edomam

東京都議会議員 上田令子のお姐が行く!

花のお江戸の一大事!呼ばれもしないがお姐参上!今日も頼まれもしない世直しに奔走中〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑お姐発世直しのためクリックプリーズ!

2008年12月

26 12月

大切なのは…

気がついたらクリスマスも終わってしまいましたね。
年末モードやら大風邪やらでご無沙汰失礼しました。

今日で江戸川区議会も仕事納めです。

お姐は去る22日午前中が文教委員会。
かねてより気になっていた「江戸川の教育」策定までの合意形成について改めて質問をしました。学校評議員が配布されるまでその存在を知らないのも不思議に思ったのと教育委員会ということですから初めて教育委員長(教育長とは違います)へお答いただきました。幸い、これを叩き台として地域や学校に関わる方々の声を反映していくという回答を頂きほっとしました。内容的には「江戸川が好きな子」「江戸川のためになにができるか」というところが第一義に来ていたのが気になっていただけで、ほぼ他の内容は問題なし。またリーフレットという形にしたことは他区になく評価できるところであることも申し添えます。

午後には議会改革検討小委員会で委員外議員の発言をさせていただきました。
※追記部分に掲載

この日からかなり体調が怪しく初めて区役所の救護室で委員会と小委員会の間横にならせてもらいました。看護師資格のある担当職員の方がとてもていねい親切に対応して下さり、個人的にとてもうれしく心が温まったのと区職員の心身の健康管理を担うに値する人材ごこにあり!と仕事の立場でも安心しながら毛布にくるまりました。(<毛布はもちっときれいでもいいかも(笑)。いえ、倹約がしのばれます。たいへんよろしい姿勢ですね。)

本当は健康優良児やりたかったですが残念ながら24日の街づくり防災委員会はぎりぎりまで行く準備をするも断念。皆様ご迷惑をおかけしました。健康管理の大切さをヒシヒシと感じました。

本日第4回定例会議報告が掲載される区議会だよりのお姐の一般質問部分原稿校了。
新年号は残念なことになりましたが、こちらは無事掲載の運びとなりますのでお楽しみにしていてください。

いろいろすったもんだ生きていておもうのややっぱり一番大切なのは

いのち

だなって。教えてもらった1週間でした。皆様もくれぐれご自愛のほどを!!続きを読む »
18 12月

ことばは大切

58bcb998.JPG晩秋から年明けにかけて江戸川区では教育課題実践推進校発表会が順次開催されてます。本日お邪魔したのは
「豊な表現力を育む指導法の工夫
〜話す、聞く、書くことを通して表現力を〜」
を研究主題としている上一色小学校。

1年生と3年生の国語の授業は窓から差し込む太陽の如く言葉がきらきら光ってました。1枚の写真から物語を、ひとつの物語からクイズを編み出す子どもたちの想像力、人の想像したことを尊重する心を大人になってもずっと持っていてもらいたい。

その後の研究発表の挨拶で教育長が「ことばは大事」というお話をされてました。
新年号掲載不可事件に遭遇したばかりのお姐、本当にそうだと思いました。
講演もあり、最後まで聞きたかったのですが、今度は通常の区議会だよりの第4回定例会のお姐の一般質問の原稿に手直しが求められたことがわかり気になって区役所へ。

 すわ!またもや検閲?!なんて不穏当な心配をしてしまったのですが意訳で書いてしまった部分があり議事録と見比べたら事実誤認になってしまう点を指摘され、それはごもっともだと今一度原稿を見直すこととなりました。

事実も言葉も大事でその根底に流れるのは教育と理性だと感じた1日でした。

※写真は学校公開とは全然別の場所で展示されていた子ども達の作品。研修会というイベントのために用意されたわけではない日常の教育がこういうところに現れるのだと感激してパチリ。夢のあるおうちの数々を見ているうちにこの町の中に迷い込んでしまいました。
17 12月

黄金バット現る?!

ad5773e6.JPG国の事業仕分けに果敢に挑むチャレンジャーな議員が集まったフォーラムと懇親会に参加しました。
題して「国民あげて国の無駄撲減を−熱い政治家たちの開い−

皆さん自民党の若き「無駄撲滅プロジェクトチーム」の衆議院議員の面々。
昨今批判されている2世議員さんもいますが、大学院を出ていたり海外留学・就労経験がありお飾りでない期間の民間での就労経験があるのが特徴。
 お歴々の華麗な経歴まではなくてもフツーの感覚でフツーに働いていて議員の仕事を始めますと目が丸くなったりあいた口がふさがらなくなったり、怒りを通り越して呆然とすることがあります。レベルは違っても彼らにおいても同じことが言えて同じ経験をなさったのだろうと、ユーモアを交えががら怒りのこもった(笑)発言にいたく同感。ましてや巨大与党の中でこのような「猫の首に鈴つけシゴト」をするとなったらどんなにか大変なことか一匹雌狼のお姐には想像もつきません。党内と霞が関軍団を敵に回すような荒業なんですから。でも、本当は与党にとっても官僚にとってもイイコトなんです。国の無駄を改め国民のためになることですから。

 最後の質問コーナーでお年寄りの参加者の
「この年まで政治家なんかろくでないものとあきらめてましたが、今日初めて黄金バットのような議員を目の前にして長生きした甲斐があると思いました。」
という言葉がまさに今の国民が政治家に何を期待しているか体現しています。

懐かしいヒーローを思い出させる議員になりたいな、とお姐も思いました。
…キューティーハニーか?!(失敬!)ドロンジョか?!

懇親会では各議員さんともお話ができて、これまでのざっとした奮戦をお伝えしたところそのスタンスでがんばりつづけろ!との応援の言葉をいただきイイ気分の虎ノ門の夜の帰り道でありました。
お姐参上!

東京都議会議員 
上田令子 
台東区上野出身。結婚を機に江戸川区船堀在住。台東区立黒門小、文京区立第六中、都立三田高、白百合女子大卒。外資系生保等を経て起業も。長男妊娠出産で退職を迫られたこと、江戸川区での保育園探しに苦労したことから、働くマザーズと女子のために東奔西走。99年4月「江戸川ワークマム」 設立。07〜12年江戸川区議。13年東京都議選初当選。
家族:夫、二人の息子、義父母と三世代同居。ペットはセキセイインコの京ちゃん。
著書:ハハノミクス!
通称:お姐!
所属:自由を守る会代表

Twitter
最新コメント
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ