edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2007年07月

30 7月

賢きはやはり

参院選終わりましたね。

お姐は無所属ですのでどこかに強制的に動員されることもなく皆さんと同じ一区民として都民として国民として選挙を見守りました。

もちろんお姐も区議であり政治家のはしくれではございますことから個人的に応援したい候補者さんが江戸川においでの際に応援演説はさせていただきました。
…当選することができてとても嬉しかったしほっとしました。

さて、終わってみて思うのは、

ヤレ

政治に無関心だ

選挙に来ない!

などなど矢面に立たされる善良な無辜なる国民の審判というのがなんとバランスがよく絶妙なことかということでございます。

危機的状況となればたんと投票率もあがり、その選択も時勢に合わせて行いそれに伴った結果となるわけで…

衆議院は与党なんだから

参議員は野党じゃないとまずいのではないか。

でもどちらもどっちかに偏って欲しくない!

まさにその思いの表れでした。

これって政治的な力でやろうたってできません。
まさに「行きすぎず戻りすぎず」「右も左もプロバガンダも関係なく、どー考えても当たり前のことをやってほしい」という民意が結実したのでありましょう。

ますます日本人は進化しています。すばらしい!

民間の世界から政治の世界に足を踏み入れましたお姐も思うのは「民」のバランス感覚スピード感常識良識に政治も行政も司法も(たぶんマスコミですらも)まだまだついていってないのではなかということです。

げに賢きは「民」でございます。

今回もっとも当選が難しいとされる参院選で無所属議員も議席を増やしたことから天上人の選挙とはいえ我が身のように身が引き締まる思い。

声なき賢き声にこそ耳を傾けて

投票させるのではなく

ましてやありがたい賢き票を分けるなんぞというとんでもなく不遜な発想は過去の遺物とさせていただき

素直な民意に従ってその時々のご時世と事情と候補者の魅力で選択できる

選挙や政治と今後もなって行くように微力ながら邁進していきます。

追伸:選挙に出るということはやった人間にしかわららない苦労があったり(もちろん素敵なこともたくさん)言葉に尽くせない大変なことでございます。すべての候補者の皆様本当にお疲れさまでした。<(_ _)>受かっても落ちても(←経験者談?!)後からどっと疲れが出ますので心身くれぐれもお大事にしてくださいませ…
22 7月

いよいよ夏休み突入!

世のおかーさま&おとーさま

いよいよ夏休みが始まっちゃいましたね!

大人にとっては長い(笑)

子どもにとっては短い夏休み

どんな思い出をニッポンの子どもたちが胸に刻むのか、少しはお役に立ちたいと元子どものお姐、元気いっぱいに走りすぎていく町の子らの後ろ姿を見ながら思う次第です。

お姐の夏休み…ではないですが(笑)夏の最初の企画は群馬県庁視察!!
仲良し(とお姐は思っている(笑))の関東近県市議さんが属する会派御一行様の視察に便乗させていただくという幸運にあずかりました。

といいますのも初の議会を終わりまして胸にひっかった公共工事の入札やその後の経緯などに(詳細こちら46号議案のくだり)ついて新米がぐだぐだ悩んでいたところ

「ちょうど視察に行くんだけど、じゃぁ僕らと一緒に来れば?!」

と誘っていただきました。
ともかく、お世辞は真に受け、ぶぶ茶づけを明け方まで待つ江戸っ子、二つ返事で飛びついたわけでございます。

今回のお題は

公共工事の簡易型総合評価方式について

明日(23日)しっかと学んでまいります。
いずれお姐熱血レポートにて詳細報告させていただきますのでどーぞお楽しみに♪

★耳寄り情報コーナー★(突然発足!(笑))

07.7.28〜29魅惑の里山キャンプ企画のご案内


カブトムシの幼虫を頂いたことからご縁が続いております里山昆虫クラブさんからとっても素敵な企画のご案内転記しまス!

> 里山昆虫クラブでは今年も夏の里山体験キャンプを実施します。
>
> 詳細はこちらのブログで↓
> http://blog.livedoor.jp/satoyamakoncyuclub/
>
> 子供たちと自然豊かな里山で、自然体験、森林探検、昆虫採集など、楽しい事が盛りだくさんの企画です。
>
> 夜の「ライトトラップ」にはカブトムシ、クワガタなどたくさんの虫たちが集まり、子供だけでなく大人たちも大興奮!
>
> 55人乗りの貸切バスで栃木県の「ツインリンクもてぎ」のハローウッズに行きます。
>
>
> 日時は7/28(土)、29(日)の一泊二日で費用は一人13,000円です。
>
> バスの席があと15人くらい空いています。

キャンプ会場となる「ツインリンクもてぎ」はHONDAのサーキットがあるところ。騒音問題から山のど真ん中にありまして、だったらこの山里山にしてはどうよ?!といういかにもHONDAらしい柔軟な発想で死に耐えつつある日本の森を復活させる運動に一翼担い始め昆虫好きには有名な場所、聖地?!でございます。動態保存の名車(S6もあるでヨ!)がある!世界で唯一ASIMOを操縦できる!とあって車好き、メカ好きにも垂涎の聖地です。
お姐もかつて訪れ大感激しました。(過去ブログご参照
あいにく2号の野球合宿でお姐は伺えませんがイチオシの企画です!急なご案内でごめんなさいですが旅って突然行くのも楽しいものぜひぜひご検討ください。
あ、ちなみに里山昆虫クラブ代表営むドイツ料理のお店松江一丁目のフレスガッセもお姐のお気に入りです♪
17 7月

個人立は自生の樹

2674467d.JPG

去る7月12日に昭和44年から創業している実は老舗の「幼児教育」施設を視察に行ってきました。

その名も「キリスト教幼児教育きのみ」。

江戸川の保育事情にはいささか詳しいと自負してたお姐ですが、全く存じ上げておりませんでした、ごめんなさい…。

江戸川区の保育マップにも行政の地図にも載っていないまるでそこはサンクチュアリのようなところ。

「幼児教育」と表現した理由はそこにあります。
「きのみ」さんは現状の保育施設の定義からしますと幼稚園でも保育園でもありません。まったくの個人立の幼児を預かる施設です。

ょんなご縁(うちのジーチャンと園長先生が幼馴染だった!)からその存在を知りまして

「そんな、子どもの園が区内にあったなんて!!??」

と、鼻息も荒く早速駆けつけますと、花島順一郎園長先生が温かく迎えてくださいました。

個人立ということでこぢんまりしたところをぼんやり想像していたのですが
あにはからんやなんと150名もの元気な子どもたちでひしめき
相応の園庭もあり
保育園でいえば堂々大型園に入る規模!!

お姐がおぼろげに覚えているよう昭和のなつかしい保育風景

特別なことはしないけれど特別じゃぁ無い特別がそこにはありました。

認可外で当然補助金もないわけですから、

園長先生におかれては固定資産税だって所得税だってなんだってかかってくる。

保護者の皆さんにおかれましては認可外で保育料に補助がないわけですから自己負担となります。

リスクを引き受け「選択の自由」を享受する保育提供者と利用者(保護者)とそして150名もの子どもたちがいる事実に嬉しい驚嘆。

お姐「補助がなくって運営は大丈夫なんですか??!!(((( ;゚д゚)))」

園長先生「大変じゃないといったら嘘になるけれど、無我夢中でやっているうちに認可を取るタイミングを逸しちゃって…(笑)。なんとかなってきたんで今にいたるわけです。補助が無い分自由な保育を実施できますし、…それに」

お姐「それに!?」

園長先生「チョットこちらへ来て下さい」

と、お姐を園庭の樹の下に手招きをした園長先生。

花島先生


園長先生「これネ、月桂樹なの。最初は鉢植えだったんだけど何しろ子どもに夢中で忙しくってほっぽりっぱなしだったんです。そうしたら、知らないうちに鉢植えを割って根っこを地面に直接張り巡らし、こんなに大きくなっちゃった。水も何も一切やってないのに。」
※写真ご参照

お姐「あ!根元に植木鉢の破片がある!!ホントだ!(笑)」

園長先生「この樹を見るたび、これってボクと「きのみ」そのものだと思うわけ」

お姐「ふお?そのココロは?先生!!」

園長先生「補助を受けるというのは植木鉢にいていつも水をもらえ、いつも体裁を整えた盆栽のような状態、一方わがきのみはなにもないから無我夢中で根っこをはやして自分で栄養をどっからか確保し太陽のある方へ懸命に枝を伸ばす、自生の樹だなぁと、この樹を見るたびに思うのです。」

お姐「……(ひたすら頭が下がる)。鉢植えだと水をもらえなかったら…」

園長先生「枯れちゃいますねぇ(^^)」

お姐「自生の樹は…?」

園長先生「なんとか生き延びるでしょう。良くも悪くもこれまでと同じだからネ!(笑)」

なんてことないやりとりの中に教育や保育の深い真髄を教えられました。

かねがね財源が厳しくなったことを理由に子ども周りの補助がカットになるお寒い世の中を憂慮していましたが、では補助はどこまでしたらいいのかということについての一つの提言を頂いた気がします。

当日は江戸川WM仲間の東小岩で同じく認可外保育施設にっこりハウスを営む若き児島園長先生も同行、帰る道々熱く?!保育の行く末を語り合った次第。

※「きのみ」については区役所へお姐も確認をしたところほとんど詳細を把握していませんでした。ご興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?ちなみに市川市は幼稚園と見なし、浦安市は保育園とみなしそれぞれ保護者に直接補助が出ていますが、江戸川区からは一切補助がないそうです。

「キリスト教幼児教育 きのみ」
〒132-0013
江戸川区江戸川1-28-91
(瑞江駅からバス)
電話 03-3670-7825


お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ