edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2006年11月

22 11月

お新香はなぜに高級品か

白菜・大根豊作で値崩れ 今年初の産地廃棄
#リンク切れた場合は追記ご参照

…( ̄□ ̄;)!!


んで捨てちゃうのっっ!!捨てるくらいなら


タダで配ればいいのにっ!!


と日本全国の欠食児童を抱えたカーチャン達は叫んだに違いない


廃棄総量 8,830トン

いったいどんな量なの?!ってぇと

1トン=百万グラムだから

8,830,000,000グラム

え?分からん?!

88億3千万グラム

まだわからん!

ヨシ!新香単位(笑)を使えば分かるであろう

ワンお新香=300gとしマス
(↑数字に弱いお姐だが100g増量300g!とかなっていると血眼になって買いあさり、たかだか白菜半身のお新香に398円出すか出さないかものすごい毎日悩んでいるから覚えている!!号泣!!)

締めてお新香単位

約三千万食
 です

しかもねしかも、

「廃棄した農家にはハクサイで1キログラムあたり17円、ダイコンで同27円交付金が支払われる。」

のだそうです。これって税金.。o○

8830トン=883万キロ

白菜と大根のそれぞれの量がわからんから
(17+27)÷2=20円として

20円×883万キロ分=176,000,000円(@_@)(@_@)!!!

あ、わからん? 

1億7千6百万円でごじゃいますーー( ゜_゜;)

番町だったら高級マンションが!

ワタクシの街船堀だったら大豪邸が建ちましてよ?!


_| ̄|○  


ノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんがケニア人であるにもかかわらず日本の「MOTTAINAI」という思想を広めてくれているというのに、貴重な食材を税金つかって廃棄…

もちろん農家様ににとって値崩れは大打撃ではありましょう。彼らの生計を配慮することは大切ですケド…

生産者よりももっともっと人数の多い、そしてお客様でもある

私たち消費者の生計家計をお忘れではないかと(ーー;)

もしもカーチャンによるカーチャンのための市場がつけるカーチャンによる価格で出回ったら捨てられることもなく、捨てるために税金使うこともなく!!
つましい家族(うちかい?!)がいつもより廉価な白菜と大根の恩恵に預かれるものを。

どうせ捨てるななら1キロ17円でエンドユーザー(カーチャン)に売ってくれ!つか50円でも買ってくれる業者、カーチャンが日本全国からトラック、自家用車を駆って鼻息も荒く殺到するに違いない…。したらば農家様はたたき売りで利益の出ない白菜と大根の分を埋め合わせるべく出店を出し他の野菜や果物を売りつけて商売したら、カーチャン嬉しい♪農家も嬉しい♪政府の干渉and税金不必要♪国家のお財布もカーチャンのお財布も嬉しい♪

#「よーく考えたらガソリン代がかかって、余計な果物迄なぜか買って結局高く付いた!」と帰りの車中で旦那衆(←結局駆り出されている(笑))に文句つけられよーとそれはそれこれはこれ(by逆境ナイン)ってのがカーチャンの価値観なのデス


おお!
ヤフオクにかけてもいいって話もありですヨ…?!


まだ健在のお姐祖母(89歳)が可愛い孫(お姐(笑))と曾孫(1・2号)のために丸ごと漬けて送ってくれるようなボリューム満点の白菜のお新香が1キロ50円(17円+手間賃)だったらどんなにありがたいか?!

お姐宅6人家族だから1本を分け合いどーしたって薄ーくなってしまうおでんの大根(号泣)が1本追加!とあいなりどんなに分厚くなったことか?!

ああソレなのに血税1億7千万円をかけてタダのゴミと化す…

考え出すと悔しくてMOTTAINAくて眠れない!!

ふと、泣きはらした瞳(嘘)で見上げた夜空にひときわまばゆく輝く星が!

れは去る16日に天に召したばかりの経済学の巨星ミルトン・フリードマン先生ではないデスか??!!

先生だったら Far East にあるこの国の白菜と大根をどう料理してくれたであろうと考え始めたら、なんだかワクワクしちゃってまた目は冴える秋(冬?)の夜長でありましタ…

追伸:amazonで選択の自由検索しましたが在庫切れ…どなたかお姐にクリスマスプレゼントしてくれないかな〜(笑)<をい!

続きを読む »
16 11月

昨晩旧友と銀座で

昨晩お姐WEBを作ってくれた生駒ちゃん(出馬騒動記ご参照(笑))が上京する!ということでこれまた同じく'05都議選の際に選挙公報をレイアウトしてくれたお姐の旧友歌うライターちゃん(←彼女曰く切りたくても切ってくれないクサレ縁だそう(^^;;;)と三人、花の銀座で花の美人(自称)が集まりしたたかに飲み食いをしました。

集ったは、歌うライターちゃんお薦めの「え?ここが銀座なの?!」という時間のエアポケットのような木造の俳人ゆかりの小料理屋さん。

女三人カウンターの止まり木でスズメよろしくピーチクパーチク。

こんなにリラックスして飲んだのは本当に久しぶりでありました。

長年渡世人をやってますと名刺も1000枚くらいはたまってたりします。
ほとんどは一つのプロジェクトが完了したり、会社が変われば(<をい!)御縁も遠くなるものであります。それも世の常人の常

一献も二献も三献(こらーー!)も酌み交わしている両隣に座る二人とも仕事を通じて知り会ったケド
そういえばそういう人って本当に僅かしかいない。両手でも余るかもしんない…
と心地よく酩酊した頭でぼんやり考えた次第です。

決して熱くはないけどつかずはなれずの女子の友情がこうして続いている希有な御縁に感謝感謝

波瀾万丈な人生を恨み言を言わずに毅然と歩ききった女子の鏡俳人鈴木真砂女大先輩にも感謝感謝。
#なんと先輩は江戸川区で亡くなられたそうで、数奇な御縁も感じました次第です。


感謝しすぎて4軒ハシゴ…(爆)
むらた先生
の顔を思い出し反省の頭痛の朝ではありましたが不思議な爽快感〜〜

毎朝の習慣の洋の東西すべての八百万の神様へのご挨拶の際、痛む頭で二人の益々の活躍と幸いと、ラブいっぱい(力!)の生活を心から祈ったのでございました


枯並木
   一緒にいたくて
          はしご酒



9 11月

ドヤ街で見たもの ボディーガード篇

寿町も山谷も今となっては、地価も高いところであり、ドヤ街の通り一本隔ててハイグレードマンションがあったりする風景が今日的であります。

村田先生によれば、そういう新しい集合住宅の住民の中にはフツーに保育園申請して先生の園に通っている世帯もいるとのこと。子どもが寿町に通い始めたことから足を踏み入れ「おもしろい街!」と逆に気に入ってしまうそうです。

村田先生の保育園は門扉もあけっぱなし。非常にオープンです。

一見物騒に見えますが、実は

寿町ならではの安心な理由が!!


そのココロはと問うてみれば…

今日仕事が入っていないドヤ街の住民が常に路上にいてくれるわけで、女子どもを襲う変質者が現れようものなら、それこそ腕っ節には自信アリ!ボッコボコにしてくれる、そんじょそこらの警備員会社より頼りになるってわけでございますね。

逆転の発想でございますね。

お姐も上野池之端育ちで、何度公園在住の方(子どもは神様と呼んでいた…あたらずしも遠からず(笑))に助けて頂いたことか。

池で泳いで(爆)泥沼地獄から引き上げてくれたり
(不忍池は川と分断されてからヘドロ池に。あのままだったら沈没してまさに蓮の花の中で昇天していたわけです(^^;
今は浄水システムが導入され水鳥、魚に優しい池になってます(^^)v)

突如襲来するロリコンおやじ追い払ってくれたり

よくわからんがバナナくれたり(笑)

 えてし幼年時代お姐が神様と呼んだ人たちは偏見をもたれがちですが、重大な犯罪を犯す人って得てして見た目はフツーの人、いやそれ以上に立派な紳士然としてたり(ロリコンオヤジがこの手に多かったなぁ…)まじめそうな青年だったりしませんか?(経験者談)

人間外見で判断できんものです。

おらが江戸川区も犯罪件数が都内トップクラス

お姐も今年2回子どもへの暴力防止プログラムを開催しましたが、警戒しなければないことや人物は冷静に判断したいものです。

なんとなく目立つし昼から一杯やってたりして(うらやましい…←しつこい(笑))気になるとは思いますが公園の住人さんに神経質に目くじらててても仕方ないのにな…と常々思ってます。ごろんとベンチで横になってくれてればそれも目になってくれてると…ハイ。

魚が蒸留水の中に住めないように
子どももキレイ過ぎる街では生きていけない
のではないか…

ドヤ街そのものがボディーガード

昼から道路の縁石に仲間と座り込み大声でなにやらしゃべっているアニさん方にこの街に漂う不思議な安心感の理由を見たお姐でした。
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ