edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2006年03月

31 3月

キョーイクは爆発だ!しょの2

江戸東京博物館で催されていた
江戸の学び−教育爆発の時代展−

館内で一人お姐が

腫れ上がるほど(嘘)膝を叩き

お腹がよじれるほど笑ったものは…

現在の埼玉県白岡町で1852年〜寺子屋を開いていた
大野雅山先生による

問題児文吉の行状日記
#江戸東京博物館の皆様資料ファックスありがとうございますm(__)m

文吉の目にも手にも余る

とてつもない(笑)
問題行動を前に
これを看過していてはならじ

「後々本人も親も自分も後悔しないために
文吉の行状を文書で残す」とその悪行観察日記(笑)は
始まります。


ところで「文書で残す」
これがいいではないですか。
お姐は保育園学童学校始め公的機関には何かと

「文書で回答願います」

「議事録をつけますorください」

とやってイヤ〜な顔をされてしまうことが多かったのですが
#最近はさすがにそういうことも減りましたが…
#民間だったらこれやらないと話にならない(^^;

江戸時代の先生でも文書で残すことを率先的に行っていた!

これで軽いジャブ

そして注目の文吉の行動とは!

ある日の文吉(国文科卒(一応な!:笑)お姐による現代語訳)

「今日は小刀をもって裏庭の植木を切り歩いていて、それを咎めると、(師匠にむかって)悪口を吐いたかそばから友達の持ち物を切りつけ、気がついたら机の下で昼寝をしておる。ようやく起きたかと思えば机を重ねてその上に座り、厳重注意するも少しも従わずハナハダもって困り果てた。」

これでけっこうなボディーブロー

とある日の文吉
「この日も一字も習わず読まず」

さらにとある日の文吉

「年少の女子を泣かせるなど言語道断、さっそく咎め勉強しろと厳しく叱責したりなば自分(師匠)のところにやってきてなにをするかというと目前で尻をまくり、挙げ句ふて寝して大の字になっている。まったくこんな子どもは見たことがない」


また別の日の文吉
「本当に師匠を師匠と思わぬ態度に困るどころの話ではなく言語を絶する。稽古所にてちん○を出し(失敬!だが原文ママ)幼い子どもに見物させ、いくらやめさせようったってやめやしない。

ここまでヒドイのは

百人に一人もなし

…大爆笑カウンターパンチ ノックアウト

_| ̄|○  ヾ(@^▽^@)ノ

とうとう
半月後雅山先生は「師匠の不運である」と嘆き果て(笑)
しまいにゃ

千人にひとりもなし!!」

とまで断言する始末。当時その地域の知識人の名も高く
冷静沈着であったハズの雅山先生を追い詰めた唯一の存在

それが文吉


春先から梅雨時までの数ヶ月間この悪行日記(爆)は続き
終わっているのですが
その後の気になる文吉のその後は杳として知れないのが残念(^^;

きっと、江戸の問題児文吉カーチャンも師匠番付とにらめっこしながら
孟母三遷したに違いないでしょう!

るいは…( ̄∇+ ̄)v

ここまで書き連ねたんだから最後に
「とうとう堪忍袋の緒が切れて破門した!」とか
一筆あってもいいでしょうから…
お姐としてはもう文吉に慣れちゃった雅山先生がわざわざ日記に書く
までもなし!と淡々と受け止めて導いていったのではないかと
思いたいです。

文吉が教えてくれたことは今は病名をつけられてしまうような問題行動、
やっぱり昔からあったわけでビョーキじゃないんだよぉ〜てこと。

この日記を読みながら問題の多い豚児二人の母は涙が出るほど笑ったけど
それって先生と自分の姿が重なるからであり…
#なんでそんな所に乗ってるの!!(←箪笥の上)
#ってなんで鼻血が出てるの
#って前歯グラグラ(←生え変わりの時期ではない!!)じゃない!!
#あーーシャツ後ろ前!!
#バタッ(背後の箪笥の上から不用意に飛び降りられ倒れるお姐の音)
#ゴンッ‥(ひざに乗せてた豚児が急に立ち上がったヘディング音)
#って行ってるそばからどこ行くの!!
#お入学まで一週間切って「ち」と「さ」で悩むな〜〜(▼▼)χ
(以下壮絶すぎて略っ!)


文吉日記(←勝手に命名)で何より救われたのは


この子がなんとか今日、1字書いてくれぬものか

いやせめてじっと座っていないものか


オロオロし、ホトホト困りながらも雅山先生の
行間に流れる暖かな師匠の子どもへの愛情が感じられたこと。


文吉、こんなに問題起こしていても

毎日来ていた

文吉にとって寺子屋は居心地よくてきっと雅山師匠のことも大好きだったに
違いないと。表現の仕方が普通と違うだけ(笑)


文吉みたいな子どもはいつの世もいるけど、今は
文吉みたいな子が喜々として通える雅山先生の寺子屋がない…
つかそもそも先生番付表がないのよ!
先の出馬の演説中も話しましたが
子どもの情報が学校・教師間で共有されるのと同様に
公立小中学校の先生方の過去の実績
賞罰も情報公開(=現代の番付表)して欲しいものデス!
でないと
孟母三遷したくてもできないであります!( ̄^ ̄ゞ !
Z会のSNSでも入ろうかのう…(ひとりごと)
30 3月

キョーイクは爆発だ!しょの1

3/26迄江戸東京博物館で
「江戸の学び−教育爆発の時代展−」
が催されてご存じだった御仁もいらっしゃるはず


ぅおうおう!

ちとら江戸っ子でぃ!
#正確には常陸国とのハーフ(笑)
#つうか「こちとら」とか「てやんでぃ」とか言ってる
#江戸っ子見たことない。見たことある人はお姐までご一報下さいm(__)m

しかも豚児約二名の母でございますから。
これが行かずにいらりょーか
ってんで

お姐会社帰りにさくっと行ってきました!

早じまいしたくてウズウズしている職員様
(切符もぎり&受付嬢4名、ガードマン2名)

対する閉館ギリギリまで粘る観客約1名
(いや、いいのか?大丈夫か?江戸東京博物館!)

それはお姐

ハコモノ行政の象徴
大赤字で慎太郎クンもご立腹のこの博物館でございますんで

あまり期待しないで行ったのでありますが
これが

おもしろかった!!

今の小学校以上に寺子屋が日本全国に
点在していたというのも驚きですが
読み書きは勿論、数学、経済学、自然科学、家計学etc
原始的なものはすべてそろい学んでいたわけですよ
江戸の子ども達は!

女子教育もさかんで
もちろん女性の教師もいたってのも特筆すべき点。

さらにさらに秀逸なのは!!

やっぱ
江戸のカーチャンも
いや
江戸のカーチャンだからこそ

教育熱心


だっだのであった!

ことに花のお江戸は私塾(稽古所)が乱立
その実力を艶やかに競っていたわけであります。

白鵬が大関になってめでたい!なんつってねぇ

えぇ大相撲よろしく
花魁道中よろしく

なんと

塾のセンセイ方の番付表があった

のでございます!!

今で言えば

西ぃ〜琴

東ぃ〜サピ之山〜

ってなもんですかね?
(え?わかるひとにしかわからない?失敬!)

ここでこの番付表
塾ではなく、「先生」に特化していることに
お姐は着目した次第。

保育園選びに悩む若きお姐に
先輩カーチャンからいただいた心に残る言葉と重なりました。

「施設より保育者」

まさに

教育は人! 


「そーんなアタボウ(←これも使ってる江戸っ子見たことなし、見たら…以下略)
なことワザワザお言いでない!」

と江戸のカーチャンに喝破されそうでございますが

当たり前が当たり前じゃない野暮な東京、日本になっちまったわけでねぇ

故きを温ねて新しきを知る。
横文字の目新しいキョーイクなんかおっぽってね、うん
(あ、でも小学校からの英語教育はお願いしますm(__)m>お上
あと○十年前にやってくれてたら、私もブラピ様の女子採用オーディションルームにエントリー、いや申込みくらいはできたであろうに!!)
 


今この時こそ270年かけて貯蓄され醸成され一挙に花開いた江戸の知恵

先生だからご安泰な身分を確保するのではなく
先生だからこそ実力を競っていた


キョーイクの爆発熱の恩恵に浴そうではござぁまセンか?!

というわけで次回は

寺子屋にもいた問題児!

の名も文吉

文吉にてこずる
悩める先生の抱腹絶倒な日記(いや、ご本人は真剣に書いてらっしゃいますが
だから…笑えるのです)についてレポートします。乞うご期待!
28 3月

女は決して「負け犬」にならない 最終章

これにてヒトミさんは精神衛生上
心地良く
自信をもって日々を過ごして
いただけることと存じます。

そーしていると自然に美しく
キラキラパワーが彼女を取り巻き
営業をかけてもないのに
知らないうちにいつも
オーディションルームは満席
となっていくものであります。

ヒトミさんの女子道に栄光あれ!



そして姐はやっぱり思う

ニッポンの女子道にもっと光を!!


女子が自分自身で輝けば男子もハッピー

否応でも恋がそこここにチラホラ

となれば出物腫れ物所嫌わずご誕生!(失敬!)というわけで
ございますから、少子化解消!

アムールの国

イヤミの国おフランスでは少子化解決策の成功施策として手厚い育児支援制度があげられますが…

お姐は出物腫れ物以前の(笑)、

事実婚を認める風潮にあると思います。


そう

事実婚は恋の規制緩和

これがあれば!!

三高にとらわれず(結果的にはそーなったとしても…(爆))

心から好きな人の子どもが産めて

そして、自力で生きられる経済力と

いつでも利用できる保育園があったりすれば(悲願!!)

形骸的な制度に縛られたり

制度に依存して相手を縛り付けたり縛り付けられたりしないで済む。

河岸を変えるにもコノ規制緩和があらば
様々な魚がやってきて市場はにぎわう
選択肢も広がる!v(^^)v

一方でつねにライバル登場の脅威にさらされつつも
その市場の中から選ばれているという自負心、
いつでもお互いどこかへ行ってしまう行ける自立性があるからこそ
そういつでも「男と女」♪シャバダ…(以下省略)

男女ともにつねに心地良い緊張感を持ち
誕生日も結婚記念日も忘れず、ダイエットに精を出し
お互い魅力的でいること、そばにいてくれる彼(彼女)を
かけがえなく思い敬意を持つ。
(あーもう恨み言なのか!?)

つーわけで、事実婚を認める社会通念(江戸町民はそーだったんだけどねぇ)と
経済的精神的自立が女子に
あれば!!

楽しく子育てしながら何より女子の輝く人生を自分自身の
意志と足で選択し、人生の波を
自由度と柔軟性をもって乗り越え
負け犬と冷やかされる必要もなく堂々
歩んでいけるというものであります。

おらがニッポン実は案外法治国家
それってそんなにムズカシイことじゃない。



気持一つでできること。

不肖お姐も応援します!
そしてお姐もダイエットがんばります!( ̄^ ̄ゞ !

恋とゲンナマ(経済力)とベイビー+保育園(←しつこ!)
あれば怖いものなし


21世紀のヤマトナデシコに幸あれ!
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ