きませんが、さりとてお姐がイケイケ女子大生(死語か‥)だった頃に行ったような高級焼肉店のようなこともなく、手頃なお値段。
費用対効果を考えれば、むしろ安いくらいという味。

ちっと肉が出てくるタイミングが遅いものの、これからは早めに注文すりゃーいいってわけでしてね。うるさ方のお姐ですらそんなこともぜんっぜんOKに許される質なのでございます。

さらにさらに!焼肉屋といったらお姐の定番必須アイテム「テグタンスープ」(干タラを使った辛口スープ)の透明感とコクのあるうまさったら!
 お姐が生まれ育った上野の今はなきあのタカラホテル裏の(タカラホテル自体ももうない‥)あの名店を彷彿とさせてなつかしいやら、うれしいやら。作り手のひたむきさが伝わりお腹から心までポカポカになりました。

価格と品質が合致して、しかも心までハッピーにする。これこそが消費者を幸せにする社会に得がたい「商品」であります。
商品を作り出す供給者にスポットがあたりがちですが、商品やサービスを買う消費者の幸せこそ最優先にせんと良い商品が誕生せん、そして質の高い商品を評価する目を消費者は持つ意識と民度の高さが必要ってぇわけですな!

ってなわけで、お姐お支払いのとき店長らしき人に

「お姐テグタン史上最強のうまさでありまた!厨房にお伝え下さい!」

と激励の言葉をかけさせていただきやした!( ̄^ ̄ゞ
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ